ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
GW(5/6‐2) 馬頭”乾徳寺の白藤(天然記念物)”へ
2017-05-07-Sun  CATEGORY: 益子・茂木・真岡・馬頭
H29/05/06撮影 【山のお天気指数が芳しくない...無理しないで大人しく】


     大人しくって...一日どう過ごせば良いのかな?

ブロ友さんのレポ見て”馬頭の乾徳寺”が頭に浮かんだ

  乾徳寺って最近行った気がしたが4年半前の紅葉でした

P1640140.jpg

目に飛び込んできたのは”シラユキゲシ”で良いかな?

花は優しい感じでとっても清楚な...虫が付き易いかな?

P1640142.jpg

境内では良く見かける”シャガ”の群生です

P1640144.jpg

ぼたんが一本しか見当たらないが記憶違いだったのかも? 

P1640145.jpg

そして白の”ヤマブキ”が...とてもシンプルな花です

P1640146.jpg

いよいよ”乾徳寺の山門”を潜ります 雰囲気ある門ですね

P1640149.jpg

門を潜るとレンゲやオダマキが...レンゲは初めてかも

P1640150.jpg

P1640151.jpg

そして天然記念物の”白藤”です

ピークは過ぎたようですが十分に楽しませてくれます

【白藤(のぼり藤)】ネットから
乾徳寺39世原徳成和尚代「四国出身」記念樹として植えたもので樹齢約300年。
4月下旬から5月上旬が見ごろ
藤棚の上に昇りあがって咲くので”昇り藤”とも呼ばれ、花が咲きそろったさまは、
まさに゛藤波の如く”です。

P1640153.jpg

P1640173.jpg

そして恒例の”あま茶”のサービス 有り難いですよね

甘茶を飲み白藤を愛でたり人の往来を眺めたり

この長閑な空間が良いですね~ ケン坊は忙しそうに?

P1640156.jpg

本堂の前に”お釈迦様”が置かれ甘茶をかける柄杓が

【お釈迦様と甘茶】ネットから
お釈迦様に”甘茶”をかけるのは、釈迦の誕生時に産湯を使わせるために9つの
竜が天から清浄の水を注いだとの伝説に由来するとありました...

P1640170.jpg

”花の風まつり”は昨日で終了したので訪れる方も少ない

ましてや本堂の裏手にまわっての散策は殆んどいません

ネタが落ちて無いかと邪念を持つケン坊くらいです>笑<

P1640160.jpg

ヤマブキソウ?、シャガが目に付く程度...ネタは無し

P1640161.jpg

新緑に赤のツツジが良い感じだなとパシャ

うん? 何か腕に額にあたったかと思ったら雨音がしてきた

P1640168.jpg

通り雨かな...本降りにはならないと思いつつも

他に本堂裏など散策している方は居ないので

何事も無かったように静かに乾徳寺を後にしました

P1640176.jpg

う~ん 今年は残念! せっかく馬頭まで足を伸ばしたのに

裏山を散策することは出来なかった

こうなったら 次回のためにアソコの下見をしてこようっと?



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.