FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
赤城山を歩く・駒ヶ岳(こまがだけ)と覚満淵
2011-11-02-Wed  CATEGORY: 日本百名山
23/10/28【黒檜山と駒ヶ岳は尾根で繋がっているので、当然のように登ってしまいますが】


赤城山の最高峰”黒檜山”を後にして

  次峰”駒ヶ岳(こまがだけ)”に挑戦!


黒檜山山頂の絶景に後ろ髪(無いか!)を引かれながら別れを告げて...(10:20)

新・旧? 旧・旧の道標が立ち並ぶ分岐を...直進して駒ヶ岳方面へ向う

DSCN9820.jpg

少し歩くと鳥居と大きな岩が現れました。”黒檜山大神”です。

鳥居の脇の岩には”御黒檜大神”と刻まれた大きな石が祀ってある?

DSCN9834.jpg

今度は急な下りを...でも岩ではなく丸太や板の階段が多いです

かなり降りたと思っても時間的にはまだまだ。右奥に見える山が駒ヶ岳のようですが

折角降りたのにまた登る? 人間は何という無駄なことするんだろう!

DSCN9839.jpg

振り返れば おぉ~ 黒檜山だ~ さっきまであの山頂にいたのに...

なだらかな山なんですね~  あの険しい岩がゴロゴロしていた山とは思えない。

DSCN9843.jpg

コースの両側には熊笹が一面を覆ってるが、大タルミの地は歩き易い

あと400㍍の表示が...  おぉ~ 歩くペースが意外に早いかも?

DSCN9847.jpg

丸太と板の登り階段が延々と続きそう...上を向いて歩くと萎えてしまいそうなので

ひたすら下を向いて一歩また一歩と登ります。階段が終わり、ふと顔を上げると?

目の前に”駒ヶ岳”の山頂を示す道標が...二つ目もクリア!(10:55)
(左奥の白い板が山頂の表示版です)

DSCN9848.jpg

雑木で山頂の半分は見晴らしは良くないですが...後に見える山は”黒檜山”です

DSCN9851.jpg

そして山頂から見る”地蔵岳”だ。

山頂にアンテナが何本も...見えます。その左は”荒山”ですか?

DSCN9855.jpg

いよいよお昼も終わり、大沼に向って下山です。(11:15)

鉄製の長い階段が待っていました。この後も何ヶ所もありました...

下りだから良いけれど...登りだったら厳しいでしょうね~

DSCN9859.jpg

僅かに残った紅葉? です。一応、情報として掲載しておきますよ...

DSCN9860.jpg

ようやく”駒ヶ岳登山口”に到着です。(11:51)
(覚満淵から徒歩3~4分のところです)
DSCN9862.jpg




【覚満淵】(11:50)

せっかくなので、草紅葉の覚満淵を一周することにしました。山の落葉状況から、

期待してませんでしたが、意外や意外、青空と山と沼と草紅葉...

DSCN9797.jpg

逆光がまた良い雰囲気です。こちらは”長七郎山”良いのかな?

長七郎山はこの奥のような気がします。(小地蔵岳かもよ...)

DSCN9868.jpg

こちらは、地蔵岳の裾野に、ピークを過ぎたが覚満淵の草紅葉が似合います!

DSCN9871.jpg

コチラは、先ほど征服したばかりの”駒ヶ岳”です。黒檜山と同じように形が良いです。

DSCN9872.jpg

アヒルの番が出迎えて...早速”ケン坊とアヒルたち”を演出してみます

DSCN9880.jpg

赤城山は山だけではありませんね~ こんな感じの良い風景に出会えるなんて...

