FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
雨引観音と筑波山
2008-01-27-Sun  CATEGORY: 茨城の里山(筑波山)
【雨引観音】
 孫誕生に先立ち、雨引観音より安産の御守をいただいていたので、今日は無事に生まれた
 ご報告(御守の返却)と新たに7歳までの「小児成長御守」をいただきに行ってきました。

 9時半というのに、バスが2台も駐車するなど結構賑わいを見せ始めたところでした。ケン坊
 も何度かお参りにきているが家から50分で着いたのは初めて。(そんな飛ばしてないよ)
 
 「小児成長御守」は値段がなくて、気持ちで結構ですと言われたが困るよねー。やむを得
 ず気持ち?だけお支払いして目的のお守りをいただいたが「虫切御守」も付けてくれた。
 どうやら気持ちと言いながら金額に応じて「何か」を付けているらしい?
        DSCN0128.jpg
         ↑ 雨引観音(朝早くから参拝客が多い)

【筑波山:雪に覆われた登山道】
 参拝を終え、一路筑波に車を走らせること20分で筑波山つつじヶ丘駐車場に到着。
 ちょうど筑波山の北側から登る感じで一番の最短ルートのようだ。

 いきなりの急勾配を上り始めたが、道端に雪が解けずに残っていたと思いきや、徐々に雪
 が登山道を埋めつくし、ぬかるみや凍結場所が多くなってきて非常に歩きづらい状態に。

 さすがに雪がこんな状態のトレッキングは初めて。どうやら先週水曜日の雪が残っている
 らしい。足元に神経を注ぎながら慎重(にならざるを得ない)に前進。
        DSCN0137.jpg
         ↑ 雪に覆われた筑波山登山道(つつじヶ丘駐車場から女体山)

 途中、休憩場所から目指す「女体山」が顔を覗かせるポイントがあった。頂上には何人かの
 先客が小さく見えた。結構遠くに見えるがスタートから1時間ちょっとで登れる山だ。

 相変わらず雪が行く手を阻むが何とか頂上(女体山)まで歩いた。女体神社で今年もよろし
 くと安全登山の祈願や家内安全等を願かけ、男体山との中間での昼食でしばしの休憩。
 男体山は次回へ挑戦することにし、上り以上に慎重な足運びが要求されるなか下山した。

 昨日、30㌔のジョグした後だったので足の具合が気になっていたが、多少の筋肉痛程度で
 無事に2時間30分のトレッキングを終了した。さーて、明日は会社(仕事)だーーー。 
        DSCN0133.jpg
         ↑ 中腹(旧茶屋跡)の木立の中から望む女体山
以上
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/05 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.