FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
再び絶滅危惧種”シモツケコウホネ”の花を求めて...
2018-08-19-Sun  CATEGORY: 公園・その他の公園
H30/8/19撮影 【お盆が終わった週末、シモツケコウホネを求めて日光へ...】


   2年前行った”シモツケコウホネ”の花を求めて

           もちろん「絶滅危惧種」なんです

 今回は魔女と日光市小代(旧今市市)の生育地を目指した

※2年前に撮った案内板
P1580238.jpg

【シモツケコウホネとは】ネットから
シモツケコウホネはスイレン科の多年草で、流れの ある水路に生育します。通称
カワワカメとも呼ばれるワカメ状の沈水葉を4月ごろに出す。

2003年に世界で初めて発見された、沈水性のコウホネ属の植物。 世界中で栃木
県内 の4箇所だけに生育(日光市、那須烏山市、真岡市、さくら市)している。

現在、地域住民の皆さんが「シモツケコウホネと里を守る会」を組織し、シモツケ
コウホネの保全に努めています。

シモツケコウホネは青いのが蕾で立ち上がっていって花を咲かせ、3日か4日
咲いて水の中に倒れこむように沈んでいって赤い実をつけます。

実が熟するとパーンと割れて種が流れ出します。7つか8つの袋に10個位づつ
の種が入っていて全部で80個ぐらいの種がはいっています。

それが流れていくのですが、根付くのが難しく、今のところ竹の子のように根茎が
這っていって増えている状況です。


前回(2年前の7月下旬)に比べ、今年は花の数が多い?

P1700777.jpg

黄色い花弁は「がく」で、花はその内側の小さな黄色の部分

P1700780.jpg

やはり...カメラマンはほぼ”ジジーババー”かな>笑<

P1700796.jpg

P1700800.jpg

周辺を飛び回ってたアオハダトンボが曲芸を見せてくれた?

P1700784.jpg

今年のシモツケコウホネはピーンと背筋が伸びて元気が良い

P1700786.jpg

岸から泳ぐトウキョウダルマガエルがカワワカメと戯れる

P1700790.jpg

すると近くで”僕も撮って~”と小っちゃな蛙くん

P1700776.jpg

栗のイガのような実?

※ミクリ(実栗)という(別名(通称):ヤガラ)
P1700799.jpg

花は3~4日で水中に倒れるように沈み赤い実を付ける

P1700802.jpg

立派な案内板も建っています

P1700806.jpg

案内板にあった”マツカサガイ”を探したが写真に撮れず残念

らしきモノはあったが...コレ(↓)は多分死骸ですね

P1700807.jpg

上手く撮れなかった葉(通称:カワワカメ(沈水葉))

P1700792.jpg

最後にもう一度...これがシモツケコウホネです!

P1700804.jpg

P1700793.jpg

午後は野暮用があるので...この辺で帰りま~す



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0
トラックバック
TB*URL
<< 2018/12 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.