FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
鹿沼市の”東高野山 醫王寺” その1:仁王門と金堂 編
2012-08-20-Mon  CATEGORY: 寺社仏閣(その他)
24/07/03 【こんな素晴らしいお寺が鹿沼(旧粟野)にあったとは...PRせねば】


   ケン坊が好きそうなお寺が鹿沼にあると魔女が言う
          (友人に教えてもらい気に入ったようで...)

      その名を”東高野山 醫王寺”という
   (”高野山”という名を聞いただけで由緒ありそうな予感が...します) 


【東高野山 醫王寺】ネットより

日光開山勝道上人により765年に創建され、弘法大師ゆかりの寺「東高野山」と
呼ばれています。

広大な境内(3万坪)には金堂・唐門・弘法大師堂・講堂・客殿など、壮大な建物
が立ち並んでいます。

中でも絢爛な彫刻で飾られた唐門が参拝のポイントです。また、27件にも及ぶ
県指定重要文化財が収蔵されています。


P1090355.jpg

        醫王寺の文化財についての説明板
        (文字が小さくて読めないかも知れませんが...)

P1090356.jpg

   いよいよ(約100㍍の)参道を...明るい参道です
 (昔は砂利で寂びれた参道って感じだったそうですが...面影がありません)

*左が参道  右は車道で車止めまで入れる
P1100911.jpg

      参道を進むと左側に”馬力神”と書かれた石碑

【馬力神について】ネットから

「馬の守護神」 自然石に馬力神と刻んだ石塔が栃木県や宮城県で見られる。
その大部分は愛馬の供養のために造立されたもので、神名のほか、紀年銘と
造立者を記すだけのものが多い。
馬力神の石塔は(中略)幕末に出現し、明治時代にもっとも多く造立された。


P1090359.jpg

        参道の先で”仁王門”が仁王立ちってか?

【醫王寺仁王門概要】ネットから

醫王寺仁王門は平成4年に再建された建物で、両側には鎌倉時代に制作寄進
された金剛力士像が安置されています。


   仁王門には笠付の白塀もあり仁王門の存在を強調!

                   灯篭も立派!

P1090364.jpg

       仁王門の両側には”金剛力士像”が安置

【金剛力士像とは】ネットから

金剛力士像は、杉材、寄木造、彫眼、古色仕上で両像とも平成元年に
栃木県指定重要文化財に指定されています。



           金剛力士像:左側(阿形236cm)

           P1090365.jpg

           金剛力士像:右側(吽形244cm

           P1090366.jpg

             仁王門の内側には狛犬が...

      ちょうど、金剛力士像と背中合わせの位置に

P1090371.jpg

  仁王門の屋根瓦が凝ってます...これぞ”鬼瓦”だ! 

      オードリー春日のギャグの顔に似てませんか?

 そして瓦の先端の丸い部分には醫王寺の”醫”の字が

 全ての屋根(含む塀)の先端部分に使用されています

P1090450.jpg

 仁王門の先(左側)には赤い帽子を被った六地蔵像が

【六地蔵像とは】ネットから

日本では、地蔵菩薩の像を6体並べて祀った六地蔵像が各地で見られる。これは、
仏教の六道輪廻の思想(全ての生命は6種の世界に生まれ変わりを繰り返す)に
基づき、六道のそれぞれを6種の地蔵が救うとする説から生まれたものである。

六地蔵の名称は必ずしも一定していないが、地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、
人道、天道の順に檀陀地蔵、宝珠地蔵、宝印地蔵、持地地蔵、除蓋障地蔵、日光
地蔵と称する~~~中略~~~

像容は合掌のほか、蓮華、錫杖、香炉、幢、数珠、宝珠などを持物とするが、
持物と呼称は必ずしも統一されていない。

我々の住む世界(娑婆)は、この六つの世界から成り立ち、前半三つを三悪道、
後半の三つを三善道とも呼びます。

人間は人間界にいますが、この世で悪行を繰り返せば、畜生や地獄に生まれ変わ
り、善いことを積み重ねれば天(神々の国)に生まれ変わります。
これを六道輪廻(りんね)と呼びます。

地蔵菩薩は娑婆世界を守るのが使命で、この六道すべてを守護するといわれて
おり、一つの世界に一体ずつ地蔵を配した六地蔵が作られました。


P1090372.jpg

  ところで、入り口には赤い帽子を被った七地蔵がいたが

    六地蔵と七地蔵の違いは? 同じお寺に2ヶ所も?

          いまだ疑問はまったく解消せず...

↓参道入口の左側にあった七地蔵
P1100864.jpg

     さらに金堂の前に”地蔵菩薩半跏像”が鎮座!

