FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
西田井駅と北山駅・真岡線”撮り駅”の旅
2011-06-27-Mon  CATEGORY: 撮り駅(真岡線)
23/05/27【西田井駅と北山駅のあわせ技。流石に真岡線だけあって、真岡市に駅が6個も】

          真岡線の17駅をぜ~んぶ見(魅)せます

今回は”西田井駅と北山駅”周辺を紹介します
       (ご無沙汰です。真岡線の撮り駅は、まだまだ続いていますよ...)


*6/5、SLをキャッチ。(№6:また少しだけ大きくなりました)
画像 392


先ずは駅の位置確認です...
【茨城県側】
①下館~~ ②下館二高前~~ ③折本~~ ひぐち
【栃木県側】
⑤久下田~~ ⑥寺内~~ ⑦真岡~~ 北真岡~~ 
西田井~~ ⑩北山~~ ⑪益子~~ ⑫七井~~ 
⑬多田羅~~ ⑭市塙~~ ⑮笹原田~~ ⑯天矢場~~ ⑰茂木


西田井駅と北山駅は、ともに耳新しく(看板は益子に行く際に見かけた?)ケン坊にとって
知名度は”ゼロ”に等しい駅。

これが”撮り駅”効果かな。お陰で駅舎も見ることが...だから何なの?と言われそう。



【西田井駅:にしだいえき】

西田井駅は極々普通の駅舎です。駅の周辺にも目立った場所は(地図上)見当たりません。
北真岡駅から3㌔程度。ローカル線だから駅間の距離は都電並みでも良いが...

開駅は大正2年というから歴史のある駅なんですね(駅舎はH10年に改築)。真岡と益子の
中間地ということなので、もともとあった駅だったんですね。ある意味、納得です。

あった~ 職業訓練校に市営団地(規模不明)が。

画像 891

長閑な田園風景。少し遠くを見れば益子の山並みも見える...
上下線の入れ替え駅になっているので、何となくホームに出ても開放感が感じられる。

画像 894


西田井駅はもう終わりですか? と言われてしまいそうですが...

【北山駅】

真岡市最後の駅です。西田井駅から僅かに1㌔程度で”北山駅”に到着。

開駅は平成元年と比較的新しい駅です。駅といっても駅舎はなく”バス停”タイプの駅です。
近くには”旭光学”という会社が以前はあったが...今は?

画像 897

ホームにあった看板を見ると、以前、ケン坊が何度も行ったことのある”根本山公園”から
一番近い駅らしいです。(電車できた場合は、北山駅から歩いて行くらしい)
山頂にアンテナのような塔が見える山が根本山です。

画像 924


昨年、根本山公園の紅葉を発見した。コチラ⇒根本山の紅葉

画像 850

そして、根本山公園の入口には”足利尊氏ゆかりの能仁寺”があります。
それでは、能仁寺にちょっと寄り道してみます。駐車場は数十㍍手前の公園駐車場へ...

(写真は、昨年ブログで紹介しようと準備していたもので、クリックしても拡大しません)
画像 797

大雄山能仁寺(臨済宗妙心寺派)
南北朝期、足利尊氏を開基とし、仏国国師(那須雲巌寺の開祖)の高弟、不識妙宥禅師の
開山で康永2年(1343年)に建立された。本尊は釈迦如来(県指定文化財)である。

尊氏公から永一千貫の地を寄付されて鎌倉円覚寺派十刹の一に列し下野国では那須の
雲巌寺と並んで最高位の寺院となっていた。

応永26年(1419年)には、称光天皇から蒙古使に命じて書かせたと伝えられる「関東名藍」の
扁額を賜った。戦国時代末期に二度の火災、その後江戸時代に山崩れ等の災害にあったが、
仏殿(釈迦堂)と扁額は難を免れたといわれる。

仏殿には、足利氏の家紋である「丸に二引両」が附され、尊氏の木造やお位牌が安置される
尊氏ゆかりの由緒ある寺院である。
なお、尊氏は暦応元年(1338年)本寺から約五百メートル東の境沢の地に観音堂を建立し、
その守護として本寺院を建立したといわれている。


