FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
日光の名物「羊羹」
2009-10-23-Fri  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
【練羊羹より水羊羹】
10月17日(土):

古くより二社一寺の門前町と栄えた日光。銘水豊かなこの地の羊羹は、上質で日持ちも良く、江戸の頃より日光土産として評判になったといわれています。

電車で日光へ行くのは初めてかも知れない。JR宇都宮からJR日光駅へ、そして百㍍余も歩くと東武日光駅だ。こんなに近くなんだ・・・頭では判っていたが実感した。
画像 397
↑ JR日光駅。古風な感じの駅舎だ・・・改装してもと思うが、日光の歴史を重んじて?
画像 398
↑ 東武日光駅。駅前は東武のほうが広くバス発着所もあり、JRに比べて便利そうな・・・

そして駅から東照宮までの2㌔強を歩いて千人行列の会場へ向うが、折角だから日光市内を覗きながら行くことにした。

歩き出すと、案の定というか「ゆば」の文字が躍ってる。「ゆば定食」「ゆば懐石」「ゆば御膳」「ゆばづくし」等々・・・。そしてゆばに負けじと「羊羹店」が多く並んでいる。

日光土産といえば「羊羹」というのが子供のころは当たり前だった。当時はもちろん練羊羹が全盛期だった。が、最近というか今は、練羊羹に勝るとも劣らないのが「水羊羹」だ。

ケン坊が知っている「三ツ山羊羹本舗」は練り羊羹を代表するお店。そして「水羊羹」を代表するのが「鬼平(きびら)の羊羹」と「吉田屋の水羊羹」だ。甘みが控えめで何とも言えない上品そうな一品である。もっとも食べ物は個人の好みがあるから、これ以外のお店もあるだろうが・・・

最近はいつも「鬼平」だったので、たまには「吉田屋の水ようかん」にしようと630円也を払った。
画像 516
↑ みずみずしい羊羹のサクが5本入ってます。
画像 647
↑ 取り出すのが難しい。縁が少し傷ついてしまったが、お茶に羊羹・・・合うね~

ついでなので「鬼平」「吉田屋」「三ツ山」の羊羹についてCMです。

【鬼平(きびら)の羊羹本舗】:HPより(写真はケン坊)
昭和の初めに羊羹専門店を創業。今では“みずみずしさとさっぱりとした”水羊羹が看板商品。
保存料を使わず甘みも抑えてあるため、日持ちはしない(賞味期限は5日間と短い)という手作りの味が自慢の『鬼平の羊羹』。
その、みずみずしい水羊羹は、なめらかでとろけるような口どけの風味で、甘すぎず、さっぱりとした上品な味。この水羊羹は痛みやすいので、昔は冬限定の商品だったそうですが、冷蔵装置が発達して、一年中食べれれるようになったとのこと。
画像 514

【吉田屋の水ようかん】:HPより(写真はケン坊)
日光羊羹製造本舗。定番の“一口羊羹”、特製の“水ようかん”をはじめ日光の風土が育んだ逸品を世に出している。
日光は昔から神仏の重要な霊地として修行僧なども多く、神社・仏閣などがたくさん建立されてきました。神官や僧侶達の冬の閑散期に食された甘味が贅沢な高級菓子として伝わったものが、日光羊羹の由来です。
画像 403

【三ツ山羊羹本舗】:HPより(写真はケン坊)
三ッ山羊羹本舗は、明治28(1895)年に、初代・三ッ山兼太郎が創業。以来、一世紀以上にわたり羊羹だけを作り続けています。当初は別の屋号にて商っていましたが、いつの頃からか「三ッ山の羊羹」として親しまれるようになり、今ではこちらを屋号としています。
日光田母沢御用邸にてご静養される皇族方への献上品として、日光二荒山神社の御用品として、ご受納いただいてきた三ッ山の羊羹。明治45年には、大隈重信公より「全国特産品博覧会・有功銀賞」を賜りましたが、現在は、賞よりもお客様からの評価を頂戴することがなにより大切と考えています。
画像 404


そして更に進むと、左側に変わった建物が目に入る。高台にある建物は何か・・・よく見ると、日光市庁舎本館である。何が変わっているかというと、一見、お城のような雰囲気をもった建物である。
日光らしいといえばそうだが・・・
画像 400
↑ 日光市庁舎本館です。お城のような雰囲気をもった庁舎も珍しいかな?

