ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
ロウバイの咲く”観音堂(清水寺)”が主役?
2014-01-26-Sun  CATEGORY: 寺社仏閣(その他)
26/01/20撮影 【清水寺は山歩き(大平山~晃石山)の通過点だったが...】


   最近では”ロウバイのお寺”と言ったほうが判り易い?

             まだそこまでは浸透してない!

        そのロウバイの大平・清水寺からです
                             (せいすいじ)

 本堂は過去に報告済みにつき今回は”観音堂”中心に

          本堂の石段下を右へ数十㍍の位置に

ロウバイの小径(ケン坊命名)があり突き当たりが観音堂だ

P1300298.jpg

【清水寺について】
正式には”金滝山大聖院清水寺”といい「天台宗」に属するお寺、本尊は”阿弥陀
如来 千手観世音菩薩”で東国花の寺百ヶ寺でもあります。

御詠歌:諸人の にごりを澄ます清水寺 千手の御手に滝の白糸


【清水寺の由緒】(由緒書きより)
大同年間(806年頃)国司報恩のため堂塔・坊舎を新築し、金滝山大聖院清水寺と
号した。

天慶十年(947年)藤原秀郷は平将門を討伐した際、祈誓報恩のため堂塔を再建
したが、治承四年(1180年)兵火により堂塔全てを焼失してしまった。

その後七十余年を経て群馬県新田郡長楽寺「栄朝禅師」が寺院跡地の煙滅を歎い
て小堂宇を建てたが、天正十二年(1584年)またも兵火により焼失してしまった。

天下は徳川の時世に入り、慶安二年(1649年)家光公より観音堂領として御朱印
十石の寄進を賜り、時の住職「亮圓師」(中興第一世)によって堂塔が再興された。

天明二年(1782年)輪王寺一品親王の台命により東叡山寛永寺の末寺となったが、
明治時代になって比叡山延暦寺の末寺となる。

昭和三十二年初春、飛び火により本堂・薬師堂を焼失したが、裏山にある観音堂
(文化の御代建立)は火災を免れた。

昭和の末より、清水寺憩いの森として境内が整備され、ぼたんやつつじをはじめ
各種の草花が植栽され、例年多くの参拝者や観光客で賑わっている。

現在の本堂及び会館は、二年余の歳月をかけ建立され、平成七年十月に落慶式が
挙行された。



  ロウバイの小径を進むと石段の上に観音堂が見えます

P1300266.jpg

    石段の途中左側に”十三仏”が建立されています

P1300275.jpg

十三仏とは...
人が亡くなった命日(忌日)に行う13回の各法要に合わせ、その忌に故人を守る
本尊として「1明王、5如来、7菩薩」をあてはめたもので、各々の御仏が法力を
もって衆生を導いてくれます。
亡き親を慕い、先立ちした肉親を忍び心静かにご参拝ください。



今年一周忌となる義姉は”勢至菩薩”が守り本尊となります

P1300276.jpg

    観音堂は、本堂から歩いて数分の所にありました

               千手観音が祀られています

  また下野三十三観音霊場の札所本尊にもなっています

P1300280.jpg

        ”十一面千手観世音菩薩立像”の案内板

      残念ながら今回はお姿を見られませんでした

P1300282.jpg

 ↑菩薩立像の脇侍”将軍地蔵と毘沙門天立像”の案内板

P1300281.jpg

         観音堂全体ですが割合に大きく感じます

                 奥(右下)は東屋です

P1300283.jpg

          観音堂には大きな”鰐口”が見られる

                  そして扁額も...

P1300285.jpg

         観音堂の右側に山から引いた樋が2本

 そこから水が落ちる筈ですが残念ながら今日は見られず

          前から何だろうなと思ってたが...

        通称:滝の観音と呼ばれているとのこと

               知らなかった...そして

     下野三十三観音霊場 二十六番札所でもあった


           P1300286.jpg


おまけです...

      ロウバイの小径の入口に新たな名所が出現か

         ”ガラスロック かえる岩”って何だろう? 

              後ほど調査して報告します

P1300256.jpg


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
寒さ緩む
コメントリンゴ | URL | 2014-01-26-Sun 06:28 [EDIT]
おはようございます。

昨日は暖かくなるという予報でしたが、県北それほどでも無かったです。
しかし八方ヶ原では氷柱が崩落したり雪が腐ったりで、やはり随分寒さが緩んだようです。
そろそろ雪遊びも飽きて来たのでロウバイや福寿草などの花撮りに出かけたい気分~♪
コメント長さん | URL | 2014-01-26-Sun 12:50 [EDIT]
遅ればせながら、24日にソシンロウバイの匂いを嗅いできました。
ガラスロック?ガラスが岩に?次回が楽しみです。
いよいよ春シーズンが近づいて
コメントケン坊 | URL | 2014-01-26-Sun 18:10 [EDIT]
【リンゴさんへ】
こんばんは。
県北もそんなに温みませんでしたか?
宇都宮や県南も予報とは違ってあまり気温は上がらず...
急斜面を登ると汗が滴り落ちたのでそれなりだったのかも?
リンゴさんが花撮り...撮影技術に長けているから
素晴らしい写真が見られそうですね...楽しみです!
ガラスの岩?
コメントケン坊 | URL | 2014-01-26-Sun 19:00 [EDIT]
【長さんへ】
こんばんは。
やはり長さんのロウバイには負けました>笑<
ガラスロック...
見ようによっては”ガマ蛙”に似てますが
”ガラス”が???
後で再訪して確認してみたいです。
清水寺
コメント亀三郎 | URL | 2014-01-27-Mon 23:46 [EDIT]
こんばんは

ロウバイの香り、、、良かったでしょうねぇ
ここ、、、行ってみたいような、、、
ところで、ロウバイの小径は、
車椅子とかで行けましたっけ??
無理ですよね、、、たぶん、、、、
観音堂の近くは
階段か
もしくは、急な坂でしたよね、、、(汗)
ロウバイの小径
コメントケン坊 | URL | 2014-01-28-Tue 06:12 [EDIT]
【亀三郎さんへ】
おはようございます。
しかしロウバイの香りは良いですね~
少し離れててもかおります。
ロウバイの小径は最後の部分が急な階段で
歩きでも息が上がります(オーバーです)
もしかしたら、本堂(境内)側から行ける?
歩いたことがありませんが、境内まで車で
上がれるので...
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.