FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
尾瀬ハイク No2(in尾瀬沼~沼山峠)
2009-06-16-Tue  CATEGORY: 尾瀬・駒止湿原
【尾瀬沼・大江湿原・沼山峠】
6月14日(日):
ビジターセンターでの昼食も早々に終え、一足先に湿原へと歩き始めた。朝から晴れてはいるものの、雲が多く空の70%は覆われている。たまたまケン坊たちの頭上だけに日が射している感じである(もともと雨の予報だったので、雨が降らないだけでも良しとしなければバチが)。

さて尾瀬ハイクも後半へ。このコースは十分知り尽くして?いるつもりだが・・・訪れる度に微妙に違う。だから何度きても面白いのかも。

ケン坊は相変わらず花と景色を求めて歩いたが、コレ!という場面に遭遇しないまま木道を歩く。単に歩くのでは物足りず、時間も余裕があったので、長英新道に少し入ってみたり、平野家の墓地を訪ねたり、奥鬼怒沼の入口まで行ってみたりと、参加費の元を取ろうと貧乏根性丸出しで、人よりも余計に歩き尾瀬を満喫すべく行動した。

先ずはビジターセンターの周辺の探索? ミネザクラも散り殆ど花びらが残っていない。また、いつも定位置に一本だけ姿を見せる”ザゼンソウ”だが今日は見つからない。あ~ぁ残念!
画像 679
↑ 花の部分は”カラマツソウ”に似ているが、茎が違うので・・・調査中。

長英新道にちょっと寄り道。ここからの眺めは本当は良い筈なんですが・・・でも、タテヤマリンドウが予想以上に咲き誇っていて、これまでで最高の咲き具合だった。
画像 716
↑ 大江湿原の”タテヤマリンドウ”。蕾がまだまだ沢山あるのでしばらくは見られます。

そして更に大江湿原を歩き、リュウキンカやショウジョウバカマ、ミネザクラを見ながら振り返ると、尾瀬沼と湿原とセンター周辺の木立が・・・右のほうの3本の木立も重要なアクセント。
7月になると、一面にニッコウキスゲが咲き乱れ、沼の林の上に山(至仏山?)がそびえ、このアングルはパンフレットなんかに採用される絶好の場所の筈・・・かな
画像 729
↑ 大江湿原からみる尾瀬沼へ伸びる木道。やや逆光に近い状態なので暗いですが・・・
画像 724
↑ 一厘だけ姿を見せた”オオバタチツボスミレ”。木道から離れているのでこれが精一杯。

やっぱ、尾瀬はリュウキンカと水芭蕉が主役。もちろん他の花があるからこその主役なのだが。
画像 737
↑ ”リュウキンカ”。水芭蕉がリュウキンカを集めて「尾瀬を良くする会」を開いているような・・・

そして湿原のもう一つのお目当ては”わたすげ”だが、やっと花が終わってワタスゲに変身する段階で、まだまだ白いワタスゲは少ないが、ケン坊のカメラに収まったのは・・・
画像 744
↑ 辛うじて姿を見せた”ワタスゲ”。他にも見られたが「ふわり感」がなく・・・やっぱり駒止か?

イワナシと見間違っていた”イワカガミ”ですが、いつもより小振りな気がする。でも小さくてもイワカガミは好きな花のひとつ。
画像 745
↑ 木道の間に顔を覗かせた”イワカガミ”。ちょっと小さいですね・・・

そして湿原ハイクももう少しで終わる。ここでちょっと奥鬼怒への入口のほうにも足を伸ばす。思いがけず、いかにも水芭蕉って感じのポイントが・・・水と芭蕉の組み合わせが素敵。毎年、足を伸ばすが今年は例年以上の優れものだった。
画像 746
↑ 川辺に咲く”水芭蕉”。イメージどおりで最高です・・・ちょっと大きくなりすぎましたが

湿原から再び木立の中に。徐々に上りに厳しさが増す木道・・・年々整備されているのが判る。花もイワナシやエンレイソウ、サンカヨウへと模様替え。
画像 759
↑ ”オオカメノキ”。”ムシカリ”にも良く似ているが・・・

