ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
前編:古賀志山”馬蹄形コース”への分岐までの2時間は準備運動?
2015-05-02-Sat  CATEGORY: 栃木の里山(古賀志山)
27/04/29撮影 【前編は”北尾根コース~主稜コース~馬蹄形コースの444P祠”まで...】


古賀志山には数え切れない程コースがあると言われている

     その中でも”馬蹄形”は長時間コースで有名だ

        ”一度は歩きたい”と思うのはケン坊だけ?

   でも生易しいモノでは無く、中途半端な気持ちじゃ無理

       再び山の師匠(魔女の友達の御主人)にお願い...

   師匠には1月も”裏古賀志コース”で世話になっている

P1460687.jpg

   駐車場発7:30 逸る気持ちを押さえながらのスタート

           今回は師匠ご夫妻と4人で歩きます

コースは駐車場で相談? 実際は全て師匠にお任せ>笑<


         先ずは慣れた”北尾根コース”を歩きます
       (北尾根コースは1週間前に三角山からの復路で歩いたばかり)

P1460543.jpg

   今回も殿で歩くケン坊は準備体操よろしくスクワットを

      でも今日は長丁場を意識して軽めです>笑<

     1週間も経つと山野草の類にも変化が現れました

          少しボケちゃったが”マムシグサ”かな

            P1460541.jpg

       コチラの花”チゴユリ”はコース全体で見られた

P1460545.jpg

     最近盗掘が激しい”ギンラン”が蕾を持っていました
               (北尾根コースで見たのは初めてです)

           気負ったため”ボケ”ちゃった>残<
               (週末には咲いているかもですが...)

            P1460544.jpg

       花を撮ってたらいつの間にか長倉山の分岐に

          直進すると”鞍掛山”だが今回は左折!

       ここまで35分、ゆったり歩きなので休まずにGo

P1460550.jpg

P1460551.jpg

             世間話の弾む魔女と奥さん...

  何とはなしに漏れ聞いているうちに林道まで来ちゃった?

  長倉山から下ってきたが、ここから暫し北尾根を登ります

            P1460552.jpg

           目の前が広く伐採され開けてきました

       まだまだ登りは続きますがココで最初の小休止

            いきなりバナナでエネルギー補給を

P1460557.jpg

  喘ぎながらも北尾根コース最後の急登を登り切りました

          ヤマツツジ眺めながら汗を拭うケン坊

P1460559.jpg

       すると、先ほどのエネルギー補給から20分

               エッ またエネルギー補給?

       再び師匠ご夫妻から”塩大福”の差し入れが

          適度に冷えててコレが美味しいんです

P1460561.jpg

           2度目のエネルギー補充が終ったら

     鞍掛山コースへの分岐を右に見ながら再スタート

           着実に馬蹄形コースに一歩また一歩

     ここから少しの区間が”主稜コース”と呼ばれてます

*写真奥が鞍掛山へと続くコース(ケン坊たちは右から左下へ進む)
P1460562.jpg

         鞍掛山分岐から26分で手岡分岐(ピーク)

P1460565.jpg

                 順調に馬蹄形コースへ
            (奥さんの話によれば駐車場から2時間弱らしい)

          手岡分岐から下り切ると間もなくの筈

            P1460567.jpg

      そして手岡分岐から15分...遂にその時がきた

             いよいよ主稜コースと決別します

    右手が馬蹄形コース  直進が559Pへの主稜コース
     (馬蹄形コースの一部(ココから444P)は”裏古賀志”の時に歩いてます)

P1460569.jpg

  前回とは逆向きに歩いてます...急登だったコースが

*木に括りつけられた板には”三峰山”と書いてます
P1460570.jpg

       今回は身体が止まらないほどの急坂を降りる

   登りも厳しいが下りも油断は出来ない...おっとっと?

