FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
栃木百名山70座目の”台倉高山”から報告(中編)
2012-06-27-Wed  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
24/06/23撮影【前触れと違ったオサバグサ群生、今回は”それ”が目的ではないので...】


    栃木百名山70座目”台倉高山”中編の報告
       (前編の鹿の休み場をスルーしたところから再スタートします)


    桧枝岐村が企画する”オサバ草祭り”に敬意を表して

             先ずはオサバグサを再び掲載

P1080878.jpg

         鹿の休み場を過ぎて20分近く経過...

      湿原(以後、田代と表現します)が近いのかな?

          コバイケイソウが顔をのぞかせています

        開花にはまだまだ時間がかかりそうですね

P1080881.jpg

              思ったとおり田代が出現!

     広くはありませんが開けた世界に何となくホッとします

P1080882.jpg

       そして”タテヤマリンドウ”が田代全体に...

P1080970.jpg

      今が旬という感じで咲いています 綺麗です!

P1080888.jpg

            田代の奥を見ると青空に山々が

          多分ですが...日光連山のようです

 左に女峰山、右に男体山と大(小)真名子が重なってる?

P1080890.jpg

          田代を過ぎると足元にピンクの花が

    よく見ると”イワナシ”ですね(イメージではもう少し白いような)

P1080892.jpg

     さらにピークを過ぎた”ショウジョウバカマ”も何個か

P1080893.jpg

次の田代が出現! 標柱に”三段田代”と表示されてます

        単なる田代の名前かと思っていたが...
(後で判明。田代が3個連なってました(段々になっているので三段田代という?))

       ここは真ん中の田代で一番広い田代です

P1080896.jpg

     こちらの田代から見る山々は先程とは違います

      こちらも推測ですが、形から”高原山”かな?
    (自信がありません。間違っていたらお知らせ戴けるとありがたいです)

P1080897.jpg

      やはり標高2000㍍級になると寒いんですね~

     コースにこそありませんでしたが両側や沢には残雪も

P1080900.jpg

もしかして”ミヤマカタバミ”(まだ開花前なので断定できず)
↑ミヤマカタバミで確定(長さんよりアドバイス)

P1080903.jpg

       そして”イワカガミの蕾とミツバオーレン”です
  (もう一枚、咲いていたイワカガミとのコラボ写真はボケちゃって残念!>悲<)

P1080910.jpg

       どうしても足元の花ばかり探してしまうケン坊

    時々 後方から”たまには上を見たら”という魔女の声

       慌てて上を向くと”ミネザクラ”が咲いてましたよ

P1080912.jpg

       しばらく泥濘のなかでアップダウンを繰り返し

      またもや後方から魔女の突拍子もない声が...

                熊が出たのか?

   急いで振り返ると、魔女が...右手方向を指差してる

     おぉ~ 木立の間から何と”残雪の会津駒ケ岳”

ケン坊も思わず”ヤッターマン状態”(アニメの”ヤッター ヤッター ヤッターマン”)

           こうなったら早く山頂へ行きたい!

P1080916.jpg

 逸る気持ちを抑えながら再びケン坊の目は足元に>笑<

       変わった花のようなものが目についた...

    姿はミツバオーレンのような...判らないままパチリ
 (後で調べたらミツバオーレンの実でした。失敗です。ちゃんと撮ってくれば...)
 6/27 修正:セリバオウレンの実です(長さんよりアバイス)

P1080917.jpg

             コースの左側が開けてきました

    前方にガイドブックで見たピラミッド型の山が現れました

        そうです その山こそが”台倉高山”なんです

     台倉高山の手前下に茶っぽく見えるのは”ミネザクラ”

P1080923.jpg

         間もなく山頂が近いという気配を感じる

          シャクナゲがアチラコチラに咲いてます

P1080930.jpg

          本当に最後の登り(やや急登です)

   喘ぎながら最後の力を振り絞り...後10㍍で山頂

P1080931.jpg


”中編”はココまで 勿体ぶってる訳ではないが申し訳ない!

           次回は完結編(後編)です
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント12
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
2000m級
コメント亀三郎 | URL | 2012-06-27-Wed 06:29 [EDIT]
おはようございます^^
やはり
2000m級になると、ぐっと山の雰囲気が変わりますね
高山植物の種類、山から周囲の景色、そして登山道
なにより、まだ残雪があるっていうのが
県南の低山との『違い』ですね!←当たり前かぁ、、、汗
しかし、シャクナゲ、ミネザクラ・・・・などなど
痛んでる感じもなくて、いい写真が撮れてて
羨ましいです。
こうゆうのは、事前に情報を確認されてから
今回の登山は。計画されたのですか?
眺望
コメント頭変僕 | URL | 2012-06-27-Wed 06:52 [EDIT]
おはようございます。
山頂からの眺めは障害物もないのでどこまでも見渡せますね。
半面、知っているつもりの山も形が違ってみえたり、なんと言ってもとんでもない方向にあったりします。
以前ヘリコプターに乗って仕事してたときに、道路がとんでもないほうを向いているのにビックリしました。
コメント長さん | URL | 2012-06-27-Wed 10:10 [EDIT]
タテヤマリンドウの目の覚めるような青がいいですね。
イワナシ、初めてです。実は小さいけれど、食用になるそうですね。
2000m級なら、ミヤマカタバミと判断して良いのではないですか。
ミネザクラや残雪が見られましたか。
セリバオウレンの実は面白いですね。日光植物園で、コセリバオウレンの実を見ましたが、全く同じ形でした、当然か(笑)。
入山者が居るか居ないかが最大の基準!
コメントケン坊 | URL | 2012-06-27-Wed 18:10 [EDIT]
【亀三郎さんへ】
こんにちは。
確かに里山と同じということにはなりませんよね。でも危険という
視点では高山も里山も同じだと思います。
里山でも人命にかかるリスクはあり、ちょっとした不注意で大怪我
をすることも多々ありますから...
今回の判断基準は、入山者が居ることでした...土日、花の時期は
その条件を満たすポイントで、結果的に花々に恵まれました。
つまり、未知の山は花のことなど念頭にありません>笑<

