ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
渡良瀬遊水地で3年振りのヨシ焼き...果たしてその後は?
2013-03-29-Fri  CATEGORY: 渡良瀬遊水地紀行
25/03/20撮影 【遊水地も寄り道? そう、ケン坊の実家は県南の野木町なんです】


       今回も彼岸の中日に寄り道した続報です...


             第一弾が”三毳山のカタクリ”

        第二弾は”天平の丘の薄墨桜とハクモクレン”

          第三弾も”天平の丘公園の枝垂桜”

          第四弾は”東国百花の寺”成就院”


 今回は”遊水地のヨシ焼き・その後”です>笑<



    今年こそ”渡良瀬遊水地のヨシ焼き”現場を見たい

        その願いも叶わず日曜出勤に...残念!


   少し前に歩いた渡良瀬遊水地(↓)はどうなったのか?

         せめて”ヨシ焼き・その後”を見てみたい

P1170552.jpg

        土手から見ると凄い焼け野原と思いきや

        あの光景から想像できない静かな野原?

     まだ”ヨシ焼き”から3日しか経ってないのに...

P1190035.jpg

     ケン坊たちが歩いたコースも土手から丸見えです

P1190034.jpg

   釣り池も直ぐ近くに? 随分と歩いた気がしたが...

P1190033.jpg

          再び遊水地に足を踏み入れてみました

     いつもの調子で土手を降りると靴が潜ってしまう?

           ふわふわ...灰が溜まってました

   良く焼けましたが、ヨシの根元はシッカリと残ってます

P1190038.jpg

          小さな木々は黒く焼け焦げてますが

   大きな樹は表面は焦げてますが燃えてないようです

P1190039.jpg

     与良川支流も灰が澱み...まるで川が窒息?

P1190040.jpg

              今年は3年振りの火傷かな

       ヨシ焼きのたびに大火傷をするのでしょうね

    必要とはいえ、樹木には年に一度の大変な試練です

           P1190041.jpg

      ヨシの新芽? まさか~ それじゃ燃え残りか?

P1190042.jpg

             アレだけの猛火にも係わらず

         土手に咲く花たちは助かったみたいだ

菜の花も

P1190046.jpg

オオイヌノフグリも全身が灰に埋もれながら

P1190037.jpg

そしてスミレも

P1190036.jpg

    今度は若葉の生い茂る頃にこの地を訪ねてみたい


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
世代交代
コメント頭変僕 | URL | 2013-03-29-Fri 06:33 [EDIT]
葦も利用できるものは刈り取られ、残ったものは火を付けられちゃうんですね。こうしてやがて芽を出す子孫の肥料に・・・

ここに生えている木は何度もの焼き払いに負げずに生き延びている生命力に脱帽ですね。
コメント長さん | URL | 2013-03-29-Fri 11:32 [EDIT]
ヨシ焼きのあと、雨が降ったのでしょうか。
焼きたて?の感じがあまりしませんね。
田中正造がここに住み続けたんでしたよね。
我が労組OB会の会員で、田中正造に興味を持ったものがいまして、最近の機関誌に、「足尾鉱毒と戦った生涯」を投稿してくれました。
ヨシ焼き
コメント亀三郎 | URL | 2013-03-29-Fri 11:54 [EDIT]
こんにちは
ヨシ焼きの当日、多くの見物の人が来てたみたいですね。
ブロ友さんの写真で見たのですが
迫力がありました。
でも、あれだけの人が集まると、、、駐車場の問題はないのか、、、
とか、細かいことに頭が行ってしまいます。
来年あたり
亀三郎、、、
初めて行ってみようかと、、、狙っているから??(笑)

PS
菜の花、星の瞳、すみれ
どれも、春を感じて、イイですね~~~
小さな花は、心、癒されます。
子孫繁栄のため親は枯れる?
コメントケン坊 | URL | 2013-03-29-Fri 18:36 [EDIT]
【頭変僕さんへ】
こんばんは。
生あるものはいつか朽ち将来を担う子孫に引き継がれる?
そう解釈すれば...人間も同じですね。
でも生木の大やけどは何だか可哀想な気がします。
たとえ”痛感”がないとしても...ね。
ヨシ焼き直後の遊水地は初めてでした
コメントケン坊 | URL | 2013-03-29-Fri 18:44 [EDIT]
【長さんへ】
こんばんは。
そうなんです。前日の夜に少し降ってました...
だから灰が落ち着いていたんだと思います。
田中正造翁”は、特に旧谷中村の雷電神社周辺を
こよなく愛し、ここに住み続けて運動を行ったと
言われてます。
機関紙に田中正造翁を紹介してくださった方が
いるとは...ありがたいです(?)。
カメラマン 亀三郎 参上!
コメントケン坊 | URL | 2013-03-29-Fri 19:24 [EDIT]
【亀三郎さんへ】
こんばんは。
当日のカメラマンの列・れつ・レツ・・・凄かったです!
みんながみんなバズーカのようなカメラを持って...
実は、ケン坊は恥ずかしくて当日は行けませんでした>ウソ!<
来年の渡良瀬遊水地のヨシ焼き現場に亀さんの姿が?
下野新聞、いや、NHKニュースに顔が出ちゃうかも???
こんな間近の猛火にも係わらず健気に咲いてる花は愛おしい!
ヨシ焼き
コメントリンゴ | URL | 2013-03-29-Fri 22:15 [EDIT]
昨年迄は多くの地区が野焼きなどを自粛していたと言うのに、今年はセシウム濃度の高い県北でもあの事故を忘れたかのようにやっていました。
1~2年で安全宣言というのも怪しいもの・・・。
それはそうと、渡良瀬遊水地のヨシ焼き、春の風物詩として見てみたいとは思います。
一度は見てみたい!
コメントケン坊 | URL | 2013-03-29-Fri 22:34 [EDIT]
【リンゴさんへ】
こんばんは。
公表される数値は正直言っていろんな組織の思惑が
背後に隠れているような気もします?
まだまだ県北(那須・日光・塩原)の数値は高い!
油断大敵というより以前に、正しい情報提供を
お願いしたいです。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.