ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
新春”里山ハイクの第五弾”は...ブロ友さんの露払いだった?
2017-01-28-Sat  CATEGORY: 栃木百迷山(栃木里山以外)
H29/01/28撮影 【リンゴさんたちの露払いになるとは想像もしてなかった...】


    新春5週目となる里山ハイク...候補が多く悩んだ

  三床山、両崖山、筑波山、篠井連峰、諏訪岳、大小山etc

    でも訳あって最初から”大小山”に決まっていた?

いつものように阿夫利神社脇から歩こうとする魔女を制止し

      逆回りで歩くと景色が変わるよと言いながら...

※11:10 駐車場は満杯だったが下山者がいたので辛うじて1台セーフ
P1610819.jpg

逆コース...つまり妙義山から大小山という周回

コースの真ん中が掘れるなど荒れてます

急登なので最初キツイですが、ココ辛抱すれば後は楽勝?

※11:30スタート
P1610820.jpg

見慣れた”大小”の文字板が見えてきた

P1610821.jpg

筑波山は辛うじて肉眼で見えたが...カメラは残念

スカイツリーも肉眼だけ?  ゴルフ場の真上に

P1610823.jpg

15分も歩くと「西場富士」からのコース(右手)と合流

※左手が大小山・妙義山
P1610825.jpg

少し登ったところの展望ベンチ

今日は地平線近くが霞んでて富士山は見えず残念!

P1610826.jpg

妙義山山頂への最後の急登だが...

足場がしっかりしてるのでロープを使わずに登れる急斜面

P1610828.jpg

12:03 妙義山山頂に  4組いたので大小山へ移動?

意外に皆さん早目に下山してくれたのでベンチが空いた~~

時間的には早いがコーヒータイム(実際はスープでした)

P1610834.jpg

ケン坊には山座同定は出来ませんが一応ずらずらと掲載

P1610836.jpg

P1610837.jpg

P1610833.jpg

P1610830.jpg

そして次のピークへ一旦下ります...

登って下ってまた登る  傍からみたら馬鹿らしいと思うかも?

P1610840.jpg

12:29 大小山の山頂  あくまで証拠写真?

休憩もしないで大小山はスルー

P1610842.jpg

途中、阿夫利神社への分岐を左手に...

帰りは”滝コース”を歩くことにし

次なるピークへ向けて歩く...ピークからハーモニカの音が

振り返ると「妙義山と大小山」がこんな風に見える

※12:37 ピーク
P1610845.jpg

さて、滝コースは先日登りで歩いたが下りは初めて?

雰囲気が違うのでコース誤りの不安が付き纏ったがセーフ

P1610846.jpg

踏み跡を頼りに道なりに歩いてたら”石尊の滝”へ

多分、滝コースという名前の由来となった「石尊の滝」

P1610847.jpg

13:03 阿夫利神社へ到着  1時間33分の山行でした

P1610848.jpg

家から阿夫利神社Pまで1時間20分かかったが

歩いた時間もほぼ同じ?  コスパの悪い山行でした

ダブルヘッダーじゃないと勿体ない気分>笑<




ページトップへ  トラックバック0 コメント8
新春”里山ハイクの第四弾”は...雪山に挑戦?
2017-01-25-Wed  CATEGORY: 栃木百迷山(栃木里山以外)
H29/01/22撮影 【ケン坊の里山...古賀志山・三毳山・太平山に続く山は?】


大寒波襲来...北関東は降雪モードだが宇都宮は微妙か?

    田畑は白くなったが道路は融けて車はバンバン走る

自然に敬意を表して一日空けた日曜日に”週一”の山歩きへ

      正月の里山はケン坊の定番で今回は...東へ

 10:20 雨巻山の駐車場に着いた時は路駐に近い状態

P1610797.jpg

まだ駐車場から2分でこの状態...

あちゃ~ いきなり積雪...多少は残ってるとは思ってたが

念の為”軽アイゼン”を持ってきて正解だったかも

P1610798.jpg

でも、ところどころ白いものが全く無い場所もあるが

今日の山行では半分程度がいつもの冬の里山景色

P1610799.jpg

思ったほどの泥濘も無く、いつもと同じペースで尾根へ

でも尾根の雪は消えていなかったが

歩き辛いという程では無く気分的にはルンルン?

