FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
久し振りに”堂の下の岩観音”まで桜を観に...もちろん寄り道もアリ
2019-04-15-Mon  CATEGORY: 花紀行(桜の名所)
H31/04/13撮影 【約7~8時間かけて桜の花の追っかけをしてきました】


 魔女から”暫く堂の下の岩観音を見て無いね”という声が

    確かに...少し遠い(約70㌔)が行ってみるか~

  車を(宇都宮~さくら~太田原~那須まで)走らせた


     途中、旧湯津上村の”法輪寺”で途中下車!

【法輪寺の西行桜】ネットより

西行が法輪寺に詣でた際にこの桜を見て和歌を詠んだことから”西行桜”と呼ばれた
とのこと
   「盛りには などか若葉は今とても 心ひかるる糸桜かな」

根元周囲4.4メートル、樹高12.0メートル、枝張東西13.4メートル、南北11.3メートル。
当時から800年ほどの歳月が流れますが、現在のサクラはひこばえのもの 

※手前が西行桜です
P1720978.jpg

残念ながら西行桜は既に散り始めてました

が、これも桜の宿命です  

P1720979.jpg



【芦野:堂の下の岩観音】

芦野の風景”堂の下の岩観音”は観光スポット化してる?

青空の下に見事な光景を目の前に魅せてくれた

P1720987.jpg

菜の花も貴重なアイテムですが近づくと少し寂しい?

P1730019.jpg

”洗心の石段”が108段(煩悩の数)、観音堂に向けて続く

P1730023.jpg

観音堂まで登ると屋根の上にまで桜が覆いかぶさるように

P1730004.jpg

観音堂の右から降りると”キクザキイチゲ”がアチコチに

P1730009.jpg

そうそう、以前は手前の田んぼに咲いていた”リュウキンカ”?

右の山裾に移されていました

P1730014.jpg

菜の花の代わりに”スイセン”を置いてみました>笑<

P1730026.jpg



ここまで来たら、折角なので数㌔先にある”遊行柳”まで

アソコに桜はあったかな~?  全く記憶が無いが

【遊行柳とは】ネットから

芦野八景の一つとして知られている中に有名な遊行柳があります。この柳は別名
”朽木柳”とも呼ばれ、その昔遊行上人が
「朽ち残る 芦野の柳末の世も おとなう法の みちはありけり」
と呼ばれた事から遊行柳と云われるようになりました。

数十㍍先に大きな柳が左右に見えます 桜もありそう

P1730031.jpg

大きな柳の樹に紛れて桜の花も咲いていましたが

遊行柳の先に”湯泉神社”の鳥居があり

P1730035.jpg

湯泉神社との中間にも桜が一本だけ花を付けていました

※まだ6分咲きでしょうか?
P1730036.jpg

振り返って見る”遊行柳”の風景  長閑です!

ケン坊でも何となく”風情”を感じます

P1730037.jpg


さて、お昼には”東山道 伊王野道の駅”に立ちより

定番の”お蕎麦”です

もちろん”野菜”も買い出ししましたよ>笑<

P1730044.jpg


本日の目的地(芦野方面)を後にして、帰路はどのルートで?

同じルートで帰るのでは”海馬”が働かないので

取り敢えずR4号線に出て、後は成り行き任せにしようと...

西那須野まできたら”烏森公園”を想い出し、当然ヨリミチです


【烏森神社とは】ネットより

烏森神社の前身、烏ケ森稲荷神社は、902年(延喜2年)、上石上村(現 大田原市)
の百姓田守が烏ヶ森の丘の上に祠を建て、豊受姫命を祀り五穀豊穣を祈ったことに
始まると伝えられています。
1193年(建久4年)、源頼朝の那須野ヶ原の巻狩の時に、この丘を展望所として総指
揮を執ったと伝えられています。
江戸時代から明治の初めにかけて上石上村の村社として守られてきました。1879年
(明治12年)11月14日、伊藤博文と松方正義が地元開墾発起人の印南丈作、矢板武
等の熱意ある要請に応え、烏ヶ森丘上から那須野ヶ原を視察、開墾事業への協力を
約束し、その成功を祈願しました。
1881年(明治14年)8月6日、明治天皇の名代として、有栖川宮熾仁親王が神社に参
拝し、那須開墾社の印南、矢板等の開拓の労を賞せられ松を御手植えになりました。
1888年(明治21年)4月5日、社殿が完成し、栃木県知事樺山資雄の出席の下、遷宮
式が行われ、「烏ヶ森稲荷神社」は、「烏森神社」となりました。
また同時に神社を中心に松と桜を植樹し、公園化が図られました。1894年(明治27年)
5月6日、松方正義、佐々木高行、佐藤暢知事等が出席して、那須開墾社の開墾成業
式が神前で盛大に行われました。
以来、烏森神社は「開拓のおやしろ」として崇敬され、現在に至っています。
祭神は、天照大神・豊受大神・倉稲魂命・印南丈作大人命・矢板武大人命です。印南
丈作、矢板武が祀られているのが、他の神社とは異なる所です。


この日は開墾祭が行われていて駐車場も混んでましたが

何とか潜り込み...足早にぐるりと歩き

県内有数の”桜の名所”と言われる当公園を下見した

P1730046.jpg

桜の季節は初めてだったが

予想以上に桜の樹も見事でほぼ満開状態でした

P1730049.jpg

P1730051.jpg

ここ烏森公園は来年以降”メイン”として訪ねたい!!!

P1730053.jpg

いよいよ本日の桜前線の追っかけは終了です

帰りはどうしましょ...と言いつつ、二人の気持ちは同じ?

塩原の道の駅経由で矢板のチーズファクトリー

美味しい”チーズ”と”プレミアム レアチーズケーキ”をゲット





スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0
トラックバック
TB*URL
<< 2019/07 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.