ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
悩むケン坊...大入道のシロヤシオとミツバツツジのコラボに大満足
2016-05-22-Sun  CATEGORY: 花紀行(ツツジ・ヤシオの名所)
28/05/21撮影 【目的は何? と聞かれ原点に返って歩くことを思い出す...】


     去年の大入道のシロヤシオは異常な早や咲きに

         27/5/30のオフ会には終焉を告げていた

    今年の開花は平年並みになりそうと推測していたが

          訳あって突然の大入道へ花旅企画...

※トイレ休憩で道の駅やいた
P1560995.jpg

7:15 小間々の駐車場は既に三分の二が埋まってた

ヤマツツジは少しは咲いていると思ってたが

まだまだ蕾が大半で開花している樹は殆んどない状態

P1560996.jpg

大間々に向かうと少しずつミツバツツジが姿を現し

もしかして大間々はツツジの花が咲いてるかも?

P1570002.jpg

残念ながら淡い期待も空しく空振り

レンゲツツジに至っては状態の良い樹がこの程度...

それこそ一本も一個の花もありませんでした

やはり今年の開花は平年並みとなっているのかも...ね

P1570003.jpg

突然一匹のセミがケン坊の胸目掛けて体当たりして落ちた

もしかしてケン坊を”ケン棒”という木に間違えたか

いやいや”ジィージ(爺ージ)ジィージ(爺ージ)”と鳴きながら

可愛い孫に思えたケン坊は近くのツツジにそぉ~っと

この辺りからエゾハルゼミが賑やかに...今日も暑そうな

P1570008.jpg

順調に大間々の駐車場へ着いたが

ミツバツツジ以外に花の咲く気配は全く無し

駐車場は満車で路駐まで...皆さん何処を歩いてる?

P1570009.jpg

多分、この調子だと大入道のシロヤシオは皆無に違いない!

一回目の作戦タイム...

予定通り進むか、またはミツモチ山か県民の森へ行くか?

結論:見晴らしと青空コースの分岐までに決めよう

※この辺りもミツバツツジが紫の姿を
P1570012.jpg

間違ったかのように”シロヤシオ”が?

でも、殆んどの樹が蕾で開花している樹は数えるほどだ

P1570015.jpg

二回目の作戦タイム...

花が保障されているミツモチ山か県民の森へ行くか?

結論:取り敢えず八海山で結論を出そう>優柔不断<

P1570027.jpg

八海山から見る釈迦が岳...ここは展望が良いですね

何組かの先客、後からも数組が八海山で休憩に

皆さんに行先を訪ねるも...

花がダメなので釈迦が岳に変更する人、ミツモチ山に戻る人

結局は大入道方面に行く人はゼロ

第三回目の作戦タイム...

予定通り進むか、う~んミツモチ山へ戻るか?

結論:大入道への分岐点迄に決める またも結論の先送り

P1570024.jpg

そして急な斜面を駆け下りて大入道への分岐...

ここで第四回目の作戦タイム

魔女から”今日の目的は花? それとも歩くこと?”と聞かれ

結論:花の開花状況に関係なく大入道経由で小間々まで歩く

こうして本日の歩くコースが決定しました>難産<

P1570028.jpg

そして剣ヶ峰に到着...大入道方面からのハイカーから

シロヤシオが”もの凄く綺麗に咲いている”との情報

大入道へ向かうと決めてるが、この情報にハイテンション!

P1570029.jpg

剣ヶ峰から下り中心に2~30分歩くと

情報どおり”シロヤシオ”と”ミツバツツジ”がお見事

思わず\(^_^)/\(^_^)/―\(^_^)/三唱>笑<

P1570048.jpg

P1570049.jpg

P1570066.jpg

P1570073.jpg

P1570079.jpg

P1570080.jpg

P1570088.jpg

殆んど人気のない大入道の花回廊

何処でどのように休もうが自由 好きなポイントでお昼タイム

P1570089.jpg

縄文ヤシオツツジ この樹の満開時の姿は初めてです

P1570092.jpg

これが縄文ヤシオツツジの花です

※風が強くてアップは難しい
P1570093.jpg

P1570096.jpg

P1570099.jpg

P1570101.jpg

ようやく大入道のピークに到達  コレで花回廊は終了です

P1570105.jpg

後はひたすら下って”小間々駐車場”に向かうだけ

下山途中に見るヤマツツジも全て蕾です

P1570108.jpg

桜沢の支流かな? ここで小休止! 

見上げると斜面にエンレイソウが集会中?

