ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
釜川の水源見っけ!
2009-07-16-Thu  CATEGORY: 歴史探訪(うつのみや)
【標識のない西弁天沼・・・】
7月12日(日):
今回は「ついに発見、西弁天沼」・・・感動編です。最後までお付き合いを。

前回に引き続き「釜川の水源探し」で上流へ・・・ゴミゴミした街中を通り抜け、閑静な住宅街をとおり、右にあの目印”水道山”が見えてきた。もう上戸祭付近まできたんだな~と思いながら歩く。
画像 569
↑ 上戸祭付近。ポイント「水道山」が見える。隣の赤レンガの階段は139段あるそうな。
   元気に階段を上り下りしている姿が見られる・・・。

マツヨイグサが一本だけ咲いていた。澄んだ黄色の花が一際目立っていた。
画像 533
↑ 川べりには相変わらず花が姿を見せる。この真っ黄色の花”マツヨイグサ”が綺麗だ。

宇都宮環状道路を過ぎてしばらく歩いたが、いま、釜川は蛇行して北道路を横切り東側へ・・・
画像 552
↑ 東北縦貫道路の宇都宮ICに接続する北道路。一般道なのに80㌔制限です。

北道路下をパルティ宇都宮や宇都宮ゴルフクラブを左右に見ながら先に進む。画像 553
↑ 突然に出現した黄色いお花畑。どうやら”キバナコスモス”らしい。

間もなく日光街道を横切ることになる筈で、無理に未舗装を横切って近道しようとしたら行き止まりに。もちろん川に沿ってのことだが・・・
ここで川が二手に分かれた。右が弁天沼で左が目的の西弁天沼になる筈。ケン坊は左手へ向いスーパーオータニの駐車場をすり抜けて日光街道へ出た。
画像 556
↑ ここで釜川が二手に分かれる。一つは弁天沼。もう一つは西弁天沼へと続く。

画像 559
↑ ここは国道119号線。これを横切りいよいよ水源近し???

でも、ここからが大変だった。川を見失わないようにと川に沿って歩くと、何時の間にか団地に入り込んでしまう。何回も行き止まりを繰り返しながら、最後は家と家のすき間を通り抜けて裏側の田んぼに出て、やっと団地から解放された。が、肝心の釜川を見失ってしまった。

地図をみると(地図が古いのか、建物が移動したのか)、近くに来ていることは間違いないのだが、現場と地図が噛み合っていそうで何かが違う。通りかかりの人に聞くと西弁天沼を知らないという。

近くに立っている筈なのに・・・地図を見ながら周辺をグルグル回ってしまった。時計も2時間を経過してしまった。何度か、行きつ戻りつを繰り返し諦めて別の道を通って帰ろうとした。
すると左手に気になる景色(地図があてにならない)が見えてきた。でも沼などありそうな感じがしない。行こうか行くまいか迷った。だって道が無いんだもん。

ついに決断のトキ。万一、気になるところが目的地だったらこれ以上の後悔はない。意を決して田んぼの巾2~30㌢の畦道を進むと、カエルがそこ退け状態に慌てて両側へピョンピョン逃げる。

何時の間にか左手前方から用水路が・・・釜川だ・・・水が澄んで底が見える。もしかして♪もしかして♪ (もしかしてパートⅡ)期待に胸が膨らむ。
画像 564
↑ 水が澄んでいる。釜川の水源に近い。ここでも二手に分かれたが真っ直ぐ進むしかない。

どんどん林が近づいてくる。水源に向って気持ちがはやるが・・・うっそうとした林の中に入るのかと思うと、ちょっぴり気が重い。でも、ここまで来たからには行くっきゃない。
画像 565
↑ 川幅は1㍍ない。水源にすごい近い場所。

田んぼが無くなって荒地というか湿っぽい草地に変わり、遠くから見えた林の淵に着いた。そこで見た光景とは・・・鳥肌が立った。手にした水源地の一枚の写真にソックリな場所が・・・
画像 561
↑ これが釜川の水源です。沼のようだが単に水溜まりのような・・・。
   何となく下からモワーと湧き上がっているようにも見える場所が何ヶ所かあった。

これが・・・あの探していた水源なのか。人気のないこの場所で、ケン坊は地味なガッツポーズ。感激もんだ。目標達成したど~・・・心の中で叫んじゃった。少し前に道を聞いたところから2百㍍くらいの地点だった。
画像 562
↑ コチラの写真が手に持っていた写真と全く同じ光景。水源を確信した場所だ。
   何となく水源の雰囲気はありますよね。

ついに到着・発見です。2時間15分。そして帰りは往路を気分良く帰ったのは当然ですね。
言い訳
 :後半は場所探しのため、グルグルしていて写真を撮ることさえ忘れていたため、いきなり
  水源の写真に。途中経過の写真報告はできませんでした。ごめんネゴメンネ~・・・。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
ダウジング
コメント頭変僕 | URL | 2009-07-17-Fri 00:43 [EDIT]
どんな川も水源近くに行くと水がきれいですね。想像よりも近くでした、一瞬水道山が水源のオチかと思い笑っちゃいました。2時間も歩きさ迷ったとはお疲れさまでした。帰りもまた歩いたのはすごい!
新しい発見は新鮮でいいものですよね。
工房で井戸を掘るのに針金でつくったダウジングで水脈をさぐり6m堀り、岩盤に突き当たり、ポンプアップするほど水が出なかったのを思い出しました(^^;
コメントoyazi | URL | 2009-07-17-Fri 15:15 [EDIT]
マツヨイグサハはどこでも花盛りですね^^
こんな小さな水源が大きな釜川となり、また大きな川となり太平洋に流れ込むんだけど、最終的にはどこの川ですか??
水道山の階段は、健康管理の運動には良い場所ですね。
ダウジングで水脈をさぐり
コメントケン坊 | URL | 2009-07-17-Fri 21:11 [EDIT]
【頭変僕さんへ】
こんばんは。
<想像よりも近くでした、一瞬水道山が水源のオチ>
この発想・・・いただきでしたね。そうか~そういうオチがあったんだ。全くオチのない誰もが描くストーリィどおりじゃ・・・。
発見って、なかなか経験できませんが、今回は満足しましたよ。頭変僕さんの”常に新発見”というレベルにはとても足元にも及びませんが・・・
利根川の名で太平洋に
コメントケン坊 | URL | 2009-07-17-Fri 21:28 [EDIT]
【oyaziさんへ】
こんばんは。
この釜川は、西弁天沼を水源として約7㌔強を・・・そして宇都宮市街で、日光から流れてきた田川に合流して田川の名で、栃木県(小山)と茨城県(下館市)の県境あたりで鬼怒川に吸収され、さらに、茨城県の守谷市で利根川に合流します。
水道山の階段はレンガで作られていて、走りやすい(歩き易い)ので、土日は健脚なランナーや年配者のウォーカーに人気があるようですね。
受け売りです・・・トホホ。つまりケン坊は、この階段は登ったことはありません>苦<
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.