ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
まさか”アド山”の次に”多高山”を登ることになるとは...
2014-01-31-Fri  CATEGORY: 栃木百迷山(栃木里山以外)
26/01/25撮影 【思いがけない展開に多高山の登山はさすがに躊躇ったが...】


   アド山が周回にならなかったため時間が余っちゃった
      (金蔵院の境内巡りをして30分くらいは調整できたが>笑<)

         足利のイルミにはまだまだ早過ぎる...

往復60分程度の山”多高山(栃木の山150)を思い出し
   (老越路峠からのピストン登山の場合で、ガイドでは3時間コースが紹介)

    車を走らせたが一本道を間違え3~40分のロス発生
      (場所は旧田沼で群馬県の境にある足利カントリークラブの裏山?)

    登山口の表示板も薄くて知らない人には読めません

P1300435.jpg

      登山口の反対側には大きな石碑がありました

           碑には”番山記念碑”の文字が?

【ネットから】
  番山組の記念碑らしい。番山組とは、飛駒村の共有林組合だそうである。
  このあたりの山で切り出された木材が峠を越えて田沼や佐野に運ばれていた。


           P1300436.jpg

   場所は旧田沼町の飛駒地区で2㌔先は群馬県梅田

       ココは”老越路峠(おいのこうじとうげ)”です

 ↓ 奥が群馬側 右手前が登山口 左奥が駐車スペース 左手前が番山記念碑
P1300437.jpg

  登山口の反対側に駐車可能な広場(10台?)があります

P1300438.jpg

     さて登山口からコースの様子を見てみようかな?

              というのも時刻はただ今3時

    こんな時間から山を登るのは初めてだし知らない山

  しかも登山口から見える光景は荒んだ様相を呈してます

P1300402.jpg

  取り敢えず行けるところまで...という条件でスタート!

         直接、杉林方向に行くのかと思いきや

  道路際に張られたネットフェンスに沿って踏み跡がある

           P1300406.jpg

         周囲の様子を伺いながら2~3分歩くと

     コースが左に折れ右手に”峠山神”の石碑があり

 前面に”仏”、横に”下野國安蘇郡佐野飛駒邑中”の文字

【ネットから】
ここには宗教モニュメントが多数あり、石祠(明治六癸酉年三月吉日)や根本山神、
峠山神、庚申の文字碑、石仏(三十三度?寺?養)、三面六臂の馬頭観音像がある。
馬頭観音像の側面には「天明二壬寅年十月吉日」、「下野國安蘇郡佐野飛駒邑中」
と刻まれている(天明2年は1782年)。
峠周辺にあった石像が、車道の開通でここに集められたようだ。


P1300432.jpg

    石碑群の脇を抜けると直ぐに”根本山神”の石碑が

【ガイドより】

  根本山神社は標高1197㍍の根本山を本山(御神体)とし、江戸中期ころから
  山岳信仰としての講が盛んであったという。


  根本山とは”熊鷹山や十二山”と同じ山域の山と推測

       林境界に真っ直ぐなコースがありそうです

           P1300410.jpg

             杉林は1~2分で抜けた...

   その先は葉の落ちた明るい雑木林が広がってます

             もう少し進むことにしましたが

  やはり山ですね そう簡単に登らせてくれませんでした

      厳しい角度の長い樹脂製階段が立ちはだかる

           P1300412.jpg

   ツツジの花芽が膨らんでますが多くは無いような...

P1300414.jpg

    一旦消えた階段が直ぐに現れ膝を抑えながら登る

           P1300415.jpg

何度かピークを見誤ったが今度は山頂か また騙される?

           P1300416.jpg

間違いなく山頂 最初は様子見の筈が山頂まで登っちゃった

P1300417.jpg

     登山口から25分で山頂に到着 チカレタビィー
     (帰宅後にガイドをみたら登りは45分とあった...疲れた筈だ~)

           P1300418.jpg

           P1300419.jpg

          三等三角点がありいつものポーズを

           P1300422.jpg

 山名板も寂しいですがありました 標高608㍍の山でした

     登山口の標高が390㍍なので標高差は218㍍

P1300425.jpg

      山頂付近からゴルフ場(足利CC)が見えますが

 ここも周回コースがあり”クラブハウス”もポイントに入ってます

P1300424.jpg

              山頂にあった表示板ですが

  ”山は命の母 森は動物のふる里 自然は〇〇の宝”

         〇〇にはどんな文字が入るのかな~?

P1300426.jpg

    長居は無用 写真を撮り終わると休むことなく下山

              滑るのに神経を使いましたが

     18分で登山口へ...往復45分のピストン登山

P1300428.jpg

      思い掛けず一日で2座(栃木の山150)を踏破!

        ピストン登山なので少し消化不良ですが

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント長さん | URL | 2014-01-31-Fri 08:19 [EDIT]
旅行中だったため、しばらくご無沙汰しました。
1日2座とは効率的だったですね。しかし、本来、午前中に登る山と、夜のイルミネーションを組み合わせるという行動は、ユニーク、かつ、かなり大胆ですね。
旅行にでも出かけたい気分
コメントケン坊 | URL | 2014-01-31-Fri 18:32 [EDIT]
【長さんへ】
お帰りなさい。旅行記を楽しみに待ってます。
今回はどちらを観光してきたのかな?

確かに山は(ケン坊の中では)午前中が鉄則でしたが、
今回はイルミだけで足利まで出かけるのはイヤという
魔女の気持ちを酌んで...
まさか山とセットとは思わなかったらしい>笑<
この時期の山歩きは花も実もないのですごく殺風景です。
長さんのように旅にでも出かけたいですね。
多高山
コメントまっちゃん | URL | 2014-02-02-Sun 17:20 [EDIT]
ゴルフ場から登って老越路峠へ降りて自転車で周回を企てていますが、ゴルフ場側の取り付き口が不明なのと、駐車が可能かどうかが気がかりで実行に移せずにいます。

多高山はシルエットの綺麗な山なので一度は登って見たいものです。
マニアックな山?
コメントケン坊 | URL | 2014-02-02-Sun 19:09 [EDIT]
【まっちゃんへ】
こんばんは。
多高山についてもう少し情報を確認しておけば良かったと思いました。
シルエットが綺麗という情報は何かで見た記憶はあるんですが、
行き当たりバッタリで登るハメになっちゃんですっかり忘れてました。
確かにゴルフ場の登山口が分かりづらいというブログを読んだことが
あります...
コメントkimichan | URL | 2014-02-04-Tue 08:29 [EDIT]
多高山は大分前に登った記憶があります
ゴルフ場から登りました
お疲れさまでした
既に登ってたとは驚きです
コメントケン坊 | URL | 2014-02-04-Tue 18:11 [EDIT]
【kimichanへ】
こんばんは。
さすがはkimichanですね ケン坊も知らない(栃木の)山まで
既に登られているんですね~ 驚きです。
ゴルフ場からの登山口が判りにくいという情報も耳にします。
峠からも急登でしたが、ゴルフ場からはどうなのかな?
機会があればゴルフ場からの登山を検討したいです。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.