ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
日光の夏山”男体山”を歩く(4合目から8合目)
2013-08-17-Sat  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
25/08/09撮影 【足に不安を抱えつつ、それでもブログを考えて>笑< 続けます!】


       日光の夏山”男体山登山”再スタートです

 四合目の鳥居を潜り男体山はココからが本格的な登山?

P1240149.jpg

      やはり三合目までのコースとは何かが違う!

 三合目までもケン坊にとっては厳しいコースだったのに~

         段差も厳しく完全にワンランク上だ!
         (ケン坊の背丈を越えるような段差が何ヶ所も...)

    大きな石や木の根が現れて一層歩き難くしている

           P1240150.jpg

段差のコースのせい? ケン坊の足に忍び寄る異変が...

     右膝上が何か変! 思わず手で掴むと少し固い

      コレが魔女の言う”足が攣る”という始まりか?

  水分は小まめに摂っていたが、慌てて梅干を口に入れる

      五合目を前にして...今日は登頂は無理か?

        ダメ ダメ そんな弱音を吐いたらダメ!
   (人間弱気になると一気にダメになることはマラソンで嫌というほど経験済)

            気を取り直して五合目に到着
*7:20
P1240151.jpg

           五合目には避難小屋がありました

   今回は単独ということもあり立ったまま休憩で済ます

         足の具合は更に悪化?(固さが増して)

P1240152.jpg

    五合目を過ぎると”観音薙”に入り石もゴロゴロ...

           一歩一歩着実に歩を進めるも厳しい

おぉ~振り返れば中禅寺湖の眺めが疲れを癒してくれます

P1240154.jpg

     相変わらず花はケン坊の前に現れないまま...

               ついに六合目に到着!

  足の具合は? 今度は左足膝上に同様の違和感が走る

    七合目・八合目・九合目・山頂...まだ先は長いぞ!
*7:35
P1240158.jpg

      ところで六合目を過ぎるとコースが一変した

大きな岩石が折り重なり洞穴のような光景が随所に見られた

         もしかして”ヒカリゴケ”があるかも?

   ピッタシカンカン! 最初に覗いた洞穴にありました
     (実際にはケン坊が見た洞窟の数ヶ所でヒカリゴケが見られました)

    全くの偶然で我ながら勘の良さに気分を良くした

       ココは絶対にカメラに納めなければ...

気負いすぎたのか何枚か撮ったのにみんなボケちゃった!
*あ~~ガッカリ(家で再生して落胆です)
P1240161.jpg

           大きな石がゴロゴロして歩き辛い

   落石防止の堰堤ができコメツガ林を迂回しながら歩く

 やはりケン坊の足は完全におかしい?  少し痛みも... 

             ケン坊に戻る勇気はあるか?  

  無い! 魔女の手前、戻る訳には行かないのだ!>ウソデス<

P1240162.jpg

 両足の面倒見ながら樹林帯を抜けると開けた場所に出た

       すると黄色い花や赤系の花が目に飛び込む

  気持ちは脱兎のごとく...実態は牛歩以下です>笑<

*アキノキリンソウ
P1240169.jpg

*イタドリ
P1240165.jpg

      花を撮るのは良いが座ったり立ったりする度に

          足に加えて立ち眩みのような症状も?

           *こちらのイタドリは色が濃い
           P1240173.jpg

   撮り終えコースに戻ると大きな石がゴロゴロしてて...

      段差の少ない場所を見つけてジグザグに進む

           P1240175.jpg

      またしても中禅寺湖...クドイですよね>笑<

つまり、コースは基本的に直登なのでアングルは殆ど同じに

P1240177.jpg

天気に恵まれ青空は良いが夏の陽射しが容赦なく照りつけ

           時おり頬を撫でる風もあるが...

P1240182.jpg

           ヤマハハコはまだまだ早かった?

P1240185.jpg

P1240194.jpg

        アチコチで落石注意の看板を見かけるが

 大小の石を踏み登ると”ロープに繫がれた落石”が...?

P1240186.jpg

   ロープの先を辿ると樹木に縛り付けられていた>笑<

P1240188.jpg

       落石岩から3分も歩くと”七合目”に到着...

             六合目から30分強かかった
*8:06
P1240190.jpg

             七合目にも避難小屋はあるが

     あまり利用されているような形跡は見られない?

   ここもケン坊はパス! 水分補給と梅干で塩分補給!

P1240189.jpg

     こうなったら徹底的に中禅寺湖を掲載しちゃうぞ!

P1240197.jpg

        あははは 7.5合目って表示がありました

               なぜココだけに表示が?

         でも表示って良いような悪いような...

       ”まだか~”  ”もう” で気持ちが全然違う 
     (今回、ケン坊は後者に近い感じだったが...でも足取りは重い!)

P1240198.jpg

    そしてコースは依然としてこんな(↓)状態が続く

P1240199.jpg

     相変わらず足元(コース)はゴロゴロ石主体だが

             一時のピークは過ぎたような

      いや コースの雰囲気が変わるような気配が?

P1240200.jpg

                  そして間もなく

 八合目の”登拝祭用仮事務所兼避難小屋”が見えてきた

P1240201.jpg

              おぉ~ 着いたぜ八合目!

      両足の張り具合もかなりパンパンになってきた

       降りてきた人の”あと1時間弱くらい”の話に

         一瞬気持ちが萎えそうになったが...

    ここで戻ったらブログに掲載できないと自らを鼓舞し

                > 笑  笑  笑 <
*8:35
P1240202.jpg

                 大きな岩の隙間に

  二荒山神社の別宮”瀧尾神社”の小祠が祀られている

               軽く手を合わせ一礼...

