ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
燕巣山(つばくろすやま)・平成27年-02(in日光)84/100
2015-08-28-Fri  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
27/08/23撮影 【氷室山以来の栃木百名山を新規開拓(自力では無いですが)】


魔女抜きの単独ではピストンでも難しいな~と思ってた山

今回も”筆者と登る栃木百名山”のお世話に

最近は何だか月例会のようになってきちゃいました>笑<



今月の山行は”燕巣山(標高:2222㍍)”です

山頂は群馬県との県境にありコースは群馬県を歩きます
(栃木百名山と言っても歩く登山道は必ずしも栃木県では無いんです)

宇都宮駅前集合...今回は28名+実行委員の4名

*6:20集合、6:30宇都宮駅前を出発
P1500267.jpg

バスは一路(日光・金精峠経由)丸沼温泉駐車場へ

*丸沼温泉環湖荘前で標高1,430㍍
P1500268.jpg

宇都宮では曇っていた空も湯元あたりで霧雨が...

もともと晴れは無いと思っていたが、こんなに早く雨とは...

前夜~今朝の”てんきとくらす(日光白根山)”では午前中Aランクになり
もしや? 微かな期待をしていたんですが...山の天気は甘くないです
でも、スタート時点では何とか持ち堪えていたのだが、果たして...

駐車場奥の四郎沢を渡渉するところから登山はスタートです

*8:50
P1500270.jpg

歩き始めて15分...リーダーの指示で雨具(下)を装着
(雨の状況は霧雨程度でまだ支障はありませんが早目の手当かな?)

その後、5分も経たないで上着も装着する羽目になった

そして最後まで雨具を脱ぐ場面は来なかった>苦<

雨具を装着しての登山は気分的にテンションも下がります

P1500273.jpg

何はともあれ”賽は投げられた”ので進むしかない>笑<

一面目を見張るほどの”ヨツバヒヨドリ”が群生してました

P1500275.jpg

越える前に撮れば良かったんですが...

堰堤を幾つか越えると、沢に沿って本格的な登りが始まる

P1500276.jpg

四郎峠まで渡渉の鬼? 何度も繰り返し回数を忘れちゃった

最初の2~3回は割と平坦に近い楽勝の渡渉だったが...

大半が滑り易い石や水没したり浮石だったり危険が一杯だ

*9:21
P1500277.jpg

そしてもう一つ厄介だったのは”篠薮”だった

登山道を覆い被るように生い茂り

先行者の除けた篠竹の葉が顔を直撃する>苦<

P1500278.jpg

沢に挟まれた尾根は狭いし滑り易い木の根が剥き出し

肝心の写真が撮れてませんというかリスク回避で撮れず

木の根の張った狭い尾根を登ると再び沢に下る

P1500280.jpg

皆さんに”また渡渉の写真ですか”と言われそうですが

渡渉時は待ち時間が生じるので逆にゆとりが出来ます

つまり写真を撮る時間が...リスクなしで撮れますから

P1500284.jpg

美しい滑床を見せる沢...奥深い沢が百面相の姿を見せる

下から撮りたかったがタイミングを外してしまった

帰りに期待したが、雨に邪魔されカメラは無用の長物に...

*沢底の色で水が濁っている訳ではありません
P1500289.jpg

尾瀬・平滑の滝を思い出すような雰囲気で水も澄んでます

P1500290.jpg

登山口から1時間  初めて案内板が現れました

単独だったらこの案内板は心強いモノになりますよね

ピンクのリボンも思った以上にアチコチにありました

P1500291.jpg

こんなキノコがこの後も現れますが...食べられるとは?

子供の頃、色が鮮やかキノコほど毒キノコが多いと

P1500294.jpg

またもや現れた”篠薮”です...根元が登山道に横たわり

うっかり足を載せちゃうと足を取られて沢へ滑落する危険も

しかも篠竹の葉で登山道が見えにくく神経を使うコースです

P1500295.jpg

ロープも数ヵ所(短い)ありますが、使わなくても済む場所も

P1500297.jpg

雨足は大して強くはならなかったが足場は悪い登山道

倒木を跨いだり潜ったりしてようやく”四郎峠”についた

ここまで1時間30分。ガイドブックのモデルは1時間だが

今回は団体での山行で2時間を予定してたから早いか?

駐車場~燕巣山の標高差約800㍍、四郎峠で約半分

でも、残念ながらここで若い男性2人がリタイヤ(下山)

*10:20(スタートから1:30)
P1500323.jpg

四郎峠からは一旦下るものの、基本的には山頂までは登り

その標高差は約400㍍  コレまでと同様に急登が続きそう?

