FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
再び絶滅危惧種”シモツケコウホネ”の花を求めて...
2018-08-19-Sun  CATEGORY: 公園・その他の公園
H30/8/19撮影 【お盆が終わった週末、シモツケコウホネを求めて日光へ...】


   2年前行った”シモツケコウホネ”の花を求めて

           もちろん「絶滅危惧種」なんです

 今回は魔女と日光市小代(旧今市市)の生育地を目指した

※2年前に撮った案内板
P1580238.jpg

【シモツケコウホネとは】ネットから
シモツケコウホネはスイレン科の多年草で、流れの ある水路に生育します。通称
カワワカメとも呼ばれるワカメ状の沈水葉を4月ごろに出す。

2003年に世界で初めて発見された、沈水性のコウホネ属の植物。 世界中で栃木
県内 の4箇所だけに生育(日光市、那須烏山市、真岡市、さくら市)している。

現在、地域住民の皆さんが「シモツケコウホネと里を守る会」を組織し、シモツケ
コウホネの保全に努めています。

シモツケコウホネは青いのが蕾で立ち上がっていって花を咲かせ、3日か4日
咲いて水の中に倒れこむように沈んでいって赤い実をつけます。

実が熟するとパーンと割れて種が流れ出します。7つか8つの袋に10個位づつ
の種が入っていて全部で80個ぐらいの種がはいっています。

それが流れていくのですが、根付くのが難しく、今のところ竹の子のように根茎が
這っていって増えている状況です。


前回(2年前の7月下旬)に比べ、今年は花の数が多い?

P1700777.jpg

黄色い花弁は「がく」で、花はその内側の小さな黄色の部分

P1700780.jpg

やはり...カメラマンはほぼ”ジジーババー”かな>笑<

P1700796.jpg

P1700800.jpg

周辺を飛び回ってたアオハダトンボが曲芸を見せてくれた?

P1700784.jpg

今年のシモツケコウホネはピーンと背筋が伸びて元気が良い

P1700786.jpg

岸から泳ぐトウキョウダルマガエルがカワワカメと戯れる

P1700790.jpg

すると近くで”僕も撮って~”と小っちゃな蛙くん

P1700776.jpg

栗のイガのような実?

※ミクリ(実栗)という(別名(通称):ヤガラ)
P1700799.jpg

花は3~4日で水中に倒れるように沈み赤い実を付ける

P1700802.jpg

立派な案内板も建っています

P1700806.jpg

案内板にあった”マツカサガイ”を探したが写真に撮れず残念

らしきモノはあったが...コレ(↓)は多分死骸ですね

P1700807.jpg

上手く撮れなかった葉(通称:カワワカメ(沈水葉))

P1700792.jpg

最後にもう一度...これがシモツケコウホネです!

P1700804.jpg

P1700793.jpg

午後は野暮用があるので...この辺で帰りま~す



ページトップへ  トラックバック0
少しでも山に近付きたく...森林公園の赤川ダムを周回ウォーク
2018-08-12-Sun  CATEGORY: 休日
H30/08/12撮影 【1週間ぶりの休み...気分だけ山の空気を味わおうと】



土曜日はご近所さんの告別式があり今週末は日曜だけ...

          先週は井頭公園ウォークだったが

  今日は少しでも山に近づこうと宇都宮森林公園に移動

P1700747.jpg

新しい登山道ができた古賀志山の登山口...懐かしい!

P1700749.jpg

そう、以前は川に横たわった鉄骨を渡ったが外され渡れず

※真っ直ぐ進めば細野ダム経由で...でも川が渡れないかな
P1700751.jpg

ここでも山は諦め...見つけた僅かな花? 

※タマアジサイ
P1700750.jpg

※キンミズヒキ
P1700753.jpg

※ヘクソカズラ
P1700772.jpg



今年の花は1週間から10日早い...

その流れから、この花もそろそろ顔を見せているかなと寄り道

う~ん残念!  去年より全然少ないぞ  暑すぎたせい?

