FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
佐野市”朝日森天満宮”(とちぎ鎮守の森めぐり)17/35
2012-02-10-Fri  CATEGORY: 鎮守の森めぐり(栃木県内:24年度)
24/01/24撮影【神社仏閣ブログは難しい...知識も何も無いからネットに頼っちゃう!】

           見るからに神社らしい参道!

朱塗りの灯篭と梅が似合う”朝日森天満宮”


神社名:朝日森天満宮(あさひもりてんまんぐう)
祭 神:菅原道真公
配 神:豊受姫命 火産霊命


【由緒書】ネットより

平安時代、藤原秀郷公の孫足利次郎太夫家綱、無罪の罪に陥れられし時、大宰府天満宮に
参篭一心不乱に祈念した処、ようやく冤罪がはれ、所領が安堵された。

家綱はこの偉大な神恩を感謝し、唐沢城中の天神沢に天満宮を勧請して尊崇の誠を尽くした。
以後、佐野氏の累代及び一門は祖先の遺志を継承し守護神として崇敬して来ました。

その後、慶長七年(1602年)、時の城主佐野信吉、幕府の命により佐野天明郷春日岡
(今の城山公園)へ城を移すに際し、天満宮も現在地に遷座され、地名を冠し、朝日森
天満宮と称した。

以来、佐野の氏神として、当地の人々より天神様と呼ばれ、親しまれてきました。


P1030356.jpg

朱塗りの灯篭も奉納額によって大きさが違う?

P1030355.jpg

参道の石畳脇に造られた奉納者の名前が書かれ

P1030353.jpg

参道を歩くと風格のある”神門”が目の前に...

           金箔の”朝日森”の文字

P1030352.jpg

2日前の雪を載せた”拝殿”も立派です

P1030345.jpg

こちらは神楽殿の方から見る”拝殿と本殿”

雪の境内も良いものですね~ 願いが叶いそう!

P1030350.jpg

天満宮といえば”なで牛”

P1030338.jpg

【神牛 天神様のなで牛】ネットから

”神牛 天神様のなで牛”は、梅が天神様のシンボルであるのと同様に牛(神牛)も天神様の
トレードマークです。
当宮の御祭神”菅原道真公”は、承和12年乙丑(きのとうし)のお生れということもあり、
反芻(はんすう)類の牛が繰返し噛砕き消化することを学問になぞらえ、大変かわいがられ
ました。


            P1030337.jpg

狛犬の他に”なで牛”が...   狛牛って言うの?

P1030344.jpg

なで牛の奥に”筆塚”が...

【筆塚】ネットから

この筆塚は、書家や書道に励む人達が日頃親しみ、愛用していた筆をねぎらい、一層の
上達を願って、使用していた筆に感謝の心を込めて納めた碑です。

平成14年御祭神菅原道真公御神忌千百年祭を記念し、佐野書道愛好素山会有志の奉納で、
書道文化の更なる発展を願い建立され、全国でも有数の筆塚と多くの書家より高く評価
されています。


P1030340.jpg

筆塚の隣に市指定史跡「菅神廟碑(かんじんびょうのひ)」が

P1030343.jpg

【菅神廟碑(かんじんびょうのひ)の説明板】ネットから

市指定史跡 菅神廟碑
碑身 高さ一六三糎、幅六四糎、正四角柱、伊豆青石(通称小松石)
篆額 正二位行大納言菅原朝臣在家
選文 伊豆の人 東里中根若思
碑字 唐顔真卿書「顔氏家廟碑」より下野の須藤温集字 天明二年(1,782)
建碑 天明七年(1,787)須藤温の子茂永

当宮の御祭神菅原道真公の徳をたたえ、人々を啓蒙し、永く後世までも人々を教え導く
ために、当時、祭事を奉仕していた松村広休等が、佐野に住み学問を教えていた江戸で
有名な陽明学者中根東里先生に碑文をお願いし、先生もその熱意に感じて、この文を
作られました。

碑字は今から約千二百年前の中国の大書家顔真卿の顔氏家廟碑拓本から須藤温が実に
苦労して集字し、その子須藤茂永が建碑したものです。

この碑のすばらしいところは、天神様の御神威の偉大さと、それを表現した東里先生の
名文、刻字の立派なこと、建碑関係者の厚い敬神の念等が美事に渾然一体となっている
ことで、天下にも稀な信仰碑であります


P1030342.jpg

これは立派な神楽殿です

P1030348.jpg

拝殿の右側には境内社”八社”が祀られています

 名 称    御 祭 神
日本武神社 日本武命 (やまとたけるのみこと)
稲荷神社  豊受姫命 (とようけひめのみこと)
道祖神社  猿田彦命 (さるたひこのみこと)
白山神社  菊理媛命 (きくりひめのみこと)
千勝神社  武甕槌命 (たけみかづちのみこと)
八坂神社  素戔嗚命 (すさのおのみこと)
琴平神社  大物主命 (おおものぬしのみこと)
大市姫神社 大市姫命 (おおいちひめのみこと)


P1030346.jpg

なで牛のフェイスタオルとスタンプ(フェイスタオルは@300です)

P1030376.jpg


今度、梅の花の咲く頃に再度訪ねてみたいですね!
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
天満宮
コメント頭変僕 | URL | 2012-02-10-Fri 07:20 [EDIT]
おはようございます。
天満宮と名のつく神社は結構あるんですね、学問の神も共通のようで必ず牛がいます。
本殿や神楽殿が立派ですね、どうも西水沼の天満宮とだぶってしまいます。家紋までおなじなんですね「丸に梅鉢」そのせいか境内に梅林もある。
神社巡りもちょうど半分ですね!
コメントkimichan | URL | 2012-02-10-Fri 09:31 [EDIT]
こんにちは
なで牛っていろんなところにあるのですね
大山に登った時登山口の近くにありました
願い事しましたか?
願い事がかなうといいですね
コメント長さん | URL | 2012-02-10-Fri 10:41 [EDIT]
天神さまと言えば梅の花ですが、今年は我が家の近所の梅がまた開花しません。梅の花もビビるほど寒かったんですね。佐野市あたりでも、雪が残るのは珍しいことなんでしょうね。
西水沼だけが残っちゃった~
コメントケン坊 | URL | 2012-02-10-Fri 21:06 [EDIT]
【頭変僕さんへ】
こんばんは。
ケン坊も天満宮は”西水沼の天満宮”をイメージしちゃいます。
西水沼も対象なんですが、ちょっとコースの関係で”めぐり”から
今のところ外れていて...こっち方面は終了しちゃったので、
後で単独で詣でる予定です。
家紋が同じだったとは知りませんでした。へぇ~そうなんだ~
お陰さまで半分を掲載できました。実際にはあと一桁なんですよ。

就活の願いは?
コメントケン坊 | URL | 2012-02-10-Fri 21:10 [EDIT]
【kimichanへ】
こんばんは。
天満宮となで牛...アチコチで見かけます。
願い事? もちろん就活のことで...>笑<
でも就職するって難しいですね。
今までと違って”面接される側”です。
厳しいですよ。
雪が融けない!
コメントケン坊 | URL | 2012-02-10-Fri 21:16 [EDIT]
【長さんへ】
こんばんは。
花便りを見聞きすると、やはり今年は寒いんですね~
梅の花の蕾がまだまだ硬くて小っちゃいです。
1月20日前後に、たった一回降った雪の影響が結構残ってましたね。
古賀志山なども北側は雪が残ってます...
トラックバック
TB*URL
<< 2020/08 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.