ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
22日は二十四節気”冬至”...ゆず&カボチャの出番です
2013-12-23-Mon  CATEGORY: イベント(習慣の風景)
25/12/22撮影  【一年で一番日照時間が短い? 日没は着実に遅くなって...】


        昼間の時間が一年で一番短い日と習った

    つまり”日の出が一番遅く、日の入りが一番早い”と

             勘違いしている人が多いかも?
P1290259.jpg

                 栃木の今年の場合は

      日の出が一番遅いのは26年1月11日前後で

      一番早い日の入りは25年11月30日頃となる


    そう、今年の冬至は、日没はピークより2分程度遅く

     日の出の時刻はこれから4分も遅くなっていきます


【参考】
       因みに栃木の日の出日の入りは...

    月 日   日の出   日の入り   日照時間

   11/26   06:29    16:26    09:57

   11/30   06:33    16:25    09:52

   12/13   06:43    16:26    09:43

   12/22   06:49    16:27    09:38

   01/11   06:53    16:44    09:51

   01/12   06:52    16:45    09:53




        さて、冬至と言えば”柚子湯”と”カボチャ”が

         ヒーローの如く食卓やお風呂に出没する

P1290268.jpg

◆ゆず湯(ネットから)

ゆず湯に入ると肌がスベスベになる美肌効果があったり、冷え性やリュウマチにも
効くし、体が温まってカゼをひかないとも言われています。

こういう尤もらしい優等生の話はさておいて、

何故、冬至に風呂なのでしょうか? 
この答えは「とうじ」という言葉にあるのです。

冬至の読みは「とうじ」。というわけで、湯につかって病を治す「湯治」にかけてます。
更に「柚(ゆず)」も、「融通(ゆうずう)が利(き)きますように」という、願いが込められて
いる。

5月5日に「菖蒲(しょうぶ)湯」に入るのも、「(我が子が)勝負強くなりますように!」と
いう、ゆず湯と同じ「願かけ」なのです。


P1290263.jpg

◆かぼちゃ(ネットから)

現在は野菜が季節に関係なく供給されていますが、西洋野菜が日本に入るまで、
この時期に取れる野菜は少なく、保存できる野菜も少なかったのです。

かぼちゃは保存がきき、保存中の栄養素の損失が他の野菜に比べて少ない。その
ため、冬至の時期の貴重な栄養源でもありました。

日本かぼちゃは、16世紀中頃ポルトガル船によってカンボジアからもたらされ
「かぼちゃ」の名は、このときの伝来先に由来しています。

江戸時代に普及しましたが、江戸時代中期から風邪や中風の予防に、かぼちゃを
冬至に食べる風習が根付いたといわれています。

これは当時、冬場に野菜がとぎれてビタミン類が不足することからで日本かぼちゃ
しかない時代に始められた風習です。


P1290269.jpg


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.