ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
那須岳からの寄り道は”那須・温泉神社(ゆぜんじんじゃ)”でした
2014-11-25-Tue  CATEGORY: 寺社仏閣(その他)
26/09/08撮影 【寄り道は”温泉神社”です...新しい発見の神社です】


     単独での那須茶臼岳・南月山から戻ったケン坊は

               途中、お得意の寄り道をし

  後日レポすると言いながら2か月半も経過しちゃった...

        寄り所の”温泉神社(ゆぜんじんじゃ)は2回目
          (1回目は殺生石から単に神社を周回しただけ...)

 場所は那須岳を目指し温泉街を抜け殺生石の200㍍手前
         (殺生石からも徒歩圏内なので殺生石の駐車場でもOK)

【神社について】 ネットより
  下野国延喜式内社:温泉神社
  神社名:温泉神社(おんせんじんじゃ・ゆぜんじんじゃ)
  祭 神:大己貴命 少彦名命
  相 殿:誉田別命



      先ずは”温泉神社の大鳥居”を潜りスタートです

P1390623.jpg

 階段上がっていくと前からぞろぞろ?  下がりマイクが2本

    真ん中を歩くスーツ姿の御仁はどこかで見たような?

 取り敢えず証拠写真撮っておこうと慌てて後ろ姿を撮ったが

   直後に”山田五郎(雑誌編集者・評論家)”を思い出した

         後日、何かの番組で放映されるのかな?

P1390624.jpg

     さて参道を歩きだすと社務所らしき建物の手前に

                 ”大和さざれ石と碑”

        その碑には”国歌・君が代”が彫られていた

 そう言えば日光二荒山神社中宮祠の境内にもあったなぁ?

P1390625.jpg

        儀式殿と書かれてますが社務所のようです

P1390626.jpg

           社務所の先の階段上に二之鳥居が

               右手には駐車場があります
        (ケン坊は駐車場の存在が判らず大鳥居の下に停めちゃった)

P1390627.jpg

         左手には”愛宕社と太子塔”がありました

       細い階段を登った先に愛宕社があるようです

    階段の途中に鳥居がありその奥に社が見えますが

           那須の山を歩いた寄り道なのでパス

P1390629.jpg

       ↑写真の左手に”愛宕福神水”がありました

            柄杓があり飲めるようですがパス? 

            P1390631.jpg

          愛宕社入口の右側には”カエル”の置物

  囲いの中に水琴窟がありましたが耳が小さく届きません

P1390633.jpg

      右側には天満天神の横に見立神社がありました

         祭神は”天児屋根命”と”狩野三郎行広公”

   狩野三郎行広公は温泉を発見した功により合祀された

【那須温泉神社 案内板より】
第三十四代舒明天皇の御代(630年)、狩野三郎行広は、矢傷の白鹿を追って山中に
迷い込み、神の御教により温泉を発見し神社を創建、温泉の神を祀り崇敬の誠を尽く
した。狩野三郎行広は後年那須温泉開発の祖として見立神社祭神として祀られる。


P1390628.jpg

                 そして”三之鳥居”が...

   この三之鳥居はあの”那須与一”が奉献したものという

       遠くに階段が見えますが本殿はまだ先?

P1390636.jpg

     三之鳥居を潜るとすぐ右側に御神木がありました

               威風堂々とした御神木です

         御神木には”生きる”と命名されてました

            P1390640.jpg

                御神木”生きる”の案内板

     樹齢800年って凄い! 神社の生き字引ですね~

P1390639.jpg

      御神木の反対側の小高い場所に境内社が鎮座

                境内社は5社ほどだったが

      神明宮・琴平神社・山神社・稚祇神社・疱瘡神社

P1390670.jpg

         なおも続く参道...階段の上に建物が?

            P1390641.jpg

           階段手前の左側に芭蕉句碑があった

P1390665.jpg

       <湯をむすぶ誓いも同じ岩清水>

P1390669.jpg

       長い参道を歩いたが何メートルあるのかな~

               ようやく”拝殿”に到着です

           拝殿は思ったほど大きくはないが...