     垂れ下がっている鎖はナニ? 上を見たが不明!

P1240204.jpg

      またまた 八合目の少し上からの眺めです!

P1240205.jpg

      次回は”何とか山頂へ”...の巻のはずです



【関連コーナー】

  男体山・登山口から四合目(№1)
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント12
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント長さん | URL | 2013-08-17-Sat 09:56 [EDIT]
かなり難儀をしていますね。この先、登頂できたのかどうか気がかりですが、何とか登り切ったと想像しています。
ヒカリゴケの写真は残念でしたね。
私も昨年は、駒ヶ根高原の光前寺で撮りましたが、半分はピンぼけ。暗いところはピントが合いませんね。
コメント百姓oyazi | URL | 2013-08-17-Sat 14:11 [EDIT]
単独峰で変化の少ない男体山
登ることも有りませんが、辛い山登りだけの山
修験者の山、そんなイメージ抱く山です
ただ山頂からの景色は360度開けてるので
天候でも良ければ関東平野一望じゃないんですか
次の記事が楽しみです
拍手
ブログのために
コメントリンゴ | URL | 2013-08-17-Sat 15:30 [EDIT]
両足の不調にも関わらず頑張りましたね。
私は以前このコースを登ったときはそれ程きつくは感じませんでしたが、下りでちょっと足が攣りそうになった記憶があります。
登り3時間、下り2時間だったので飛ばし過ぎかな・・・(^_^;)
いやぁ大変そうでしたね
コメントまっちゃん | URL | 2013-08-17-Sat 16:56 [EDIT]
途中に避難小屋があるのですね。
写真を拝見するに足場の悪い直登の連続。
これは辛いです。
あと一息で山頂ですね。
暗い場所の撮影は難しい
コメントケン坊 | URL | 2013-08-17-Sat 23:03 [EDIT]
【長さんへ】
こんばんは。
今回は足が先にやられたようで...準備運動不足かも?
いきなり歩き出しちゃいましたからね。
ヒカリゴケは意気込みが先行したのと、モードの設定を
しないで撮っちゃった...気が回らなかったんですね。
標高差1200㍍は厳しい?
コメントケン坊 | URL | 2013-08-17-Sat 23:09 [EDIT]
【oyaziさんへ】
こんばんは。
まさに男体山は修験者の山と言うのがピッタリかもね~
前回、そんなにダメというイメージが無かったので
軽く考えていたのかも知れません。
完全に準備体操不足、寝不足、暑さの影響が大かと!
山頂からの眺めは良かったんですが、撮る余裕がなく、
帰りも足が騒ぎ出さないことを祈るだけでした。
またもや書き殴りのブログに成ってしまいました>笑<
拍手ありがとうございます。
事前の体力作り不足が原因かも(暫く山から遠ざかってた)
コメントケン坊 | URL | 2013-08-17-Sat 23:14 [EDIT]
【リンゴさんへ】
こんばんは。
リンゴさんは往復で5時間ですか~ さすがですね!
ケン坊も前回の時は、今回のように厳しい山とは
思いましたが、苦しいとは思わなかったんです...
山頂へ着いたら、多少は気が楽になりましたが、帰りに
足が騒がないことを祈るだけでした>笑<
前回はきつかったが苦しくは無かった...
コメントケン坊 | URL | 2013-08-17-Sat 23:20 [EDIT]
【まっちゃんへ】
こんばんは。
避難小屋は何ヶ所かに設けられています...
ザレ場にガレ場、車道もあり基本は直登なので
結構な山歩きです。標高差もあるので余計です。
少し、足の不具合が早過ぎました...
退却することも頭を過ぎりましたが、出直す勇気も
ないので、多少は無理しちゃいました>笑<
山頂まで、もう少し?
コメント亀三郎 | URL | 2013-08-18-Sun 00:40 [EDIT]
こんばんは

ここは、ほんと大変そう・・・
足の痛みに耐え
気持ちも折れないことが
男体山制覇のコツですね!
なんとなくですが、、、、分かって来ました(感謝)

それはそうと
わたしも、最近、花の写真を撮って、立ち上がろうとすると
クラッとくることが、多いんです。
これって
少し
高山病とかも、入っているんですかね。
それとも、、、単に「加齢」??
岩山
コメント頭編僕 | URL | 2013-08-18-Sun 16:57 [EDIT]
森林限界でもないのに岩の道が目立ちますね、人気の山で登山客も多いようで道跡はしっかりついてますね。落石にロープは笑えますが、これがおちたら大変です、注意したいですね。
振り返ると中禅寺湖ってのが元気がもらえそうですね。

登山は上りはじめがきついですが半分まで来ても苦しいですか(笑 後半はもっときついかも?

厳しいですが...
コメントケン坊 | URL | 2013-08-18-Sun 20:30 [EDIT]
【亀三郎さんへ】
こんばんは。
やはり男体山は只者では無かった? 
足の痛み(攣る)ははじめての経験なのでビクビク!
立眩みのような症状と、足の攣れと同時に襲われた
時はダメかな~と思いましたが...
亀さんに笑われないために頑張りました>笑<
立眩みは加齢とは違うと思いますが...判りません!
頭変僕さんは来年? 再来年??
コメントケン坊 | URL | 2013-08-18-Sun 21:03 [EDIT]
【頭変僕さんへ】
こんばんは。
コースの半分が岩や石でしたね~(適当な推測)。
ケン坊独りの世界も結構ありましたが、前後に
誰かがいるという安心感から、単独行の不安は
なかったです。
中禅寺湖ばっかりの写真で申し訳なかったです!
この日のケン坊は”終始キツイ状態”でした。
でも、マラソンと同じでまた登りたくなるんです? 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.