FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
新規開拓”紫陽花の集い”で、まさかの”お・も・て・な・し”に感激!
2018-06-29-Fri  CATEGORY: 花紀行(あじさいの名所)
H30/06/24撮影 【新規開拓の紫陽花...規模は小さいが心温まるイベント】


今日の午後は先輩のコンサート、遅くとも13時迄に帰らないと

    そんな訳でネット”紫陽花”のキーワードで検索すると

真岡市(旧二宮)の”鷲宮神社”がHitしたが210株と少ない

 だが、オランダで賞を受賞した名品種があるとのことなので

         時間的にもちょうど良い距離感だし...

    田んぼの中をNAVIを頼りに漸く辿りついた>笑<

  おぉ 今日は運よく”紫陽花まつり”のイベント日らしい?

※駐車場は農家の庭先に10台程度、あとは適当に田畑脇に路駐?
P1700532.jpg

本殿修復と上屋、拝殿改築、境内整備が3年前に終了

以前の写真を見ると”これぞ鎮守の森”って感じで

境内周辺も森の伐採をした関係で陽射しの中の神社に

P1700530.jpg

地区の名が”鷲の巣(わしのす)”だったので

勝手に”鷲巣神社”と思ってたら「鷲宮神社」でした

P1700493.jpg

それにしても”あじさいの集い”にしては人が少ないな~

P1700495.jpg

こちらは新しくなった”手水舎(洗心身)”ですね

P1700517.jpg

天からの清らかな水を...一般的には龍が多いと思うが

鷲宮神社では神社名に因んでか”鷲”が運ぶ?

そして季節感があふれる紫陽花が水に浮かび...良い感じ

P1700519.jpg

修復・改築が終わった拝殿と本殿

この日は特別に中に入ってもOKとのことなので

P1700516.jpg

奥に”御神体”が...さすがに写真には納められなかった

P1700515.jpg

拝殿や本殿の近くに修復前からあった神輿の格納庫?

中には新旧の神輿が納められていた

右の開いてる所は周辺にあったと思われる祠や石仏が数基

P1700514.jpg

P1700521.jpg

ところで...紫陽花の集いはどうなっているの?

紫陽花に囲まれ野点擬きの雰囲気ある光景が目に飛び込む

P1700498.jpg

野点の脇を通り神社の裏側に進むと”鷲巣自治会館”があり

広場の左右にテント、真ん中奥にステージ??

P1700509.jpg
※左のテントは来賓席で満席?  右が一般席で未だまばら
P1700500.jpg

そして道路挟んだ畑地では模擬店がテント2張り並ぶ

時計は11:30だが、お昼は道の駅でと思っていたのでスルー

P1700510.jpg

トラクターや発動機の展示かな? 凄まじい発動機の爆音

P1700511.jpg


何時もの調子でネタ写真を撮りながらブラブラしてたら...

役員さんらしき方からテント内に座るよう案内され

人違いと思い”ただ紫陽花を見にきた”ことを告げ辞退したが

さらに何度も薦められ”枯れ木も山の賑わい”と解釈して

P1700501.jpg

飛び入りで空席の目立つテントの中は居心地が悪いが...

麦茶を注がれ目の前のものを食べるよう勧められ\(^_^)/

落ち着きを取り戻したところで苺ジャムのカキ氷が(@_@)

ポテチさらに焼鳥やから揚げ、メロン等々がテーブルに並ぶ

P1700502.jpg

漬物も数種...何だか申し訳ないような気持ちで口に運ぶ

P1700503.jpg

最後には田舎にありがちなボリューム感あるカレーまで...

本当に座ってご馳走になっちゃって良いのかな~

徐々に地元の親子連れが座りケン坊達の存在も薄れホッ!

P1700505.jpg

思いがけず、手作り感のあるイベントに遭遇しました

新規開拓の地での”お・も・て・な・し”に感激しちゃった




すっかりご馳走になり申し訳ないが時間の関係でお暇します

早々に紫陽花を愛でなくちゃ...敷地内を早足で

オランダで賞を取った名品種はどれだろう...判らないまま

境内の紫陽花を探すが、悪戯にボツ写真枚数が増えるだけ

P1700512.jpg

P1700513.jpg

P1700524.jpg

P1700520.jpg

P1700525.jpg

P1700526.jpg

P1700528.jpg

来年は仲間と一緒に”名品種のあじさい”を探しに訪ねたい!



