FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
来春に完成予定のJR雀宮駅舎(新設の図書館と高校が便利に)
2010-12-31-Fri  CATEGORY: 宇都宮駅・雀宮駅・西川田駅周辺
【三つセットだった工事? 最後の紹介はJR雀宮駅です】12/10

新・JR雀宮駅は平成23年3月26日に利用開始


少し遡って...今日掲載しないと”来春”の文字が使えないので、無理に滑り込ませた。

市立第三図書館、県立科学技術高校、そしてJR雀宮駅が来春から来秋にかけ利用開始です。
第3回目は”JR雀宮駅”の紹介です。

この案内板は西口正面から撮ったものです。ドーム型の屋根になるんですね。ハイカラー?
実用は来春の3月中旬。ただ、学校は9月開校だから学生は来春は見られません。

ケン坊は東武鉄道の西川田駅とJRの雀宮駅を、目的に応じて利用することにしてます。

↓ 西口から見た完成予想図
   でも、駅舎だけお色直ししても、国道4号線から駅までの道幅が狭く利用者は危険。
画像 465
↓ 上空から見た完成予想図
   橋上改札になるようで、東西も行き来ができるようです。
画像 466
↓ 工事現場の写真(西口から)。やっとドーム型の屋根が確認できます
画像 464
↓ 工事現場の写真(東口から)。半分から右は仮駅舎(現在使用中)
画像 470
↓ 東口正面からの写真。
   雀宮駅からコンコースを歩き新幹線下を潜ってでたところが本当の東口になります。
画像 768


【コンテンツ】ネットから
JR雀宮駅周辺地域において、文教施設などの都市機能の集積や駅機能の拡充、さらには、
駅へのアクセス性の向上など都市基盤の充実を図ることにより、宇都宮市南部の地域拠点に
ふさわしいまちづくりを推進する。
-中略-
整備を進めているJR雀宮駅新駅舎の利用開始を、来年3月26日とすることを決めた。
新駅舎は橋上駅形式で、曲線の屋根とガラス張りの外観が特徴。

駅舎に合わせ東口広場も同日利用開始とする。180台分の駐車場は1日500円で利用
できるなど、通勤客など長時間利用者の利便に応える予定。

宇都宮市総合計画で雀宮駅周辺地域は市南部の地域拠点に位置付けられている。東口では
科学技術高として宇都宮工業高の移転新築工事が進められているほか、市立第3図書館
(仮称)の整備が行われている。
西口では街路事業と区画整理事業を組み合わせた市街地整備が進行している。

新駅舎は「宇都宮市の南玄関口」としての機能が期待されている。鉄骨3階建てで床面積は
734平方メートル。東西自由通路は長さ160メートル、幅4~5メートル。

改札内にエレベーター2カ所があるほか、自由通路の東西にエレベーター、エスカレーター
が各1カ所ある。

総工費は当初27億8千万円を見込んでいたが、地下水対策工事が不要になったことや、夜間
工事が昼間工事になったことなどで約3億2千万円減り、24億6千万円となる見込み。
新駅舎オープン後は、仮駅舎や古い渡線橋の撤去などを行う。

新駅舎に合わせて整備している東口広場は広さ約2600平方メートル。バス乗降場、タク
シー乗降場、タクシープールなどがある。

180台分の駐車場は平面式自動ゲートを設けた無人施設。利用料金は、30分以内に出庫
した場合は無料。

2時間以内の場合は30分につき100円で、JR宇都宮駅の市営駐車場より割安に設定。
さらに駐車時間が2時間を超える場合、1日につき500円を上限とする。

利用料金に上限を設けたことについて、市雀宮駅東口周辺整備室は「東京方面に出掛ける
人や通勤客用の料金体系とした」としている。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0
トラックバック
TB*URL
<< 2018/10 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.