FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
田代山&帝釈山(No1)
2009-06-28-Sun  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
【猿倉登山入口~田代山】
6月27日(土):

今日も懲りずに朝早くから山へ向って走り出しました(出発時間5:15)。今週はちょっと遠出が増えちゃいました。ガソリン代もバカになりませんがケン坊へのご褒美に・・・甘いか?

栗山から田代山への林道が早く舗装され、距離・時間とも短縮されたら良いのにと思いつつ、今回も会津西街道を使って福島県側に入り、旧舘岩村の長い長い道を進み「湯の花温泉」から田代山に向った。
登山入口手前10数㌔は砂利道でスピードはもちろん出ません。石を車体の下に跳ねホコリが凄く舞う。家を出て2時間半でようやく”猿倉登山口駐車場”へ到着。すこしアプローチが長すぎる。

駐車場は2ヵ所あるが、両方ともちょうど満車状態で滑り込みセーフ(後の人は路駐になる)。
画像 138
↑ 上の段の駐車場。広そうに見えるがこれが満車状態。無理すれば入れられるかも・・・

入口に立って距離数と時間を標識で確認し、サアー出発。これから厳しい上りが待っている。といきなり花が出迎えてくれた。
画像 140
↑ ”ラショウモンカズラ”。薄い青色した花で遠目でみるとギボウシに見えたが・・・

10分も経たないうちに「水のみ場」があったが無視して田代山へ向う。徐々に厳しくなってきたが足元には”ギンリョウソウ”以外に、目立たないがシッカリとした花がポツポツと。
慌ててカメラに収めるが、何とこの花がこの先も延々と咲き乱れているって感じでした。慌てることはなかった。
画像 149
↑ ”ゴゼンタチバナ”。通りすがりのハイカーに聞いたら教えてくれた。
画像 151
↑ ”マイヅルソウ”。最近アチコチで見る山では定番のような花。横一列に並んでいたので・・・

ここのコースは段差があって足を高く上げないとならなので疲れる。喘ぎながらもモデル時間より早く到着。もちろん小田代です。ここもミニ湿原で高山植物が出迎えてくれます。

ここまでくれば残りは2~30分くらいだと記憶している。ここで小休止。思わず両手を挙げて空気を沢山吸い込む。とっても気持ち良いが、感情を押さえてのヤッター。本当の感動は田代山頂へ到達した時のために温存。

チングルマは残念ながら時期を逸してしまったようで、半分以上は花後の状態となっていた。
画像 155
↑ 山をバックに証拠写真を・・・青空に山が綺麗に映えています。ますます期待が膨らむ。
   奥に見える山が多分”田代山”です。方向的にも距離的にも・・・
画像 156
↑ 山頂にある湿原の前哨戦。一面に”タテヤマリンドウ”の青い花が数多く見える。
画像 158
↑ ”ヒメシャクナゲ”。最初、ツルコケモモ”と勘違いしちゃったが・・・
画像 160
↑ ”イワカガミ”。ちょっと背中から横向きとなっているが、高山植物の定番であるのは確か

山頂まで2~30分と判っていても厳しい上りだ。何度も呼吸を整えながら一歩一歩前進。水分補給で足を止め思わず振り向けば、そこには雄大な日光連山が・・・気温が高いためか、天気は良いのにボヤーとしていてハッキリと写らない。
画像 161
↑ 喘ぎながらも、ちょっと振り向けば雄大な景色が・・・これがまた良いんですね。
画像 162
↑ これは”オオカメノキ”だと思う。間もなく山頂が近いことを濡れた道が知らせてくれる。

そして山頂入口に到着。山頂にしては珍しい湿原。池糖が散在し、かなり広い場所で、一帯を弘法沼という。弘法大師を祭った太子堂(現在は避難小屋)が一番奥の帝釈山入り口にある。
画像 164
↑ そうです。ここが田代山山頂入口。湿原特有の景観と植物・・・遠くに会津駒ケ岳の峰が。
   残念ながら今年は雪渓がかなり無くなっていたので、期待度が高かった分落胆大きい。
   それでもこの広大な光景に思わず両手を挙げてヤッターマンポーズ。