【日光市庁舎】:ネット情報より
日光に城が・・・と思わせる市庁舎は、小林庄一郎が城郭風の「大名ホテル」として建築したもので、明治後期に着工、大正5~7年頃完成と言われる。
昭和18年、古河電工に売却、戦後進駐軍の社交場としても使用され、昭和23年、古河電工から日光町に寄付されたという過去を持つ。木造3階建て、本館3階屋根に、千鳥破風を載せるため城の天守閣に似た外観になった。木造最古の市庁舎という。


そして更に少し歩くと和風な物産店が目につきました。金谷ホテル入口の手前だ・・・。建物内には金谷ホテルの関連商品(ベーカリー等)を扱うコーナーも入ってます。
画像 405
↑ 日光物産商会。これも古い木造の店舗・・・

【日光物産商会】:ネット情報より
日光物産商会の建物は、神橋の手前、金谷ホテルへの入り口にあって、目立つ和風建築だ。明治38年、大島骨董店として着工、翌年竣工。
完成後、金谷ホテルの出店として日光彫などみやげ物を商い、昭和3年、日光物産商会として改組、戦後、占領軍に接収されたこともあると言う。
現在は、みやげ物販売と2階にレストランがある。木造2階建て、屋根は入母屋造り、2階手すりには欄干を配するなど、本格的な和風建築になっている


最後は、千人行列の見学を終え、再び駅に向うところで別のお店の看板が気になった。看板・暖簾には「志そまき唐がらし」とある。魔女が言うには「美味しいんだよね」だって。食べたことがあるらしい。
ケン坊に内緒か? そういえば、魔女は金谷ホテルで食事もしたとか言ってた。悪友らとケン坊に内緒で食べ歩きしてるらしい>笑<
さて、この志そまき唐がらしを試食したら、これが実に美味しい・・・早速530円で一袋購入。
実際に手にして食べようとしたら? 唐辛子の入ってないのを買っちゃったらしい・・・残念。
画像 515
↑ 濃紺の暖簾に書かれた「志そまき唐がらし」の文字が渋いが、らしく見える・・・
画像 517
↑ 揚げたパリパリの紫蘇で味噌やゴマを練ったものを巻いたもので、暖簾の唐辛子がない。
   中にはゴマと餡も入ってる? そんな食感がするのだが・・・食欲がそそられそうだ

知っていると思っている街でも、意外に知らないことだらけ・・・時には歩いてみるもんだなと妙に感心しちゃいました。

日光の巻・・・完です
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
美味しそう
コメント長さん | URL | 2009-10-23-Fri 09:08 [EDIT]
流石に歴史のある日光ですね。お城のような市庁舎なんて聞かなきゃ分かりませんね。しかし、進駐軍がなぜこんなところに社交場を必要としたんでしょう。日光見物のついでに楽しんだものですかね。
そういえば、羊羹屋さんが多いですね。水羊羹が美味しそうです。取りだすのに苦労されたようですが、製造元はどうやって箱に入れたんでしょう。
しそ巻きみそも美味しそうです。
我が家では湯葉やたまり漬けなんかをお土産にしています。最近、湯葉饅頭なんてのも出来たらしいですね。
なぜか羊羹
コメント頭変僕 | URL | 2009-10-23-Fri 21:18 [EDIT]
日光には羊羹屋さん多いですね。
お土産に買い求めますが、知名度的には鬼平でしょうか?私は甘いもの食べないので味まではわかりません。どこのを買っても喜ばれます。
日光みあげは、なぜか水羊羹できまりですね!
コメントoyazi | URL | 2009-10-24-Sat 05:19 [EDIT]
おはようございます。
神橋の側のこの赤い建物は、物産館ですか。
余りの大きさの木造建物で何時も驚いてました。
羊羹も美味しいが、それぞれと店が古く味が有りますね。
歴史の町なんですね日光は^^
昨日も、TVで東照宮の修復現場を中継でしてました。
ここは拝観料の高さは有名ですね。
修復作業見て納得でしたよ。
金箔や漆で手間のかかる作業です。
素晴らしい食文化や建造物、後世に残して行く努力に拍手です
たまり漬も好評
コメントケン坊 | URL | 2009-10-24-Sat 06:07 [EDIT]
【長さん】
おはようございます。
今度行くときはお城(庁舎)の中に入ってみたいと思います。
水羊羹は甘さが控えめで、今回、吉田屋のを味わってみましたが、ケン坊は鬼平派ですかね・・・魔女は吉田屋の方が好きと言ってます。
そうそう、たまり漬も多いですよね。でもケン坊は旧今市の老舗(上澤梅太郎商店)でしか買ったことがありません。最近、少しは塩分控えめになったですかね?
コメントケン坊 | URL | 2009-10-24-Sat 06:14 [EDIT]
【頭変僕さんへ】
おはようございます。
やはり鬼平をご存知ですよね。いつも駐車場に困ってしまいます。
反対側に駐車場があるんですが、帰りに買うので店前に駐車ではなく停車して・・・頭変僕さんは甘いものは口にしませんでしたか?
最近、ケン坊家の日光土産は水羊羹ですね。滅多に買いませんが>笑<
日光・・・知っとこ
コメントケン坊 | URL | 2009-10-24-Sat 06:23 [EDIT]
【oyaziさんへ】
おはようございます。また拍手ありがとうございます。
日光全体が歴史の街(ちょっとオーバーかな)って感じがします。もちろん景勝地も多いですが・・・
今回は街中を少しだけ歩いてみましたが、これをキッカケに少しは地元の世界遺産を知っておこうと思います。
たしかに拝観料は高めですね。年間通じた見学者数からすれば、もう少し安くしてもいいのではと思いますが・・・
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.