ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
紅葉も過ぎてしまった”草津白根山”ですが...(後編)
2013-10-14-Mon  CATEGORY: 日本百名山
25/10/08撮影 【今日の予報は曇りでしたが、終日”完全にハズレ”状態です...】


                 草津白根山(前編)

 前編に引き続き後編は”本白根山展望所”からです
                (この地図では⑦から⑫です)

P1260941.jpg

  前編の”本白根山遊歩道最高点”から尾根を戻る際に

          もう一度素晴しい眺めを見納めます

P1260812.jpg

     本白根山展望所への分岐点まで戻ってきました

           少し登りが厳しそうですが...

依然として青空がケン坊の上空に...気持ちが良いです!

P1260834.jpg

        ”もう少しだ 頑張れ 魔女!” 

          奥は”本白根山遊歩道最高点”です

P1260835.jpg

  ”日本百名山&草津白根山本白根山展望所”の標柱

P1260836.jpg

                 白根火山・湯釜方面

P1260837.jpg

                浅間山(黒斑山)方面

P1260838.jpg

真ん中が本白根三角点で右が本白根山遊歩道最高点です

        左奥に見える”乳頭のような山”の名は?

P1260840.jpg

        そしてケン坊の登場もいつもの姿>笑<

    残念ながら”シェー”ができる状態じゃないんです

P1260844.jpg

          なにせ、行き先を前夜に決めたので

 お昼はセブンの”新発売お握り”と後は家にあるもの...
         (このお握りはケン坊好みで...リピートしたい)

P1260845.jpg

            最初は気付かなかったが岩陰に

       ひっそりと佇むお地蔵さんと熊野修験の御札

           P1260841.jpg

      シェーポーズが出来なかった訳はこの団体さん

       今日はどの登山道も人の切れることが少なく

          熊さんの出る幕はありません>笑<

P1260848.jpg

       復路は往路と同じく反時計回りに進みます

    背の低いハエマツの中に突入し、ふと振り返ると

            さっきまで休憩していた展望所

P1260851.jpg

     雑木の中を歩くとイワカガミの光沢ある葉の群生

               そして赤い実は何かな?

P1260852.jpg

    展望所から15分で鏡池へ到着(意外に早かった?)

P1260853.jpg

            少し足もだるくはなってきたが

      鏡池だけのために再び訪ねることはないので

              下まで降りることにした...

P1260855.jpg

  完全に紅葉は終わってます 後は木枯らしを待つのみ?

