ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
粟野の城山城址公園ウォークで新たな出会いが
2016-04-29-Fri  CATEGORY: 鹿沼・粟野・塩谷
28/04/24撮影 【初めて城山公園の裏側を歩いて来ました...】


    今年も粟野の”城山つつじまつり”が始まった

              (4月24日~5月4日)

            園内に2万本のツツジが咲き誇り

                山の斜面を赤く染める?

    そんなお誘いのキャッチコピーに騙されるケン坊家

         その前に、オープンセレモニーに合せて

  口粟野の交差点周辺が歩行者天国となりイベント実施

            ”あわの よってがっせ横丁まつり”

P1560021.jpg

年に何回も無いような人だかり フリマーケットやグルメ露天

P1560019.jpg

交差点角地では、よさこいやフラダンスなどのイベント

P1560018.jpg

老若男女、小さな子どもも元気一杯

P1560024.jpg

オープンセレモニーにも顔を出して枯れ木の役を果たし

これから城山公園をぶらり散歩して帰ることに

P1560026.jpg

いつもの広場へ...セレモニーの方に分散しちゃった?

メインの”ツツジまつり”会場は何となく寂しいかな

まぁ ケン坊は歩くのが目的だから人出は二の次です

P1560028.jpg

広場から見える山が”城山”だと今まで思っていたが

この後、思い掛けない展開に...

P1560031.jpg

広場の一角に”鎧を纏った戦国武将”の姿が?

城山? そうでした ここは粟野城祉だったんですね

ツツジが彩る小高い丘陵散歩と勘違い>トホホホ<

【歴史・沿革】ネットから
粟野城址は、口粟野の通称「城山」と呼ばれるところにあり、頂上の横尾勝右エ門
撰文の碑によると、足利又太郎忠綱がここに籠り、涛速(なにわ)城と称したとありま
す。また別の記録では、忠綱の一族郎党がここで全滅したということです。

暦応元年(1338)、平野将監範久が修築 、居城し粟野・粕尾・南摩を領したものの小
山氏・宇都宮氏連合軍の侵略に悩まされ、その後に佐野氏に降伏し、佐野城の支
城となりました。

城代平野大膳久国の時には、天正3年(1575)、皆川広照は斎藤秀隆に粟野城を攻
め落とさせ、秀隆を城主としました。秀隆に追われた平野久国は佐野に逃れました。

「皆川正中録」によると、天正12年(1584)、小田原の北条氏直軍が進攻して太平山
(おおひらさん)に陣をとったので、皆川広照は皆川本城より草倉山に布陣して対戦
した。

このとき斎藤秀隆もこの戦いに加わったので粟野城は手薄となり、この隙を狙って
平野久国は粟野城に攻め入り、城を奪還して久国の領有となり、神山氏や横尾氏
を城代としました。

天正16年(1588)粟野城が佐野氏方の手に落ちたことを知った皆川広照は、粟野
城の奪還をはかります。平野久国は、佐野方の援軍を得ますが防戦もむなしく落
城。このときの戦は、大変激しく皆川方の大将斎藤秀隆や粟野城代平野久国の
ほか多くの武将が討死にしました。

皆川氏は、落合徳雲入道を粟野城代としましたが、天正18年(1590)、豊臣秀吉の
小田原城攻めの際、北条氏と盟約関係のあった皆川広照は、姻族関係の壬生
義雄とともに北条氏に属したので、粟野城は秀吉派遣の上杉・真田両氏によって
攻め落とされ廃城になったといわれる。

※この武将は中腹に墓がある”斎藤秀隆”かな?
P1560027.jpg

今まで何度となく城山公園の中を縦横無尽に歩いたが

城跡に関する場所に出合ったことが無い...

