ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
登山口が違うと新鮮...いや”トリ&ヤキ”という道標が新鮮!
2016-03-25-Fri  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
28/03/21撮影 【確信犯だった今回のミツマタと里山のセット...】


       茂木のミツマタ群生を堪能した後の行動は...

  最初から状況によっては群生地を包み込む里山に挑戦?

     ミツマタ周回時は既にトレ・シュー装着済(確信犯)

  その里山とは”鶏足山&焼森山”で2度目の挑戦
                 (けいそくさん   やきもりやま)

最初は栃木百名山・鶏足山が目的で焼森山はオマケ>笑<

  その時はミツマタ群生地の存在を知らず山だけでした

P1550142.jpg

今回もミツマタが目的で山歩きはネットで少し覗いただけ

何とかなるかな~という甘い考えは禁物ですが

写真の群生地周回コースに入らず写真右手に直進スルー

P1550144.jpg

そうそう この写真のように広場の横をすり抜ける感じです

この日はセットで山歩きする方がいるのでケン坊も余裕?

P1550267.jpg

もちろん大半が群生地が目的なので山歩きは静か~かな?

コースは荒れててお世辞にも歩き易いと言えません

P1550202.jpg

歩きだして数分、コース沿いにも”ミツマタ”が群生してる~

コッチの群生は初めてお目にかかります

P1550208.jpg

写真を撮りながら15分弱で最初の分岐に到着しましたが

確か最初の分岐は右で良かったよなと思い出し確認

「←(左)弛み峠」の表示がありますが「弛み峠」ってドコ?
     (”たるみとうげ”と読むらしい)
P1550214.jpg

↑写真左側にある標柱の足元にも横長の小さな案内板

左に「トリ」  右に「ヤキ」  コレって何の記号?

ケン坊は暫く考えてから漸く”そうか”と納得しました

左右逆にすると...”ヤキ トリ(焼鳥)”に

何とも人を食ったようなお茶目な案内板に思わず>苦笑<

※正解は・・・トリとは鶏足山のことで、ヤキは焼森山ですね
P1550213.jpg

この分岐(↑)から2分も歩くと...

右手の太い杉の幹にピンクテープと”焼森山登山口”の案内

でも、下を向いて歩いてると見過ごしてしまいそう

※左直進すると焼森山に直登?(正面が焼森山) 
P1550216.jpg

傾斜もやや厳しくなってきてコースがジグザグ登りに

そして細いロープが用意されてありますが、無くても大丈夫?

でも登山口までがダラダラだったので息が荒くなってきた

           P1550217.jpg

急斜面を登ったお蔭で標高を稼ぎ、登山口から約10分で

焼森山の山頂近く(座禅岩あたり)と同じ標高に?

P1550219.jpg

そうです あっという間に”焼森山山頂”に到着です

登山口から15分(群生地からでも30分弱)

前回の「下小貫登山口」からの山歩きは何だったの?

       P1550221.jpg

焼森山山頂直下から見る”鶏足山”方面の景色

              鶏足山北ピーク 南ピーク                         弛み峠
                     ↓  ↓                             ↓
P1550223.jpg

焼森山頂は先客がベンチに、まだお昼には時間があるので

ケン坊たちは鶏足山まで移動することにした

山頂から数分、座禅岩の脇を通る(手前側が絶壁)

前回は凍結してて恐々と...今回は楽勝かな

P1550224.jpg

焼森山頂から12~3分で「弛み峠」の案内板が...

案内板が新しく前回の時は無かったかも?

焼森山と鶏足山の中間点辺りの峠のことだったんですね~

と言うことは、この辺りからトリヤキ分岐に行ける?

P1550225.jpg

弛み峠を少し進むと片側の展望が少し開けます

山容の整った芳賀富士が見えました

P1550226.jpg

そして”焼森山”方面が丸見えです

                   座禅岩      焼森山
                    ↓         ↓
P1550251.jpg

鶏足山(南ピーク)は焼森山から20分弱で到着しましたが

展望が無いのでスルーし

そして展望の良い”北ピーク”で先ずはお昼休憩です

P1550233.jpg

今日は春の彼岸らしく”ぼた餅”をメインとしました>笑<

少しボリュームがあった夜の部へ繰り越し?

