FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
宇都宮市”栃木縣護國神社”(とちぎ鎮守の森めぐり)16/35
2012-02-08-Wed  CATEGORY: 鎮守の森めぐり(栃木県内:24年度)
24/01/19撮影【護國神社:お国のために亡くなった方の英霊を祀った神社と思って...】


      ママチャリで”八坂神社”を参拝した後は


            英霊に感謝しつつ心を癒せる

  鎮守の森”栃木縣護國神社”を詣でました





護國神社は一昨年の夢福神めぐりで紹介済ですが

   当時、栃木縣護國神社は平成の大修理中で

目的果たせなかったので、一部、今回紹介します!



新装?なった裏参道鳥居!

護國神社には3基の鳥居がありました。いずれも明神鳥居と呼ばれる様式。
鳥居は、もともと神聖な空間への入口に建てられると言われます。


P1030244.jpg

前回の夢福神めぐりの時は不在だった”バク”が

裏参道入口(境内の外)にあった(新しいので作り変えたのかも?)

P1030245.jpg

ここは社殿前庭の鳥居です (表参道と裏参道の合流地点)

鳥居を潜ることでお祓いを受けたと同じご利益が?

P1030246.jpg

満州開拓青年義勇隊慰霊の碑です

広い敷地には多くの慰霊碑が建立されていたが

その代表としてアップしました...

P1030247.jpg

新たに”特攻勇姿の像”が建立されたようです

平成22年8月14日、大東亜戦争末期に爆弾を積んだ飛行機や人間魚雷「回天」などで
敵艦突入を命じられ、特攻に出撃して戦死した20歳前後の特攻隊員たちを慰霊し語り
継ごうと、境内に 顕彰碑 「 特攻勇士の像 私たちは決してあなたたちを忘れない 」
が建立され、戦没者追悼式が開かれた翌15日の終戦記念日に除幕式が行われた。


P1030248.jpg

おもむろに本殿に向かいます...先ずは拝殿へ

【拝殿とは】ネットから

拝殿は参拝のための社殿です。神社にお越しの際はどうぞこちらでご参拝ください。拝殿は
特徴的な「翼廊」を備えた様式となっております。
世界遺産の平等院鳳凰堂と同じように拝殿の左右に翼を広げるように回廊が広がっています。
この回廊を翼廊と呼びます。
護国神社に多く用いられることから、この翼廊を備えた社殿構成を「護国神社様式」と呼び
ます(護国神社以外では、足利市の織姫神社でも用いられております)。


【本殿とは】ネットから

本殿はご祭神のご神霊を宿したご神体をお祭り申し上げている社殿です。神社で最も大切な
場所です。流造(ながれづくり)と呼ばれる建築様式にて建てられております。
屋根には千木と鰹木が据えられ、鰹木の側面には当神社の神紋の桜紋が刻まれております。


P1030249.jpg

境内社に”粉穀宮(ごこくのみや)”がありました

”護國と五穀”...”五穀豊穣”の氏神様だそうです

神様もダジャレが判る? これは初めて知りました

P1030251.jpg

幟の上部には”掌”を模ったマークがありました...

指には夫々”和菓子・拉麺・蕎麦・うどん・洋菓子”と

これが”五穀”ということなの?

P1030252.jpg

これが栃木縣護國神社のスタンプです(少し苦労したが...)

            P1030272.jpg



【栃木県護国神社とは】ネットから
靖国神社や全国の護国神社と同じく、国家公共に尽くされた英霊に感謝するとともに、
郷土・国家・世界の繁栄と平和、人々の幸福を祈る場です。


【宇都宮招魂社の創建】ネットから
栃木県護国神社の前身「宇都宮招魂社」は、明治5年(1872)年11月に、旧宇都宮藩知事
(最後の藩主)戸田忠友をはじめ旧藩士・有志の人々により創建されました。


【歴史】ネットから
当初の御祭神は、戊辰の役に殉じた従三位戸田忠恕公(旧藩主)及びその臣下等96名の、
97柱の英霊です。明治8年4月に、太政官布達第67号により、戊辰の役殉難者は国家が祀る
こととされ、官祭招魂社となりました。

以後宇都宮招魂社は、西南戦争・日清戦争・日露戦争など数々の戦役における栃木県出身
の殉国の英霊も、併せてお祀りしています。

以降、栃木県出身の戦没者、殉職警察官、殉職消防士らの英霊を合祀している。昭和14年
(1939年)、内務省令により内務大臣指定護国神社となり、栃木県護国神社と改称し、
翌年の昭和15年(1940年)には現在地に遷座し、殉職自衛官の英霊も合祀している。

戦後、全国の護国神社はGHQに軍国主義施設と見なされることを避けるために改称したが、
栃木県護国神社も昭和22年(1947年)に彰徳神社と改称し、占領軍が去った昭和28年
(1953年)に栃木県護国神社と改復称した。


スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント長さん | URL | 2012-02-08-Wed 10:13 [EDIT]
漫画チックな、ミッキーマウスに似たバクが登場しましたね。
護國と五穀ね、なるほど。しかし、和菓子・拉麺・蕎麦・うどん・洋菓子で五穀とはチト苦しいですね。
粉穀宮という幟があるので、穀物の粉をお祀りしていうようですね。
穀物の粉
コメントケン坊 | URL | 2012-02-08-Wed 19:49 [EDIT]
【長さんへ】
こんばんは。
夢福神は9ヵ所とも似たり寄ったりのバクでしたね。
多少のアレンジはありましたが...
粉穀もゴコクと読ませるようで。
本当は”コゴク”の方が素直に読めるんですが>笑<
五穀じゃなくて粉穀ですね。
ごめん
コメント頭変僕 | URL | 2012-02-08-Wed 20:04 [EDIT]
この神社は結婚式場も備えていて何度か行ってます。
粉穀宮が笑えます、中途半端な麺ですよ。私ならラーメン・・蕎麦・うどん・焼きソバにパスタです(爆
なかなかママチャリに遭遇できませんね。
リンクさせていただきました。
コメントひばらさん | URL | 2012-02-08-Wed 21:29 [EDIT]
夢福神めぐりの件で。

ちょうど護國神社の回でしたね。
こちらにもバクが・・

いつかやろう、やろうと思っているんですが、
なかなか「夢福神めぐり」できてないんですよね~
四麺楚歌
コメントケン坊 | URL | 2012-02-08-Wed 21:54 [EDIT]
【頭変僕さんへ】
こんばんは。
何を”ゴメン”してるのかなと思ったら...五麺のことですね>笑<
ラーメン、蕎麦、うどん、焼きそば あぁ~ケン坊は四麺楚歌だった~
ママチャリも寒くてね~ また、そのうちに出かけますよ。
ご遠慮なくどうぞ
コメントケン坊 | URL | 2012-02-08-Wed 22:00 [EDIT]
【ひばらさんへ】
こんばんは。
ご丁寧に...いつでもご遠慮なくどうぞです>笑<
ひばらさんの行動力にはビックリです。
こちらが”ひばらさんの身体”を心配しちゃいますよ。
お大事になさってくださいね。
”夢福神”は逃げません...ゆっくり行きましょう!
トラックバック
TB*URL
<< 2020/06 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.