P1700765.jpg

こんな蕾が多い  花芽も例年に比べると少ない?

P1700758.jpg

よ~く見ると開花した花を数厘発見! 相変わらず可愛い

P1700759.jpg

P1700760.jpg

P1700766.jpg

そんなこんなで赤川ダムを周回...気分だけ古賀志登山?

左手は...相変わらず”痺れて”ます (ノ_<) 


ページトップへ  トラックバック0
復帰に向け重い腰を上げた...先ずはリハビリのためのウォーキングから
2018-08-05-Sun  CATEGORY: 日記
H30/08/04撮影 【いよいよ明日に向けて歩きだします...】



上手い表現が頭に浮かばない猛暑日の連続が全土を覆う

フル稼働のエアコン生活、週末の商業施設での避暑生活

例年、これからが夏本番だが今年は涼しい秋が待ち遠しい

職場に復帰して2週間 ようやく身体に生気が出て来た?

左手の痺れや痛みは術前と殆んど変わらない状態だが...

何時までも落ち込んでる訳にも行かない!

ケン坊がケン坊らしく生きるためには先ずは行動開始だ~


暑くても外を歩くのがやっぱ気持良い💕

先ず復帰のためのリハビリは軽いウォーキングから>笑<

※井頭公園外周
P1700717.jpg

今日の万プーは...猛暑だから”芋洗い状態”と思ってたら

例年満杯の臨時駐車場は使われていない?

この日は各地の花火大会や夏祭りにお客を奪われ減少?

P1700719.jpg

野草も猛暑でお疲れか...いやケン坊のカメラがお疲れ?

早く、カメラにも慣れておかないとね>笑<

P1700721.jpg

早くも紅葉を前取りか?  今年ばかりは早く秋が来て欲しい

P1700725.jpg

そうは言っても8月4日...この花は暑さに似合います

P1700727.jpg

あれ  ここは鳥の楽園か?

シラサギとアオサギが同居してる  ケン坊的には初めて?

P1700730.jpg

樹々の多い井頭公園ですがめっちゃ暑いです!

めっちゃ暑かったけど...何だか今後に向けて良い予感!

復帰へ焦らず頑張ろう\(^_^)/ 少し前向きになった?






ページトップへ  トラックバック0
鰻の蒲焼...だんだん高くなる~ だんだん遠くなる~
2018-07-22-Sun  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
H30/07/22撮影 【庶民の手にはますます届かなくなりました】


今年は7/20(土)が”土用丑の日”だった...「だった」んです

       国内産の”鰻の蒲焼”は年々遠くなる一方

 そう国内産に拘らなければ”うな重”も十分に可能なのだが


 そんな訳(どんな訳なのかな?)で、今年のうな重は諦めて

      翌々日、値下がりを期待してスーパーへ(@_@)

鰻コーナーは極端にエリアが減り買う意欲も減退しちゃった


   目に飛び込んだのがコチラ↓ の”うな次郎”です

        魚のすり身で作った”蒲焼風”の代物...

以前、ナマズの蒲焼で”鰻の蒲焼”の代役は経験していたが

税込300円は魚のすり身と思うと高い...話のネタに>笑<

P1700707.jpg

食感はやはり”魚のすり身”でした...

蒲焼のタレと山椒で匂いが”鰻の蒲焼”を食べてるモードに!

一応、今年はコレで土用の丑の日は終了?

P1700708.jpg

日本人の器用さはいろんな場面で取り上げられますが

この”うな次郎”も「もう一工夫」でその一つに昇格なるかな?





ページトップへ  トラックバック0
猛暑の最中!  暑いけど我が家は良いな~(外泊5泊6日を終えて)
2018-07-18-Wed  CATEGORY: 日記
H30/07/16撮影 【暑いってもんじゃありませんね~ (。>ω<。)ノアヂー(。>ω<。)ノ】



 医師を悩ませ、これが原因かなという診断に”可能性”を信じ

      (山を諦めて)左手にメスを入れることにした

 可能性が高いだけでは不安だが、もう前を見るしかないね!
                        