緩やかな尾根道は長くは続かず直ぐに1,891㍍のピーク

越えると今度はほぼ真直ぐに山頂に向かって急登が始まる

沢と篠薮が無いだけ精神的にホッとしてますが>笑<

P1500306.jpg

四郎峠から約1時間40分 予定では後20分はかかるかな

目の前の急登の上にピークらしい光景が霞んで見えるが

あぁ~ 写真撮っておけば良かったな~ 後の祭りです

P1500309.jpg

12:23 山頂に到着 スタートから3時間33分の登りは

予定通りのタイム...かなり遅れてるように思えたが

そして山頂は狭く全員でお昼を食べるには???です

P1500310.jpg

そして山頂には山名板がいくつか(4~5枚?)ありました

この山名板は標高”2222㍍”を強調しているような

P1500314.jpg

速報に続いて再びケン坊が登場>笑<

P1500316.jpg

相変わらず雨は”しとしと”と降ってるので長居は無用!

帰りは濡れた急斜面を降りるのでアチコチで滑る人が続出

慎重に歩くも休憩が少なく時間は早い? が、予定外の行動に

約1時間オーバーして駐車場には3:30に無事到着

雨中の登山も初めての山ということで思ったよりも楽しめました



【オマケ...”マスダケ”というキノコ】

登山道沿いの数ヵ所に黄色~オレンジ色のキノコが目立つ

ケン坊的には如何にも”毒キノコ”と思えるキノコが生えていた

キノコ通の話では”マスダケ”と言って食べられるとか

P1500300.jpg

復路は雨中のキノコ狩りと化した...約2名の方ですが
(今日は雨で眺望が無いので全員にキノコのお土産を...と)

大量収穫でレジ袋に4個 これを下げての下山はキツイ
(途中からケン坊もぶら下げて下山...お手伝いした積り)

*写真には約3袋分ですがあと一つ間に合わなかった
P1500325.jpg

魚の鱒(身)に色が似ていることから”マスダケ”と命名された

味も似ているとの話もありましたが(コチラは不明?)

P1500327.jpg

食べ方は”天婦羅かフライ”が良いらしい 特に「フライ」が

我が家は”天婦羅”で味見して見ましたが

正直言って、味しいとは思えなかったが不味くも無かった

火を通したほうが良いと思い揚げ過ぎたのかホクホク感も

P1500331.jpg

以上、今回も纏まりの無い山行記事でしたが...完です


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント12
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
四郎峠からの登り、地味にきつく無かったですか?
コメントまっちゃん | URL | 2015-08-28-Fri 12:27 [EDIT]
四郎峠までの行程は雨が降っていると滑りやすくて大変だったのではないでしょうか。雨の日もキャンセルしがたいのが辛いところですね。

自分の燕巣山は、二回目が四郎山とのダブルヘッダで、この時は文字通りヘロヘロになりながら山頂を踏みました。

一度目は県境尾根下りの湯沢峠着地。
三度目は物見山経由で奥鬼怒着地を考えていますがいつになるやら。
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2015-08-28-Fri 16:49 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントリンゴ | URL | 2015-08-28-Fri 18:51 [EDIT]
恒例となった?筆者と登る栃木百名山シリーズですね。
生憎の雨模様だった様ですが、まずは燕巣山登頂おめでとうございます。
これをきっかけに一気に百名山踏破も期待できそうですね。
しかもマスダケ収穫のおまけつき。
天ぷらが美味しそう。
「リスク回避」に神経を使ってたので「キツイ」は意外にも...
コメントケン坊 | URL | 2015-08-28-Fri 20:14 [EDIT]
【まっちゃんへ】
こんばんは。
ガイド見たりまっちゃんのブログを読んだり...
でも、ツアーなので独自の行動はできず、ましてや
雨中の登山となってしまったので、最低限の目標が
達成できることを心掛けてました。
沢の雰囲気が晴れてたらもっと違っていたかな~と
思うとちょっぴりざんねんでしたが。
最後の山頂直下は”芝草山”に雰囲気が似てました。
急登に次ぐ急登でしたが、思ったよりは...でした。
まっちゃんは、オーソドックスなコースじゃなくて
”らしい”コース...。3度目のレポが楽しみです。
今後もしばらくは続く月例会?
コメントケン坊 | URL | 2015-08-28-Fri 20:28 [EDIT]
【リンゴさんへ】
こんばんは。
しばらく(魔女の足が戻るまで)は、月一はこんな山歩きも
良いかなと思うようにしてます。
古賀志・大平・雨巻・筑波をグルグルと回るだけよりも、
変化があり気分転換にもなりますからね。(金は掛かるが)
来年末には大台になっちゃうので、その前に可能性のある
山だけ優先して歩こうかなと...。
つまり栃木百名山は来年一杯で卒業する予定です?
思い付きで...その時になったらまた続いてるかも>笑<
マスダケは”食べた”だけですね。決して不味くはないですが、
重い思いをして採ってくる必要なないかな?
単独では無理な山でしたね
コメントケン坊 | URL | 2015-08-28-Fri 20:36 [EDIT]
【〇〇さんへ】
こんばんは。
今回の雨中での山歩きはいろんな意味で大変でした。
雨具を着用しても登山、篠竹や泥濘に足を取られない
ように気を遣ったり...
そういう意味でも印象深い山行となりました。
また次の機会にお会いしたいですね。また、その節は
声をかけてください。
コメントchikoやん | URL | 2015-08-28-Fri 21:34 [EDIT]
燕巣山って、どこにあるんだろう。って、地図を見ちゃいましたよ~。(^^;
奥白根のお隣にある。。。山頂からよく見えるお山ですね。(^^)
そして、点線コース。ケン坊さん。すごいっ!!! 
雨の中、お疲れ様でした。(^^)

