ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
意味深な名前”男抱山(おただきやま)”を再訪です
2013-05-05-Sun  CATEGORY: 栃木百迷山(栃木里山以外)
25/04/29撮影 【今度は水を張った水田の光景を見たくて登ってみましたが...】


 宇都宮北西部の里山”男抱山(おただきやま)を再び

     山名は”おとこだきやま”ではありません>笑<

         2年振りに登ることに...狙いは?

    今回もお墓の前に駐車し脇をすり抜けて男抱山へ

P1200729.jpg

                  歩き始めて数分...

     最近2輪(厘)咲きを知ったばかりのチゴユリだが

        今度は3輪(厘)咲きのチゴユリに出会った

           いったい何輪咲きまであるのかな~

P1200731.jpg

         入口はご覧のような見事な杉林ですが

     本格的な山歩きコースになると雑木林に変身です

           P1200732.jpg

     歩いて10分もすると丁字路(正確には十字路)に

        左:富士山へ30分  右:男抱山へ30分   

P1200733.jpg

      先ずは何は無くても”男抱山”からです>笑<

      金比羅様の鳥居に向かって急な石段を登ると

P1200735.jpg

 鳥居から外れた”金比羅宮”の額が鳥居の足元に置かれ

             お賽銭もあがってました...

P1200736.jpg

             危なっかしい岩...今にも?

     これであの震災の地震に耐えましたね~って感じ

           P1200743.jpg

   この岩の間を抜けて山頂へ...つまり山頂は岩です

P1200748.jpg

          山頂で(魔女に)一発芸を要求したら

                いきなり岩に抱きつき?

    この抱き付き方じゃ男性も喜ばないんじゃないの?

           P1200757.jpg

      男抱山を登る目的”水を張った水田”を見ること

         タイミングが悪くイメージとは異なったが

P1200749.jpg

       山頂は360度のパノラマが展開されてます

                 南方を見ると...

        真ん中左端がこれから登る”西峰・富士山”

          真ん中右奥の三角錐は”鞍掛山”です

P1200752.jpg

      そして10分程度で西峰・富士山へ...移動

            こちらの山頂は大きな岩...

    岩の上はかなり広く何組もお弁当が広げられます

P1200767.jpg

               この大岩の上にあがり

       誰も居ないことを確認して...何の真似?

   自然という大きなオーケストラのコンダクターでした

       お腹が邪魔して似合わないってか>笑<

P1200770.jpg

水張った水田...実は”蛙合唱団”の指揮者だったんです!

   男抱山側とは違った光景...こちらがケン坊好み?

P1200778.jpg

       西峰・富士山頂から見る”男抱山”の容姿

P1200765.jpg

       下山(そんな大袈裟な山じゃありません)で

    見た山ツツジ...ピークは過ぎたようで少なかった

P1200776.jpg

         テンナンショウ(ホソバ? コウライ?)

P1200781.jpg

       休憩時間も含めて65分というハイキング

            少し物足りないがこれも現実!

もちろん半蔵山まで足を伸ばせば3~4時間になったが...


  前回訪問の”男抱山”は?
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント12
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント百姓oyazi | URL | 2013-05-05-Sun 06:35 [EDIT]
早いですね
もう田植えの準備とは^^;
まモミ種の播種もしていません
田園風景素晴らしい
何気ないこんな風景こそ平和な日本ですよ
拍手
男抱山
コメントリンゴ | URL | 2013-05-05-Sun 06:52 [EDIT]
新緑の景色は新鮮ですね。
私も何度か登っていますが、ほとんど冬なので・・・。
それにお二人とも山頂でのポーズ、ノリが良くて楽しまれている雰囲気が出ています。
特に魔女さまの岩に抱きつくポーズは右手の位置が・・・(赤面)
チゴユリ
コメント亀三郎 | URL | 2013-05-05-Sun 06:54 [EDIT]
おはようございます^^
たしか、馬不入山ではチゴユリ、2輪でしたっけ
わたし
まだ、撮ったことがないので
チャンスがあれば、撮ってみたいんですよ~~~
開花時期は、、いつ頃までですかねぇ
亀家の次の山歩きまで、、、
間に合うでしょうか(汗)

PS 男抱山、、、あの岩、、、もしかしてシンボル??

