FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
栃百92座目の”黒滝山”は個人で登頂するのは無理~!
2019-07-26-Fri  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
R01/07/21撮影 【聞きしに勝る黒滝山...二度と山頂は踏めません】



  栃木百名山挑戦も”未踏の9座”は無理と諦めてた

 が、今年の”著者と登る栃木百名山”登山教室で

   ケン坊の未踏の山が対象になった 嬉しいような...

 ちょっぴり不安? でもこれを逃したらもうチャンスは無い

92座目の山とは”黒滝山(1754㍍)”で健脚向きだ!

IMG_1357.jpg

栃木百名山ガイドブックでは9時間45分という超ロングコース

”栃木の山150”では新登山口を利用で6時間強とか?

事前にコース案内が無く不安を抱えながらの申し込みだった

IMG_1358.jpg

お約束のJR宇都宮駅デッキからの写真(集合時間6:20)

主催者側の資料で”新黒滝山登山口”利用にホッ!

IMG_1263.jpg

定刻、登山口到着?  直前でマサカのアクシデント発生?

バスのダブルタイヤに落石がスッポリと食い込んでしまった

除去作業するもビクともしない...新登山口まで後1㌔...

IMG_1265.jpg

どうする? 主催者の下した決断は、登山口まで歩くでした

一方ではお天気? てんくら”Aランク”はウソつかない?

薄日が射しこむ(オーバー?)空模様...最後まで持つかな~

IMG_1268.jpg

結局は新登山口まで”準備運動”を兼ねたウォーキングに

途中、梅雨も明けないのに咲いてる”萩の花”を愛でたり

IMG_1269.jpg

ヨツバヒヨドリに舞う”アサギマダラ”の姿にカメラ向け

アクシデントのお蔭  残念ながら見たのはケン坊だけかも?

※一枚撮ったところで驚いたのか飛んで行っちゃった
IMG_1271.jpg

登山口手前に”トリアシショウマ”が撮って~と猛アピール

IMG_1280.jpg

そしていよいよ”新黒滝山登山口”に到着です

ブロ友さんのレポで見た”あのハシゴ”が目の前に聳えてる

IMG_1272.jpg

設置されたハシゴの角度を見たら何となく先行きが不安に

※08:55スタート
IMG_1277.jpg

最初のうちは九十九折だった林道も直ぐに直登中心に

しかも傾斜が半端ないんです

※09:04
IMG_1282.jpg

開始して間もなく...天気は際物!  あっと言う間に靄が

足元は何となく湿っぽい感じだが、歩くのには全く影響無し

この辺りは”ショウジョウバカマ”の群生地らしい?

IMG_1283.jpg

もう完全に靄の中...山頂まで雨は待っててくれるかな~

急登に喘ぎながら歩みに専念、周囲を見る余裕もなく

いつしか”百村山との合流点”に気付かず過ぎてしまった

※09:25
IMG_1290.jpg

尾根歩きになったと思うのも束の間...アップダウンは続く

白い看板が?  おぉ”カタクリの群生地”の案内板だ

※09:48
IMG_1293.jpg

カタクリ群生地から10分強で”三石山(通称:展望台)”に到着

展望台と言っても、残念ながら靄に包まれ展望は全くなし

※10:00
IMG_1294.jpg

小休止でもケン坊の目は花を求めてる>笑<

何処でも見かける花にも気配り?

団体行動だと歩いてる途中での撮影は難しいんですよ

IMG_1296.jpg

三石山から...次の山”サル山”へ向けてスタート

10分も歩くとコレは”コバノイチヤクソウ”でしょうか?

ココまで単独は見かけたが、ここは集団でした>笑<

IMG_1299.jpg

これは何処かで...コレもしかして”ギンリョウソウ”だよね

IMG_1300.jpg

三石山から45分で”サル山(1467㍍)”に到着

予想に違わぬ山を実感! コレからだよと言われギャフン

※10:46
IMG_1302.jpg

少しの小休止でも元気倍増\(^_^)/

この”那須見台”は晴れると大峠や流石山が見えるという

う~ん 残念!  帰り晴れたら良いな~

IMG_1305.jpg

ここまではコース両側の笹薮もそんなに気にならなかったが

サル山を過ぎるとケン坊に覆い被さるような笹薮に難儀

急登な場所では写真撮れず、こんな緩やかな場所でゴメン
(穏やかに見えても結構な登りですが...)

