ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
慣らし運転には続きが...”阿部岡・浅間山”も一気に攻めてみた
2013-03-12-Tue  CATEGORY: 栃木百迷山(栃木里山以外)
25/03/09撮影 【二つの浅間山。浅間山の名の山は多いが、こんな近くに2座?】

     参考に真岡市観光協会のHPを掲載しておきます

  南高岡浅間山&阿部岡浅間山&大政山のハイキングコース


   午前の部の慣らし運転は”南高岡・浅間山”でしたが

       歩行時間が約1時間強とやや短かったので

午後の部として”阿部岡・浅間山”に挑戦することに!

     場所は県道を挟んだ反対側で近いが車で移動

   ここは仏生寺の山門です 歴史を感じるお寺さんです
     (仏生寺については別途掲載する予定ですが確約は出来ません?)

P1180693.jpg

      車は仏生寺公園内の駐車場をお借りして...

    駐車場の片隅に”仏生寺公園案内図”がありました

  仏生寺の由来・勝道上人の産水の池等々 面白そうだ

P1180644.jpg

       土曜日だが無名のこの山を目指したという

   山梨からのマイクロ2台と茨城の車3台が駐車していた
   (後で判ったことだが”茨城の車”も一緒だそうで総勢51名の団体でした)

P1180642.jpg

                  さて午後の部は

  ここも時計回りで”芳賀新四国八十八ヶ所”

        一部を見る山歩きコースのスタートです

P1180646.jpg

    八十八ヶ所霊場建立という企画に応じた方が寄進

霊場の碑が建立されてますが、なぜか東京の方が多いです

           P1180648.jpg

     スタート直後のコースは歩き始めということもあり

         多少の傾斜でも”きつい”と感じてしまう

P1180649.jpg

               でも本当にキツイんです!

      魔女の手前、ケン坊は強がって登ってますが

   内心では”魔女が休もう”と言うのを待ってた?>笑<

           P1180651.jpg

   喘ぎながら...やっと魔女から”待った”が掛かった~

      やった~ しかも眺望の良い小ピークに出た?

     午前中に登った”南高岡・浅間山”が見える
         (写真やや右の山頂に濃い樹が見えるのが山頂です)

*登山口から14分
P1180653.jpg

         小ピークは狭いですがベンチもあり

 小休止するには(風が無ければ)持って来いの場所です
          (因みに、この日は風はあまり感じませんでした)

P1180655.jpg

           小ピークから2~3分で分岐です

   右:錫杖が峯へ   左:阿部岡浅間山、大政山 等々

     取り敢えず”阿部岡・浅間山”を目指します

*登山口から21分
P1180656.jpg

      こちらのコースは樹の隙間を歩くような感じ

    でも木々も密集して無いので陽射しもありヤッホー

P1180658.jpg

               二つ目の分岐です

         左折すると”大政山”方面ですが...

         ここも直進して”阿部岡・浅間山”へ!

P1180676.jpg

    さらに数分歩くとこの巨岩? 山頂までもう少し!

       少し登りなので 再び魔女から悲鳴が...

 お昼が小さなアンパン一個だったのでエネルギー不足?
  (今日の魔女はおかしい? 登りになると胸突き八丁のような仕草を...)

P1180659.jpg

   登山口から35分で”阿部岡浅間山”の山頂に到着
             (巨岩からは僅か5分です)

P1180664.jpg

     山頂はそんなに広くは無いが展望はまずまず?

           青空を見上げれば(ちょっと遠い!)

    優雅に”♪トンビがくるりと輪を描いた(古いか?)”

P1180666.jpg

      南に見えるこの山は”鞍掛山”だと思うが...

P1180667.jpg

      さて浅間山山頂もお暇して...下山します

    往路では気付かなかった”春蘭”の蕾が膨らんで

P1180678.jpg

    そして最初の分岐を今度は”錫杖ヶ峯”へと向かう
          (ここで四国八十八ヶ所霊場めぐりに戻りました)

        錫杖ヶ峯は”仏生寺”の裏山に位置します

           P1180680.jpg

           錫杖ヶ峯の山頂はこんな風景です

     展望が良くベンチもあり休憩ポイントとしてグー!

