ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
日光三名瀑の一つ”裏見の滝”へ16年振りに寄り道
2014-05-28-Wed  CATEGORY: 景勝地(滝めぐり)
26/05/07撮影 【日光の三名瀑とは:華厳の滝・霧降の滝・裏見の滝をいう】


   戦場ヶ原の帰り道に”裏見の滝”の案内板を見た

       おぉ~ そう言えば久しく遠ざかってたな~と

   逆Y字路を左折して数㌔進むと10数台位の駐車場が

         トイレも完備していたが全く記憶が無い

P1340344.jpg

【案内板より】
この滝は日光三名瀑の一つで、高さ約19m、幅約2mほどの比較的小さな滝です。
滝を裏側から見ることができるため、この名がつけられました。

芭蕉翁も奥の細道の旅の途中この地を訪ねております。寛永元年(1624年)奥州の
出羽三山から荒沢不動尊が迎えられ、名僧天海の命によってこの滝のところに安置
されました。

そして男体山、太郎山、大真名子山への信仰登山のための修行場となり、以来この
地は荒沢と呼ばれ、行屋や茶屋などもでき、大変栄えたところです。


前々回は確か不動明王像まで行った記憶があるのだが...

         現在は崩落のため滝の裏側には行けず

 つまり裏見の滝は”表見の滝”になってしまいました>笑<

P1340345.jpg

     駐車場からは少しの山道と少しの木の階段...?

               こんな所があったかな~

           P1340346.jpg

  そして何時の間に整備されたのか遊歩道(木道)を歩く

*写真右に白く見えるのは名も知らぬ滝です
P1340350.jpg

 確か以前は河原に近い所を歩いた記憶があるのだが...

       *98/11/1撮影(16年前の滝手前の河川:左側を歩いた?)
           P1350230.jpg

  木々の間から白糸の滝ような光景が随所で見られます

P1340353.jpg

           途中、木道脇に地蔵座像が...

         お地蔵の名は”清山院地蔵尊”でした

P1340356.jpg

【案内板の要旨】

寛永元年(1624年)、奥州出羽三山より”羽黒山荒沢不動明王”がこの地に勧請
され、修行信仰の霊場として栄えたが、この荒沢不動は明治の修験道廃止以降
荒れてしまった。
それを「日光修験行者清山院康見師は、昭和40年代より有志と共に再興を発願、
以来5月・10月の28日には荒沢不動尊護摩供が修されてきました」。
ここに師の遺徳をたたえ菩提を願って有志一同がH7年不動尊を建立したという。

P1340355.jpg

  地蔵尊から間もなく木道は終点”裏見の滝展望台”へ

P1340358.jpg

  右側が裏見の滝ですが左側(展望台奥)は荒沢相生滝

      荒沢相生滝も大変涼しげでセットで良い感じ

P1340369.jpg

       そして遂に”裏見の滝”との再会です...

            あれ~ こんな滝だったかな?

           P1340361.jpg

     *98/11/1撮影(16年前の裏見の滝:滝壺の近くまで行けた?)
           P1350223.jpg

   思い出そうとしても昔の”裏見の滝”が思い出せない!

      写真左端の草叢辺りに鉄の階段もあったかな?

P1340364.jpg

   *98/11/1撮影(16年前の裏見の滝も崩落してて裏側には立入禁止だった)
           P1350224.jpg

   滝の左には出羽三山から迎えられた不動明王像が

         16年前の写真(↑)にも映っているが

     火炎を背にした丸彫りにちかい堂々とした立像!

P1340365.jpg

     こんな奥まった場所にもポツポツ観光客が?入る

        やはり日光三名瀑”裏見の滝”なんですね


      往路では気付かなかったが”ヒトリシズカ”です

P1340374.jpg

      そして駐車場の奥には”女峰山”への登山口が

             女峰山への登山口は多いです

   志津峠、二荒山神社裏、裏見の滝、霧降(赤薙)...