ただでさえ雨で足元が悪くて、繰り返す渡渉。
濡れてる笹の根っこ。と、登りも下りも、神経を使ったことと思います。
そして、最後には、山の恵みをいただいての下山だったんですね。
お盆を過ぎてから、なかなかお天気に恵まれませんね。
そろそろ雨の心配なく気持ちよく山歩きがしたいです。(^^)
コメント亀三郎 | URL | 2015-08-28-Fri 21:55 [EDIT]
こんばんは
燕巣山 制覇 おめでとうございます
渡渉 と 急登 雨、、、大変でしたね  (^_^;)
篠竹が顔に当たるのも いたいですよね
そして 竹のネッコもやっかいそう、、、って
写真を拝見して思いました。
ここは
わたしの体力では、、、無理そう、、、
きつい山ですね~~
でも
チャンスがあれば わたしも 月例会に
参加して、、、、
コン様と一緒に
制覇したいけど、、、
リタイヤ組になる可能性大かな、、、ドテッ
山は晴れた方が...
コメントケン坊 | URL | 2015-08-29-Sat 06:46 [EDIT]
【chikoやんへ】
おはようございます。
そうですよね~ ケン坊も栃百を意識しなかったら、多分、
県内の山なのに”山の名前”すら知らなかったと思います。
chikoやんの未踏の山を登った思うと...ゥフフフ
そう てんきとくらすでも日光白根山でチェックしてました。
この日は生憎と山頂からは全く見えませんでした。
やはり山行は雨と無縁が良いですね。つくづく思いました。
タダでさえ足元がおぼつかないのに、笹の根、木の根には
特に神経を使いました。特に両側が沢で細尾根には...
多分、個人だったら延期したでしょうね>笑<
まぁ栃百を1座クリア出来たので気分は然程滅入ってません。
(団体で登っても”クリア”したことになりますよね?)
マスダケは苦労して採ってくるほどのモノではありません。
まぁ珍しいだけ? 不味くは無かったですが。ネタです!
団体でも踏破したことに?
コメントケン坊 | URL | 2015-08-29-Sat 06:58 [EDIT]
【亀三郎さんへ】
おはようございます。
氷室山以来の栃百踏破...年に2~3個登るのがやっとです。
一時期は年に25座くらい登ったこともあったのに...
燕巣山はピストン(今回のコース)なら魔女と行けるかなと
春先には企画していたんです。でも、四郎峠~燕巣山頂はOKでも
駐車場から四郎峠間は背丈を超える篠竹薮越えが無理でしたね。
団体だと自由は無いですが”熊”の恐怖から解放され気楽です。
単独行じゃないと踏破したことにならない?
急に不安になりましたが、団体でも自分の足で歩くんですから
OKですよね? そう思うようにします>笑<
来月の月例会は...踏破済みの山なので参加を迷ってます?
コメント | URL | 2015-08-31-Mon 21:30 [EDIT]
雨の日の山登りはきついですね
予定時間で登れるなんて
流石です

ナイスです
自然相手なので仕方がないですが
コメントケン坊 | URL | 2015-09-02-Wed 07:15 [EDIT]
【名無しさんへ】〇〇さんと思いますが...
おはようございます。
出来れば山は雨具の心配なく歩きたいですよね。
多分、個人だったら登っていないと思いますが
どうしても山行ツアーとなると...
特に今回は急登と沢、滑り易い条件が揃い踏みで
正直言って神経を使いました。
予定時間もお昼の時間が短縮された結果かも?
ナイスありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.