ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
西場富士から妙義山・大小山を縦走...縦走って大袈裟ですね
2016-03-31-Thu  CATEGORY: 未分類
28/03/26撮影 【初めてって気持ちが良いですね~ 何たって新鮮です】


    先日のブロ友・まっちゃんの縦走レポに背中を押され

       里山の中で人気の”大小山”を選択しましたが

   気になっていた”西場富士”を加えて縦走することに

     阿夫利神社手前の新しくできた広い駐車場を利用

P1550328.jpg

先ず、車道を”大小”の文字を背に西場富士の東側裾野へ

P1550327.jpg

上手く全体が写りませんが、西場富士~大小山縦走に挑戦

西場富士が大き過ぎてアップダウンが隠れちゃった>笑<

    ↓大小山                      ↓西場富士
P1550337.jpg

今日は、レポ済の”西場の百観音”を登山口としてスタート

P1550345.jpg

報告済みの小さな観音堂を右に見て左へ進みます

安心してください”案内標識板”があります

P1550359.jpg

フェンス設置のお陰? 下草や篠竹等が刈られ明るい

↓↑写真にもフェンスが見えますが猪の被害対策のため

西場富士や大小山全体をグルリと囲ったそうです

その作業もこの日が最終日とか...本当にご苦労様でした

P1550360.jpg

先ずは西場富士へ行く前に”西場城跡”へ寄り道

入口は百観音寄りの分岐が西場城跡だと事前学習済
(西場富士への登山口は百観音と稲荷神社の間に2ヶ所ある)

入口を塞いでいたフェンスを開け傾斜あるコースへ歩き出す

5分もすると(今までが平坦だったので)息が上がったが

近い!”西場城(砦)跡”の石仏と石碑が目の前に

砦跡は西場富士のピークではなく中腹にありました

P1550370.jpg

平安末期に造られた唐沢城の出城だったらしい

【案内板より】
平安時代の末ごろ(約800年前)、藤姓足利家綱の子 西場太郎成実が唐沢城の
出城として築き、後に子孫 出井次郎重之に移ったが、その後の天正5年、足利
城主 長尾氏と戦い落城、廃城となったと伝えられている。今でも城山という地名
がある。

P1550369.jpg

さて事前学習では砦跡で道は切れ、この先はヤブなので

一旦戻り、稲荷神社寄りの分岐から西場富士を目指す予定

だったが、ヤブが刈られ明るい感じで踏み跡もありそうだ

行ける所まで行って見るか?...ダメだったら戻れば良いさ

P1550371.jpg

猪対策に合せて少し山に手が入ったのかも知れません

城跡から数分も歩くと左手の方で大勢の話し声が聞こえる?

少し前を見ると左手方向からの道に合流しそうな雰囲気

もしや、もう一つの登山口から西場富士に向かう道なのかも

P1550372.jpg

城跡コースを歩いて結果的に正解...藪なし!

その上、20名近い団体さんの前に出ることができ良かった

だが、急いだので合流ポイントの写真は撮れなかったが

※団体さんの先頭の人が合流地点(左が砦跡方面で、右がもう一つの登山口)
P1550373.jpg

少し急登気味のコースも間もなく”西場富士”の山頂に到着

山頂は思ってた以上に明るく四等三角点がありました

P1550375.jpg

そして目指す大小山の目印”大小”の看板が見えます

団体さんが登ってきました...先を急ぎましょう

P1550376.jpg

すると山頂の奥に祠?  見ると”秋葉神社”とありました

台座に”中岡稲”の文字  右から”稲岡中”と読むのかな?

木の幹には”足利百名山・秋葉山”の山名板

P1550377.jpg

祠を後にすると展望が開けてきました

そう日光の山々が見えました  手前左は寺久保山かな?

P1550379.jpg

山頂から先は基本的には稜線歩きが多く気分が良い

アップダウンを繰り返し進むも”大小の看板”も一緒に進む?