P1340375.jpg



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント長さん | URL | 2014-05-28-Wed 08:33 [EDIT]
裏見の滝は16年前に比べ、水量が少ないためか、滝が後退しているような感じを受けました。
この日は単独のようですね。どこのついでだったのでしょう。
コメントkimichan | URL | 2014-05-28-Wed 17:00 [EDIT]
裏見の滝行ったことがない
今度機会があったら行ってみよう
女峰山とざんぐちがあるのですね
どの位で登れるのかな~
興味深々です
16年振りでした
コメントケン坊 | URL | 2014-05-28-Wed 19:01 [EDIT]
【長さんへ】
こんばんは。
この日は”明智平のアカヤシオ”をメインに、戦場ヶ原を散策後、
帰りに日光市内を通過中に「裏見の滝」の看板を...
水量...写真を比較するとそんな感じに見えますよね。
滝の裏側の通路が崩壊したために現在では通行禁止になってます。
女峰山はキツイ
コメントケン坊 | URL | 2014-05-28-Wed 19:16 [EDIT]
【kimiちゃんへ】
こんばんは。
久し振りに見に行ってきました。あまりの変貌ぶりに
驚いたり感心したり...
女峰山の登山口は初めて知りましたが...往復で
8~10時間前後かかるような感じですね。
(他のブロガーさんの記事より)
ケン坊には無理かな?
コメント | URL | 2014-05-28-Wed 19:25 [EDIT]
日光の滝の中でも、俺的には好きな滝です
直ぐそばまで行けて、水量も豊富で、それ程観光化されて無いのが良いですね 拍手
裏見の滝
コメントリンゴ | URL | 2014-05-28-Wed 19:35 [EDIT]
私は4~5年前に行きました。
去年は近くの寂光の滝へ・・・
そこから登る事は無いと思いますが、どちらも女峰山への登山口となっていました。

16年前、ケン坊さんの青年時代の写真でしょうか。
かっこいいですね。
女峰山
コメント亀三郎 | URL | 2014-05-28-Wed 20:15 [EDIT]
こんばんは

わたしも女峰山登山口に、、、関心が、、、(^_^;)
ここからも登れるんですねぇ、、、
しかし、コースタイムをお聞きして、ゲロゲロ
とても、亀三郎では無理な世界です。

ところで、16年前の写真
どうやって、ブログにUPされたんですか??
もしかして
写真立てで飾ってあったものを
デジカメで撮ったとか??
それと
モデルは、
ケン坊さんですか??
懐かしかった裏見の滝
コメントケン坊 | URL | 2014-05-28-Wed 20:41 [EDIT]
【oyaziさん?へ】
こんばんは。
華厳の滝や霧降の滝は見た目も豪華というか
如何にも滝という感じの滝ですが...
裏見の滝は小振りですが趣のある滝です。
でも崩落後は安全優先ということで河原にも
降りられずちょっぴり残念です。
拍手ありがとうございます。
いざ女峰山へ
コメントケン坊 | URL | 2014-05-28-Wed 20:48 [EDIT]
【リンゴさんへ】
こんばんは。
4~5年前...既に今のような景観だったのでしょうか?
(遊歩道のような感じで展望台まで行ける)
女峰山への登山口だったとは知りませんでした。
去年”滝尾神社”からの登山口を見つけましたが、いろいろ
ありますね~ ケン坊は登ることはありませんが>笑<
16年の月日は短いようで長いです
コメントケン坊 | URL | 2014-05-28-Wed 20:54 [EDIT]
【亀三郎さんへ】
こんばんは。
是非とも百名山”女峰山”を登頂する際は
「裏見の滝」から如何ですか?
でも10時間はキツイですよね。少なくても
ケン坊には無いでしょうね...>笑<
16年前の写真を単にデジカメで撮って...
もちろんケン坊ですが、既にお腹が少し丸みが?
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.