ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
仲間との今年最初の山歩きは”至仏山&小至仏山”...大丈夫かな~(前編)
2014-07-30-Wed  CATEGORY: なかまとの出会い
26/07/26撮影 【本日のメインイベント~~~なのにナノに...まさかの展開に】


   初めての尾瀬ケ原ハイクをマドンナは気に入ったようだ

      至仏山を登る前に約2時間の準備体操を終え?

            水を補給し9:20山の鼻を出発

P1370791.jpg

     登山口に向け敷かれた木道を歩きだすメンバー

         山頂はやや雲が多くかかっているが?

      山頂に着く頃には多分晴れるんじゃないかな

P1370798.jpg

     登山口(森)の手前に”トキソウ(絶滅危惧II類)”が

P1370796.jpg

      期待していた”ニッコウキスゲ”は数える程度

P1370800.jpg

         そして数分後には至仏山へのトンネルに

             登山道は急な階段から始まった

   山の鼻~至仏山間は”上り専用”ですのでご注意!

            P1370801.jpg

  ココまで順調だったケン坊に早くも異変が忍び寄っていた

             階段状の登り10分でバテたか? 

     身体が何となく重いし歩く足取りもおかしいぞ...

           それでも屈んで写真を撮っていたが

    立ち眩みも? まだスタートしたばかりなのにヤバイ

P1370803.jpg

            殿を務めることが定番のケン坊 

    後続に追いつかれると先頭に脇へ除ける合図をし

            ついでに短い休憩をすることに
              (もちろん体の異変は内緒のままだ)

          もしかして”熱中症”ってこんな感じ?

   しばらくは写真を撮るのを中断して頭から水をかけたり

         タオルを濡らして顔や首周りを冷やす等

  でも間もなく仲間から異変を感じ取られバレちゃった...

*この休憩地点では仲間にも不調を告知
P1370821.jpg

     山の鼻に独り戻って鳩待峠で仲間の帰りを待った方が良いかな?
          そんな弱気のケン坊がいて...かなり悩んだが
     マドンナと初めて歩くのにそんな弱気じゃダメじゃんと自分を鼓舞し
       またまた頭から水をかぶり大きくため息じゃなく深呼吸...

          コース全般で見られるイワシモツケ

P1370823.jpg

         振り返れば何時でもこの景色が見える
             少しガスがかかってますが良しとしましょう

  燧ケ岳が見守る尾瀬ヶ原を目の前にし一瞬気が晴れる

            鏤められた池塘にも癒されます

P1370825.jpg

  山頂まで先は長い...頻度の多い休憩に時間が過ぎる

       ゴロゴロする岩や石を選びながら歩を進める

   ケン坊を尻目にマドンナは順調だ 必死に追うケン坊!

            P1370826.jpg

        今度は右脚太ももに”攣りそうな”違和感!

 昨夏に登った男体山の時と似たような症状になってきた?

     水分と塩分を補給し軽く”なでなで”してあげたが



            オゼノサワトンボ(ヒメミズトンボ)?

P1370831.jpg

             ジョウシュウオニアザミかな?

P1370836.jpg

                     コメツツジ

P1370837.jpg

                   ヒメシャジンかな?

            P1370842.jpg

                  ???不詳???

P1370844.jpg

                   タテヤマリンドウ

P1370874.jpg

         続々と至仏山を目指して登るハイカーに

   どんどん追い越されて行きます>あぁ~グヤジィ~<

P1370846.jpg

                    チングルマ

P1370970.jpg

                  チングルマの花穂
P1370849.jpg

                   ホソバコゴメグサ

P1370851.jpg

          カトウハコベらしいが?(絶滅危惧II類)

P1370860.jpg

               シナノオトギリは開花直前

P1370861.jpg

    喘ぎながらも何とか”高天原のお花畑”に着いたぞ~

        高天原まで来れば後少し...何とかなる?

 ケン坊もヨレヨレながら写真は撮らざるを得ません>笑<
       (だって至仏山に行くってブログで公開しちゃったから...)