武将らしきお墓を見たが掘り下げて調べて無かった
(それと”女二城跡”という標柱が五重塔の近くにあった)

P1560034.jpg

コレが五重塔で、女二城跡はこの手前左の奥まった辺り

ただ、白い杭に”女二城跡”と書かれてるだけ?
(長さ15mほどの曲輪だったらしい)

P1560036.jpg

今回も”二重の塔”へ...前回はこの先を少し歩きましたが

鬱蒼とした樹林帯だったので引き返した記憶が?

今日は樹林帯を行ける所まで行って見ようと歩を進めた

※二重の塔が一番の高台? この奥のネットフェンスに沿って左手に歩ける
P1560037.jpg

ネットフェンスまで登ると...(@_@)です

想像外の光景が目の前に現れました  マサカの展開に

今まで見た斜面の反対側は全て伐採されてた(@_@)

ハイキングコース(木の階段)が裸同然の山頂へと続いてる

P1560038.jpg

二重の塔から一旦下り、双耳峰の裸山(仮称)へ向かう

ハイキングコースは直接駐車場へと続いてるらしい

P1560039.jpg

新しいベンチも備え付けられ粟野の街が一望できます

P1560041.jpg

その展望台から数十㍍隣に”のろし台(狼煙台)跡”が...

伐採した切り株が雑然としてますね

P1560042.jpg

山頂にはなんと”城山(標高258㍍)と彫られた卵型の碑が

城山公園の山頂がココだったとは知らなかった

P1560043.jpg

城山の碑の隣には”防空監視哨跡”が案内板とともに

※真剣に案内板を見てる魔女
P1560044.jpg

P1560046.jpg

【案内板より抜粋】
「口粟野防空監視哨は太平洋戦争開戦の1941年(昭和16年)「防空監視隊令
(勅令1136号)」の発令を受けて策定された「栃木県防空計画」により整備・建
造された。
県内には監視隊本部が3か所設置され、43か所の監視哨と4か所の補助監視
哨が設けられた。
口粟野監視哨は、外周直径約4、3m・内周直径2、6mのコンクリート製喇叭
(らっぱ)型円筒形で、栃木県内に現存が確認されているのは、口粟野監視哨と
烏山監視哨の2基のみである。
監視哨は、敵機の迎撃準備などに必要な時間から逆算し、大都会からやや離れ
た地におかれた。
この監視哨はソ連の東にある軍都ウラジオストクから飛来し、中禅寺湖で南下、
東京爆撃へ向かうソ連の軍用機を想定した施設であった。
現実には東京や宇都宮を爆撃したアメリカの軍用機B29の監視を行っていた。
時にグラマン戦闘機の機銃掃射を受けたこともある。
2012年(平成24年)公益社団法人土木学会は「特異な時代体制下の土木技術
の1つの役割を伝える」として、推奨土木遺産に指定された」

P1560047.jpg

城山の碑の後ろ側に”見張櫓跡”の案内柱が

P1560049.jpg

後で判ったことだが、数年前から伐採を始めたらしく

伐採した後にはツツジの苗が植えられている

P1560050.jpg

往路はネットフェンス沿いを歩き復路は階段を歩いてみた

本丸と書かれた標柱が一段下がった所に

全体を見渡すと”鞍部”のような場所に本丸があったのか?

P1560051.jpg

花を探しながら歩くと...間もなく駐車場へ

P1560053.jpg

P1560057.jpg

P1560060.jpg

駐車場手前に”忠霊塔”がで~~んと建っていた

P1560061.jpg

城山公園には2万本のツツジが彩るとありますが

今はどうでしょうか? 花芽の無いツツジも多く見られます

植樹してるツツジが大きくなると見応えがあるかも

P1560062.jpg

真面目に歩くと、山頂から10分も掛からずに駐車場へ

城山は足腰を鍛える(慣らす)には格好の場所かな

従来の公園側の散策路でも十分だが、プラス山頂コース

思わぬ出会いに満足した城山公園を後にして...