P1610804.jpg

一番懸念していた”猪転げ坂”だが

案ずるよりも生むが易し

P1610806.jpg

臆病の魔女だって(慎重の中にも)良いペースで歩いてた

P1610807.jpg

駐車場の満車状態を考えれば山頂は満員御礼か?

みんな何処へ消えちゃったんでしょうか 場所は確保できた!

P1610809.jpg

この青空の下で...開放的な山行

山頂で休憩するハイカーの顔も晴れ晴れと...気のせい?

P1610810.jpg

さて周回コース...先ずは三登谷山へ向かうが

斜面が多いので雪の具合が気になる

登りより下りのほうがリスクが高く神経を使う 

P1610812.jpg

間もなく三登谷山という手前の展望台

前方の岸壁に人影が見える まさかのロッククライミング?

暫く見てると、どうやら岩場に生えてる樹を伐採か?
(何本か樹木が倒されていく)

P1610813.jpg

定点チェック?

三登谷山からの景色...芳賀富士と鉄塔群

P1610815.jpg

さて最後の雪の積もった斜面も何とかクリア

結果的に”アイゼン”を使用することなく無事に最終コーナー

P1610816.jpg

駐車場は3割程度減ったが...青空は一層の輝きを増し

正月の里山歩き第四弾も無事に下山

P1610818.jpg

来週、初の正月5週連続の里山歩き...出来るかな?



ページトップへ  トラックバック0 コメント8
いよいよ検査のための検査開始?
2017-01-20-Fri  CATEGORY: 日記
H29/01/12撮影 【いよいよ医者通いの時が...積もった全身の垢を落すため】


いよいよ年が明けて、加齢および過信による身体の綻びを

      今年はオーバーフォールすると昨年宣言した

会場はコレまでも何度かお世話になってる自治医大病院だ

    何しろ、人間ドックで指摘された2ヶ所に便乗し?

自覚はあったが治療を後回しにしてきたものを加え計5ヶ所

      う~ん 順調に行って2~3ヶ月かかるかな~

今まで怪我以外では医者知らずだったので一気に挽回か?

P1610734.jpg

予約の日に病院へ行ったら「再診受付機」の前が人だかり

受付機が故障しているのかなと思ったら

システムが変わり係員が銘々に懇切丁寧に説明してるので

混雑してたようだ...何が変わったって?

診察券を「受付機」に挿入すると「呼出端末」が出てきた

           P1610730.jpg

何じゃコレ? そう セルフサービスの食堂などで

”出来たよう”と呼出するアレです

しかも3段階でメッセージが文字とブザーと振動で知らされる

画面には当日の予約状況(内容と時間)が常時表示

1回目:間もなく案内できます...診察室周辺に戻るよう
  ⇒確認のボタンを押下

2回目:診察の順番が近付いてます...診察室前で待つよう
  ⇒確認のボタンを押下

3回目:何号室にお入りください...指定の診察室に入るよう
  ⇒確認のボタンを押下

           P1610728.jpg

慣れれば...と思うが、高齢者には果たしてどうか

診察室前の表示が無くなり...操作も不安?

確かに診察前でズーッと順番を待ってる必要もなくて

「時間の有効利用とプライバシー保護」

果たして新システムの効果と利用者の反応は如何か?



ページトップへ  トラックバック0
新春”里山ハイク・第三弾”は...太平山
2017-01-15-Sun  CATEGORY: 栃木の里山(大平山)
H29/01/14撮影 【センター試験...今年は豪雪に見舞われる地域もありそう】


      「ネタつなぎ目的の山行は止めよう」の文字に

          果たして今日のハイクはネタ繋ぎ?
                        
                        
                        
   小寒過ぎて日本上空には厳しい寒波が南下してきた

     ケン坊が歩ける里山を襲ってくれるなと切に願う

よし! それなら降る前に登っちゃえ~と太平山へ向かう

         先ずはいつもの”あじさい坂”から登るが

   ケン坊の人生もこんな階段を登るように厳しかった?

P1610738.jpg

人生もとっくに折り返し過ぎて...残りはこの位?

これからも続くイバラの階段か~

P1610740.jpg

昨年の感謝と今年一年のお願いを込めて二礼二拍手一礼

十何年振りかで引いたおみくじは「末吉」...微妙か?