画像 894


釈迦堂(しゃかどう)
構造は宝形造で、間口・奥行ともに12㍍。

南北朝期の康永2年(1343年)に足利尊氏を開祖に建立された。
釈迦堂は天正年間の火災の際も災禍を免れたとされる能仁寺最古の建物である。


”木造 釈迦三尊像(南北朝時代のもの)”が釈迦堂に置かれているとのことだが、目を
凝らして中を覗いたが、薄暗くて何も見えませんでした。むしろガランとしていました。

像高:釈迦如来102.5㌢、文殊菩薩58.5㌢、普賢菩薩58.0㌢
中尊釈迦如来は彫りが深く、量感豊かな像である。

脇侍は獅子に乗った文殊・白象に乗った普賢ともに装飾的で軽妙な作である。
(H2 県指定文化財)

画像 897

「関東名鑑」の偏額は、応永26年(1419年)に称光天皇が蒙古の使者に書かせたものを
受けたといわれる。

画像 898


銅鐘(どうしょう)
総高147.0㌢、口径77.0㌢

江戸時代の享保3年(1718年)に、武江神田住の木村将監藤原安成によってつくられた。
能仁寺の沿革を印刻してある。

その行間には二次銘として、明治6年、宇都宮中学校(現宇都宮高校)建設のため、この
鐘の供出を求められたが、檀徒一同が献金して、これを免れた旨が刻まれている。


画像 901



外池酒造の詳細は後日報告

画像 900


*クリックしても拡大しない写真が多いので...悪しからず。
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント8
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントoyazi | URL | 2011-06-27-Mon 09:13 [EDIT]
今日もオフ会何で、拍手置いて行きます
あしからず
コメント長さん | URL | 2011-06-27-Mon 09:49 [EDIT]
足利尊氏が建てさせたお寺でしたか。当時は大変な寺勢を誇ったことでしょう。
「関東名藍」の扁額に書かれた「藍」とはどんな意味なんでしょうね。出藍の誉れなんてのがありますが、その藍ですね。
次はケン坊さんの好きな「お酒」ですね。
コメントkimichan | URL | 2011-06-27-Mon 17:29 [EDIT]
こんにちは
ここの酒屋さん寄ったことがあります
益子に行った帰りでしたよ
お酒買って帰りました
遠くへ?
コメントケン坊 | URL | 2011-06-27-Mon 20:59 [EDIT]
【oyaziさんへ】
こんばんは。
ご苦労様です。といってもoyaziさんには苦労ではないですよね。
調査不足!
コメントケン坊 | URL | 2011-06-27-Mon 21:13 [EDIT]
【長さんへ】
こんばんは。
さすがに長さんは”学(額)”がありますね~
ケン坊はそういうもんだと頭から決め付けてましたので、
深く調べもしませんでした>笑<
情報ありがとうございます。これから調べてみます。
お酒? ケン坊はまるっきりダメなんで...
この酒蔵でお酒を買ったんですか?
コメントケン坊 | URL | 2011-06-27-Mon 21:20 [EDIT]
【kimichanへ】
こんばんは。
へぇ~ 外池酒蔵でお酒を買われたんですか?
どうでしたか? 美味しいお酒でしたか?
そうか まずいなぁ~ ケン坊は眺めてきただけです!
(雨巻山の帰りに”酒蔵見学”のため寄っただけ)
マイナーですね
コメント頭変僕 | URL | 2011-06-28-Tue 05:56 [EDIT]
この駅は、2つ一緒に紹介していることからしてマイナーですよね。294を走っていて案内の看板だけ見かけます。真岡鉄道界隈は歴史ある建造物が多いんですね。
外池酒造だと益子までもう一息ですね!
まだあると思われる歴史的な建造物
コメントケン坊 | URL | 2011-06-28-Tue 21:31 [EDIT]
【頭変僕さんへ】
こんばんは。
ごめんなさいね。二駅をまとめちゃって...
正直言って、いままで看板(標識)を見るだけで駅舎は見たことが
ありませんでした。
駅を作る背景は...当時はニーズがあったんでしょうね。
丁寧に調べていけば、まだまだ多くの建造物に合えたと思いますが、
ケン坊のガサツさが邪魔して、見つかりませんでした。
外池酒蔵も震災の餌食になっていました。残念ながら...
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.