ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
ハイクをさせて戴いたお礼に”龍頭之茶屋”で一休み
2016-07-02-Sat  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
28/06/04撮影 【霧降と同じようにお礼に? いや今回は疲れを癒すためです】


 龍頭の滝~千手が浜~小田代原~戦場ヶ原~龍頭の滝

    約3万歩...再び龍頭の滝に戻ったケン坊と魔女

P1570651.jpg

龍頭の橋上から駐車場まで滝を眺めながら下ります

P1570653.jpg

良く歩きました...お疲れさ~~~ん...慰労会を兼ねて

P1570662.jpg

お店の中から龍頭の滝を撮らせて戴いてるのに

いままで一度も”龍頭乃茶屋”で休んだことが無い

入口は売店の観瀑台側からも入れますがコチラが正解?

その瀧の隣というか、まん前にあるのが“龍頭の滝茶屋”さん。
観瀑台も含んで、おみやげ屋さんとお休み処があります。

P1570663.jpg

入ると石垣の壁に色々な置物がありドキッ!

P1570656.jpg

反対側のコチラが注文する場所...

P1570655.jpg

ケン坊は”お雑煮”が名物と知っていたので迷わずに

魔女は”おしるこ”...少し疲れたんで甘味が欲しいと

P1570657.jpg

さて、2~3分で出来上がり...セルフで好きなテーブルへ

ケン坊たちは”龍頭の見える席”で戴きます

名物の“お雑煮”は以前TVでも取り上げられ知ってましたが

具体的なことまでは...何せ食べるのは初めてなんで


P1570658.jpg

餅は独特の“揚げ餅”のようで、まるで“揚げ出し豆腐”みたい

そして醤油のつゆで、上には山菜が載せてあり?

蕎麦用の出汁のような風味ですが餅は3個...入ってて

ボリューム満点!  お腹が思ったよりも満たされて満足!

なお、おしるこは...特徴あったかな?

P1570661.jpg

【龍頭の茶屋について】ネットより
古くは日光山志に記された地獄茶屋の時代より、旅人達の安らぎの場として茶屋を
営んでおります。
近くには竜頭の滝遊歩道があり、茶屋からも奥日光三名瀑の一つ「龍頭の滝」を
ご覧頂きながらお食事、お買い物をお楽しみ頂けます。
名物はここでしか味わえない茶屋特製のおぞう煮、多くの人に安らぎを与えるという
意味の施無畏だんご、お土産では心地良い食感と上品な甘さのひぐらし餅が人気
です。 また、コーヒースタンド旅情庵ではひぐらし餅付きの抹茶や清流で淹れた
コーヒーをお召し上がり頂けます。








スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.