*登山口から55分
P1180681.jpg

P1180690.jpg

    広場には八十八ヶ所第68番(だったかな?)の碑

P1180684.jpg

         これは二股の松の(枯れた方の)幹に

            観音様を刻んだのであろうか?

  つまり”立木観音ならぬ松木観音”なんちゃって

           P1180687.jpg

 そして先ほど登った”阿部岡・浅間山”が近くに見えます

P1180688.jpg

        あとは仏生寺へ向けひたすら下山します

      コース脇には八十八ヶ所霊場碑が点々と...

          そして7分後には仏生寺に到着です

           P1180691.jpg

      こちらも(ケン坊が歩いた)周回コースで65分

       ちょっとした山歩きには絶好の山でした!


【関連コーナー】

  南高岡・浅間山ハイク
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
仏生寺
コメントリンゴ | URL | 2013-03-12-Tue 06:45 [EDIT]
自分は仏生寺の山門は潜ってないのでそちらの続報もお待ちしております。
それにしても総勢51名の団体さんですか?
意外と知られているんですね。
阿部岡浅間山
コメント亀三郎 | URL | 2013-03-12-Tue 07:30 [EDIT]
おはようございます^^
バスまで来る山とは、、、、知らなかった
メジャーな里山のようなので
秋に出る「栃木の山 150」に入ってるかも?ですね(笑)
なんだか、それが楽しみです~~~
それと
春蘭の蕾には、まったく気が付きませんでした。
むむむ、、、さすが大師匠、、、目の付け所が違います!

PS 1日に2座、短いとは言え凄いです
   うちは
   1座で「退散」???(爆)
   あ、それに
   ケン坊さんのルートで登るほうがキツいですよね
   錫杖が峯を最初に目指すルートのほうが
   傾斜がゆるいような
   そんな気がしました。
報告できるかな?
コメントケン坊 | URL | 2013-03-12-Tue 17:48 [EDIT]
【リンゴさんへ】
こんにちは。
リンゴさんが山門を潜ってないのであればケン坊が...
と思って、いま写真を眺めていたら?
良い写真も悪い写真も、ケン坊には珍しく枚数が少なく
掲載できるか疑問な状態です>笑<
というのは、境内で檀家の方と挨拶し話を聞きながら
一緒に山門外まで歩いちゃったんです...失敗です!
マイクロ運ちゃんの話では、東京から乗せて来たという。
水戸ナンバーの3台は(会社)仲間のようで、山情報は
この方たちのようです...
それにしてもビックリです。9時から歩き出したようで、
ケン坊たちが帰り支度しているときに、錫杖ヶ峯を団体
さんの歩く姿が見えました...約5時間?
4月には再び訪れるかも?
コメントケン坊 | URL | 2013-03-12-Tue 17:59 [EDIT]
【亀三郎さんへ】
こんばんは。
51人の団体さんは多いですよね。一緒にならずに
良かったかも...(入っているというだけで安心)
*水戸ナンバーの方が案内役のようです(運ちゃん曰く)
春蘭の葉は結構多かったんですが、ケン坊が気付いた
周辺の春蘭は同じような蕾でした...
一日2座と言っても、トータルで3時間は歩いてなく
亀さんだって天候に恵まれれば...問題なくです。
山門右手から入山したほうが傾斜は緩やかだったかも?
コメントkimichan | URL | 2013-03-13-Wed 09:48 [EDIT]
前回のコースと一緒に登ってみたいですね
参考にさせていただきます
展望もいいようですね
ここは栃木百名山に入るのでしょうか?

団体に出会うとたいへんです
なるべく避けたいですね
手頃な里山!
コメントケン坊 | URL | 2013-03-13-Wed 17:49 [EDIT]
【kimichanへ】
こんばんは。
そうですね、南高岡浅間山と阿部岡浅間山...
ついでに大政山をセットにすると、kimichanの
山歩きに似合うかも...なんてね>笑<
栃木の山140にも入ってません。
9月の栃木の山150の際は登録されるかな~?
50人からの団体さんは多過ぎますよね。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.