”健康”は徐々に良くなるっていうから、まぁ良いかな>笑<

P1610741.jpg

今日は太平山&晃石山をピストンハイク予定

そして3~4年振りに太平山山頂を目指し分岐を浅間神社へ

※写真右が「浅間神社・太平山山頂」、左が晃石山方面
P1610743.jpg

分岐から100㍍程度で”浅間神社”に到着

前回と変わらない静かな光景...裏手に回って山頂へ

P1610744.jpg

ん?  山頂はココだったよな~ 何度も周辺を見渡したが

高台の高木に山名板が見当たりません

少ない記憶を辿っても三角点は無かったと思うが山名板は

P1610745.jpg
※家に戻って過去を見たら...間違いなくこの樹に山名板が
P1280954.jpg

予報では黄色いマークの風もなくまずまずの天気に

遠く筑波山が見える  ただ埼玉方面には真っ黒な雪雲が?

P1610749.jpg

黄金色に輝く”何とかの実”が唯一の被写体?

P1610751.jpg

多少の汗ばみを感じる頃には”晃石山山頂”へ到着

いま、晃石山周辺の上空は青空が全開ですが

寒波襲来に伴う黒い雪雲が埼玉から東京方面に爆走中

P1610756.jpg

もちろん日光連山は雲の中

P1610755.jpg

青空の下ですが気温は「0度」...やはり空気が冷たい!

P1610757.jpg

帰路、コース外れて太平神社の上へ出ようと尾根歩き

どうも尾根は逆方向に向かってた?

お蔭で初めての光景(↓)に出会うことが\(^_^)/―

今年はチャレンジの年? 新しい出会い発見のために!

P1610758.jpg

下山途中で良い香りが...ロウバイですね~

P1610760.jpg

新春 里山歩き第三弾も無事に終了! 次は何処の里山?





ページトップへ  トラックバック0 コメント8
鏡開き!
2017-01-12-Thu  CATEGORY: 我が家のイベント
H29/01/11撮影 【ようやく正月気分も抜け、仕事の方も落ち着いてきた...】


今年は”恵比寿大祭””ダイヤモンド筑波”もなし

         我が家で”鏡開き”だけをひっそりと...

P1610720.jpg

鏡開きと言っても何もありません

正月飾りで神棚に上げた餅を切っての”おしるこ”だけ

※ついでに四角い餅も一緒に>笑<
P1610724.jpg

あっそうだ 年内に戴いた”ワイン”をすっかり忘れてた~

P1610726.jpg

明日から数日かけて...楽しみです\(^_^)/―



ページトップへ  トラックバック0
干支の山を探すも...結果は罰当たりな山行に?
2017-01-09-Mon  CATEGORY: 栃木の里山(三毳山)
H29/01/07撮影 【軽めのハイクを余儀なくされてる体調も徐々に上向きに?】


         今年の干支が”酉”ということを意識され

   皆さんが”鶏岳・鶏鳴山・鶏足山”等々を歩かれていて

         ケン坊も真似っ子しようと思い浮かべても

    鶏頂山・大鳥屋山・高鳥屋山くらいしか思い出せない

     百歩譲って”鷲子山”、千歩譲ったら”三毳山”

 三毳山=三毳(鴨)山...なんという罰当たりなことかいな

    強引なこじ付けで”干支の山”を目指しました>笑<

※駐車場からみる山頂・青竜ヶ岳
P1610674.jpg

いつもは東口駐車場を真っ直ぐ”カタクリの園”から登るが

※正面(100㍍先)がカタクリの園の入口
P1610675.jpg

今回は左手に舗装道を3~4百㍍歩き途中で急な階段を入る

ケン坊は一度経験しているが魔女は初めてのコース

※少し登って上から写す(写真は魔女ではありません)
P1610677.jpg

カタクリの時期なら、もちろん今までのコースが良いですが

別な時期に中岳を目指す時はこのルートのほうが良いかな?

P1610680.jpg

急な階段の入口から確か450㍍の表示があった記憶が...

身体が慣れない急階段はキツイですが距離がないので楽?

中岳ピークの60㍍手前で”カタクリの園”コースと合流します

距離は無いですが胸バクで息も絶え絶えです(^^;;)

中岳ピークで一休み...珍しく10分も休み呼吸を整えます

P1610682.jpg

途中、舗装道路歩きにチェンジすることも可能だったが

折角なので中を歩き山行気分を味わうことに...