この続きは明日までに編集しときます。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
毎週
コメント長さん | URL | 2009-06-28-Sun 19:16 [EDIT]
毎週のようにお出かけで、よく疲れませんね。
しかし、この風景を見ると疲れも吹き飛びますね。
頂上に池糖が広がるなんて、かなり広いんですね。
ゴゼンタチバナの花、地味ですが気に入りました。
コメントkimichan | URL | 2009-06-28-Sun 20:07 [EDIT]
わ~~花がいっぱいですね
此処の湿原はお花の宝石箱のようですね
色とりどりの花が綺麗ですね
大分前に行ったことがあります
夕立ちにあって全身ずぶぬれになりました
もう一度行ってみたい山です
今週は動き過ぎです
コメントケン坊 | URL | 2009-06-28-Sun 21:58 [EDIT]
【長さんへ】
こんばんは。今週は休みが集中したこともあって、ちょっと出かけ過ぎましたかね。週一くらいが良いんですが・・・
土日が近づくと、じーっとしてられなくてツイツイ>苦笑<
でも、山歩きは肉体的に疲れても、それを精神面で充分にカバーでき釣りがきますよ。今回の田代山も厳しかったが、山頂の眺めや湿原・高原の花を見てると疲れが吹っ飛んじゃいます。

今週一週間を振り返ってみると「ひめさゆり・駒止湿原・大内宿・塔のへつり、真岡の菖蒲、鹿沼の紫陽花、那須連山、田代山・帝釈山」・・・約900㌔の運転、我ながら動き過ぎだったと思います。
是非とも再訪を
コメントケン坊 | URL | 2009-06-28-Sun 22:07 [EDIT]
【kimichanへ】
こんばんは。田代山の湿原に出たとたんに視界が開け、遠く会津駒ケ岳が見えると一気に疲れが飛んでしまいます。
高原・湿原の花たちは、小さいのであまり写真では雰囲気を伝えることはできませんが、記憶にしっかりと留めておきたいと思います。
全身ずぶ濡れは厳しかったですね。是非もう一度訪ねてみてください。
コメントoyazi | URL | 2009-06-29-Mon 03:03 [EDIT]
高層湿原ですね、苗場山と感じが似てますね^^
これから、7月に入れば高山植物が一斉に咲き出し
素晴らしい山の季節になりますね
山のハシゴですか?
コメント頭変僕 | URL | 2009-06-29-Mon 06:08 [EDIT]
おはようございます。

連日の山行きタフですね~ 花をみる方は今が旬なのでしょうか?
ゴゲンタチバナやマイヅルソウやチングルマは登山すると毎回みらてますね、田代山湿原には花はなかったのでしょうか、後編に期待でしょうか?

私の山は、7月の海の日あたりかな~
苗場山に行ってみたい
コメントケン坊 | URL | 2009-06-29-Mon 07:14 [EDIT]
【oyaziさんへ】
お、おっはようございます。PCの時間が狂ったかと思いましたよ。午前3時のコメには恐れ入りました。
残念ながら苗場山へ行ったことがありません。やはり山頂に湿原があるんですか? これは一見の価値がありそうですね・・・
高山植物の花の見頃は・・・やっぱり7月がピークです。7月もガンガン行ってみますか(天気次第ですが)。>笑<
この感動が伝わるかな?
コメントケン坊 | URL | 2009-06-29-Mon 07:23 [EDIT]
【頭変僕さんへ】
おはようございます。先日の那須に続き、山のハシゴをしちゃいました。
今回の山は最初から最後まで段差がありすぎて・・・距離の割りには時間がかかったような。
それでもモデル時間よりは早かったです。>笑<
湿原には多くの花が見られましたが・・・それぞれが小さいため、見た感動をそのまま伝えるのは厳しいかも(もちろん腕が影響)。景色(山)も天気が良すぎて、反って霞んじゃいました。
トラックバック
TB*URL
<< 2018/12 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.