                        
                        
小&薬指が痺れる症状から”肘部管症候群”に的を絞ったが
      (実際には、その他にも諸症状があって何が何だか...的が絞れず)

   手術しても、直ぐに痺れ・痛みが良くなる保証は無いし

もし神経が傷ついてたら、解消まで3~4ヶ月はかかるらしい

※漸く家に戻った...痛みは少し和らぐも痺れは変わらず...
P1700700.jpg

退院したら家に、で~んと”でんすけスイカ”?が届いてた

P1700704.jpg

それにしても暑すぎますね~  あぁ2000㍍級の山が恋しい

取り敢えず現状レポ...”山レポ”が出来るのは来年かな~



ページトップへ  トラックバック0
連日の後追い...ケン坊定番の”つがの里・蓮”の旬は過ぎていた
2018-07-08-Sun  CATEGORY: 花紀行(ハスの名所)
H30/07/01撮影 【つがの里でまさかの蓮から睡蓮へバトンタッチが行われる? 】


今年の花暦はセツブンソウ始め、総じて前倒しの感じだった

           約1週間から10日は早かったかな?

    梅もカタクリも桜も...藤や紫陽花、そして蓮までも

        その蓮ですが、完全に遅いと承知のうえで

  つがの里のハスまつりが6/30~7/1開催と聞いて覗きに

P1700684.jpg

蓮を見るなら早いほうが良い...6:25に駐車場着

それでも更に早いご仁が大勢いました>笑<

案の定というか、やっぱり蓮の旬は全体的に過ぎてました

P1700652.jpg

場所によってはこんな(↓)感じでした

P1700636.jpg

それでも探せば寝坊した蓮の株もチラホラと...

間に合ったハスの花...今日の中ではまぁまぁの部類か?

P1700665.jpg

P1700688.jpg

P1700650.jpg

ハスは4日の命と言われますが先週だったら見られたかな

P1700631.jpg

こんな姿が多かった  これはこれで綺麗ですが(ヨイショ)

P1700635.jpg

P1700664.jpg

P1700682.jpg

まだ蕾もあります...でもレポが遅すぎて、もう散ってますね

P1700698.jpg



旬を過ぎた蓮池には、最近”陣地”を広げてる”スイレン”が...

P1700641.jpg

ハスとスイレン...早く管理を徹底しないと

”蓮池はスイレン池”に模様替えし、「スイレン祭り」に交代?

共存も良いけど、ケン坊的には別のほうが良いな

P1700644.jpg

P1700670.jpg

P1700676.jpg

以上、1週間遅れのレポでした...

そして明日から始まる”憂鬱な日々”が早く過ぎて欲しい




ページトップへ  トラックバック0
後追い三味線は...霧が流れニッコウキスゲが乱舞する高原
2018-07-01-Sun  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
H30/06/30撮影 【まさかの6月の梅雨明け...俄かに避暑先を探した結果】



関東地方が”梅雨明けしたと見られる”は6月29日

    この突然の宣言はまさに青天の霹靂と言うべきか?

  梅雨入り宣言があっても梅雨らしき空模様は数日だけで

     予想される暑い夏は幼子や高齢者に厳しいかも

週末初日は宇都宮で33~4度になるとの予報にギブアップし

   昨晩からの作戦会議...決まったのが日光への避暑

P1700534.jpg

奥日光なら24~5度だが、今回は黄色い絨毯の霧降高原だ

まさか避暑に天空回廊は無いだろう...が、行っちゃうと?

           P1700535.jpg

駐車場が心配だったが案の定...臨時駐車場に案内され

ココからの歩きは厳しいが何と”シャトルバス”が運行してた

結構な坂道と距離...その上、無料で助かった\(^_^)/

P1700628.jpg

駐車場まで晴れてた天気も薄い雲が出て...