近付いている筈なのに看板は大きくなってくれない

P1550381.jpg

先ほどからガサガサ~と何処かで音がする

耳を澄ますと藪の中から聞こえてくるが...なんだ何だ~

猪か?  耳を澄まし目を皿のようにしても不明

50㍍も歩いたかな  ↓こんなモノがコース上にありました

な~んだ 業者が(販売用に)榊を取りに来たらしい?

驚かさないでくれ~ 人一倍臆病なんだから...>笑<

P1550382.jpg

更にアップダウンを繰り返し松と岩がコースの主役に

小さなピークをいくつか越え巻き道?を分け次のピークへ

「←妙義山 西場富士・城山(じょやま)→」の道標

P1550386.jpg

ピークの直下は大きな岩の切れ目...これがキレット?

稜線を寸断する深く狭い溝が奥まで続いている

狭くなってる部分まで行って見たいと思ったが止めた>笑<

次回があったらゆっくりと探検してみたい?

【ネットから】
聞いた話によるとマンガン採掘の跡らしい。おそらく砥の粉山とはマンガン鉱山に
付けられた名称で、この辺りを指しているのではなかろうか。

P1550390.jpg

短い鎖を手繰ってキレットから稜線に上がれるし

見える範囲の巻き道もあるので、どちらでもお好みで...

ケン坊が偵察で先にキレットに降り、魔女も鎖で対岸に挑戦

P1550394.jpg

コースは益々アカマツや露岩が多くなり

雑木越しに展望もあり...コースが変化に富んで飽きません

P1550395.jpg

ここで小休止...トウゴクミツバツツジでしょうか?

ヤマツツジはアチコチで見かけたが

P1550400.jpg

樹林に覆われたやや急な稜線を登ると大きな岩が目の前に

岩の下部に一個の石祠が祀られてました

何の石祠かは未確認です

P1550404.jpg

この大岩の左側を回り込むと大岩の上に出ました

おぉ展望岩の上に出ました...亀岩のようにも見えます

P1550406.jpg

亀の頭付近まで近付いて眺めると遠くに黒煙が?

そう この日は渡良瀬遊水地のヨシ焼きの日、その煙ですね

P1550407.jpg

ようやく妙義山や大小山が近付いてきた雰囲気があります

振り返えると西場富士を始め歩いてきた稜線が

P1550413.jpg

数多くのアップダウン、変化に富んだ稜線歩きの連続

初めて歩くコースは本当に新鮮でした

そして見慣れたコース(阿夫利神社と妙義山の分岐)へ合流

※奥が歩いてきた稜線、手前が妙義山です
P1550416.jpg

妙義山へ向かう途中で”大小”の看板を横目でチラリ

待ってろよ...直ぐに行くからね

P1550417.jpg

そして妙義山直下にある”不動明王”の祠

見ると怖い顔をして睨んでいるような

最後まで気を抜かずに歩けよと励ましてくれている?

P1550420.jpg

妙義山の山頂から見るケン坊の歩いてきた稜線

こんなに歩いても未だ1時間30分?  そんな~

P1550421.jpg

大小山山頂は証拠写真です>笑<

P1550424.jpg

鉄階段を降り、大小の字が掲げられた岩の真下に到着

何度も来てますが”真下”から見上げるのは初

P1550428.jpg

今日は女坂を使って下山してきました

P1550430.jpg

無事に阿夫利神社まで降りてきましたが

手前に猪対策のフェンスが張り巡らされている...脱帽!

※写真は出てから撮りました
P1550431.jpg

 計2時間30分で周回したことになります(登山口から2:15)

次回は”大小山~妙義山~西場富士”の予定?