IMG_1306.jpg

まさに時変わり分変わり状態で...またまたガスってきました

そして次のピークは”山藤山”です サル山から約50分

それにしてもタフな山ですね~と言いつつ、予定より早い?

※11:34
IMG_1308.jpg

シロヤシオやシャクナゲが多いとガイドブックで知ってたが

これまでもこの先も群生してますが、たとえ旬でもパスです!

IMG_1316.jpg

IMG_1319.jpg

3時間35分35(休憩含む)で...念願の”黒滝山”に到着

山頂はそ広くはありません? いやハッキリ言って狭いです

急登の連続の影響? 団体が縦長となったため

お昼は大きく二手に分かれて...結果オーライってか?

※12:30
IMG_1332.jpg

でも相変わらず雨は降らないというだけでガスってますが

一瞬、右手に尾根のような姿が見えましたが大佐飛方面?

IMG_1322.jpg

晴れていたら...無い物ねだりしてもしょうがないね

IMG_1323.jpg

山頂周辺にもシロヤシオとシャクナゲが存在感?

IMG_1326.jpg

IMG_1330.jpg

往路は辛うじて雨の影響は無かったんです\(^_^)/

辛うじて? そう、所々で雨音はしたものの樹上の葉がガード

森の樹木のお陰でカッパも傘も不要でした

ただ、この時期なので前日までの雨で足元はかなり軟弱

この上、雨が降ったら無事に帰れない”斜度”だ

これまで、トラロープは補助的に使うものと思っていたが

黒滝山のトラロープは、途中から真剣に利用してる>笑<

果たして...下山は???

IMG_1335.jpg

↑ この辺りから怪しくなってきた

少しすると樹上の葉では押さえきれず、時々小雨が落ちてきた

IMG_1337.jpg

結論言うと、ケン坊は最後までカッパは着用しなかった

要は雨を気にするかしないかの差?  そんな降りでしたが

IMG_1338.jpg

現実は甘くは無く...アッチでコッチで滑って転んで

ケン坊も2度転び、2回は滑り...危うく泥まみれ寸前だった

IMG_1339.jpg

とてもカメラを構える余裕はない筈だが...同じ花を>笑<

IMG_1345.jpg

漸く”三石山”に  下山もグループに分かれての山行に...

※14:48
IMG_1347.jpg

時間は早いのに靄が立ち込めて夕方状態でチョッピリ不安

前を歩く姿を見失うまいと真剣なケン坊

※写真は少し靄が薄れて心に余裕がでたので>笑<
IMG_1349.jpg

しかし、その後も靄に翻弄された今回の山行

喜びと不安が振り子のよう...神秘的な空間に合うことも

IMG_1350.jpg

本当に安堵したのは”百村山との分岐点”だった

バスの待つ林道までは急斜面があり油断は許さないが

それでもホッとした瞬間でした

※15:17
IMG_1355.jpg

足腰は先週の「霧降高原の1445段の階段」で鍛えてあるが

ロープを真剣に利用したため”腕や肩”に張りが出る?

ツルツルで急斜面も登りよりも下山の方が時間がかかったが

当初計画より1時間半も早い山行?  

こんな天気だったので、途中での休憩が少なかったのかも?

単独では無理な”黒滝山”を何とかクリアです((⊂(^ω^)⊃))

IMG_1321.jpg

何とか駆け足で”レポ”終了です 書き殴りですが...




【備忘録・未踏の栃木百名山】

残るは大佐飛山・男鹿岳・明神ヶ岳・持丸山・黒岩山・錫ヶ岳・鋸山・皇海山の8座





スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.