かんかん照りじゃ無くて歩くのには良かったと思ってたが

薄曇りじゃ無くて...ココは正しく霧降でした これも良し!

P1700537.jpg

ところで今回は階段の左右に膨らむ”散策路”中心に歩くことに

P1700557.jpg

P1700559.jpg

霧降ではなく”霧流れ”かな?  久々の光景に満足!

P1700564.jpg

P1700568.jpg

P1700574.jpg

P1700575.jpg

P1700576.jpg

P1700581.jpg

散策路が終わり...上に行くには階段だけが手段です

霧に包まれた階段の行き先は”天空”だ

一段また一段着実に”開いた天空の入口”に向かいます

※階段の先端にスポットライトが当たり、もしや、天空の登竜門なのかも?
P1700587.jpg

山から遠ざかっていたせいか、やはり身体が重い!  

展望デッキは全て利用しちゃいました...

P1700590.jpg

P1700594.jpg

そして1445段の階段クリア  もちろん小丸山へも行きますよ

P1700595.jpg

赤薙山は完全に霧の中  丸山との分岐も見えません

小休止して戻ります  下りは楽?  いやいや...

P1700597.jpg

下りも霧の中のニッコウキスゲに満足しながら花見三昧

P1700600.jpg

P1700602.jpg

P1700607.jpg

P1700614.jpg

途中で濡れてたニッコウキスゲに遭遇  雨か?

何故この株だけに水滴が?  多分、カメラマンの仕業かな~

P1700619.jpg

今年は元気一杯のニッコウキスゲが多く楽しめましたよ

P1700621.jpg

文字通りの”霧降高原”で元気印のニッコウキスゲを満喫!

本日の選択は正解!  目的の避暑も達成しました

P1700622.jpg



ここまで敢えて”ニッコウキスゲ”だけをレポしてましたが

他の花も、もちろんコラボも良かったですよ

※クルマユリ
P1700624.jpg

※クガイソウ
P1700626.jpg

※ヒヨドリバナ
P1700547.jpg

※コメツツジ
P1700562.jpg

※コバギボウシ
P1700570.jpg

ノ※ハラショウブ ですか?  素直に”アヤメ”?
P1700611.jpg

残念なのは”孤高のクルマユリ”の姿が無かったこと

見落としじゃ無いと思います...

記憶の中の同じ場所に”1厘のクルマユリ”があった!

この”1厘のクルマユリ”こそが後継者なのか?

P1700612.jpg

う~ん何だろう  蕗の葉に似てるが...オタカラコウの蕾?

P1700616.jpg

※ ↓ 蕾を大きく撮ったので...教えて下さい
P1700615.jpg

※シモツケ
P1700618.jpg

約2時間半の避暑...予想通りいろんな花に出会えました

この後は大笹牧場経由で真夏の我が家へ直行!

NAOさんの後追いレポですが、いつも変わり映えしませんね








ページトップへ  トラックバック0 コメント9
新規開拓”紫陽花の集い”で、まさかの”お・も・て・な・し”に感激!
2018-06-29-Fri  CATEGORY: 花紀行(あじさいの名所)
H30/06/24撮影 【新規開拓の紫陽花...規模は小さいが心温まるイベント】


今日の午後は先輩のコンサート、遅くとも13時迄に帰らないと

    そんな訳でネット”紫陽花”のキーワードで検索すると

真岡市(旧二宮)の”鷲宮神社”がHitしたが210株と少ない

 だが、オランダで賞を受賞した名品種があるとのことなので

         時間的にもちょうど良い距離感だし...

    田んぼの中をNAVIを頼りに漸く辿りついた>笑<

  おぉ 今日は運よく”紫陽花まつり”のイベント日らしい?