P1610684.jpg

名前は定かではありませんが”ウスタビガのサナギ”でしょうか

被写体の少ないこの時期は貴重???なんです

P1610686.jpg

これは何の花穂でしょうか? 

P1610687.jpg

ブロガーの間で話題の”ピンクのコウヤボウキ(冠毛)”...

冠毛とは種子についている毛のことで3割がピンクだという

※段々と色抜きが進むと白になるという説もある?
P1610695.jpg

今日の目的地”青竜ヶ岳”へ到着...エヘヘヘ標高229㍍

でも山行は標高だけじゃないんです アップダウンがあるから

ここのピークは邪魔なところに電線があるのが欠点!

P1610691.jpg

日光連山を撮るとコンな感じ...電線避けてるのに

P1610692.jpg

赤城山方面はスッキリしてます

P1610693.jpg

大小山もハッキリ...写真では見えませんが左上に富士山

P1610694.jpg

山頂で少し休憩し...下山途中で見かけた”ミツマタ”?

と思ったら”コウヤボウキ”の群落でした>笑<

P1610696.jpg

下山は下る一方なのであっという間に駐車場へ...

大木が宙づり??  まるで青学大3連覇の胴上げシーン

P1610698.jpg

約2時間の里山・干支ハイクは呆気なく終了


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
七草粥
2017-01-07-Sat  CATEGORY: 我が家のイベント
H29/01/07撮影 【4日勤めたら3連休...有り難いですが何処へ行けば良い?】


          今年の正月も早や一週間が過ぎました

   この歳で”毎日餅3個”食べてたら成長が止らず>笑<

※田舎の餅は”サトウの切り餅”の倍はあるかな~
P1610625.jpg

   昔も今も正月は食べ過ぎ飲み過ぎで胃に負担が...

先人たちの知恵は素晴らしい!  今でも通じる七草粥だが

        胃を労わる筈の”七草粥”に餅まで入り

本来の七草粥からは大幅に脱線し...先人に怒られますね

P1610711.jpg


【七草粥(春の七草とは)】ネットより

芹(せり)
 :せり科の多年草。清流や湿地に自生します、独特の芳香があります。

薺(なすな)
 :アブラナ科の二年草。ぺんぺん草ともいわれ、よく見かける野草です。その名のとおり
  三味線のバチに似た三角形の身をつけます。利尿、止血、解熱などの効果があります。

御形(ごぎょう)
 :母子草(ははこぐさ)の別名があります。キク科の二年草。春に黄色い花を咲かせます。
  昔は草餅に入れられていました。

繁縷(はこべ)
 :はこべらともいわえます。ナデシコ科の1~2年草。利尿作用があるといわれます。
  江戸時代には歯磨き粉として使われていたそうです。

仏の座(ほとけのざ)
 :キク科の二年草。別名を小鬼田平子(こおにたびらこ)といいます。水田など湿地に
  自生し、黄色い花をつけます。同じな名で紫の花をつける「ほとけのざ」とは別のもので、
  食用にはならないので注意しましょう。

菘(すずな)
 :アブラナ科の1~2年草。蕪(かぶ)のことです。身がやわらかく、消化のよい野菜です。
  「すずな」という名は、ふっくらとした根の部分が鈴に似ているところからつけられた
  そうです。

蘿蔔(すずしろ)
 :アブラナ科の1~2年草。大根のことです。身は消化がよく、葉にはビタミンが豊富に
  含まれます。たくあん、煮物、大根おろしなど欠かせない食材です。






ページトップへ  トラックバック0
大晦日~正月のいつもの光景ですが
2017-01-04-Wed  CATEGORY: 我が家の光景
12/31~1/1撮影 【年越し蕎麦...V10...おせち料理...駅伝三昧...】


 年末から正月にかけて風もない穏やかな日々が続きました

       そして大晦日は蕎麦師匠のお宅で反省会?

    いや、それぞれが節目の年を終えての振り返りタイム

        そして蕎麦師匠の手打そばを戴いて散会

P1610611.jpg

もちろん大晦日の年越し蕎麦は師匠の蕎麦で...

今年もいろいろありましたが来年は佳き年であることを願い

今後の細く短い人生を見据えながら...美味しい!

P1610620.jpg


そして時間は大晦日から途切れることなく続いた元旦は

先ずは”雀宮神社”で初詣を...