PS2 ケン坊さん、お腹、、、全然出てないですよ、、、、
   小太り亀さんのほうが、、、出てるかも!!
コメント長さん | URL | 2013-05-05-Sun 09:37 [EDIT]
今度は三輪咲きのチゴユリがありましたか。googleの画像検索でも三輪咲きの写真は数枚しか見つからなかったから、これが限度でしょうか。
魔女さんもケン坊さんの誘いにだんだん乗せられるようになってきましたね。
ケン坊さんは蛙の合唱団の指揮者ですか。蛙たちから見えたかな(笑)。
男を抱く山・・・
コメントNAO | URL | 2013-05-05-Sun 12:10 [EDIT]
こんにちは。
私も今年のお正月に初めて登りました。
手軽でいい山ですよね。
今の季節には草花も楽しめるのですね。

魔女さん、お若いですね(^-^)
ケン坊さんもお腹出ていませんよ。
水田に写る景色が好きです
コメントケン坊 | URL | 2013-05-05-Sun 17:36 [EDIT]
【こんにちは】
こちらの方では毎年、GW前後が田植えの時期なんですよ。
多分、会社勤めの家族が休みの時を見計らって...
でも、今では機械化されていて家族総出という雰囲気では
無くなってます...
水を張った田んぼに写る木々や山並み、建物なんかが良い
光景を見せてくれるのでケン坊は好きですが...
風で小波がたって写らないケースが多く、ブログに載せ
られません...狙っているんですが>笑<
拍手ありがとうございます。
セルフ撮りが苦手なんで...
コメントケン坊 | URL | 2013-05-05-Sun 17:43 [EDIT]
【りんごさんへ】
こんにちは。
あははは 同じ場所を(ブログに)掲載する場合は、全く同じじゃ
見てくださる方に飽きられるかなと思って...
(それなりに苦労しているんですよ。ケン坊なりに >笑<)
右手の位置に気付きましたか? ケン坊の場所なんです。
(ボツ写真は、右脚を岩に絡めて...さすがに掲載できず)
ふるさとのやま
コメントまっちゃん | URL | 2013-05-05-Sun 17:49 [EDIT]
自分の生まれは栃木ではありませんが、男抱山から見る里田の風景は郷愁を感じるお気に入りの一カットです。
山に登り始めた頃を思い出して、また行って見たくなるそんな一座でもあります。
3輪咲きで優越感に浸ってます
コメントケン坊 | URL | 2013-05-05-Sun 17:55 [EDIT]
【亀三郎さんへ】
こんにちは。
ソウです...(2輪咲き)馬不入山ですよ。
意外に2輪咲きはありそうです。
コン様の姿ばかり見てないで下(花)を見ながら
歩けば...きっと見つかりますよ>笑<
あの岩はシンボルではなさそう?
ケン坊には女の人の横顔に見えました。今回の
写真は違うアングルだったので、シンボルかな?
ケン坊は普段着るもので隠してますが、それでも
下腹がポッコリと...
亀さんも目隠しで良いですから載せてくださいな!
ニアミスしても判らないじゃないですか? >笑<
魔女も感化されてきたかな?
コメントケン坊 | URL | 2013-05-05-Sun 18:08 [EDIT]
【長さんへ】
こんにちは。
見つけちゃいました...まさかの3輪咲きを!
意識して探している訳ではありませんが...
あははは 
最近、写真もアングルに注文をつけたりします>笑<
”あぁ~したら こうしたら”と
逆に煩いくらいです...なんて言って大丈夫かな?
魔女が若い?
コメントケン坊 | URL | 2013-05-05-Sun 18:16 [EDIT]
【NAOさんへ】
こんにちは。
近くだし身軽に登れる山なので今後も何度か登るかも。
少し距離を稼ぎたいときは”半蔵山”とセットで...
魔女が若いですって? 飛び上がって喜ぶかも>笑<
ケン坊のお腹が出てないだなんて、お世辞でも嬉しい!
ありがとうございます。
故郷(田舎)の風景は心が落ち着きますよね
コメントケン坊 | URL | 2013-05-05-Sun 18:23 [EDIT]
【まっちゃんへ】
こんにちは。
水を張った水田...本当は少し風があって陽射しに
水がキラキラしてたらもっと良い雰囲気になったかな~
それは次回の課題として...
近いので、気が向いたらまた登りたいですね。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.