        この際、アングルは目を瞑り証拠写真だけ

           至仏山の花に癒され元気が出ます


                   タカネナデシコ

P1370867.jpg

P1370871.jpg

                    タカネシオガマ

            P1370868.jpg

                    ハクサンイチゲ

P1370875.jpg

                     イワカガミ

P1370879.jpg

                    シナノキンバイ

P1370881.jpg

                    イワイチョウ

P1370886.jpg

                    ヨツバシオガマ

            P1370889.jpg

                   キバナノコマノツメ

P1370888.jpg

    12:55 休み休みですが遂に”至仏山”に到着~

 ケン坊のこんな”やつれた姿”は見せたくありませんが...

    タイムも3時間35分はモデルより1時間オーバー

        完全にケン坊が足を引っ張ってしまった

P1370896.jpg

               反省!  いや猛省です!

         寝不足と暑さが大きな原因かなと思うが

               次回は”小至仏山”から?

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント14
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
マドンナを前に
コメントリンゴ | URL | 2014-07-30-Wed 06:17 [EDIT]
ケン坊さん、ちょっと張りきり過ぎたかな?(笑)
綺麗なお花もいっぱいでそれが励みにもなりましたね。

さあ、自分も今日は帰宅したらレポ頑張らなくっちゃ(;^ω^)
コメント | URL | 2014-07-30-Wed 07:06 [EDIT]
湿原から登ったんじゃ厳しいですね
俺は鳩待ち~至仏山~尾瀬に下りて鳩待ちに戻ったが
下りる時の上から見る景色は最高でしたね
拍手
不調にも負けずにお疲れ様でした
コメントまっちゃん | URL | 2014-07-30-Wed 07:28 [EDIT]
どうしても調子が上がらない時ってありますよね。
自分は基本、単独なので調整がどうにでも効きますがグループだとやはり気になるもの。
しかもマドンナさんを迎えての山行だったので余計気苦労だったのではないでしょうか。
でも不調は誰にでも有りうること。素晴らしい景色の中、至仏山を踏める機会があったのが羨ましいと思いました。

嗚呼、再び『尾瀬行きたい病』が発症中(^-^;
コメント長さん | URL | 2014-07-30-Wed 08:12 [EDIT]
体調を崩したとはケン坊さんらしくありませんね。マドンナ登場で興奮のあまり寝不足になった…と勘違いされちゃいますね(もしかすると当たっているかな…笑)。
休憩が多かったので花の写真もたくさん撮れた?
山の鼻から至仏山は登り専用なんですか。昔、鳩待峠から至仏山に登り、山の鼻に下りましたが、そういうコースはダメだということですか?
コメントkimichan | URL | 2014-07-30-Wed 08:36 [EDIT]
マドンナお若い方なのですね
ケン坊さん張りきりますね

調子が悪かったのでしょうか
美しい花々に癒されますね
至仏山!!
コメント亀三郎 | URL | 2014-07-30-Wed 18:00 [EDIT]
日本百名山 至仏山登頂おめでとうございます!
ちょっと体調が、、、のようでしたが
良かったですね!
やはり、寝不足 運転疲れ があるので
体調不良になる可能性が高いですよね。
振り返ると
私も、、、実は、、赤薙山に行ったとき
夜遅くまでオリンピックを見て
早朝出立、、、
そのとき、今回のケン坊さんの実況中継のように・・・・
花を撮って
立ち上がるとき
クラッ、、、なんて、、、まったく同じでした (^_^;)(^_^;)
無意識という意識だったのかも?
コメントケン坊 | URL | 2014-07-30-Wed 21:50 [EDIT]
【リンゴさんへ】
こんばんは。
リンゴさんのおっしゃるとおりかも知れませんね。
自分では意識はしてない積りですが...
でもそんなことで体調を崩すなんてケン坊は若い?
いや修行が足りませんね。
至仏山は高山植物の宝庫と言われてますが本当に
励まされました。
リンゴさんの健全なレポが楽しみです>笑<
上り専用に変わった
コメントケン坊 | URL | 2014-07-30-Wed 21:58 [EDIT]
【oyaziさんへ】
こんばんは。
そうですね。最初はoyaziさんと同じルートでと思って
企画してましたが、何年か前から”至仏山~山の鼻”は
上り専用となってしまったため止むを得ず...
(97年に再開した後に”上り専用”となったらしい)
今回は”振り返る”感じで尾瀬ヶ原を見ることになりました。
拍手ありがとうございます。