もう既に花は終わってます  来年のための作戦タイムか?

P1570112.jpg

そして対岸で”ツクバネソウ”を初めて見ました

P1570114.jpg

桜沢を過ぎるとまもなく小間々 この辺のツツジも蕾が中心

P1570116.jpg

小間々の女王を表敬訪問したが往年の輝きは失せて

でも、少し離れて見る限りは威厳は失ってません

P1570117.jpg

     こうして今回の大入道のシロヤシオを観る山行は

  ミツバツツジとのコラボに満足 初志貫徹のご褒美です!


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
花回廊
コメントリンゴ | URL | 2016-05-22-Sun 20:11 [EDIT]
特に縄文ヤシオ周辺~大入道手前の花回廊は見事でしたね。
今日は天気も良く(暑過ぎ?)、恒例のオフ会を楽しんで来ました。
昨年参加したケン坊さんにもお誘いメールしましたが、前日に魔女さんと歩かれたのですね。
ここ2~3日がピーク。良いタイミングでした。
本当にごめんなさ~い
コメントケン坊 | URL | 2016-05-22-Sun 22:19 [EDIT]
【りんごさんへ】
こんばんは。
リンゴさん ごめんなさ~~い。
メールを完全に見落としてました...本当に申し訳ありません。
前回は山仲間と一緒でご迷惑をお掛けしてたので遠慮もしてました。
もともと、土日は別のスケが入っていたので参加は無理でした...
ところが前日になって、土曜のスケが空いちゃったので思いがけず
行ってきました。(早いかなと思いつつ)
正直、リンゴさんたちは次週(28日)なのかなと思ってました。
決して、抜け駆けするつもりは毛頭ありませんでしたので>謝<
何だか申し訳なくて...
魔女さんとの共同ミッション成功でしたね
コメントまっちゃん | URL | 2016-05-23-Mon 22:01 [EDIT]
歩きに徹して花に恵まれる。
あぁ、羨ましや。

自分など歩きに徹して徹して・・・
そしてお印程度の花ですから、いい加減もう諦めの境地(*´∀`*)

花のピークは難しいですが、無欲の勝利で素晴らしい花山行でしたね。
魔女さんとのチームワークに拍手です。
1~2日早かったけど...素晴らしい花園
コメントケン坊 | URL | 2016-05-24-Tue 06:10 [EDIT]
【まっちゃんへ】
おはようございます。
あははは 一時はホントに戻ろうと思いました。
花もさることながら、人が入ってないと熊の
心配もあり...内心は不安全開でした>笑<
でも、魔女の一言で勇気を振り絞っての結論に
”ご褒美”を戴き大いに満足な山行でした。
去年が惨めな結果だっただけに余計でした...
まっちゃんのいう”無欲の勝利”かも知れません。
コメントkimichan | URL | 2016-05-26-Thu 09:28 [EDIT]
わ~
シロヤシオ綺麗ですね
今年は見れそうにありません
此方で見させていただきます

膝痛でスケジュールゼロ状態です
花咲く山楽しみにしてますね
ラッキーな花回廊
コメントケン坊 | URL | 2016-05-28-Sat 09:39 [EDIT]
【kimiちゃんへ】
おはようございます。
今年はつつじ系がすごい当たり年のようですね。
良いタイミングで出会えないことが多かったですが、
今回も、剣が峰まではシロヤシオに殆ど出会えず、
半分は諦めて歩きに専念しようと思っていた矢先に
素晴らしい花回廊に出会えるとは...
kimiちゃんも、早く腰痛や膝痛を直して花を愛でる
山行ができると良いですね。
コメント亀三郎 | URL | 2016-05-28-Sat 12:39 [EDIT]
こんにちは
うちが東京で法事の日
ケン坊さんちは 高原山で
ツツジ三昧だったんですね!
それにしても
オレンジ ピンク 白 紫と
ツツジの
色が揃って 豪華 豪華^^v
風があると 花撮りは難しいかもですが
とうめで撮って いい感じですよね~~~(拍手)
ツツジは当たり年でした
コメントケン坊 | URL | 2016-05-28-Sat 21:25 [EDIT]
【亀三郎さんへ】
こんばんは。
最近、亀さんの山レポが見られず寂しいです。
ケン坊には、今の時点では趣味が山だけ?
動けるうちにって感じで歩いてます。今回の
大入道のシロヤシオは少し早いと思ってたが
ラッキーにも見ごろ撮りごろでした...
数年前は6月第一週がシーズンだったのに
地球温暖化が気になります。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.