P1550231.jpg

北ピークは休憩者が多く写真に登場してない登山者も

P1550237.jpg

前回は雪でパスした”護摩焚石”...北ピークから1~2分

P1550239.jpg

石の奥は絶壁で臆病のケン坊は一枚撮るのがやっと

P1550240.jpg

更に5分、鶏足山の由来となったという石を探して下ると

ありました”鶏石”という案内板がありました

ん? 鶏の頭のようにも見える大きな岩ですが

P1550247.jpg

う~ん鶏の足に似てるというが...何処から見たら鶏足に?

奥は絶壁で手を伸ばしても横からしか撮れず

P1550246.jpg

諦めて息を切らしながら魔女の待つ北ピークへ

ひと呼吸おいてから

二等三角点のある”鶏足山南ピーク”で定番ポーズ

P1550249.jpg

どこから下山するか迷ったが

弛み峠から”ミツマタ群生地”という案内板があったので

興味本位で歩くことにした

P1550250.jpg

すると(@_@) 往路での分岐(トリ ヤキ)に7分で到着?

登りは倍として分岐から弛み峠まで僅か15分で登れそうな

P1550252.jpg

静かな裏群生のミツマタ...ちょうど陽射しが出てきて

P1550263.jpg

ついつい撮っちゃいました>笑<

           P1550264.jpg

そして群生地に到着です

群生地から焼森山・鶏足山周回して2時間弱(休憩込)でした

車~群生地の往復を含めて2時間半弱はお手軽~~~

いろんなコースがありそうで、次回があれば別な登山口から?

※ ↓ 帰りに覗いた群生地の様子です
P1550269.jpg

          H22年 初めての鶏足山&焼森山



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント亀三郎 | URL | 2016-03-25-Fri 18:18 [EDIT]
こんばんは
なるほど 鶏足山 焼森山も こうゆうルートで
楽しめるのですね!
ミツマタがキレイ
見てみたいけどなぁ~~~
最近
山から
ゴルフへ
頭が切り替わってしまったみたいで、、、(^_^;)(^_^;)

あ、、、焼森から鶏足山へ向かう途中の
絶壁、、、
大丈夫でしたか??
あそこは コン様 苦手中の苦手、、、(雪じゃなくても)
コメントリンゴ | URL | 2016-03-25-Fri 18:45 [EDIT]
駐車地が分かればそっくり後追いしたいです。
近いうちに・・・。
セットが良いかも
コメントケン坊 | URL | 2016-03-25-Fri 21:42 [EDIT]
【亀三郎さんへ】
こんばんは
ここ数年、ミツマタ単独だったので
今年はセットにしようかと密かに?
密かにと言うほどの山ではありませんが
内緒で企画するはドキドキ感がありますね
シューズを積むにも群生地対策だよと>笑<
絶壁も雪じゃ無ければ楽勝ですよ>エヘン<
楽しみです
コメントケン坊 | URL | 2016-03-25-Fri 22:08 [EDIT]
【リンゴさんへ】
こんばんは
茂木の”道の駅”の脇の県道206号を道なりに南下し、
逆川中学校先の小さな十字路を左折(狭い農道?)、
(右側に”鯉もなかのいい村”という大きな看板)
そこから4㌔前後進んだY字路(実際には三角形)を
右折して道なりに進むと並柳という集落にでます
*さかがわ館から山道をクネクネと抜けてきた道と
 合流した1㌔先がケン坊が停めた駐車場...
リンゴさんの鋭い勘なら一発で目的駐車場へ直行!
コメントまっちゃん | URL | 2016-03-26-Sat 15:21 [EDIT]
随分以前に焼森山と鶏足山を歩いたのが懐かしいです。
この山は手軽な割には景色が良いですよね。

いつも美味しそうなお昼ごはん。
おはぎが特に(๑´ڡ`๑)
比較的楽な里山
コメントケン坊 | URL | 2016-03-26-Sat 21:25 [EDIT]
【まっちゃんへ】
こんばんは
焼森山も鶏足山(北ピーク)も眺望が良いですよね
アップダウンも少なく、身体への負担も少なかったです
それとこの日は、トイレを借りた益子のベイシアで
ついでに”ぼた餅”を買っちゃいました...>笑<
あぁ ぼた餅=おはぎ ですよね
今では、通年”おはぎ”でお店は売っているようですが
何となく”おはぎ”のほうが品がありますね>笑<
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.