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントkimichan | URL | 2016-04-29-Fri 15:56 [EDIT]
沢山咲いてましたね
史跡めぐりもいいですね
歩きがいがありますね

大勢の人で賑わって
活性化されますね
コメント亀三郎 | URL | 2016-04-29-Fri 18:33 [EDIT]
こんにちは
わたしが 喜連川温泉から小山に戻る日
ケン坊さんは 城山に行かれてたんですね
最近 山 ご無沙汰で
この標高でも 登れるか どうか、、、不安
でも
復帰戦には
いいかな、、、なんて 記事を拝見しておりました。
それはそうと
右ふくらはぎ
治ったようで、、、、
立ってる時間が長いと
まだ違和感があるんです 😢😢
やはり 歳なので 回復しないのかぁと、、、、
ちょっと ショックを受けています。
もっと
安静期間を長くみないとダメかな、、、とか考えているところです
コメントNAO | URL | 2016-04-29-Fri 18:53 [EDIT]
こんばんは。

今頃のヤマツツジは目にもまぶしくてきれいですよね。
大好きな城山公園、きっと今年は行けないと思うので、ケン坊さんのレポで楽しませていただきました。
それにしても城山公園にも歴史があったのですね~
いつも何気に行くだけなので、まったく知りませんでした(^_^;)

あのぉ・・・鎧兜の武将は人形ですか?ちょっと怖いような・・・
グルメ屋台でケン坊たちも貢献しました
コメントケン坊 | URL | 2016-04-29-Fri 20:26 [EDIT]
【kimiちゃんへ】
こんばんは。
まだツツジは咲き始めのようでした...
かなり傷んでる樹もあり、地元の方々が
植林で後継の樹を育ててるようです
伐採した裏山にも植林が進んでました。
地域の活性化のため地元の方々は
企画するのに大変ですよね!
復帰戦にはならない
コメントケン坊 | URL | 2016-04-29-Fri 20:41 [EDIT]
【亀三郎さんへ】
こんばんは。
この日は喜連川温泉からのお帰りでしたか?
敬老会の行事が一段落して、ぶら散歩をしようと
向かった先が粟野城山公園でした。
ここは山を登る感じでは無く、ハイキングコース
なんですよ...
ところで右ふくらはぎが完治してない?
無理なさらない方が...急がば回れですよ!
いや、早い山復帰のためにも...
初めては何でも感動です
コメントケン坊 | URL | 2016-04-29-Fri 21:51 [EDIT]
【NAOさんへ】
こんばんは。
あちこちでヤマツツジが柔らかい緑に物凄く
映えますね~
今回は、思い切って鬱蒼としてると思ってた
二重の塔の裏側へ行ってみたら...正解!
裏側がこんな光景だったなんて知らなかった~
※鎧兜の武将は本物です...
先客がいろいろ話し込んでいて、ケン坊には
チャンスがなく、帰りにまた寄ろうと一旦離れ、
歩き終わって戻ってきたら居なかった>苦<
この時期、佐野足利方面に向かうと
コメントまっちゃん | URL | 2016-04-29-Fri 22:53 [EDIT]
必ず目にするツツジ祭りのぼんぼり。
いつかは行ってみたいと思ってましたがなかなか叶わず。
ケン坊さんの記事でにぎわいを経験することが出来ました。

実は先日登ったハナント山のある粟野中央尾根は、この城山公園の所が先端で、本来ここから行きたかったのですが自分も体力では難しそうだったので見送りました。分割しながら横根山まで到達するのが当面の目標です。
この後、粟野中央尾根を撮ってみました
コメントケン坊 | URL | 2016-04-30-Sat 06:54 [EDIT]
【まっちゃんへ】
おはようございます。
前日のタケノコ掘りの影響を引きずらないために
この日は山を諦め、身体を労わるぶら散歩...
城山をネットで調べてたら、ハナント山の先端が
城山だって書いてあったのでビックリでした。
ここは公園ですからお孫さんを遊ばせるには良いかも。
近い将来、孫の喜びそうな場所を探すことになる?
最も、まっちゃんのお孫さんはやはり山かな>笑<
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.