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント亀三郎 | URL | 2016-03-31-Thu 10:38 [EDIT]
こんにちは
業者の榊取り!これは 初めての情報です。
こうゆう仕事で 山に入ってる人もいるんですねぇ。
今後の参考に致します。
それはそうと
奥様 完全復活に近いですね
岩場のロープ、、、
ちょっと怖い感じもしますが
ああゆうとこも 楽々なんでしょう
うちのコン様だと
すごく 嫌がる状況と推測されます (^_^;)(^_^;)

わたしも
キレットと聞いただけで
巻道 巻道と、、、、即座に頭が反応!! (T_T)
大小山
コメントリンゴ | URL | 2016-03-31-Thu 18:20 [EDIT]
最近は茨城県方面ばかりに行っているので、県南の山が遠くなってしまいました(;^ω^)
西場富士は初めて大小山に行ったときに、山頂で地元の方に勧められたコースです。
またいつか、歩きたいと思っています。
コメントでん | URL | 2016-03-31-Thu 20:09 [EDIT]
キレットを「との粉山」というのは知りませんでしたが
マンガンではなく木工で使う「との粉」を採掘していたのだと思います。
新鮮な気持ちで...
コメントケン坊 | URL | 2016-03-31-Thu 20:24 [EDIT]
【亀三郎さんへ】
こんばんは。
藪の中の榊取りには驚かされました>笑<
岩場のロープと言っても、ココは数㍍ですから...
コン様だって怖がらないと思いますよ
キレットの片側のコースを知らないまま登ってしまい
全く意識しないで...気付いたらキレットがあった
って感じです。なので心配いりませんよ。
一度は変化に富んだ稜線歩きは如何ですか?
やっと縦走
コメントケン坊 | URL | 2016-03-31-Thu 20:39 [EDIT]
【リンゴさんへ】
こんばんは。
ケン坊の知らない山が次々とレポされるので
地図と首っ引きの連続です。
どうせ行けないと判っていても場所だけ>笑<
西場富士は何度か大小山コースの道標で見てて
存在は知ってましたが、機会が無かったんです。
予想外の稜線歩きに満足です。
周回しても2時間半は里山そのものです。
砥の粉の採掘
コメントケン坊 | URL | 2016-03-31-Thu 20:57 [EDIT]
【でんさんへ】
こんばんは。
ネットで見てたら”砥の粉”の採掘というのが
本当ですかね。マンガンというのもありましたが...
ケン坊は判らず「ネット任せ」となっちゃいました。
でんさんはお詳しいですね~ 勉強になります。
逆ルートでしたが
コメントまっちゃん | URL | 2016-03-31-Thu 21:43 [EDIT]
ケン坊さんの詳細な記事で改めて歩いた
記憶が蘇ってきました。
短い距離ですがホント、変化があって楽しめますよね。

山で出会った業者の人というと、
星野の谷倉山で盗掘(恐らく)の人と遭ったことがあります。
普通は人が入らない場所故に、お互いにビックリしたものです。




新鮮な気分で歩けました
コメントケン坊 | URL | 2016-04-01-Fri 06:18 [EDIT]
【まっちゃんへ】
おはようございます。
正直言って、もう少し距離があるかと
思ってましたが、意外に...
ケン坊でも気持ちよく歩けるコースで
まっちゃんのレポのお陰です>謝々<
予想外の場所だとビックリですよね
まだケン坊の場合は明るい場所だったから
良かったですが、薄暗い所だったら...
コメントkimichan | URL | 2016-04-03-Sun 04:48 [EDIT]
このコースもいいですね
今度挑戦してみます
ミツバツツジ咲き始めましたか
嬉しいですね
稜線歩き
コメントケン坊 | URL | 2016-04-03-Sun 07:44 [EDIT]
【kimiちゃんへ】
おはようございます。
このコースはケン坊も初めてでしたが
新鮮さもてつだってか、なかなか雰囲気の良い
コースでした。
稜線歩きも多くピークでの展望も良くリピート
したいコースの一つになりそうです。
トウゴクミツバツツジもこれから全開ですね。
騙されたと思って一度は良いかも?
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.