360度のパノラマ
コメントケン坊 | URL | 2012-06-27-Wed 18:45 [EDIT]
【頭変僕さんへ】
こんにちは。
2000㍍級ともなると眺めが良いですね~ 満足の山行きでした。
山の名前は難しいですね。見る角度で形が違いますから...
えっ ヘリに乗っての仕事もしていたんですか? 何の仕事かな~
那須、塩原、足尾方面には絶対無理の山が沢山あります。
いま、TVで熊出没のニュースをやってました。
今年は塩原方面はダメかな?
満足の山歩き(じゃ無くて花三昧)
コメントケン坊 | URL | 2012-06-27-Wed 18:55 [EDIT]
【長さんへ】
こんばんは。
鮮やかなタテヤマリンドウは、これまでの中でもトップクラスです。
イワナシはもう少し白いというイメージでしたが、ネットで見ると
そうでも無かったです(単なる思い込みだったようです)。
ミヤマカタバミ? 長さんのお墨付きを戴ければ鬼に金棒>笑<
2000㍍級(会津駒、ヒウチ、平ヶ岳...)はみんな冠雪。
セリバオーレンでしたか~ ありがとうございます。
早速修正しておきます。
台倉高山
コメントリンゴ | URL | 2012-06-27-Wed 19:27 [EDIT]
やはり近くの帝釈山や田代山に雰囲気がそっくりですね。
興味はありますが、桧枝岐村から登山口までの荒れた林道がネックでしょうか。

そうそう、熊といえば、日曜日に沼原~白笹山~南月山~姥が平~沼原を周回したブロ友が途中で熊を目撃したらしいですよ。
三斗小屋との分岐を過ぎて沼原に向かう途中で登山道を横切ったという話です。
今年はいつもより注意が必要ですね。
素晴らしい山頂でした
コメントケン坊 | URL | 2012-06-27-Wed 19:48 [EDIT]
【リンゴさんへ】
こんばんは。
帝釈山と台倉高山は山頂が見晴らしが良くそっくりですね。
そうですね。桧枝岐から駐車場までが厳しいですね。
事前調査(ネット)で確認したときは、車でぜんぜん問題ないと
あったので...要注意の砂利道でした。
熊! 先程、塩原で2頭罠にかかったようで...今年は熊の
ニュースが多いように思いますが、山はオフシーズンじゃないと
ダメですかね~
もっとも人数が多ければ大丈夫? 甘いかな~
サラサドウダン
コメント亀三郎 | URL | 2012-06-27-Wed 20:15 [EDIT]
こんばんは
先日、情報を頂いた登山道脇の植物ですが

Lucianさんから下記コメを頂きました

サラサドウダンは花が下向きに咲いて、実は上向きになりますが、ある程度熟してから上を向きます。
今は花期が終わって結実期の始めなので、花の時の延長線上で下を向いているのです。
一ヶ月後には上向きに転ずる頃です。
そういうわけで、サラサドウダンの実で正解でした。

なのでサラサドウダン(結実中)で確定させたいと思います。
ご協力ありがとうございました(ペコリ)
結果はOKだったんですね?
コメントケン坊 | URL | 2012-06-27-Wed 22:32 [EDIT]
【亀三郎さんへ】
こんばんは。
ご丁寧にありがとうございました。
Lucianさんって凄いですね~ ずいぶんと詳しい方ですね。
(ケン坊の説も間違いでなくて良かったです>冷;<)
コメントkimichan | URL | 2012-06-28-Thu 17:29 [EDIT]
こんにちは
未踏の山です
沢山の花羨ましいです
ミネザクラまだ咲いてるかしら
リンドウにも会いたいし~~
行ってみたくなりました
思いがけない出会いでした
コメントケン坊 | URL | 2012-06-28-Thu 19:12 [EDIT]
【kimichanへ】
こんばんは。
何しろここは遠いですからね~ 一泊で複数の山をセットが
良いかな~と思います。
おかげさまで天気や高山植物に恵まれました...
タテヤマリンドウがとっても綺麗で満足の歩きでした。
ただミネザクラはピークを過ぎてますしたね。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.