ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
8月の田代山は初めて...果たしてどんな光景が待ってる?
2015-08-05-Wed  CATEGORY: なかまとの出会い
27/08/01撮影 【花を愛でるというより仲間と山を楽しむ感じで行ってきました】


ケン坊の頭に”8月の田代山”は全く無かったが

山仲間から”田代山”を登ってみたいとの声に

花は無くても未知の”田代山”に出会えると考え直した

経験から”虫の多い山だよ”と念を押した

この時期、駐車場の心配は無いだろうと思ってたら

登山口の駐車場は満車...隅に変則駐車させて貰った

あっ まずい スズメバチの大群だ!

と思ったら”大きなアブ”だった 車は直ぐにアブの住み家に

それにしても、いきなり手荒い歓迎を受けたものだ

車から逃げるようにして登山口で出発セレモニーを開催!

*9:05
P1490560.jpg

田代山頂まで2kmで約2時間...ピストンで4時間かな?

5月末の高原山・オフ会に付きあってくれたY氏とM氏に

今日は昨秋の安達太良山以来となるマドンナを含めて4人

沢に架かる橋を渡り、いよいよ田代山頂に向け登山開始

P1490562.jpg

M氏が先頭、マドンナを挟んでY氏が続き、ケン坊は殿です

いきなり割と急な登山道...身体が慣れて無いのでキツイ

そう、ココは標高差の割に距離が無いので急登は覚悟です

P1490566.jpg

ノリウツギ
P1490567.jpg

ソバナ
P1490760.jpg

歩きだして直ぐに汗が噴き出るが容赦なく照り付ける太陽

20分も歩くとかなり標高をあげる...こんな景色にホッ

でも直射日光は堪えます  まだまだ小田代までは長い!

P1490571.jpg

途中で見かけた白い花(花弁に産毛のようなものが見える)
*chikoやんのブログから”ツルアリドオシ”と判明

P1490574.jpg

これは”ユキザサ”の赤い実ですね

P1490576.jpg

う~ん イメージが壊れるから掲載したくないですが

これは”ギンリョウソウ”の成れの果てでしょうか?

P1490578.jpg

更に急登が続きます

新しいシカの足跡も...近くでは猿のような声も?

P1490579.jpg

急登では足場に気をつけるため下を向いて歩くことが多くて

こんな小さな”ツルリンドウ”だって気付きます>笑<

急登じゃ無くてもケン坊の目は始終キョロキョロしてますが

P1490585.jpg

ゴゼンタチバナも多くの花に茶褐色の斑点が出てきて終盤

P1490588.jpg

そして”小田代”が近付いてきた

その証拠に登山道近くに”キンコウカ”が出現してきた

P1490592.jpg

間もなく”小田代”に...思わず「ヤッタ―」の歓喜の声!

ここまで1:20は少しスロー?  いやコンなもんでしょう

青い空に白い雲...雰囲気は(暑さを除くと)最高ですね

*10:25
P1490747.jpg

木道歩きは如何にも湿原歩きって気分になりますね

P1490593.jpg

ワタスゲも時すでに遅しですが、こんな姿がアチコチに散見

P1490600.jpg

サワラン
P1490597.jpg

ヤマハハコ
P1490606.jpg

小田代から7~8分歩いた開けた場所から見慣れた山が

形は何となく高原山? 方向に自信がありませんが

P1490608.jpg

オヤマリンドウはまだ蕾状態でしたが午後は開くかな?

P1490609.jpg

小田代から約20分で田代山頂湿原に到着は予定通り

表示に従って木道を”会津駒ヶ岳”に向かって歩きます

*10:50
P1490612.jpg

いま、イワショウブが旬なのでしょうか アチコチで見られた

P1490636.jpg

こちらの池塘は”弘法沼”ですね...多分

奥の雑木の中に三角点があるものと思われるが諦め!

P1490625.jpg

タテヤマリンドウも全体的にはピークを過ぎたようですが

どうしてどうして...沢山の綺麗な花を見せてくれました

P1490618.jpg

山頂直下の急登に息を弾ませたので

景色を眺めながら少し長めの休憩を取ることにしました

P1490622.jpg

天気が良過ぎて”会津駒ヶ岳”もやや霞んで見えます

花の季節なら残雪の会津駒ヶ岳ですが...