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
黒羽城址公園からの寄り道...”大人の休日倶楽部”のCMでお馴染の
2018-06-26-Tue  CATEGORY: 寺社仏閣(その他)
H30/06/23撮影 【この地は紅葉時期が多かったが紫陽花を求めて寄り道を】


      黒羽の名所”雲巌寺”をスルーしちゃ遺憾!

    だって あの吉永小百合さんも応援してるんだもん

※CM写真に被せたビニールが光っちゃって(駐車場に貼ってあり拝借しました)
P1700487.jpg

ケン坊には無理...だって小百合ちゃんが居ないんだもん

何とか雰囲気だけでも撮ろうかな>笑<

P1700482.jpg

P1700456.jpg

橋を渡り階段を登り門を潜ると威厳と風格を持った仏殿

ガクアジサイが一株ありギリチョンで鐘楼とコラボ?

P1700459.jpg

鐘楼脇から階段を上り方丈へ

P1700466.jpg

上から見る仏殿、山門の屋根部分

P1700462.jpg

庫裏の前に咲いていたビヨウヤナギと不明の白い花

P1700472.jpg

P1700467.jpg

帰りは庫裏の前から右へ...アジサイに遭遇!

雲巌寺にはもう少し紫陽花があったような記憶があったが

残念ながら気付いたのは片手? 多くても両手は無い!

P1700474.jpg

ちょっぴり残念な気持ちを抱きながら戻り

最後にもう一度”朱塗りの欄干の太鼓橋と山門”をパシャ

P1700480.jpg

う~んイマイチだな~  もう二枚...変わらんね~>笑<

P1700455.jpg

寄り道に”黒羽ゆり”に会いに行ったが遅すぎた! ならばと

矢板まで車を走らせたが...長峰公園にも紫陽花は無く

この日の花見行脚は終了!  ”道の駅やいた”で小休止!






ページトップへ  トラックバック0
県内の紫陽花の名所は「大平山・磯山神社」と”芭蕉の里 くろばね”か?
2018-06-23-Sat  CATEGORY: 花紀行(あじさいの名所)
H30/06/23撮影 【これまでタイミングが合わず、萎えた紫陽花が多かったが】


  紫陽花の名所”芭蕉の里 くろばね”で愛でることに

    何度も訪れていた記憶があったが意外に少なかった

            P1700492.jpg

駐車場を気にして早めに家を出たが時速40㌔の車に先導され

ストレスの溜まった往路だが駐車場は滑り込みセーフ

早速、ペットボトルとカメラを抱えて紫陽花会場へと歩を進める

P1700373.jpg

入口から数十㍍でシャッターポイント”あじさい橋”に

以前に来た時とは雰囲気が違う...紫陽花が元気に見える

P1700381.jpg

花数も多く、まだ会場の一端しか見ていないのに(⌒∇⌒)

P1700392.jpg

ブルー系の花が多いが濃淡があり楽しませてくれる

P1700394.jpg

橋の上から見る”斜面に広がる紫陽花”がとても元気!

P1700397.jpg

あじさい橋を渡り、対岸から振り返っての光景...

P1700402.jpg

以下、紫陽花の表情の七変化、景色の七変化を掲載!

P1700404.jpg

展望櫓をバックに...何枚も無駄にシャッターを
(フィルムの時代には考えられないですね)

P1700406.jpg

P1700409.jpg

P1700429.jpg

最近ではほぼ半分はガクアジサイかな?

P1700416.jpg

P1700418.jpg

城址公園本丸には文化伝承館ステージが

P1700443.jpg

突然、薄曇りの空から”青いシャボン玉”が降ってきた

P1700423.jpg

枝垂れ桜とのコラボ...真ん中下の紫陽花 でっかい!

ケン坊の頭より遥かに大きいぞ?  他の花と比べてみてね

P1700425.jpg

見事な咲きっぷり  雨は十分、陽射しが無く 活き活きと

P1700430.jpg

城址公園の一角に日本庭園ならぬ紫陽花庭園が...

P1700432.jpg

”芭蕉の広場”の入口には趣のある門とガクアジサイと句碑

P1700439.jpg

P1700441.jpg

久し振りで”くろばね城址公園”の紫陽花を観賞したが

タイミングも良く、また薄曇りで元気な紫陽花に出会えて...