DSCN9881.jpg


次回は、oyaziさんの待つ? ”長七郎山”です。
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント10
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント | URL | 2011-11-02-Wed 06:23 [EDIT]
おはよう^^
黒桧から駒ケ岳そして覚満淵・・・・
その後長七郎山とはタフガイですね
奥様もよくぞ付いて歩けますよ
御夫婦仲睦ましく登る姿に拍手です
魔女の意気込みにビックリ
コメントケン坊 | URL | 2011-11-02-Wed 07:40 [EDIT]
【oyaziさんへ】
おはようございます。
いやいや、思ったほどではなかったですよ(~なんて強がったりして)
実は、魔女が”地蔵岳も登りたいフリ”をしたので無視しました>笑<
覚満淵を一周も30分はかかります。この時点では長七郎山は無いと
いうことで、眺めの良い場所で、長めに休憩していたんですが...
我が家はそれぞれが半端な人間なんで、二人で一人前なんです>苦<
拍手ありがとうございます。
コメント長さん | URL | 2011-11-02-Wed 15:04 [EDIT]
やはりなだらかところもありますね。山容が大きいだけに変化に富んでいるようですね。
湿原や沼があるとは知りませんでした。早速地図を見て見たら、覚満淵より大きな大沼、小沼と3つもありました。榛名湖は有名で、スケートに行ったこともありますが、赤城山は盲点でした。
タフガイ
コメント亀三郎 | URL | 2011-11-02-Wed 17:01 [EDIT]
こんばんは
続々と高い峰々を制覇されて、気分は最高!でしょうねぇ
みかも神社で死んでる誰かさんとは、、、大違いです、、、(恥ずかし)
あ、ところで、大師匠ご夫妻は、「杖」は使用されないんですか??
あったほうが、楽ですよね??
、、、
かくいう亀さん、、、
本日、、、杖、、、2本、、、亀母からGETしたのです(笑)
コメントkimichan | URL | 2011-11-02-Wed 18:45 [EDIT]
7月に登ったのは反対のコースでした
汗だらだらでした
お疲れさまでした

覚満淵も四季折々楽しめますね
赤城山は何度か遊びに行ってますが...
コメントケン坊 | URL | 2011-11-02-Wed 19:45 [EDIT]
【長さんへ】
こんばんは。
黒檜山から下りてきた”大タルミ”の部分はなだらかです。
山歩きも、全てが険しいところばかりじゃありません。
逆に、こういう場所だけだと、山も味気なくなってしまう
でしょうね。
大沼(おの)、小沼(この)と覚満淵と3ヶ所です。
ケン坊は”赤城マラソン”で、大沼の周囲を走ったりしてた
ので、赤城山には親近感を持ってます...
なのに、7峰から形成しているとは知らなかったんですね~。
喜びに変わる頃ですよ
コメントケン坊 | URL | 2011-11-02-Wed 19:54 [EDIT]
【亀三郎さんへ】
こんばんは。
苦しい分だけ登った後の気分は最高です!
ちょうどマラソンと同じですね。
走っている時は、苦労して何で走るんだって後悔してますが...
ゴールすると、次はどこの大会を走ろうかなって考えてる>笑<
亀さんも、下山するとジワジワと喜びに変わりますよ。
ほら! 帰りの車中は話題が豊富になったでしょう>笑<
杖は使いますよ。行った先で枝を見つけることもありますが、
大体は持参します。
亀母からGET? それはそれは大切に使わなくちゃ~ね。
覚満淵の草紅葉
コメントケン坊 | URL | 2011-11-02-Wed 20:59 [EDIT]
【kimichanへ】
こんばんは。
反対側からですか? しかも7月じゃ汗ダラダラでしょうね。
鉄の階段が多いのにビックリです。
7峰を登らないと赤城山を征服したことに成らないですよね?
もう一回行くようですね...来春かな?
覚満淵が良い雰囲気でした。
ここはセットで
コメント頭変僕 | URL | 2011-11-03-Thu 06:56 [EDIT]
黒檜と駒ケ岳は順序はどうでもいっしょに登りたい山ですよね、赤城山は7峰もあるのでは何度か通うようねすね。
紅葉にはちょっと遅かったようですから、ついでに雪山で挑戦してみてください、踏み跡があるので登山靴でのぼれますから。下山してワカサギ釣りなんていかがですか!
4峰(地蔵岳、荒山、鍋割山、鈴ヶ岳)は来春に
コメントケン坊 | URL | 2011-11-03-Thu 09:11 [EDIT]
【頭変僕さんへ】
おはようございます。
流れで”黒檜山と駒ヶ岳”は通り抜けで登る山ですね。
あと1回あれば、残りの4峰も踏破可能かなと思いますが、甘いですかね~
雪山で挑戦? ケン坊はビビッチャいます。
だって、車だって雪道を走ることはまず無いことですから...
根が臆病なんですね~ 寒さには強く、ワカサギ釣りにも憧れるんですが。
トラックバック
TB*URL
<< 2020/08 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.