いつの日にか登るぞと心の中で叫びながら勇姿を眺める

山頂の湿原...数年前に登った”鬼怒沼湿原”に似てます

P1490629.jpg

湿原には定番のように”モウセンゴケ”が見られます

P1490635.jpg

登山道では、誰一人会わなかった田代山の登山ですが

山頂は数組のハイカーが散策したり休憩したり

花の季節を外してるので静かな山頂湿原を満喫してる様子

P1490632.jpg

ここが田代山山頂(標高:1926㍍)となっているようだ

P1490639.jpg

湿原で英気を養い湿原周回コースの散策を再開です

P1490644.jpg

*トンボソウ
P1490643.jpg

田代山湿原を半分散策したところで分岐点

そうです  この樹林帯に入ると”帝釈山”への登山道に

*11:30
P1490647.jpg

今回は、この暑さと遅い出発時間(9:05)から判断すると

絶対に無理と思ってたが仲間の勢いに負けた>笑<

そうです まさかの展開で次回は”帝釈山”を中心に報告を?



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントリンゴ | URL | 2015-08-05-Wed 06:48 [EDIT]
久しぶりのマドンナ登場ですね。
田代山の花は少なくとも華のある山行となりましたね。
そしてまさかの展開での帝釈山。
続編も楽しみです。
コメントNAO | URL | 2015-08-05-Wed 22:18 [EDIT]
こんばんは。

ケン坊さんたちの一週間前に、仲間たちが田代山~帝釈山を歩きました。
私は諸事情で行けず、詳しい報告も聞いてなかったので
ケン坊さんのレポで楽しんでいます。
マドンナさん、相当若そうですね(^^)
やはり6月かな?
コメントケン坊 | URL | 2015-08-05-Wed 22:22 [EDIT]
【リンゴさんへ】
こんばんは。
そうなんです。山仲間とのイベントは年3回がMaxなので
一回抜けると半年以上の間隔が空いちゃうんです。
あははは 花ならぬ華です。
リンゴさんには敵わないですが...。
帝釈山は正直言ってあまり乗り気じゃ無かったんです。
だって、虫が多過ぎるんです...>笑<
でも仲間が喜んでくれたので”良し”とします。
若いって凄いことですね~
コメントケン坊 | URL | 2015-08-05-Wed 22:32 [EDIT]
【NAOさんへ】
こんばんは。
1週間前に? その情報が知りたかったですね~
ブログ掲載されているのかな?
後編は全くの手抜きで掲載しようと思ってたのに
NAOさんが読んでるとなると困ったな>笑<
写真の羅列で...手を打って貰えませんか?
マドンナですか? 娘よりも若いんですよ。
やはり元気ですね~ 最初から最後まで話しが
途切れませんでした。
ケン坊の耳の方が疲れたかなって ウソです。
コメントchikoやん | URL | 2015-08-06-Thu 13:33 [EDIT]
山頂湿原が何となく黄色っぽく見えるのは、キンコウカが咲きまくってたから?
それとも、湿原では、ぼちぼち秋を迎えるお色直しをし始めたから?
6月とは違う色を感じた8月の田代山湿原です。
マドンナさんもご一緒で、きっと楽しい1日だったことでしょう。(^^)

ある情報筋では、グレートトラバース隊が檜枝岐入り。
こーき様も、ケン坊さんたちがご覧になったのと同じような色の
帝釈山を感じられたことでしょうね~。(^^)
暑いですね 北アルプスには程遠く
コメントケン坊 | URL | 2015-08-07-Fri 06:13 [EDIT]
【chikoやんへ】
おはようございます。
湿原も少しずつ秋を意識した衣装を纏いつつあるのかな?
キンコウカはアチコチで咲いていたせいかもです。
湿原の景色だけを見れば、6月が一番かもと思います。
久々にマドンナと一緒だったので緊張しちゃった>笑<
エッ グレトラ隊が桧枝岐に?
そうか スケジュール確認してなかったので...
放送も北海道をスタートしたんです。先日、第一回目を
見ましたが、放送日程を確認するのを失念しちゃった。
コメント亀三郎 | URL | 2015-08-11-Tue 10:20 [EDIT]
おはようございます^^ 2
弘法沼の後の 雑木の中に三角点ですか
なるほど なるほど
どこにあるのか 分からなかったので
「知識」になりました ペコリ
しかし
ギンリョウソウも、、最後のほうは
ああゆう風になってしまうんですね
初めて認識しました (^_^;)(^_^;)
受け売りです...
コメントケン坊 | URL | 2015-08-11-Tue 20:35 [EDIT]
【亀三郎さんへ】
こんばんは。
三角点は”あるネット”で確かめたんですが
多分間違いないかな~って思うんですが、
それでも自信はありません...
だってその人も見たことが無い筈ですから?
あはは ギンリョウソウがね~
可哀想な姿を載せちゃって失礼だったかな
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.