      参道に相応しいというか厳かな感じの拝殿です

P1390643.jpg

P1390646.jpg

            P1390647.jpg

P1390650.jpg

  拝殿前左側には久邇宮良子女王陛下お手植えの五葉松

       この五葉松は町指定天然記念物になっている
            (”那須五葉松”と言われ”とちぎ名木百選”にも)

            P1390644.jpg

P1390645.jpg

                境内から殺生石が見える

    社殿前にある神馬像の前を通り社殿右側へ下りると

           殺生石へと通じる裏参道?へと出た

P1390648.jpg

          社殿右側には稲荷神社が鎮座してる

      鳥居の束額に刻まれた"九尾稲荷大明神"文字

        殺生石に化けたあの九尾の狐を祀る神社

【殺生石について】 ネットから

  殺生石は、大陸から渡って来た八百歳の妖狐・九尾の狐。鳥羽上皇の頃に
  「玉藻前」と名乗り朝廷に出入りする。
  陰陽師・安倍泰成に、その正体を見破られ、那須野ヶ原へと逃げる。その後、
  三浦介、上総介によって退治されたが、妖狐は毒石となり、ガスを噴出して
  人畜に害を与えるようになった。
  源翁和尚によって、その恨みを封じられ粉々に砕かれた。


P1390652.jpg

            P1390653.jpg

P1390656.jpg

            社殿の右手、稲荷神社の前には

        昭和天皇・皇太后宮の御歌碑が建っている

P1390661.jpg

  御歌碑の手前には”御幣を立てた神馬像”が立っている

        神馬像の謂れや背景は(ケン坊は)判らず

P1390658.jpg

          神馬像の隣には定番の”手水舎”も...

P1390659.jpg

              境内から見る参道の景色です

            P1390663.jpg

    大鳥居の手前にある”足の湯・こんばいろの湯”です

         中途半端な時間ですが利用者もソコソコ

P1390671.jpg

   これは白鹿が那須温泉に浸かっている姿なのかな?

         あくまで想像ですが、狩野三郎行広が

 矢傷の白鹿を追って山中に迷い込み温泉を発見したという

            あの白鹿なのかも知れませんね~

P1390672.jpg

      温泉神社は予想以上に歴史的な見どころがあり

            (散策)するには面白い神社ですね

     今回は寄り道だったのでジックリと見ませんでした

         殺生石は那須の観光スポットとして有名

   隣接する温泉神社にも足を運んで見ては如何ですか?

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント長さん | URL | 2014-11-25-Tue 09:45 [EDIT]
2ヶ月半とは随分引っ張りましたね。私も旅行記を長く引っ張りますから、人のことは言えませんが(笑)。
山田五郎さんの左後ろはおぎやはぎみたいです。それで思い出しました。
これはBS日テレの「ぶらぶら美術・博物館」のロケです。
この番組は我が家でも見ているのです。那須高原に藤城清治美術館が出来て、その紹介をメインに、温泉神社も紹介されていました。
BS日テレの取材とは知りませんでした
コメントケン坊 | URL | 2014-11-25-Tue 20:49 [EDIT]
【長さんへ】
こんばんは。
あははは 引っ張ったと言ってもネタを細分割した訳では無く
単に掲載が遅くなったというだけなので...少し違うかも。
おぉ~”BS日テレ「ぶらぶら美術・博物館」のロケ”だった?
BS番組でしたか~ 見てませんでした...
もう放映されたんですよね。 2か月半も前ですからね>苦< 
コメント亀三郎 | URL | 2014-11-26-Wed 17:41 [EDIT]
こんばんは
温泉神社は、いつも横目で見ながら
通過・・・
足湯も入ってみたいと思いつつ、、、
通過・・・
いつか、必ず行きますね!!(^_^;)(^_^;)
あ、、でも、その前に
「鹿の湯」未経験なので
そっちが先になるかもです ドテッ
でもでも
寒くなってしまったので
那須方面は
来年春以降まで
しばらく足が遠退きそうなわたし・・・
一度は温泉神社にもお出掛けください
コメントケン坊 | URL | 2014-11-26-Wed 21:27 [EDIT]
【亀三郎さんへ】
こんばんは。
亀さんも素通りでしたか...ケン坊も全く同じです。
鹿の湯も亀さんと同じく未知のお風呂です>笑<
確かにこの時期になると、那須は来春以降ですよね。
亀さんに先譲りますからごゆっくりお入り下さい。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.