恐らく過去を振り返っても今年の紫陽花が一番\(^_^)/






ページトップへ  トラックバック0
栃木県民は足利に集合!  フラワーパーク園内は”百花繚乱”です💕
2018-06-19-Tue  CATEGORY: 足利・フラワーパーク
H30/06/17撮影 【入場料”無料”に誘われて。。。でもお土産買ってチャラ?】



   天気もイマイチ...紫陽花も定番の場所は1W早そう

迷った挙句に向かった先は”あしかがフラワーパーク”だった

    何気に見ていたネットで”入場料無料”の文字

           P1700245.jpg

なんで無料なの?  そうなんです 6/15は県民の日でした

その関係で”栃木県民は無料”という企画に\(^_^)/

今年の4月JR両毛線に”あしかがフラワーパーク駅”が完成

もちろんケン坊は車でしたが...

P1700357.jpg

ちょうど電車が入ってきて利用客が降りてきました

P1700243.jpg

電車の方に便利な「西ゲート」は今日は閉鎖されていたため

ケン坊も一緒に正面ゲートまで駐車場から軽く足慣らし?

P1700244.jpg

免許証を提示して”初めて無料”で入園...!(^^)!

P1700356.jpg

今は”名物・大藤”を始めとする藤やツツジは終了したが

花菖蒲・紫陽花・ゆり・薔薇・ダリア・スイレン・ペチュニア等々

園内はまさに”百花繚乱”状態でした

この時期は”ブルー&ホワイトガーデン”ですって
                  (↑この時期のキャッチコピー)

P1700246.jpg

浮島に咲く”花菖蒲”がアッチにコッチに微かに動きながら

どこへ行っても”ハナショウブ”が主役みたい

P1700249.jpg

もちろん”アジサイ”だって黙っちゃいないが...

P1700260.jpg

そうは言ってもやっぱりハナショウブが目立ちますね~

P1700263.jpg

おぉ 萩の花も咲いてますか~

P1700269.jpg

あぁ~ これは”アサザ”ですね

P1700280.jpg

ここは池も多くいろんな花が浮島スタイルで見られます

あっちでプカ~プカ~  こっちでブ~ラブラ  

P1700284.jpg

P1700334.jpg

半夏生が咲いてると思って撮ってたら...

P1700274.jpg

近くの”白藤の滝”の池で(@_@)...一面”半夏生”でした

P1700293.jpg

池の眺めをやや遠目で...ピンクの花は”ペチュニア”か?

水面に写る光景は一流でしたが...写真は三流>笑<

P1700299.jpg

花菖蒲と紫陽花のどちらが主役かと争っていたが

そう  お互いが陰と陽なんです

P1700303.jpg

今日は霧吹きは要らず?  少しチラついてた雨が内助の功

P1700305.jpg

花の種類が多すぎて...何を見たのか思い出せず

花の名前は”自信もって”憶えてません!

P1700315.jpg

P1700317.jpg

P1700321.jpg

P1700339.jpg

そして”ゆりコーナー”も凄かった!  一直線に4色?

P1700318.jpg

P1700320.jpg

P1700322.jpg

P1700326.jpg

ダリアも... あとは何が何だか名前も分かりませんが

P1700327.jpg

P1700329.jpg

こちらの大きなピラミッド型の展示も浮島ではないようだが

仕掛けは同じ?  大きな浮島かも知れませんね

P1700344.jpg

うす紅藤...咲き残ってました

P1700347.jpg

そしてこちらが遠くから見た”うす紅橋”の全景

P1700340.jpg

花菖蒲とスイレンのコラボ   スイレンがあちこちに顔を出し

P1700350.jpg

違いましたね  少し花菖蒲があちこちに出しゃばり過ぎ!

P1700355.jpg

全国区となった”大藤”の現在は  やはり風格があります!

P1700353.jpg



まだまだ掲載したい花もありましたが...腹八分がグーか?

藤の季節が終わっても県外の観光バスが次々と

さすが”あしかがフラワーパーク”  抜群の集客力ですね~


帰りアソコのパン屋さん(さるパンや)に寄り道!

往路の時は路駐車があるなどの混みようで諦めましたが

さすがに12時になると...並んでましたがゲット(⌒∇⌒)

P1700360.jpg

P1700361.jpg

撮る前に車中で食べちゃった後なので...これだけ
P1700365.jpg

それにしても今日は思いがけなく得した気分

だって無料で百花繚乱をこの目で...この季節も悪くないね

でも今週は梅雨も本格的になるとネタ枯れに拍車か!





ページトップへ  トラックバック0 コメント6
あれからどうなった? 我が家の菜園・果樹たちは
2018-06-17-Sun  CATEGORY: 我が家の光景
H30/06/16撮影他 【菜園は楽しいですよね! コストは高く付きますが...】


 4月末に今年の家庭菜園の真似事をスタートさせましたが

    これまで2~3のアクシデント...でも実を結びそう!

