ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
今年のバスツアー”濃溝の滝・養老渓谷・ドイツ村”の後編...
2016-12-04-Sun  CATEGORY: 我が家の旅行
28/11/26撮影 【名前は知ってましたが今回が初めて...なかなか遠くてね~】


        濃溝の滝を堪能したバスツアー御一行は

次の目的地である”養老渓谷”へ向かうがトラブル発生?

        道路が(何らかの理由で)通行止だという

運転手の機転で(久留里経由)して養老渓谷温泉へ向かうが

千葉の道路事情?...道路が狭いうえチョッとしたカーブでも

      対向車がくると停車したり、すれ違うのに難儀に

お互いが停車・発進の繰り返し...時間だけが無情にも過ぎ

   養老渓谷に着いたのは15:30 しかもPが遠いところに

今の季節だと午後4時近くになると散策どころじゃないかも?

※15:40
P1610168.jpg

歩きながら撮った(↓)ので完全にボケも良いとこですが

文字じゃ伝わらないので雰囲気だけでも味わってください

共栄橋にはトンネルを潜るが一見、何の変哲もないトンネル

ところが途中から”アラ 不思議” トンネルが二段に?

P1610172.jpg

トンネル(隧道?)を抜け4~50㍍進むと「共栄橋」に出ます

下を流れるのが「養老川」ですね~

P1610174.jpg

中瀬遊歩道から振り返ると”共栄橋”はこんな感じ

団体さんが次々と  もう少し日の高い時間帯がお薦めです

P1610176.jpg

紅葉もイマイチ?  日は山に隠れているので余計です...

早いのか遅いのか...紅葉も枯れてるのもあって

共栄橋から観音橋までが「中瀬遊歩道」で整備されています

P1610177.jpg

川底は不思議な紋様? 大きな一枚岩がズレて並んでる?

P1610181.jpg

まず1回目の渡渉...3ヶ所あって対岸へ行ったり来たり

P1610187.jpg

もう半分は夕暮れ状態? でも折角だから楽しまなくちゃ 

P1610186.jpg

飛び石を渡ってすぐに対岸の景色に変化が?

中瀬遊歩道にある弘文洞 (こうぶんどう)だそうです

【弘文洞 とは?】ネットから

140年前に農地開拓の川廻しのために作られたトンネルですが、昭和54年(1979年)
5月24日未明、頭頂部が崩壊してしまいました。
それでも両側の岩壁は大変美しく、養老渓谷を代表する景勝地と言われています。

※頭頂部が崩落した弘文洞跡地
P1610189.jpg

ココを過ぎたとたんに動きが停まる?  単なる渋滞なのか?

脇に逸れて首を伸ばし前方の状態を確認するも様子は不明

P1610192.jpg

実は実は少しのアップダウンの個所で雪融けの泥濘があり

ハイク用の靴じゃ無い人が多いため苦労してたらしい

その泥濘の通過具合で混んでる筈がこんなにバラバラに

※2個目の渡渉
P1610193.jpg

本一の紅葉が登場と思いきや近づくと大したことは無かった

P1610195.jpg

斜面を見上げると色付いているが陽射しが無いので暗い

P1610199.jpg

2日前の雪...房総にも大きな積雪があったことを証明?

ここはキャンプ地か?  売店の桟敷らしき場所の雪だるま 

何方が作ったかは知らないが今にも頭が落ちる~~

助けて~  何だか助けを求めてるような目が印象的だが

P1610201.jpg

3度目の渡渉...期待し過ぎたのかも知れないが

もう少し早い時間帯に歩きたい まぁ愚痴は言うまい>笑<

P1610203.jpg

名残惜しむ訳ではないが振り返って養老川上流の景色

P1610205.jpg

養老渓谷ハイクもココで終了...川下に朱塗りの橋が見える

※16:14
P1610206.jpg

そう 朱塗りの欄干は”観音橋”で出世観音・立國寺への入口

どうする?  集合時間までに戻れるかな~

P1610210.jpg

観音橋は2連の太鼓橋で朱塗りの欄干がシンボル的存在だ

P1610212.jpg

観音橋を渡り終えたところに社が...字が読めず残念!  

P1610215.jpg

観音橋から歩くこと10分弱? 隧道もある参道を歩いて

漸く”出世観音・立國寺”に到着です

P1610218.jpg

この像(↓)が上の写真の右端に見える”出世観音像”の拡大

お寺も出世観音像もそんなに古くはないようで...

P1610219.jpg

【出世観音の由来】ネットより
源頼朝(1147年5月9日~1199年2月9日)が、治承・寿永の乱の初期の戦いである
石橋山合戦(1180年9月14日 / 治承4年8月23日)に敗れた後に船で逃れて約8日
間ほど過ごした安房国(あわのくに)および上総国(かずさのくに)の地にて観音像
に戦勝を祈願して、三浦義澄、上総介広常、千葉介常胤、小山朝政、下河辺行平、
安西景益などの助けにより、先ずは下総(しもふさ)に集結して、関東に攻め入り、
最後に天下を平定した由来にちなんで出世観音と命名した。

P1610221.jpg

出世観音・立國寺の階段手前に建つ社

中は確認できませんでしたが”南無出世観世音菩薩”の幟?

P1610222.jpg

集合時間が気になってジックリと見ることは出来ませんでした

観音橋まで戻り、さらに駐車場まで15分かかります

トイレも寄らずギリギリで到着にホッ! 🚻が心配ですが...

P1610225.jpg

                  
                  
                  
                  
                  

最後の寄り所は千葉の”東京ドイツ村”でした

目的は”250万個のイルミネーション” コチラは暗くてもOK!

ここは特にレポの必要な無いでしょう>笑<

結局、宇都宮着は20:40での予定が22:30と2時間遅れ

P1610230.jpg

今回のバスツアーは観光で寄るところが混雑していて

一番の悩みの種は”トイレ”事情でした

”濃溝の滝”も”養老渓谷”も特に女性は長い行列で大変

着いたら”先ずトイレを済ます”ことが必須かも

ケン坊はバスの中が心配でしたが案ずるよりも生むが易し

今年のバスツアーも無事に終了!  さて来年は東北かな?




スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.