ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
磯上の”やまざくら” & 法輪寺の”天狗と西行桜”は?
2015-04-28-Tue  CATEGORY: 花紀行(桜の名所)
27/04/16撮影 【過去ネタで申し訳ありません...消化試合が続きます】


         既に情報で掲載済なので今更ですが...

 天然記念物に”磯上のやまざくら”が指定されている

      過去にも掲載してるので簡単に触れておきます

*地元紙ではこの3日後に満開になったと報道
P1450971.jpg

   県内随一のヤマザクラの巨木は堂々として風格を持つ

   大きさ: 樹高 17㍍  幹囲 4.3㍍  東西 20.3㍍  南北 24.5㍍

   樹 齢: 約300年

   指 定: 昭和43.8.27に栃木県の天然記念物に指定

   所有者: 蓮実 武一

   容 姿: 幹下部の表面は左巻き、地上4㍍で枝は二つに分かれ、そのうちの
           一本が直ぐ上でさらに2本となり、次々と枝分かれ傘上に広がる

            P1450976.jpg

         この枝が最初に枝分かれしたうちの一本

P1450973.jpg

      天然記念物に指定された時の記念碑が根元に

            P1450972.jpg



  帰りの寄り道の一つに”大田原の法輪寺”を選んだ

           西行桜が一つの名所となっているが

     ケン坊は天狗堂に置かれた”天狗の面”が目的です


       法輪寺へと続く参道で奥に見えるのが勅額門

            P1460029.jpg

           ここが後嵯峨天皇の勅額門ですが

       茅葺の屋根が歴史を感じさせる厚みです...

P1460021.jpg

            何とも趣のある鐘楼じゃないですか

            P1460018.jpg

  左手の小振りの枝垂れが”2代目・西行桜”なんです

P1460020.jpg

         こちらが光丸山の本院大日堂ですね

P1460025.jpg

        左手の枝垂れ桜の奥の建物が天狗堂です

P1460026.jpg

天狗堂には、木製の巨大な大天狗の面が安置されています

          木彫り面としては日本一の大きさとか

    覗き窓のようなところから中を覗くと...見えました

               見た感じポピュラーですが

  高さ2.1㍍、横1.5㍍、鼻の高さ1.3㍍、重さ1㌧ と大きい

*覗窓のガラスにカメラを擦り付けて撮ってます>笑<
P1460028.jpg

               天狗様は健在でした

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.