ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
尾出山(山頂まで)・平成25年-02(in鹿沼市)77/100
2013-05-11-Sat  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
25/05/06撮影 【迷いつつも、このクラスをクリアしないと百名山挑戦も終了?】


      3日の鳴蟲山で復帰を果たしたケン坊と魔女

 完全な復帰を印象付けるために間髪入れずに第二弾を!

     これまで何となくコース不鮮明と敬遠していた山

     考えた末にその”尾出山”を目指すことにした
    (GW最終日、山へ入る人も何人かはいるだろうとの願いを込めて...)

         鹿沼市(旧粟野)上永野(永野川上流)

   ”与州平バス停”手前の「寺沢橋」からスタートです
     (終点ですね~)

P1210009.jpg

     暫くは杉林を林道終点までダラダラと歩きます

林道の途中にもにも1~2台の駐車できるスペースはあるが

    あくまで林道なので整備の程は保証されず要注意!
  (一見、車での進入も問題無さそうに見えるが低い車は轍で底を擂りそうな?)

           P1210013.jpg

      林道なので時々小さな花が顔を見せてくれる

          ウツギをド・アップに捉えてみました

P1210017.jpg

      暫く林道を歩くと”寺沢林道出会”という場所に

  尾出山へは直進だが、左折すると高原山へ向かうルート

      つまり”尾出山~高原山”の周回も可能


  ケン坊たちは”尾出山”をピストンのつもりだったが...

         状況によっては周回コースも有りかな?

P1210019.jpg

   車で進入できればココが一番良い駐車ポイントかも?

   ”寺沢林道出合”から100㍍と近いしスペースも広い

P1210023.jpg

     何かで見たような花なんですが思い出せない!

P1210021.jpg

            ヒイラギソウに似てますが...

P1210024.jpg

    ガイドブックでは林道終点(二股)まで90分とあり

        まだ歩くと思っていたが...もう終点?

  ケン坊の時計は、まだ57分しか?(コースが変った?)

   二股林道終点は少し広いスペースがありその左端に

           尾出山登山口を示す標識があった
  (直進でも行けるコースも...実は”危険個所を回避する周回コース”らしい)

    細い沢を渡ると直ぐに(尾根のようなコースを)右折

P1210029.jpg

      沢を渡ったところに”ヨゴレネコノメソウ”かな?

P1210030.jpg

        沢を渡って直ぐ右折すると...こんな感じ

P1210031.jpg

        最初は沢に沿って緩やかに登っていたが

  振り向けば何時の間にか沢から離れコースも狭くなって

           P1210033.jpg

       この写真では伝わらないかも知れませんが

右上のほうに”頼りないトラロープ”が張ってあります

     その下に落ち葉に隠れた肩幅もない位のコース

  そして左10数㍍下には沢が...踏み外したら一大事!

P1210036.jpg

    魔女も足の置き場を確かめながら慎重に歩きます 

          細いトラロープですが今や命綱...

   ここまで来たら戻るという選択肢はありません>笑<

P1210038.jpg

       こんな危険な場所がおよそ50㍍くらい続く

P1210041.jpg

      ようやく危険個所を通り過ぎコースも落ち着く

  そして沢を何度か渡渉するが殆ど水に触れることは無い

           P1210042.jpg

        登山口から”尾出峠”まで28分で到達

        この間もガイドブックでは45分? 変だな~

           P1210044.jpg

  尾出峠から山頂に向け傾斜が急に厳しくなってきました

       木立の隙間から”尾出山山頂”が見え隠れ

P1210045.jpg

    更に高度を上げて行くとこんな危険な個所が2ヶ所も

      ロープは無く木の根や重心移動でカバーします

           P1210046.jpg

            流石に山頂直下は厳しい登りだ

       何度か休憩を入れ水分補給し呼吸を整える

       そしてようやく山頂が見えてきた 到着です!

    到着時間は10:50で(8:50出発)ちょうど2時間でした

             モデルより45分早いことに!

         勝道上人修行 第二宿堂跡の石碑と祠

P1210049.jpg

         少し奥に二等三角点 定番のポーズ!

