ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
初めて登る”大明神山”を軽く見過ぎた?
2013-03-09-Sat  CATEGORY: 栃木百迷山(栃木里山以外)
25/03/05撮影 【初めての大明神山...馬不入山との周遊コースは正解でした】


  久し振りに登った”馬不入山頂”でしばし太平山談義...

                    このあと

     ケン坊たちは初めての”大明神山”へ向かう

P1180495.jpg

             大明神山の情報は少ないが

      馬不入山頂から北西へ一旦下山して登り返します

         厳しい傾斜の下りには神経を使いますが

             一本道なので迷うこともない?

      それにしても目印のビニ・テープが多いです

           P1180496.jpg

      師匠(亀さん)が見た”眺望の良いポイント”を

      うっかり見過ごしてしまったのは残念だったが

        詠んだコチラの岩はシッカリと捉えました

    ”我輩は岩である 名前はまだ無い” ←吾輩は猫である風?

P1180497.jpg

        突然 黒い生き物がケン坊の視界に入る

            まさか”モグラ”の赤ちゃんか?

         時おりしも今日は啓蟄ですが...

     モグラは啓蟄とは関係ないが勘違いした???

    寒くて動きが鈍いのか 写真を撮って貰いたいのか

         折角なんで撮ってあげましたが>笑<

P1180498.jpg

      馬不入山頂から22分で長坂峠(?)に出た
              (手前が舗装された長坂峠です)

P1180500.jpg

            そして反対側には赤い鳥居?

 奥に置かれた木の御札に”大明神山”の文字があるので

   登山口に間違いない...どんな山が待ってるのか?

P1180501.jpg

    落ち葉に足をすくわれ”おっとっと”というシーンも

    3つ目、4つ目...次々と新しいピークが顔を出す

  その度に”ヤッターという喜びが落胆に変わる瞬間”は

              気力が一気に崩れ去る...


                 そして5つ目のピーク

            ついに”大明神山の山頂”に到着

         消えそうな山名板ですが辛うじて読めます

  登山口の鳥居の奥にあった御札と同じ御札もありました

*登山口から山頂まで写真が一枚もありません(下山で撮ろうとしたが...)
P1180506.jpg

  (精神的に疲れた魔女?)三角点タッチは感慨深げに

           P1180507.jpg

    山頂は狭く眺めは辛うじて雑木の合間から...

          左の三角錐の山が”諏訪岳”です

P1180508.jpg

          やはり山頂ともなれば風があります

 長居をするような山頂でもないので早々に下山開始です

      1~2分下ると登り時は気付かなかった分岐

         《 三谷 → 岩舟駅 》 の文字 

    岩舟駅まで1時間ということは30分で下山できる?

未知のコースを”海馬の活性化”のため迷わず選択!

P1180509.jpg

        コースは落ち葉に完全に覆われて危険!

    斜度もキツク何度かズッコケそうになりました...

  道幅は狭く雨水の通り道のようにV字型に掘れてる?

P1180510.jpg

     手入れはあまり良くないが案内表示などは多い

         以前はコチラのルートが主流だった?

P1180513.jpg

            往路のようなピークは全くなく

           全コースとも下りオンリーでした

    そして里の満開になりつつある梅に出あう(三屋)

                 ここまで22分...

 下山した場所は”健康福祉センター遊楽々館”の北の端

         予想した場所だった 下山して正解!

P1180515.jpg

   さて、ここから駐車場まで舗装道路を戻るか迷いつつ

     遊楽々館の正門近くのY字路まで戻る(10分強歩いた)

 すると...ありました  馬不入山への登山口のようです
  (遊楽々館に駐車すれば安全で便利。ここからの馬不入山登山がお薦め!)

  大明神山からの下山と平地歩きに身体が慣れちゃって

       再びの登りは少しの間シンドイです>笑<

         *Y字路を左へ10㍍程度進んだ右側の登山口...
           P1180519.jpg

 ケン坊が登りに使った岩舟側からのコースに途中で合流

     舗装道路を歩かずに山歩きで駐車場へ可能です

       *最初の馬不入山への登り階段を帰りに上から撮ったもの
           P1180520.jpg

             計2時間45分の山歩きでした

  久し振りの山歩きで心地良い疲労感も感じながら帰路へ


【振り返りコーナー】

  馬不入山&大明神山(前編)

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント11
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
大明神山
コメント亀三郎 | URL | 2013-03-09-Sat 07:29 [EDIT]
おはようございます^^
馬不入山から大明神山、お疲れ様でした~~~
うちも、大明神山の落ち葉の傾斜には難儀しました
階段も
STEPも切ってないから、、、
滑りますよね(汗)
あ、、それから
私の師匠が栃木ハンターさんで、
そして、大師匠がケン坊さんなので、
その大師匠から、弟子の亀三郎が「師匠」と呼ばれてしまうと
おかしなことになるので
弟子の「亀三郎」が、、、に訂正しておいて下さいませ(滝汗)

再び、山の話ですが、、、
大明神山からの下山、三屋 → 岩舟駅のルートで
遊楽々館の北側に出るのですね
やっぱり、、、そうでしたか
方向的には、そうだろうなぁって思っていたんです。
ならば、将来、、、
遊楽々館に駐車して、このルートを往路に使い
大明神山 → 馬不入山 → 桜峠 → 晃石山
なんて縦走はどうでしょう?
いま、、、思いついたのですが、、、(爆笑)
それと
遊楽々館から北へ10分の
馬不入山の登山口って、、、どこでしょう
Y字路、、、もしかして
県道と林道のYの場所ですかね、、、違うかな、、、(汗)
この登山口も
将来、見つけてみたいです!!