   経過と現状を報告しますね(体の良いネタ枯れ隠し?)



【茄子編】

最初の花が実を付けて家庭菜園の収穫一号に
P1700043.jpg

続く収穫が待ち遠しい茄子
P1700188.jpg

P1690285.jpg


【トマト編】

間もなく収穫期を迎えるミニトマト...赤みが増してきた
P1700182.jpg

現在、第四の花芽が咲きだしており期待が...
P1700056.jpg

P1690284.jpg


【キュウリ編】

2本植えたのに10日目位に1本があの世に逝ってしまい😞
P1700190.jpg

ようやく実を付けて...なかなか大きくなりませんね~
P1700068.jpg


【ミカン編】

今年は結実したのは15個?  大きいものは親指大
P1700186.jpg

花は今年も多かったけど...
P1690498.jpg


ついでに?  菜園ではありませんが。。。

今年は花芽が少なかった紫陽花
P1700058.jpg

P1700065.jpg


クチナシも例年の7割程度  肥料不足?
P1700047.jpg

P1700050.jpg



【番外編:6月はじめの話です】

2日前に高さ1.5㍍の下水に落ちた子猫...昼夜を問わずの

救いを求める泣き声、でも人間の顔を見ると怯える子猫...

3日目に近所の人と協力し餌や水をやり飢えをしのがせ

ケン坊は角材を下水に降し...この救出作戦が功を奏した? 

その2日後、人目を避けて夜中に下水から脱出したらしい

やはり野良猫は礼儀知らず? その後も姿を見せず失踪😞

P1700044.jpg

>笑<大したネタじゃなかったが...ケン坊の日記です!



ページトップへ  トラックバック0
ことしも あじさいのきせつ となりました...
2018-06-11-Mon  CATEGORY: 花紀行(あじさいの名所)
H30/06/09撮影 【この週末はダラダラと過ごしてしまいました...ダメケン?】


         ♪季節は廻り~ また梅雨がきて~♪

  紫陽花が咲き始めた...今年も磯山神社の参道・境内

       あじさい祭りは6/9から...今日が初日です

P1700118.jpg

正直まだまだ開花が始まったばかりで見頃は今週末かな~

それは判ったうえでの”磯山神社詣で”だったんです

?? ?鳥居から20㍍位手入れ(剪定)したようで背が低い!

P1700076.jpg

※第二鳥居
P1700078.jpg

P1700077.jpg

P1700082.jpg

P1700083.jpg

P1700088.jpg

第三鳥居(階段上)から振り返るとこんな参道の光景

P1700089.jpg

境内に入ると右手に数種の紫陽花が咲き始まって...

P1700096.jpg

P1700097.jpg

そう 撮影スポットがありました...記念写真をどうぞ!

P1700098.jpg

恒例の磯山神社前に設置された”茅の輪”潜りのセット

もちろん、魔女もケン坊もやりました>笑<

P1700099.jpg

神社の左手から入りグルリと一周...紫陽花の散策コース

青い紫陽花の花が少し多めに咲いてました

P1700102.jpg

コチラ青いガクアジサイ...何だかネモフィラにソックリ?

いやオオイヌノフグリかな?

P1700114.jpg

そして一周回って神社の右手裏に出てきました

P1700115.jpg

境内近くのもう一つの参道?

P1700125.jpg

少し早過ぎた磯山神社の紫陽花ですが情報になれば...

まぁ”あじさい祭り”の雰囲気はお伝えできたかな?

台風が無事に通り過ぎて欲しい...家庭菜園のためにも!




ページトップへ  トラックバック0 コメント6
日光ぶら散歩・最終回レポは小田代原&戦場ヶ原
2018-06-09-Sat  CATEGORY: 日光・今市・湿原
H30/06/02撮影 【3回に分けてのレポ...内容的には乏しくてゴメン!】


  高山~クリンソウ・千手堂~最後は小田代原&戦場ヶ原

      千手が浜から小田代原へは低公害バスで移動

やはりバスは早いですね~  300円には代えられない効果

   テーブル席でランチ...先ずはゆっくりと身体を休め

P1690967.jpg

のんびりと小田代原湿原を眺めていたが

暗い雲が現れてきたので重い腰を上げて...木道歩き

暫くは”被写体”もなくひたすら歩くが

戦場ヶ原に近づいた辺りで...初めての被写体が登場

P1690977.jpg

姉妹かな  斜面にマイヅルソウが段違い平行棒?

