ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
前座じゃ失礼か?  ”裏古賀志(山)コース”を掲載する前に...
2015-01-22-Thu  CATEGORY: 栃木の里山(古賀志山)
27/01/17撮影 【意外に”前座”の紹介にスペースを費やし分割に...】


       今回は初めて”通り抜け”という経験を... 

  車を盗人岩(下山)側にデポって岩崎観世音(登山口)へ

     細い林道には”積雪や凍結個所”があり要・注意!
      (落ち葉に隠れた側溝もあり林道通行には十分に注意が必要です)

       今回は魔女の仲間の御主人がリーダーです

          経験&知識も豊富で安心してお任せ



   サブリーダーも魔女の仲間で日本百名山は踏破済み

    現在、北海道や東北の2百名山も踏破目前の女性

          この二人がサポータなので安心してます

      いよいよ”裏古賀志(山)コース”へ出発

 ↓スタート                                             ゴール↓
P1430659.jpg

              登山口は”岩崎観世音”です

   因みに駐車場は道路の反対側に20台位のスペース

            この日は2台めですが予想通り?

        ケン坊を含めて5人...平均年齢は内緒!

             午前9時 いよいよ出発します

P1430495.jpg

      昨夜の雨の影響で朝方は山を中心に靄ってます

 観音堂への階段、そして参道の杉など雰囲気が良い感じ?

            P1430497.jpg

      階段の手前の参道脇には六地蔵がお出迎え?

いえいえ 六地蔵に見送られ先ずは階段を登って観音堂へ

P1430498.jpg

         観音堂では本日の安全登山を祈願します

P1430500.jpg

           観音堂の裏側にコースはありますが

     折角なのでコースを外れ”奥の院”へ寄り道します

            最初は歴史のありそうな石段ですが

P1430501.jpg

  安全のため? 新しく手摺付きの階段が作られてました

P1430505.jpg

     階段の途中(踊り場)から見る眺望ポイントですが

           本日の日光方面は天気が悪そう...

P1430506.jpg

        岩盤を彫って奥の院を作ったのでしょうか?

            P1430507.jpg

       奥の院への入口には”夫婦杉”が聳えてます

            P1430513.jpg

      グルグルと回りながら奥の院の階段を登ると

                   奥の院が鎮座

   代表してケン坊がお賽銭を...ご利益がありそうです

P1430512.jpg

             奥の院前から”観音堂”を見ると

    あんなに小さく...奥の院は結構高い所にあります

P1430511.jpg

              階段を降りてコースへ戻ります

 十数メートルも歩くと”酒水岩”という表示板がありましたが

      撮るのを忘れちゃいました...いよいよ本番です


  前座が長くなってしまって...今回はここで一時中断です



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント長さん | URL | 2015-01-22-Thu 11:35 [EDIT]
ベテランご夫妻と一緒だと大変心強いですね。
奥の院はこんな急なところに良く作りましたね。
夫婦杉も狭いところで良く育ちました!!
新鮮な気持ちで歩くことが...
コメントケン坊 | URL | 2015-01-22-Thu 22:24 [EDIT]
【長さんへ】
こんばんは。
リーダーとサブリーダーは夫婦ではありません。
もう一人の女性の御主人がリーダーなんです。
それはどうでも良いことですが...
少なくとも2人は超ベテランだし、リーダーの
奥様もケン坊たちからみたら”ベテランの域”の
人なので大船に乗った気持ちでした。
市内にこんな奥の院があるとは知りませんでした。
新しい発見により新鮮な気持ちで歩くことに...
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.