            P1460571.jpg

     これからの本番を考えて師匠は体力温存のためか

                随所で配慮してくれます

     ココの383Pではイバラを避けるため巻き道を選択

*写真はピークの中腹を通り抜け振り返って撮ったもの
P1460575.jpg

    東側に連なる山容や稜線がハッキリと展望できます

         そうです もう少し先へ行って一旦下山し

    あの山へ登り返して...稜線を歩くことになるんです

        その稜線見ると”無謀かな”...そんな気が

  でもね~ 今更(口が裂けても)引き返えそうとは言えない

*写真一番右のピークが籠岩...そこから左へと歩く
P1460578.jpg

         魔女のへっぴり腰は何をしてるのかな?

師匠は歩きながらも時おり山歩きの基本を指導してくれます

        ココでは岩の上を歩く際のポイントをご指南
               (手の付き方や足の運び方等々)

*すぐ左側に平坦なコースはあったが
P1460583.jpg

          そして真直ぐに切り立った岩を登ります

                 たかが数メートルですが

          されど崖ですから油断すれば怪我のもと

            P1460584.jpg

   10:53 駐車場から約3時間20分で444Pの祠に到着
        (途中、コマメに小休止を入れたので参考にならないかも?)

        ココまでは先日の裏古賀志の時に歩いたが

P1460586.jpg

この先の馬蹄形コース(御岳山頂まで)は全く歩いたこと無し

          二度目は無いかも知れないので

  アチコチの景色に目をやり 大いに楽しもう&苦しもう!

P1460587.jpg

             ここで次回へバトンタッチです

      果たして”馬蹄形コース歩き”を楽しめたかな?


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
444p手前の岩にはロープが張られたのですね
コメントまっちゃん | URL | 2015-05-02-Sat 12:40 [EDIT]
こうして写真を拝見していると、2009年に岩崎観音裏手から449p経由、北進して牧場山に降り立っ時は、山名板、リボン、踏み跡皆無、当然この岩もロープは無かったものです。
最近は馬蹄形を歩く人が増えたので定番ルート化しつつあるみたいですね。
13年の3月と去年の秋に歩いた時も此処にはロープが無かったので最近整備されたのでしょう。

三床山から金原山への縦走路もそうですが、何も無いときに歩いた経験があると、我儘な話ですがあまり手を入れないほうがよいのではと思いました。

それにしても今日も良い天気。
今、昼休みで会社からタブレットでコメントしてますが、通りを通過するツーリングのバイクのエンジン音が気になります。
明日こそは自分も休みを獲得したいところ。
行動予定は既に立ててあるのですが、後は夕方まで何事も無く明日の休みが確定するのを祈るばかりです。
コメントリンゴ | URL | 2015-05-02-Sat 16:57 [EDIT]
いよいよ古賀志山馬蹄形コース、長編大作の始まりですね!
私も参考に歩きたいところですが、やはり熟練者同伴でないと難しそうですね。
後編、お待ちしております。
前編の範囲では比較的容易に歩けた...
コメントケン坊 | URL | 2015-05-02-Sat 21:51 [EDIT]
【まっちゃんへ】
こんばんは。
あれ? 今日はお仕事でしたか? お疲れ様です。
ケン坊はカレンダー通りなので今日から5連休です...
と言っても何も企画・計画は無しでその日暮らし?
孫たちもサッカーの試合があって今年は来ないみたい。
ご指摘のロープは裏古賀志(1月)の時も無かったので
その後に何方かが取り付けたようです。
前回は降りた崖ですが、今回は登りなので不要だった?
>我儘な話ですがあまり手を入れないほうがよいのでは
何だか判るような気が...助かる時もありますが。
今年の連休は天気に大きな崩れは無いようで、きっと
まっちゃんの素晴らしいレポが見られそうで楽しみです。
それより以前の問題で、明日が休みになることが先決!
ココまでは予定通り
コメントケン坊 | URL | 2015-05-02-Sat 21:56 [EDIT]
【リンゴさんへ】
こんばんは。
なかなか写真と文字で表現するのは難しいです。
いま、改めて実感してます。
夢中で歩いていたせいか肝心の場面が無かったり
由来なんかも忘れたり...纏まりません>苦<
そして挙句の果てに取捨選択に困って”中編”を
取り入れて「一呼吸」を...恥ずかしい!
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.