FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
復元! ”平家の里”に寄り道取材(in湯西川)
2011-08-05-Fri  CATEGORY: 歴史探訪(宇都宮以外)
23/07/16【駒止湿原の帰りに立ち寄ったというより、寄り道したというほうが似合う?】

   湯西川は、

     ”平家の里”で


        再び活気を取り戻せるか?


【ネットから】
栄華を誇った平家は源平の戦いに敗れ、その落人達は源氏の厳しい追手から逃れて各地の
山奥に身を隠して自給自足の生活を始めました。

この秘境ともいうべき湯西川の地に落ちのびたのは「平忠実」の一族と言われ、湯西川の
川すじに湯が湧き出ているのを見つけて、そこで戦傷を癒やしそのまま住み着き、湯西川
平家の祖となったと言われています。
 



”冠木門(かぶきもん)”
平家の里の入り口です。見辛いですが平家の紋”揚羽蝶”。(因みに源氏は笹リンドウ)。

「冠木門」とは、2本の柱の上部に冠木(かぶき)を貫き渡した門のこと。

画像 927

「隠れ忍んで八百年 今日この里に甦る」 と刻まれた石碑  

画像 932

記念写真の撮影ポイント?
赤い唐傘と絨毯を見ると、何となく平安京の趣を感じませんか...(ケン坊だけか~)

画像 933

入口の冠木門を入って左手にあるのが一軒目の館”太敷館”です。
受付兼事務所ですね。  ここで入場料を500円支払って...。

画像 935

広い敷地内には、9棟の茅葺き屋根の民家が点在してます。

「平家の里」は、彼らがこの地で8百余年もの間、代々声を潜めて生活してきた古い家屋や
生活の道具を展示してますので、その一端を掲載します。

画像 937

画像 943

画像 940

画像 955

「床しどころ」では、等身大の蝋人形が展示され、平家の物語を年表や系図を交えて案内。

【ネットから】
入道姿の清盛、武者姿の敦盛、十二単に包まれた平家女人などが煌びやかな衣裳に包まれ、
平安&合戦絵巻を展開している。

さて下野の平家落人伝説だが、塩原と湯西川の二つある。

塩原系は平家の都落ちのあった1183年なのに対し、湯西川では壇ノ浦に滅んだ1185年以降
となる。

湯西川の伝承では、途中に潜み隠れたのが「鶏頂山」。ここで起きた源氏からの追討事件は
「本家伴久」にもあった「落人伝説」で、いわゆる「平家落人伝説」らしい結びへと繋がる。

つまり、隠れ住んだ「鶏頂山」で一族の女性が出産したので、男児が生まれた喜びから幟を
掲げたところ、源氏の追手に隠れ家を発見され大敗して深手を負った。

ようやく命からがら湯西川へ逃げのび、以後は鯉のぼりを上げなくなり、鶏も飼わない風習
が続いた(鶏に関しては「時を告げるから」という事だった)。



入道姿の”平清盛”

画像 957

こちらは”平敦盛”
美少年ですよね...源平合戦にならねば、若くして命を絶つことも無かったのに

画像 960

”伝習館”
里内最大の建物で、平家大祭のようなイベント時は特設ステージに模様替えします。

画像 963

”赤間神宮” 
【ネットから】 
下関の本宮「赤間神宮」から、昭和60年(1985)に分祀を得た分社で、安徳天皇を祀る神社
である。
天皇でありながら、平家とともに壇ノ浦で水死を余儀なくされた安徳帝の冥福を祈り、霊魂を
鎮めるため、1191年、朝廷は長門の国に使いを出して御影堂を建立し、篤い崇拝を欠かさな
かった。
明治時代には、阿弥陀寺が廃され、かわって天皇社となり「赤間神宮」と定まっていたので、
湯西川でもそう呼称される。

拝殿の右側に小さな滝がありましたが...人工的な滝のような雰囲気も

画像 966

鹿が登場です。
あれ~ラッキーと思いきや、ここに数頭の鹿が飼育されていました。野生ではありません。

画像 972

”よろず贖いどころ”
生産物直売所で、栗山産の農産物・伝統工芸品を販売する賄いどころなどに分かれている。

画像 942

”餉(かれい)の館”お休み処です
郷土食の店では、落人が食べた”きびもちやおしるこ(各400円)”が味わえる。

画像 975

”平家塚”
鶏頂山から逃げて来た落人達は、湯西川を安住の地と定め、ようやく武装を解き、甲冑、
刀剣などをここに埋めたと伝えられている。

画像 985

平家塚の案内板です
画像 984

駐車場の片隅に立つ”清盛公ノ木”
案内板には「樹齢800年」と伝える御神木の栗の木で、「太政大臣 平清盛公ノ木」とし、
「壇ノ浦の源平合戦以来、平家落人が身を隠し守り伝えし平家の里」と書かれてます。

画像 925

本日、駒止湿原までの遠出運転とハイキングの後だったので、ここは”はしょって”...。

湯西川は、もう一度ゆっくり訪ねてみたいです。 行こう 湯西川へ !
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントkimichan | URL | 2011-08-05-Fri 17:43 [EDIT]
こんにちは
いろんなところご存じですね
湯西川今年冬に行きましたが知りませんでした
事前に調べていくのがいいですね

流石ケン坊さん 拍手です
かまくらも良いイベントですね
コメントケン坊 | URL | 2011-08-05-Fri 21:44 [EDIT]
【kimichanへ】
こんばんは。
え~ 冬に湯西川へ? もしかして”かまくら”ですか?
冬はまた景観が違うでしょうね? 
いまイメージングしてますが、平家の里の雪景色...
良いかもよ。
マジで冬の湯西川はツアーじゃないと無理ですね。雪道は
大の苦手なので...
拍手ありがとうございます。
コメント長さん | URL | 2011-08-05-Fri 23:40 [EDIT]
駒止湿原の帰り道ですか。転んでもただでは起きませんね。あ、例えが違っちゃった(失礼)。
へー、湯西川が平家落人の里だったなんて。10年ほど前、湯西川温泉に泊りに行ったことがありますが、宿でも何も言っていませんでしたよ。ここはいつごろ開園したんですかね?
昭和60年に開園
コメントケン坊 | URL | 2011-08-06-Sat 05:59 [EDIT]
【長さんへ】
おはようございます。
>転んでも”ただ”では起きませんね
いや~、転びっぱなしですが>笑<、転ぶのもなかなか金がかかります...
タダではないんですよ。判っていながら転んじゃう^^;
今日も天気が不安定な日ですが、これから一人旅なんで...転ぶかも?
そう、開園したのは昭和60年とか言ってましたよ。記憶に違いが無ければ。

ケン坊も、平家の里というフレコミはかなり前から知っていて、湯西川には
出かけますが、メイン通り(ってあるか?)だけで帰ってきてましたので、
平家の里は今回が初めてです。転ぶのも悪くないでしょ!
トラックバック
TB*URL
<< 2018/11 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.