ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
高舘山に佇む西明寺(in益子町)
2009-07-13-Mon  CATEGORY: 歴史探訪(宇都宮以外)
【霊験新たかな場所】
7月11日(土):

数年前に、高舘山周辺を歩いた時に西明寺まで行ったので存在は知っていたが、そのときは歩きが中心だったので、西明寺をじっくりを観ることができず気にしていた場所であった。

高舘山のハイキングコースは、益子焼の場所からも歩ける距離ですが、近くにも駐車場があり手ごろな山で、今日も車が結構駐車してました。歩いているんだと思います。

今日は野暮用で益子に行くついでがあったので、少し車を走らせ西明寺の外観だけでもと一回りしてきました。予想以上に霊験新たかなって感じの場所でした。大型バスが3台も・・・

ここ西明寺は坂東巡礼第20番、下野第13番の札所でもあります。

画像 493
↑ 茅葺き屋根の受付所は周囲の木立によく馴染んでいるように思う。
画像 481
↑ 参道に入ると約70段弱ある階段の奥に山門が見える。
画像 487
↑ 重要文化財の”桜門(入母屋造茅葺き)”。 明応元年(1492)に益子宮内大輔家宗に
   よって建立された・・・
   これも重要文化財の”三重塔”。天文7年(1538年)建立。屋根の銅板葺きが珍しいと・・・
画像 484
↑ 栃木県指定文化財の”本堂”。札所巡りの人?が長いこと何やら唱えていたが・・・
画像 489
↑ 上に同じ。元禄14年(1701)に平野亦市発願により再建された・・・
画像 485
↑ 栃木県指定文化財の”鐘桜”。享保7年(1722)に再建された鐘楼・・・
画像 486
↑ ”閻魔堂”。正徳4年(1714)に平野亦市発願により閻魔堂が建立された・・・
画像 490
↑ これが”西明寺大師堂”。

☆参考:ネット検索
【重要文化財】
 ・楼門 - 入母屋造茅葺きの楼門。明応元年(1492年)の建立。
 ・三重塔 - 天文7年(1538年)建立。屋根を銅板葺きとするのが珍しい。
 ・本堂内厨子 - 本堂より古い室町時代の作。
【栃木県指定文化財】
 ・本堂
 ・鐘楼
 ・木造閻魔大王坐像(笑い閻魔)・両脇侍像
 ・木造千手観音菩薩立像 附:木札6枚
 ・木造千手観音菩薩坐像
 ・西明寺本堂厨子内仏像群(十一面観音立像、聖観音立像、馬頭観音立像、如意輪観音坐像
                   准胝観音立像、延命観音立像、勢至菩薩立像、毘沙門天立像)
【HPからの受け売り】
 西明寺は獨鈷山普門院西明寺と称し、真言宗豊山派に属する寺で、本尊は十一面観世音菩薩である。寺伝によれば、天平9年(737)行基菩薩の草創、紀有麻呂によって建立され、天平11年(739)落慶供養が行われたと伝えられる。
 延暦元年には一山12坊を数えて隆盛を極め、また延喜5年(905)栄山師によって観音像が修造された。然し約220年後の大治2年(1127)に兵火に羅って堂塔12坊とも烏有に帰したが、治承2年(1178)堂宇宝塔再興し、承元3年(1209)には、宇都宮景房によって本堂が修理され、更に建長7年平時頼によって七堂伽藍が再興されて壮麗を極めた。
 正平6年(1351)には再び兵火にかかる災厄に遭遇したが、約40年後の応永元年(1394)益子勝直によって堂宇が再建され、明応元年(1492)には楼門が、天文7年(1538)には三重塔が益子宮内大輔家宗によって建立された。
 その後、元禄14年(1701)には平野亦市発願により本堂の再建が行われ、正徳4年(1714)には閻魔堂が建立され、享保7年(1722)には鐘楼が再建されて現況となった。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
行基?
コメント長さん | URL | 2009-07-13-Mon 21:34 [EDIT]
益子町の山の中にこんな古刹があるなんてビックリです。行基は教科書でしか名前を知りませんが、奈良時代に行基がここまで足を延ばしたとはちょっと疑問ですね。
コメントoyazi | URL | 2009-07-14-Tue 05:33 [EDIT]
おはようございます。
これは威厳の有るお寺さんで貫禄充分ですね。
当時としてはこれだけの物を造るお金と技術、大変だったでしょう。
気持ちの入れようが判るお寺さんですね^^
時には寺社を訪ねることも
コメントケン坊 | URL | 2009-07-14-Tue 21:16 [EDIT]
【長さんへ】
私にも良く判りませんが、どのネットも同じ説明(出所が同じなのかも)なので・・・長さんの疑問が当たっているってことも否定はできませんね。
判断は歴史研究家にお任せすることに・・・歴史は判らなくても、やっぱり気になっていた西明寺を訪ねて良かったと思ってます。
山も良いですが、時にはこんな場所を訪ねるのも気分転換になるし、何より新鮮な気持ちで見ることができて・・・ね。
高舘山の山頂付近の西明寺
コメントケン坊 | URL | 2009-07-14-Tue 21:25 [EDIT]
【oyaziさんへ】
こんばんは。
西明寺を見た感じは、oyaziさんのいう”威厳”を感じました。高舘山の山頂近くに佇む何とも言えない景観でした。
重要文化財や県指定文化財となっていることも、手入れが行き届いているのかも知れませんが・・・足を伸ばして良かったと思っています。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.