そして沼山峠。ハイクもあと20分くらいで終了する。最後にもう一度尾瀬沼を見ようと高台へ。先客があったが、どうにか写真は撮れたが全体的に靄っていてハッキリしないが止むを得ず。
画像 763
↑ 沼山峠から望む尾瀬沼。

スタートしてから約5時間弱のハイク、沼山峠駐車場へ到着まで天気がもってくれた。が、この後、思わぬ展開が待っていたが・・・次回報告します。
尾瀬沼ハイクだから最後はやっぱり水芭蕉で閉めたいですね。
画像 751
↑ 最後は尾瀬の”水芭蕉”。奥鬼怒沼への入り口に見頃の水芭蕉が・・・綺麗でしたよ。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントoyazi | URL | 2009-06-16-Tue 21:10 [EDIT]
人気の尾瀬ですね、鳩待まで帰りが登りが辛いですね@@;
夏には会で尾瀬予定してますが、まだ返事してません。
15日の高峰高原延期しましたからね。
7月が花は素晴らしいから梅雨明けですかね黒斑でもと考えてます。
尾瀬ヶ原のニッコウキスゲ
コメントケン坊 | URL | 2009-06-16-Tue 21:30 [EDIT]
【oyaziさんへ】
早速のコメありがとうございます。
今回は初めて大清水から尾瀬沼そして沼山峠への通り抜けコースでした。(ツアーじゃないと無理)
約10㌔のコースで前半の三平峠までが厳しい上りでしたが、後は楽しみながらハイクできる程度のアップダウンでした。
あぁ高峰高原は延期しちゃいましたか・・・ぜひ7月20日前後の尾瀬ヶ原へどうぞ。梅雨明けのタイミングが微妙ですが、ニッコウキスゲが一面に咲き乱れます。池塘もありヒツジ草ありヒメシャクナゲありと種類も豊富で、紅葉と合わせ好きな時期の一つです。
長球がほしい
コメント長さん | URL | 2009-06-16-Tue 23:44 [EDIT]
さすが健脚のケン坊さん、時間を無駄にしませんね、
尾瀬は指定の道を外れることが出来ないので、小さな高山植物を撮影するのには望遠系のレンズが欲しいところですね。
40年前に、6×6版の二眼レフカメラ(借りものです)で、リバーサルフィルムで水芭蕉を撮ったのですが、どこにしまったのが見つかりません。なにしろ昔のことだし、2回引っ越ししましたからねー。もし見つかったら、ブログに登場させることにしましょう。
はるかな尾瀬~
コメントアスパラ銀 | URL | 2009-06-17-Wed 06:04 [EDIT]
最近更新ペース上がってますね!
中々ネット出来ないので久々に来ると毎度読み応えがあります^^
尾瀬は憧れですが、本当に水芭蕉が水のほとりで夢見て咲いているよ!と興奮しちゃいました。
ケン坊花図鑑も随分と増えてきましたね。
こちらを覗くと季節感を取り戻した気分になれてほっとします。
カメラ音痴には困ったもんだ
コメントケン坊 | URL | 2009-06-17-Wed 22:07 [EDIT]
【長さんへ】
確かに写真を撮る機会が増えると、自分の技術のことはさておき、カメラが気になってきますね。
バスで隣の席に座った方も、カメラについていろいろ語ってくれましたが、基礎知識の乏しいケン坊には「子守唄」にしか聞こえませんでした。相槌を打つのが精一杯で・・・
<リバーサルフィルムで水芭蕉を撮った>写真が見つかるといいですね。写真があれば当時のことが・・・期待してま~す。
タイムリーなブログを心がけてますが
コメントケン坊 | URL | 2009-06-17-Wed 22:22 [EDIT]
【アスパラ銀ちゃんへ】
振り返って見ると、何故か4月末から急にブログ数が増えてますが、自分では中身が乏しいのが気になります。
もう少し考えてUPするように努力してみます・・・>苦<
なるべくタイムリーなものを更新しようと心がけているんですが、今回のように1日の出来事が複数回に跨ると・・・タイミングがずれてしまってね。
なるべく季節感溢れる写真掲載を心がけますので、懲りずに時々遊びにきてください。
トラックバック
TB*URL
<< 2018/10 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.