【地蔵菩薩半跏像とは】ネットから

”地蔵菩薩半跏像”は1797年(寛政9年)佐野天明の鋳物師丸山善太郎藤原重政作。
半跏(はんか)とは立てひざの様な姿。地蔵菩薩では珍しいそうです。


           P1090376.jpg

            後ろから見た地蔵菩薩半跏像

             腰あたりに穴が開いてる...

       ここを支柱として大きな”○○?”があったが盗まれたらしい

           P1090449.jpg

        さらに参道の左側に”東照宮”の標柱

      ここに”日光東照宮”関連の建物があった?
  (このお寺を60年見守ってきたという先代住職の奥様に聞いたが...不明)

    明治の神仏分離政策時に撤去された跡だそうです

P1090377.jpg

          さらに目の前に飛び込んでくるのが

     3月、大修理を終えたばかりの巨大な茅葺屋根

     県有形文化財の”醫王寺金堂”が圧巻です

            詳細⇒【金堂修復のニュース】


【醫王寺金堂概要】:ネットから

醫王寺金堂は元禄年間(1688~1703)に再建された建物です。桁行き
5間、梁間5間、寄棟、茅葺、一間向拝、高さは20mあります。

壁は内外ともに朱色で塗られ欄間や蟇股などには繊細な彫刻が施されています。
特に屋根四隅には力士像が鎮座し建物の四方を霊的に守っているようです。

内部は内陣と外陣に分かれていて、内陣には須弥壇が設けられ内部にはさらに
宮殿があり薬師三尊像が安置されています。

醫王寺金堂は当時の建築を伝えるものとして、栃木県指定重要文化財に指定
されています。


P1090378.jpg

       金堂の極彩色豊かな色使いにも驚いたが

     周囲に施された彫刻も数多く素晴らしいの一言

P1090381.jpg

          茅葺屋根の厚みには更にビックリです!

           何重にも重ねて葺いたようだが...

P1090383.jpg

             左奥の裏側から見た金堂

P1090395.jpg

             右奥の裏側から見た金堂

P1090436.jpg

        金堂正面の二本の柱に施された彫刻

  架空の象と龍? 何とも彫刻の足裏の形が可愛い?

P1090392.jpg

       金堂の四隅の彫刻...魔除けのようです

          姿は鬼のようですが形が違います

P1090388.jpg
P1090390.jpg
P1090391.jpg
P1090385.jpg

   そして金堂の床下...いろいろと説明を受けたが

     凄い! と思っただけで内容を覚えていない

P1090447.jpg


                 次回は唐門を紹介します
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント長さん | URL | 2012-08-20-Mon 08:40 [EDIT]
これは立派なお寺ですね。
魔女さんが言われたとおり、ケン坊さんの興味を引きましたね。
いつも思うことですが、これだけの伽藍を作るには膨大が資金が必要ですが、信者だけではとても賄いきれませんよね。
為政者のような強力なスポンサーがいたんでしょうね。
本当に田舎なんですよ(周囲は田畑です)
コメントケン坊 | URL | 2012-08-20-Mon 22:32 [EDIT]
【長さんへ】
こんばんは。
おっしゃるとおり、とっても立派なお寺さんです。
でもケン坊は基礎知識がないので、どうしても上辺だけを
追いかけてしまいます。
長さんなら違った視点があったと思います...。
先代の方は苦労しながらも、保存・維持に勤められたらしい
ですが、時代が変わったせいでしょうか?
いまは檀家も減る一方のなかで、金堂の修理や付帯設備の
修復にはかなりの苦労をされているようで、スポンサーは
...聞きましたが本当のところは判りません!
茅葺き屋根
コメント亀三郎 | URL | 2012-08-21-Tue 00:44 [EDIT]
こんばんは
茅葺き屋根の
こんな立派なお堂が、鹿沼にあったんですね
知らなかった、、、
粟野ならば
すこし前に紹介されてた
鷹ゴルフの近くのお蕎麦屋さんとセットで
回るのもいいかもですね!^^v
鹿沼歴史探訪・・・
なんちゃって
正解です!
コメントケン坊 | URL | 2012-08-21-Tue 05:19 [EDIT]
【亀三郎さんへ】
おはようございます。
よく覚えていてくれましたね...ケン坊のネタは全て
お見通しって感じですね~>参った<
そうなんです。あの宮入という蕎麦屋と、水を掛けると
お地蔵さんが浮き出る石とセットだったんですよ。
(お寺がメインで出かけたんですが、纏めが難しくて
 報告が一番遅くなってしまったんです)
次回も他のログとの兼ね合いで飛び石連休になりそう!
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.