※駐車場は農家の庭先に10台程度、あとは適当に田畑脇に路駐?
P1700532.jpg

本殿修復と上屋、拝殿改築、境内整備が3年前に終了

以前の写真を見ると”これぞ鎮守の森”って感じで

境内周辺も森の伐採をした関係で陽射しの中の神社に

P1700530.jpg

地区の名が”鷲の巣(わしのす)”だったので

勝手に”鷲巣神社”と思ってたら「鷲宮神社」でした

P1700493.jpg

それにしても”あじさいの集い”にしては人が少ないな~

P1700495.jpg

こちらは新しくなった”手水舎(洗心身)”ですね

P1700517.jpg

天からの清らかな水を...一般的には龍が多いと思うが

鷲宮神社では神社名に因んでか”鷲”が運ぶ?

そして季節感があふれる紫陽花が水に浮かび...良い感じ

P1700519.jpg

修復・改築が終わった拝殿と本殿

この日は特別に中に入ってもOKとのことなので

P1700516.jpg

奥に”御神体”が...さすがに写真には納められなかった

P1700515.jpg

拝殿や本殿の近くに修復前からあった神輿の格納庫?

中には新旧の神輿が納められていた

右の開いてる所は周辺にあったと思われる祠や石仏が数基

P1700514.jpg

P1700521.jpg

ところで...紫陽花の集いはどうなっているの?

紫陽花に囲まれ野点擬きの雰囲気ある光景が目に飛び込む

P1700498.jpg

野点の脇を通り神社の裏側に進むと”鷲巣自治会館”があり

広場の左右にテント、真ん中奥にステージ??

P1700509.jpg
※左のテントは来賓席で満席?  右が一般席で未だまばら
P1700500.jpg

そして道路挟んだ畑地では模擬店がテント2張り並ぶ

時計は11:30だが、お昼は道の駅でと思っていたのでスルー

P1700510.jpg

トラクターや発動機の展示かな? 凄まじい発動機の爆音

P1700511.jpg


何時もの調子でネタ写真を撮りながらブラブラしてたら...

役員さんらしき方からテント内に座るよう案内され

人違いと思い”ただ紫陽花を見にきた”ことを告げ辞退したが

さらに何度も薦められ”枯れ木も山の賑わい”と解釈して

P1700501.jpg

飛び入りで空席の目立つテントの中は居心地が悪いが...

麦茶を注がれ目の前のものを食べるよう勧められ\(^_^)/

落ち着きを取り戻したところで苺ジャムのカキ氷が(@_@)

ポテチさらに焼鳥やから揚げ、メロン等々がテーブルに並ぶ

P1700502.jpg

漬物も数種...何だか申し訳ないような気持ちで口に運ぶ

P1700503.jpg

最後には田舎にありがちなボリューム感あるカレーまで...

本当に座ってご馳走になっちゃって良いのかな~

徐々に地元の親子連れが座りケン坊達の存在も薄れホッ!

P1700505.jpg

思いがけず、手作り感のあるイベントに遭遇しました

新規開拓の地での”お・も・て・な・し”に感激しちゃった




すっかりご馳走になり申し訳ないが時間の関係でお暇します

早々に紫陽花を愛でなくちゃ...敷地内を早足で

オランダで賞を取った名品種はどれだろう...判らないまま

境内の紫陽花を探すが、悪戯にボツ写真枚数が増えるだけ

P1700512.jpg

P1700513.jpg

P1700524.jpg

P1700520.jpg

P1700525.jpg

P1700526.jpg

P1700528.jpg

来年は仲間と一緒に”名品種のあじさい”を探しに訪ねたい!



ページトップへ  トラックバック0 コメント2
黒羽城址公園からの寄り道...”大人の休日倶楽部”のCMでお馴染の
2018-06-26-Tue  CATEGORY: 寺社仏閣(その他)
H30/06/23撮影 【この地は紅葉時期が多かったが紫陽花を求めて寄り道を】


      黒羽の名所”雲巌寺”をスルーしちゃ遺憾!

