ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
小さいながらも”奥深沢不動の滝”には趣を感じた
2013-06-13-Thu  CATEGORY: 景勝地(滝めぐり)
25/06/03撮影 【井戸湿原の帰り道、ドライブインで入手した滝情報に寄り道を!】



  前日光・井戸湿原からの寄り道...第二・第三弾は?


  先ずは山ノ神ドライブインで得た情報で滝を見ることに

           場所はお店の直ぐ裏山でした...

        滝の名は”奥深沢不動の滝”です
                  (おふかざわ ふどうのたき)

  お店の先数十メートルの右側に大き目の案内板があり


P1220007.jpg

       その直ぐ先に右に入る細い林道(車通行可)

  案内板を見る限りどこかに通り抜け出来そうですが...

           P1220013.jpg

   初めての林道なので不安を感じながらも数分で滝に!

      車は滝の案内板から数十㍍先の路肩に駐車
       (駐車場ではありませんが道路がかなり広くなっています)

P1210992.jpg

                  案内板によれば

        高さ:7㍍  幅:3㍍ と小振りですが...

    この山ノ神付近で”思川(小山を流れる)”へ合流!
    (因みに、思川の源流は”足尾の地蔵岳”で以前に探検済みです...)

【案内板の内容】

奥深沢にかかる滝で、高さ7m、幅3mあり、標高約700mに位置しています。
前日光高原に降った雨や雪どけ水が集まって奥深沢の流れとなり、山の神で
思川に合流します。思川の流れは、黒川、姿川の水を集め渡良瀬川に合流し、
利根川へと続きます。


P1210991.jpg

            これから滝に向かいますが...

     熊笹がチョロチョロと生えた杉林の中へ入るのは

            億劫だが”ネタ”に弱いケン坊!

       恐るおそる 一歩一歩また一歩と進む...

   いつでも戻れるよう後ろ足に重心を置きながら>笑<

P1220005.jpg

        下りを進むこと数分...滝が見えてきた

            あれが”奥深沢不動の滝”か~

       小さい滝ですが今のケン坊には満足です?

P1210993.jpg

     怖いながらも滝壺まで降りられる場所は無いかと

           周辺を見回したが...自信が無い

   反対側なら可能そうですが反対側へのルートが...

P1210996.jpg

   目を凝らすと反対側に”道祖神”らしきものが見えた?

       アップに失敗しコレで判断するしか無い...

                     ケン坊には

      地蔵の後ろがヤツデのような葉団扇に見えるが

      まさか”天狗の石仏”ってことはアリですか? 

【判明!】

天狗の石仏に見えたのは、奥深沢の滝に祀られている”不動明王像”とのこと


P1220002.jpg

        下に降りてみたい気持ちが再び起きたが

    ここは”グッ”と堪えて...素直に滝を後にしました

P1210999.jpg



  お店ではもう一つ(第三弾)情報をもらってましたが...

          単独での掲載はさすがに憚れるので

    不動の滝とセットで掲載することで手を打ちました!

          その情報とは”石割桜”です...

             ちゃんと案内板も立ってます!
  (場所は、不動の滝へ入る林道の入口です...直ぐなので通り過ぎそう)

P1220008.jpg

正面からの写真

    下側の岩には右から”石割桜”と彫られてます

P1220010.jpg

こちらは右側からの写真

    岩の裂け目に枯れた桜の木(大木?)が無残な姿で

        そう 桜の木は枯れてしまいました...

P1220011.jpg

    今回の寄り道もコレで終わりにしようかなと思ったが

          もう一件...掲載させて頂きます!

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント長さん | URL | 2013-06-13-Thu 13:34 [EDIT]
地図で確認したら、宇都宮から前日光ハイランドロッジまで2時間程度で行けるようですね。
熊笹だから熊がでそうだと思ったのですか。熊は山の中ならどこにでもいそうですが、クマザサを熊が食べるわけではないそうです。
正確には隈笹と書きます。名の由来は葉の両側が白くなってくるからで、歌舞伎の隈取りと同じ意味です。
石割り桜はかなり前に枯れてしまったようですね。残念なことです。
林道
コメント亀三郎 | URL | 2013-06-13-Thu 16:27 [EDIT]
こんにちは
初めての林道は、先がどうなってるか、、、、
不安に感じる時がありますよね
ヘタすると、なかなかUターン出来なくて
往生することも・・・・
あ、、、これは、あくまでも亀三郎の失敗談でした(赤面)
それはそうと
滝、、、
距離はなかったみたいですけど
なかなかワイルドな場所にありますね
小枝で顔とか
ひっかかりませんでしたか?蜘蛛の巣に、、、ぶつかるとか(汗)
でも、ケン坊さんの苦労のおかげで
珍しい滝、、、そして、、、石割桜の写真が見れました!
貴重な情報ありがとうございます(ペコリ)
隈笹...勉強になります
コメントケン坊 | URL | 2013-06-13-Thu 17:53 [EDIT]
【長さんへ】
こんばんは。
走るコースにもよりますが1時間30分強ってトコですかね。
あははは 熊笹=熊 そういう発想もありですかね?
この時期は、もちろん熊もアチコチで出没報道されてるので
怖いですが、ケン坊にはヘビやマムシの方が...
特に周辺の山は鹿も多そうです。いずれにしても、単独では
入るのは止したほうが無難ってことですよね~>笑<
見た後にお店に寄って確認すれば良かったんですが...
単独では不安ですね
コメントケン坊 | URL | 2013-06-13-Thu 18:01 [EDIT]
【亀三郎さんへ】
こんにちは。
そうなんですよ...林道はUターンの可否が問題なんです。
それで無理矢理Uターンするから、車もアチコチが...
(草むらに隠れた石や岩に擦ってしまい傷だらけです>笑<)
今回はストックで進む先を上下に振り蜘蛛の巣を払いながら
歩きましたよ>笑<
滝としては目新しいものではありませんでしたが、寄り道の
日記として掲載しました...
林道探索
コメントまっちゃん | URL | 2013-06-13-Thu 23:36 [EDIT]
ヤバそうな林道はオフロードバイクで偵察してから車で入ります。
たまにバイクでもUターン出来ない程深部に入ってしまうことがありますが、それはご愛嬌ということで(^^;

それにしても、いつも通過してしまう場所にこんな滝があったのですね。
情報収集と実践のケン坊さんならではのネタでした。
事前に偵察が必要?
コメントケン坊 | URL | 2013-06-14-Fri 05:23 [EDIT]
【まっちゃんへ】
おはようございます。
なるほど~ 事前にバイクで偵察ですか...
いきなり”ぶっつけ本番”じゃないんですね?
そういう意味では、ケン坊の行動はヤバイですね!
あははは ネタにならないような滝でしたが
無理矢理”ネタ風”に取り上げてみました>笑<
コメント百姓oyazi | URL | 2013-06-14-Fri 09:10 [EDIT]
石割桜何の事かと思いきや
読んで字の如く 笑
でしたか^^
しかし良く出歩きますね 拍手
石割桜は生命力の強い証明?
コメントケン坊 | URL | 2013-06-14-Fri 17:59 [EDIT]
【oyaziさんへ】
こんにちは。
あははは 以前、天平の丘公園の”石割桜”を
紹介しましたが、桜が満開だったので直ぐに
”石割桜”のことと判りますが、今回の枯れた
写真では何のことか...ですよね。
出かけるのも”メタボからの脱却”のためです。
拍手ありがとうございます。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.