修行が足りません
コメントケン坊 | URL | 2014-07-30-Wed 22:47 [EDIT]
【まっちゃんへ】
こんばんは。
まっちゃんには迷惑なブログでしたね。申し訳ありません。
寝不足なのか3時間の運転と2時間の尾瀬ケ原が原因か?
もしかして、至仏山へ登り始まる段階で150枚の写真を
スクワットしながら撮ったのも影響してるかも?
去年の男体山の二の舞をしでかしてしまいました>苦<
それでも何とかクリアできたので、ある意味、良い経験
だったかも...負け惜しみですね>笑<
上り専用に変更されてます
コメントケン坊 | URL | 2014-07-30-Wed 22:56 [EDIT]
【長さんへ】
こんばんは。
やはり山を甘く見て居たのかも知れません。
古賀志くらいの足慣らしで至仏山へ登ろうとするなんて...
寝不足は間違いないですがマドンナの影響?
無意識の中の意識何ですかね~ ケン坊も男だから?>笑<
> 休憩が多かったので花の写真もたくさん撮れた?
長さん、それは無いっす。体調が悪いのは本人なんですから。
今では”山の鼻と至仏山は上り専用”です。
97年にルートが再開された数年後に上り専用に変更と
なったようです。
このルールは今回は全員が守っていたようで、逆コースに
歩く人には一人も行き会いませんでした。
ケン坊も若いってことかな?
コメントケン坊 | URL | 2014-07-31-Thu 05:41 [EDIT]
【kimiちゃんへ】
おはようございます。
あははは 確かにマドンナは想像以上若かったです。
ケン坊の半分にも満たない...
意識していないところで張り切り過ぎたのかな~?
いま考えると原因はいろいろありそうですが、
それも全てケン坊の修行が足りなかったという一語。
湿原もそうですが至仏山(特に高天原のお花畑)も
花が多く、疲れも吹っ飛びますね...
(今回は恨めしい気分もありますが癒されました)
男体山の二の舞を
コメントケン坊 | URL | 2014-07-31-Thu 05:50 [EDIT]
【亀三郎さんへ】
おはようございます。
亀さん やっちゃいました。肝心のイベントで...
まさかの”尾瀬ヶ原”。当日、戸倉の駐車場から
鳩待峠へ向かう乗合タクシーの中で知らされました。
寄り道の本家(ケン坊?)なので驚きませんが>笑<
要因は今思えばいろいろあったように思いますが、
要は修行が足りなかったという一語に尽きますね。
至仏山の登山口までで150枚の写真(スクワット)は
撮り過ぎ。ペース配分をすっかり忘れて...
コメントyuko | URL | 2014-07-31-Thu 20:33 [EDIT]
山の体調は、登り始めてからわかる? でもこれはきっとマドンナ効果でしょうか(^_^)
とはいえ、山の鼻からの直登至仏山、私はもう行かない〜(笑) だってきつすぎたんですもの。
いくらお花がきれいでも、眺めが良くても、きつかった記憶は消えません。
今後のご無事を祈ってます。
改めてyukoさんの健康管理を見習いたい
コメントケン坊 | URL | 2014-07-31-Thu 21:24 [EDIT]
【yukoさんへ】
こんばんは。
yukoさんの体力と体調管理を改めて見習いたいと思います。
マドンナへの無意識と言う名の意識ってある?
ケン坊の年でもあるんですかね>笑<
今回で3回目...全て山の鼻からの登り。
1回目は誰もいない時期の単独行...心細かったです
2回目は魔女と今回と似たようなシーズンでした
そして3回目はマドンナと...山仲間もいました>笑<
今回はまさに最大のピンチでした。
高天原あたりでの変調だったら無条件に山頂へ向かったと
思いますが、今回は山に入って間もなくだったので帰る
勇気も必要かなと思っちゃいました。良い経験です。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.