    だって あの吉永小百合さんも応援してるんだもん

※CM写真に被せたビニールが光っちゃって(駐車場に貼ってあり拝借しました)
P1700487.jpg

ケン坊には無理...だって小百合ちゃんが居ないんだもん

何とか雰囲気だけでも撮ろうかな>笑<

P1700482.jpg

P1700456.jpg

橋を渡り階段を登り門を潜ると威厳と風格を持った仏殿

ガクアジサイが一株ありギリチョンで鐘楼とコラボ?

P1700459.jpg

鐘楼脇から階段を上り方丈へ

P1700466.jpg

上から見る仏殿、山門の屋根部分

P1700462.jpg

庫裏の前に咲いていたビヨウヤナギと不明の白い花

P1700472.jpg

P1700467.jpg

帰りは庫裏の前から右へ...アジサイに遭遇!

雲巌寺にはもう少し紫陽花があったような記憶があったが

残念ながら気付いたのは片手? 多くても両手は無い!

P1700474.jpg

ちょっぴり残念な気持ちを抱きながら戻り

最後にもう一度”朱塗りの欄干の太鼓橋と山門”をパシャ

P1700480.jpg

う~んイマイチだな~  もう二枚...変わらんね~>笑<

P1700455.jpg

寄り道に”黒羽ゆり”に会いに行ったが遅すぎた! ならばと

矢板まで車を走らせたが...長峰公園にも紫陽花は無く

この日の花見行脚は終了!  ”道の駅やいた”で小休止!






ページトップへ  トラックバック0
県内の紫陽花の名所は「大平山・磯山神社」と”芭蕉の里 くろばね”か?
2018-06-23-Sat  CATEGORY: 花紀行(あじさいの名所)
H30/06/23撮影 【これまでタイミングが合わず、萎えた紫陽花が多かったが】


  紫陽花の名所”芭蕉の里 くろばね”で愛でることに

    何度も訪れていた記憶があったが意外に少なかった

            P1700492.jpg

駐車場を気にして早めに家を出たが時速40㌔の車に先導され

ストレスの溜まった往路だが駐車場は滑り込みセーフ

早速、ペットボトルとカメラを抱えて紫陽花会場へと歩を進める

P1700373.jpg

入口から数十㍍でシャッターポイント”あじさい橋”に

以前に来た時とは雰囲気が違う...紫陽花が元気に見える

P1700381.jpg

花数も多く、まだ会場の一端しか見ていないのに(⌒∇⌒)

P1700392.jpg

ブルー系の花が多いが濃淡があり楽しませてくれる

P1700394.jpg

橋の上から見る”斜面に広がる紫陽花”がとても元気!

P1700397.jpg

あじさい橋を渡り、対岸から振り返っての光景...

P1700402.jpg

以下、紫陽花の表情の七変化、景色の七変化を掲載!

P1700404.jpg

展望櫓をバックに...何枚も無駄にシャッターを
(フィルムの時代には考えられないですね)

P1700406.jpg

P1700409.jpg

P1700429.jpg

最近ではほぼ半分はガクアジサイかな?

P1700416.jpg

P1700418.jpg

城址公園本丸には文化伝承館ステージが

P1700443.jpg

突然、薄曇りの空から”青いシャボン玉”が降ってきた

P1700423.jpg

枝垂れ桜とのコラボ...真ん中下の紫陽花 でっかい!

ケン坊の頭より遥かに大きいぞ?  他の花と比べてみてね

P1700425.jpg

見事な咲きっぷり  雨は十分、陽射しが無く 活き活きと

P1700430.jpg

城址公園の一角に日本庭園ならぬ紫陽花庭園が...

P1700432.jpg

”芭蕉の広場”の入口には趣のある門とガクアジサイと句碑

P1700439.jpg

P1700441.jpg

久し振りで”くろばね城址公園”の紫陽花を観賞したが

タイミングも良く、また薄曇りで元気な紫陽花に出会えて...

恐らく過去を振り返っても今年の紫陽花が一番\(^_^)/






ページトップへ  トラックバック0
<< 2018/10 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.