PS 遊楽々館、、、お風呂、、、300円ですが、、、(笑)
啓蟄
コメント頭変僕 | URL | 2013-03-09-Sat 07:50 [EDIT]
おはようございます。

山頂からの眺望も春霞?のせいかいまいちですが、逆に早春を感じさせてくれますね。

啓蟄にモグラのおまけには笑えます。虫や木々も活動開始ですね!
初めてのコースは新鮮! やはり男は新しいものがお好き?
コメントケン坊 | URL | 2013-03-09-Sat 08:45 [EDIT]
【亀三郎さんへ】
おはようございます。
コースは逆歩きですが、完全に亀さんの後追いでしたね。
でもやはりこのコースでは師匠ですからやっぱり”師匠”ですよ!
大明神山の下山では亀さんの気持ちを汲んで歩いてみました。
というより、年老いた”海馬”を活性化させるために...ね。
縦走は可能かもです。
太平山からのコースに飽いてきたら、縦走コースも気分良いかも?
そう、県道と林道のY字路です。わずか10㍍林道に入った場所に
登山口があったんですよ。
舗装道路を歩くより足に優しく(ホントかな)...?
時間的には舗装道路のほうが短時間で到着するのに、わざわざ山へ
入ってしまいました>笑<
そうだ、この登山口を使えば馬不入山~桜峠~晃石山も良いですね!
(丸太の階段もなく、急登でもなくて...)
今回は”ゴミ置き場”のような登山口に駐車して失敗でしたが、でも
それも経験の一つですから...
お風呂はパスしちゃいました。
ところで亀さんは、馬不入山からの下山は往路を歩かれたんですか?
春霞か黄砂か はたまたPM2.5か?
コメントケン坊 | URL | 2013-03-09-Sat 09:01 [EDIT]
【頭変僕さんへ】
おはようございます。
陽気が良くなるのは良いですが眺望は劣化します>悲<
まさかのモグラは”ネタ”として歓迎しました!
4月に入ると”歓迎出来ない生物”も徘徊するので
山歩きも億劫になりますが、一座一座挑戦してみます。
コメントkimichan | URL | 2013-03-09-Sat 13:33 [EDIT]
暖かい陽ざしに誘われて出掛けたくなりますね
登って降りて又登り返す
楽しそうな山歩きイイですね
どんどん出かけましょう~
拍手です
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2013-03-09-Sat 14:41 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
花粉症には辛い季節です
コメントケン坊 | URL | 2013-03-09-Sat 21:06 [EDIT]
【kimichanへ】
こんばんは。
ポカポカ陽気に誘われて...山が良いですね~
今日は風が強く”花粉症”のケン坊は悩んだが
思い切って山歩きをしてきました。
結果は...くしゃみ連発! 目が痒い!
大人しくしていれば良かったかも。後悔してます。
拍手ありがとうございます。
大明神山が懐かしい
コメントまっちゃん | URL | 2013-03-09-Sat 21:38 [EDIT]
4年前に桜の季節に大平山から大明神山までヘロヘロになりながら縦走しました。
http://www.mattyan.sakura.ne.jp/blog/2009/04/post_180.html

馬不入山まではメジャー感がありますが、大明神山はかなりマイナー感が漂っていましたが、写真を見る限り随分整備されたような印象が・・・

花粉症は自分も今日山中で苦しめられました。
毎年この次期に幾らか鼻水が出るのですが、「花粉症じゃない、花粉症じゃない、」と自己暗示をかけているとそのうち治ってくるので不思議なものです。
でも、今日は辛かったです。
頭が下をむく下りは汗がしたたり落ちるように水っぱなが垂れてました(^^;
下山は往路です
コメント亀三郎 | URL | 2013-03-10-Sun 01:23 [EDIT]
こんばんは
馬不入山からの下山は、往路をそのまま戻りました
そして
林道に下りてから
林道を
遊楽々館まで、、です^^v
素晴しい体力の持ち主であっても事前調査は怠り無い
コメントケン坊 | URL | 2013-03-10-Sun 06:18 [EDIT]
【まっちゃんへ】
おはようございます。
まっちゃんの縦走(大中寺から大明神山)を読ませて頂きました。
やはり前から凄い体力を持って山歩きをされていたんだな~と
改めて思いました。我々?(ケン坊とは)と”ラベル”が違う!
大明神山は今回のケン坊と同様に周回コースで下山されたんですね。
事前の緻密な調査・準備が素晴しいと思います。
さて、まっちゃんも花粉症? でも山は歩かれるんですよね>笑<
古賀志山のこのコースは歩いたことがありません。楽しみです!
ケン坊も昨日の強い風の中を止せば良いのに歩いてしまい、症状は
想像以上...今日は体力温存(くしゃみで体力消耗)しようかと
思ってますが??? 
新しい馬不入山への登山口は良いですよ!
コメントケン坊 | URL | 2013-03-10-Sun 06:25 [EDIT]
【亀三郎さんへ】
おはようございます。
リコメありがとうございます。
やはりそうでしたか?
当時のブログを読み返し最後の舗装道路を歩く姿(景色)が
県道とは違うと思いながら、丸太の階段を歩かなかったと
いうので、もしかしたらと思っていたんです...
ところで、まっちゃんの縦走記があったので読んでたら
凄い方ですね~ とてもケン坊には思いも付きませんが、
亀さんの言う”遊楽々館~馬不入山~桜峠~晃石山”の
コースだったらピストン出来そうな気がして...
一度、挑戦してみませんか? ケン坊も企画します>笑<
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.