ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
約束通り? 修復なった”国重文・野木町煉瓦窯”を訪問
2017-05-26-Fri  CATEGORY: 歴史探訪(宇都宮以外)
H29/05/20撮影 【バラ園の続きは...同じ野木からレポします】



          <H23年 修理前・煉瓦釜(詳細編)>


  この写真はマスコミ各社が報道しているので有名ですが

          今年は修復一周年というイベントがあり
             (昨年は都合が悪くてイベントに行けなかった)

    お約束どおり修復後の”煉瓦窯”を訪ねてみることに

P1640541.jpg

イベントの日とあって駐車場も出店もドコソコ賑わってました

P1640540.jpg

修復なった”煉瓦窯”見ようと受付へ(大人100円は良心的)

先ずは基礎的な話を受け...ふんふん なるほどね

写真を撮ったりして聞いていないケン坊ですが>笑<

P1640544.jpg

一通りの説明を受け、ヘルメットを被って中へ

P1640547.jpg

(見学する部分は)見るからに修復したって感じがしますが

もちろん、歴史的な個所は当時のままに残してます

P1640548.jpg

史実に基づき”釜の中の煉瓦の積上げ方”も再現してます

P1640551.jpg

中に入ったり外に出たりを繰り返し...

案内は前回同様”煉瓦窯を愛する会”のボランティア活動で

P1640554.jpg

耐震性を強化するために、以前には無かった補強が随所に

P1640560.jpg

投炭孔や粉炭の運搬...これらは当時のままって感じが

P1640568.jpg

P1640569.jpg

P1640573.jpg

これは煉瓦窯シンボルの煙突...地下から組み上げて

煙突の耐震工事も済んでます(違いはH23年と比較すると分かります)

           P1640572.jpg

           P1640563.jpg

釜を支える支柱は5角形で”あすなろ”が用いられている

P1640574.jpg

柱の補修は部分的に行うが”あすなろ”ではないという...

P1640576.jpg

そしてコチラが”塩類風化現象”というらしい

煉瓦は焼き物だが”大谷石”と同様に風化するんですね
※大谷石は塩類風化ではありませんが

P1640580.jpg

P1640581.jpg

約20分? いや30分...丁寧な説明に納得しながら終了

P1640582.jpg

やや濃くなった新緑に融け合うシンボルの煙突が印象的

P1640587.jpg

イベントだけじゃ無く歴史的にも価値あるな煉瓦窯

野木町、いや日本の財産として保存して行きたいですね


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
以前栃木テレビの番組で紹介されて
コメントまっちゃん | URL | 2017-05-27-Sat 06:30 [EDIT]
自分も興味あったのですが、
イベントでない時も見学できるのでしょうか。
圏内の歴史的遺構といえば東照宮とかが代表的ですが、
こういった地味でかつ貴重なものは残り続けて欲しいと思います。
是非そのうち訪れたいと思いました。
日本を代表する貴重な煉瓦釜です
コメントケン坊 | URL | 2017-05-27-Sat 22:38 [EDIT]
【まっちゃんへ】
こんばんは
もちろん、イベント以外でも見学はできます
ただし、100円は掛かっちゃいますが...
そう言えばテレビでも取り上げていたかも?
時々マスコミで取り上げると興味を持つ方が
増えるかもですが、地味ですからね>笑<
一度宜しいのではと思います。奥様と...
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.