P1610625.jpg

何だか変? そうだ”鎮守の森”が消えてる~~~

P1610621.jpg

※コチラ(↓)がH28/元旦の写真
P1530891.jpg


この後、古賀志山へ向かうがその前に”初詣ハシゴ”>笑<

ここは恵方巻発祥の神社”磐裂根裂神社”です
                         いわさくねさくじんじゃ

P1610632.jpg

恵方巻や夢福神等で何度かレポしている神社

P1610626.jpg

この神社には何本かの”ロウバイ”があるが早くも見頃を?

P1610627.jpg

今年は開花が早い?  新年早々、あのロウバイの香り...

P1610631.jpg

あぁ 正月休みも終わり...過ぎて見ると早いですね~

あぁ 今日から規則正しい生活が待ってるって(´・д・`)

これ(↓)はオマケです

P1610669.jpg

年内、孫たちに食べさせようと大人買いした海鮮だが

残った分で正月”うに・イクラ丼”にして食べてみた

”余は満足じゃ” いや ”お腹は満腹じゃ”

正月太りなるって? もう既にデブってるし~



ページトップへ  トラックバック0
遂にV10達成...古賀志山・元旦登山 恥ずかしい記念写真!
2017-01-02-Mon  CATEGORY: 栃木の里山(古賀志山)
29/01/01撮影 【古賀志山登山と書きましたがハイクです...文字数の関係で】



元旦は天気に恵まれ恒例”ケン坊の山開き”は今年も実現へ

          数日前から風邪気味の症状が出始めて

V10リーチの古賀志山、プレッシャー感じながら元旦を迎えた

       魔女には口が裂けても風邪だなんて言えない

朝コッソリ熱を計ると5度5分...怠さはあるが熱無いじゃん!

     定番の初詣をし、ご利益があるようにもう一ヶ所?

P1610652.jpg

今回はV10達成の儀式だけが目的の少し軽めのハイクに

正月なのに家で過ごせない訳あり入山者がいました>笑<

オーソに北コース(北登山道)からゆっくりのペースで

80分後、古賀志山頂に到達...遂にV10達成しました

ケン坊が自撮りをイメージして作ったV10達成の色紙?

P1610657.jpg

山頂に誰も居ないことを願ってたが4組がランチの真っ最中

暫く皆さんの動向を探ってたが下山には時間がかかりそう

自撮りを諦め恥かしさを堪えてシャッターを押して貰うことに

P1610640.jpg

当然、他のパーティの注目の的となり恥かしいやら嬉しいやら

”おめでとう”の言葉と”拍手”を頂戴しました 有り難いです

もちろん、シャッターを押して貰うことも想定内だったので

お礼の品(一緒に喜んでもらうため)も用意していて良かった

P1610646.jpg

別々に撮ることは想定外...同じものを使い回しです

こんなことなら2~3パターン作ってくれば良かったかな?

P1610645.jpg

漸く「古賀志山・元旦登山V10達成」の撮影終了

用意した”おせち料理”を広げて...細やかにビールで祝杯

二人だけの”山頂での宴”もチラリ見され...浮いてた?

P1610644.jpg

日本百名山や栃木百名山踏破記念の色紙なら判るが

ケン坊の場合、低次元レベルなのに恥ずかしい真似っこです

一応、区切りがついたので来年の元旦はフリーハンド>笑<



H28年 古賀志山・元旦登山

H27年 古賀志山・元旦登山(過去分・1回目無し)



ページトップへ  トラックバック0 コメント14
あけましておめでとうございます
2017-01-01-Sun  CATEGORY: あいさつ



        あけましておめでとうございます

     今年も みなさまのご健康とご多幸を

           心よりお祈り申し上げます

    そして災害・災難のない世の中を祈念します

                                   平成29年 元旦


*高根沢・安住神社の絵馬(28/12/30撮影)
P1610595.jpg

※絵馬に入魂...祝詞?を捧げる神職
P1610579.jpg

安住神社は子授け、安産、子育ての神と言われる

イクメン雄鶏が子宝や雛を面倒見つつ雌鶏の帰りを待つ姿?

今年も育児・家事・仕事は男女平等に...ですね

※絵馬の製作者が”絵馬製作にあたっての背景”を説明しています
P1610582.jpg

※サインを書き終えて...
P1610586.jpg

今年は”多くの方の幸せを込んで”くれるかな?

P1610593.jpg

          今年もよろしくお願いします



ページトップへ  トラックバック0
<< 2017/02 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.