ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
岡田准一と役所広司が演じる”蜩の記”は...
2014-11-15-Sat  CATEGORY: シネマ観賞
26/10/22撮影 【ケン坊には時代劇かな~ 歳のせいだと言う人もいるが...】


  先日の吉永小百合主演の”ふしぎな岬の物語”を見たが

         少し消化不良だったので再度MOVIXへ

  今日は”蜩(ひぐらし)の記”(1810年頃の江戸時代が背景)

【ネットから】
  『蜩ノ記』(ひぐらしのき)は、第146回直木三十五賞受賞した葉室麟による日本の
  時代小説で『小説NON』(祥伝社)に2010年11月号~2011年8月号まで「秋蜩」の
  タイトルで連載された。


P1370091.jpg

             やはり”時代物”は落ち着く?

            P1410381.jpg


【あらすじ】 ネットから

壇野庄三郎(岡田准一)は、城内で友人の水上信吾と刃傷沙汰に及んだが、辛う
じて罪を免れ、家老により幽閉中の戸田秋谷を(役所広司)3年後の切腹の日まで
監視せよとの藩命を受けます。

秋谷は7年前に前藩主の側室と不義密通を犯し、その上、小姓を殺害したという
罪で幽閉され、更に切腹の日までに藩の歴史をまとめ「三浦家譜」を完成するよう
に命ぜら れました。

そして庄三郎に果された「監視役」とは、7 年前の事件を「三浦家譜」に秋谷がどう
書くかを報告すること、7年前の事件の真相を探ること、そして、もし秋谷が逃亡を
企てるよ うなことがあったら家族も含め容赦なく斬り捨てよという内容でした。

幽閉されている秋谷とその家は族と共に生活を始めた庄三郎は、7年前の事件の
真相を探りはじめ、その真相が明らかになるにつれて、家譜編纂に勤しむ秋谷の
人間性に惹かれていきます。

秋谷と共に暮らす中、秋谷の娘・薫(堀北真希)は庄三郎に心を開いていく。庄三郎
も心の美しい薫に惹かれていきます。そんな穏やかな日々を経て庄三郎は、秋谷
の不義密通事件の真相を解明し、藩政を揺るがしかねない事件の謎を解き明かす
「文書」を手に入れます。

切腹という武士にとって名誉ある死を美化する封建制度は、現代人にとって理不尽
さの何物でもない。武士もその家族もその理不尽さに耐えなければならない苦しさ。
その中で美しくその日まで生きようとする人と人の物語です。

人と人の心のふれあいが希薄になっている現代に心のふれあいの大切さ問う大作
です。


P1410380.jpg

    岡田准一は大河ドラマで”黒田官兵衛”を演じていて

最初は官兵衛のイメージを引きずってしまう場面もあったが

      役所広司と堂々と渡り合って演じていたのでは?


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.