    写真の悪戯ではありません いかにも冬景色です

P1260856.jpg

          全体的に小波が立ってて残念ながら

   池の中に見えるという亀甲状の模様は見えなかった

P1260858.jpg

  そして再び登山道に戻るとシラタマノキの実がお出迎え

P1260862.jpg

        その後は林の中の登山道をテクテク歩き

      木々の葉が落ちて見通しも良くなってきてます

P1260865.jpg

     今回は魔女の登場する場面が少なかったので

            無理に挿入してみました>笑<

           P1260868.jpg

   少し下ると残りの紅葉が最後の輝きを魅せてくれた

P1260869.jpg

      唯一の沢渡り? ハシゴで昇降で難なくクリア

          いよいよ本白根山登山の終盤です

P1260872.jpg

          おぉ~ 白根火山ロープウエイだ~

P1260874.jpg

   紅葉が盛りだったら絵になるだろうな~と思いつつ

              本日のピーカンを思い出し

         最高の山歩きだったことに感謝感謝です

P1260880.jpg

  登山口の分岐点(逢ノ峰と弓池コース合流点)まで帰還

P1260882.jpg

      そして最後は”弓池コース”を歩いて駐車場へ

P1260914.jpg


     こうして”草津白根山”の山歩きレポは完ですが

          次回以降も関連ログを予定してます


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント長さん | URL | 2013-10-14-Mon 10:11 [EDIT]
紅葉は夏から秋の温度差が大きくないときれいではないそうで、ことしは外れ年と言えそうですね。
草津白根でも紅葉がきれいにならないうちに終わってしまったと言うことなのでしょうか。
コースは起伏があるようですが、なだらかそうなので、ケン坊さんには物足りなかったのではないですか。
湯釜の報告は後と書いてあったので、今回登場するかなと思ったのですが、これで後編は完了ですか。
紅葉はひっそりと
コメントケン坊 | URL | 2013-10-14-Mon 18:39 [EDIT]
【長さんへ】
こんばんは。
特に朝晩の温度差も影響が大きいようですね...
那須は今年は最高の出来(紅葉)だったようですよ。
コースのアップダウンは日光白根山とは比較には
ならなかったです。
湯釜? そう別途関連編で...
でも中味のないログになっちゃって掲載悩んでます。
コメント百姓oyazi | URL | 2013-10-14-Mon 20:47 [EDIT]
このコースは簡単だが、やはり2000m級の高原の空気は
清々しいでしょう
これから秋の紅葉には、また違った楽しさも有り
良い登山コースですね
帰りは万座か草津温泉で浸かりゆっくりできたでしょう
拍手
コメントNAO | URL | 2013-10-14-Mon 21:35 [EDIT]
こんばんは。

いやぁ~ケン坊さんも魔女さんも意欲的に歩かれていますね。
今回、紅葉はイマイチだということですが、秋の山は紅葉だけがすべてではありません。
こうして見ても素晴らしい景色、歩き甲斐があったでしょうね。

私は今週末に、もう紅葉どころか落葉となってしまった山へ行く予定です(^_^;)
山は良いですね~
コメントケン坊 | URL | 2013-10-15-Tue 06:36 [EDIT]
【oyaziさんへ】
おはようございます。
そうですね。整備もされ比較的歩き易い登山道でした。
まぁ 往復の運転で7時間だから良かったかも>笑<
秋から冬にかけ2000㍍級の山の空気は違いますね。
小さな胸に美味しい空気を吸い込んできました。
温泉に寄りたい気持ちもありましたが、途中の寄り道も
頭の隅に浮かんでたので...復路へ向かいました。
拍手ありがとうございました。
空気が澄んで遠くの山まで...
コメントケン坊 | URL | 2013-10-15-Tue 06:42 [EDIT]
【NAOさんへ】
おはようございます。
ありがとうございます。那須か草津かで最後まで
迷いましたが、結果的には正解だったようです。
でも草津までは遠いですね~ 7時間運転に...
南北のアルプスや富士山まで見られる山歩きに満足!
今週末? 落葉となった山って何処だろう?
報告を楽しみにしてます。
白根山
コメント亀三郎 | URL | 2013-10-15-Tue 09:46 [EDIT]
おはようございます^^

地図を見て、写真を見て、、、
場所と名前をリンクさせるのが
けっこうたいへんな山域ですね(汗)
え、、、それは、亀三郎の加齢が進んで
理解力が落ちてるから?
たしかに、、、そうかもですが、、、(恥ずかし)
そして
地図を見てて思ったのですが
ここは日帰りは辛いので
行く場合は、万座温泉で1泊なんて、、、
そんなことを考えてました~~~(笑)

PS 鏡ヶ池の亀甲模様、、、見てみたいっす!!

PS2 赤い実の写真、質感がよく出て撮れてますね
    わたしも、こうゆうの撮ってみたいと思いました。
前泊よりも後泊が良いかも?
コメントケン坊 | URL | 2013-10-15-Tue 17:53 [EDIT]
【亀三郎さんへ】
こんばんは。
草津白根山はややこしく、ケン坊もかなり誤解していた部分が
あります...亀さんの加齢のせいではありません!
出来れば日帰りは避け、万座か草津温泉に前泊? いや後泊!
(ケン坊は軍資金がないので日帰りを強行しちゃいます>笑<)
鏡池は小波が出て辛うじて端のほうに少しだけ...
でも亀甲模様は残念ながら見ることはできませんでした。
赤い実はゴゼンタチバナと対比しようと撮りましたが、あまり
よく撮れず...亀さんは全てにおいてケン坊の師匠です。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.