ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
尾瀬の花園No2(in至仏山)
2009-07-25-Sat  CATEGORY: 尾瀬・駒止湿原
【山の鼻~至仏山山頂】
7月20日(祝):

花の宝庫だった山の鼻周辺(尾瀬研究見本園)を離れ、至仏山のお花畑を目指して歩き始める。天気は良好だったが足場は最悪。でも多くの花が姿を見せてくれたものの、ケン坊の腕が追いついていかなかったが・・・>苦笑<

派手さはなかったものの流石に至仏山のお花畑群です。

画像 724
↑ ミネウスユキソウ(峰薄雪草)
画像 725
↑ イワシモツケ(岩下野)
画像 727
↑ ミヤマダイモンジソウ(深山大文字草)
画像 723
↑ ギボウシの蕾
画像 734
↑ イワシモツケ(岩下野)とハナニガナ(花苦菜)とシブツアサツキ(至仏浅葱)の蕾
画像 736
↑ コメツツジ(米躑躅)
画像 750
↑ タカネシオガマ(高嶺塩竈)
画像 753
↑ タカネシュロソウ(ムラサキタカネアオヤギソウ:紫高嶺青柳草))
画像 754
↑ ジョウシュウアズマギク(上州東菊)
画像 757
↑ ホソバツメクサ(細葉爪草)


【主役は至仏山からの眺め】
画像 788
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
高山植物が豊富ですね
コメント長さん | URL | 2009-07-25-Sat 22:49 [EDIT]
至仏山にこんなに多くの高山植物が咲いているなんて、ビックリです。これでは盗掘者がいても不思議ではありませんね。
若い頃に登った時、花を目にしたんでしょうが、あまり興味もなく、全く記憶に残っていません。体力の残っているうちに行ってみたくなりましたよ。
コメントoyazi | URL | 2009-07-26-Sun 07:41 [EDIT]
ここは、至仏から見る尾瀬でしょうね。
思い出しますよ壮大な景色・・・・・
また、至仏には登りたいですね^^
長さんは体力十分です
コメントケン坊 | URL | 2009-07-26-Sun 21:00 [EDIT]
【長さんへ】
こんばんは。
至仏山、小至仏山ともお花畑がありとっても種類が豊富でした。多分、植物とりわけお花に詳しい長さんが行かれると、ケン坊とは違った経験や発見があると思います。
まだまだ長さんの行動力からすれば体力十分です。ぜひ行かれることをオススメします。
次は燧カ岳への登山を
コメントケン坊 | URL | 2009-07-26-Sun 21:10 [EDIT]
【oyaziさんへ】
こんばんは。
そうです。小至仏山から少し下ったところです。燧カ岳をバックに広い尾瀬ヶ原を眺める壮大な景色です。是非とも登ってみてください。
今度は秋に行って見たいですが今年は無理かな・・・。燧カ岳登山と三条の滝も見たいし。
コメントkimichan | URL | 2009-07-29-Wed 07:43 [EDIT]
沢山の高山植物が!
立ち止まって見ていると時間がたつのを忘れそうですね
可愛い花たちにぽちです
ポチってどうするのでしょうか?
二人三脚
コメントケン坊 | URL | 2009-07-29-Wed 23:00 [EDIT]
【kimichanへ】
こんばんは。
ケン坊はポチ!も知らないんです>恥<
このブログに機能があるのかな~ 後で管理者ページを探してみます。でも文字だけのポチでもとっても嬉しいですよ。
平地では何気に通り過ぎちゃいますが、kimichanと同じで、不思議と山歩きの時は小さな花でも目に入っちゃいますよね。
魔女がいつもビックリしてます。それでも最近はケン坊の影響でしょうか、ケン坊が気が付かないで通り過ぎようとすると教えてくれます・・・歳とったら目のほうも二人三脚ですよね・・・>笑<
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.