               尾出山は標高933㍍です

           P1210051.jpg

  山名板のある石碑を入れて...ポーズが少し硬いな~

P1210052.jpg


    せっかく尾出山山頂を踏破したがあまり眺望はなく

          長居無用ということで11時に下山!

次回は”周回コース(山田山&高原山)”の紹介?

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
尾出山
コメント亀三郎 | URL | 2013-05-11-Sat 09:41 [EDIT]
おはようございます^^
ううう、、、、ここは、うちのコン様、、、ダメかも、、、
すごい怖がりなんです
肩幅もない登山道で、、、頼りないトラロープとなると
「もう帰ろう」って
なる可能性もありますです。。。。(滝汗)
なので、、、
鳴蟲山を先に登って、、、
ここは、もそっと経験を積んでからがいいかと、思いました~~~
やっぱり
ケン坊さんちは、魔女さま含めて
経験が違いますよ~~~

PS ウツギのUP、かわいいっす!!
   あ、ところで
   ケン坊さんは、14-42mm使用ですか?
コメント長さん | URL | 2013-05-11-Sat 10:54 [EDIT]
ゴールデンウィーク中に2座目の登頂で、快調ですね。季節も良いし、5月中に、あと3つくらいは行けそうですね。
ケン坊さんの顔出しがないから、余計に固く見えますよ(笑)。
確かに怖い箇所ありましたね
コメントまっちゃん | URL | 2013-05-11-Sat 12:50 [EDIT]
自分が登ったときは、最初の左に谷が落ちる箇所で先行のシルバーご夫婦が難渋している最中で、奥さんは『なんでこんところわたれねぇえんだ』とご主人に怒られながら地面に座りこんでいたところでした。

気の毒でしたが脇を失礼して先行させてもらいましたが、このあとあの夫婦のハイキングライフや如何に。
まぁ、夫婦のことは当事者のみぞ知るですからね(^_^;

林道は終点からまっすぐ進んで山頂の東尾根に乗るコースがあるそうです。自分が狙っているのは林道に入ったらすぐ右手の尾根にかじりついて稜線伝いで山頂を目指そうと思ってますが、未だ偵察が手付かずです。
休日でも誰とも行き会わない山でした
コメントケン坊 | URL | 2013-05-11-Sat 17:02 [EDIT]
【亀三郎さんへ】
こんにちは。
大丈夫ですよ。林道終点から左手に入らずに真っ直ぐに入る
コースがあって、誰かさんのブログによれば、その先に出る
とのことです。
案ずるよりも生むが易しです...勇気を出して!
鳴蟲山は山歩きという感じはしませんが、百名山の一つですから
天気の良い日に周囲の山々を見ながら歩かれると良いかも。
そう、レンズは暫くは変えていません(面倒になっちゃって)
つまり14-42mmオンリーです。
出来れば長さんの予言を実現したいが
コメントケン坊 | URL | 2013-05-11-Sat 17:11 [EDIT]
【長さんへ】
こんにちは。
今日は雨にやられました。何処へも行けず...
GWで2座クリアしたものの、あと3座は理屈上は
可能ですが、天気との関係や花との咲き具合との
関係からどうでしょうか?
間違いなく1座は行けます(内緒ですが実施済み)。
場所も一応念頭にはあるんですが、魔女との調整が
まだまだ...熊がそろそろ出没している情報が
あるので慎重になりつつありますので。
ケン坊が顔出ししたら、軟らかくなり過ぎて...
ポーズ以前の問題になっちゃいます>笑<
怖い場所ありという情報も躊躇していた理由の一つでした
コメントケン坊 | URL | 2013-05-11-Sat 17:25 [EDIT]
【まっちゃんへ】
こんにちは。今日は天気に出足を止められてインドアです>笑<
同じ光景を古賀志山で見ました。まっちゃんのコメ読んでたら
そのシルバーご夫妻じゃないのかなと思っちゃいました。
それほど雰囲気がソックリなんです...
林道を入って直ぐって寺沢橋を渡って直ぐのところですよね。
(川と別れた辺りかな~)
とてもケン坊には想像できません。
まっちゃんの稜線伝いの山行ブログ報告を待ってます>笑<
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.