P1690978.jpg

続いてツマトリソウ(妻と理想)...パクっちゃいました>笑<

P1690979.jpg

そして湯滝と赤沼の分岐点に到着

分岐と言えば”やや赤みを帯びたエンレイソウ”ですが終盤?

P1690983.jpg

そして1週間前に咲いていたとい情報に諦めていたが

そう! 去年来た時に初めて出会った”ヤマシャクヤク”も

やはり終わってました!  もうヤマシャクヤクの果穂が

P1690989.jpg

P1690988.jpg

ガッカリしたような盗掘されなかったことにホッとしたような

いよいよ戦場ヶ原の木道を赤沼に向かって歩く

という傍から白いズミの花がアチコチから飛び込んできます

P1690992.jpg

P1690994.jpg

P1690995.jpg

青木橋のところで小休止と思ってたのに...

老朽化で橋の架け替え工事で休憩スペースは資材置き場化

※なお青木橋は掛け替えが済んで通行可です
P1690997.jpg

そして戦場ヶ原突入...

P1690999.jpg

P1700006.jpg

密かに期待していた”ピンクのズミ”は待っていてくれました

どういう訳かこのズミだけは開花が遅いんです\(^_^)/

最後の一本...可愛いズミの花と蕾が何とも言えません

P1700007.jpg

P1700010.jpg

P1700012.jpg

もちろん純白のズミの花も綺麗ですよ(-_-;)

P1700016.jpg

P1700030.jpg

そして思った以上にケン坊と魔女を喜ばしてくれたのが...

ワタスゲ  別名:綿すげ~(これもパクってます)

写真はイマイチですが、男体山をバックに良い感じ\(^_^)/

P1700018.jpg

P1700025.jpg

P1700026.jpg

これぞ戦場ヶ原! という景色を見終えて...

赤沼と龍頭の滝の分岐点へ  赤沼200㍍ 龍頭の滝1.3㌔

あぁ赤沼駐車場だったらな~  足がだるいとブッツブツ・・・

トボトボ歩く二人の前に二輪のツマトリソウ???

まさか...夢が破れることの怖さから花茎は調べず(⌒∇⌒)

P1700033.jpg

一歩ずつ踏み出す足のお陰で漸く龍頭の滝まで辿りつき

P1700040.jpg

当初の計画とは違った今回のハイキング&山登り...

何事も無く日光の花や山、そして湿原が見られて(`・ω・´)b

今のところ二人に後遺症はありません  目出度しめでたし!



ページトップへ  トラックバック0
日光・千手が浜のクリンソウと千手堂...+わん?
2018-06-07-Thu  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
H30/06/02撮影 【一度訪れてみたいと思っていた千手堂...思いがけず】


  高山を経由して”千手が浜”のクリンソウ群生地へ向かう

P1690912.jpg

今年のクリンソウ開花は他の花に並んで早いのか?

事前情報によれば見頃というブログや5~6分咲きの情報も

恒例のネットに囲まれた群生地に入ると...

早過ぎ? それとも株数が減ってる? 何だか少ないぞ~!

P1690919.jpg

そう言いながらも敷地内へ入り一周するがイメージと乖離?

綺麗処を撮るも...何とボツ写真の多いことか😞

P1690920.jpg

P1690921.jpg

P1690931.jpg

P1690934.jpg

P1690942.jpg

ここまで来たら行かなくちゃ...と少しだけ足を延ばす

歩いて5分強? そう黒檜岳登山口へ向け西岸と南岸の境?

橋を渡ったところに...

目的は朽ちた”千手堂”が1年前に復元されたと知り

本当にピッカピカの堂が復元していました

2年前に栃百・黒檜岳登山で来た時に建設予定だと聞いた

P1690946.jpg

P1690948.jpg

2年前に撮った写真で振り返ると

ここが”千手堂跡”です
※2年前の写真
P1570984.jpg

勝道上人が「千手院」を創建したとのこと(詳細は案内板を)
※2年前の写真
P1570986.jpg




さて、千手堂を拝見出来て一応は目的を果たし...

前回通った時に周辺にクリンソウがあったのを思い出した

何気に周囲を見渡すとソコココにカメラを抱えたハイカーが?

人の気配を追って林の中に入ると(@_@)

P1690952.jpg

先程の”管理地内のクリンソウ”とは違う”自生”と思われる

クリンソウ群生地がありスクワットするカメラマンが>笑<

P1690954.jpg

株数は管理地程ではないが新鮮な気分だけ綺麗に見える

P1690956.jpg

P1690960.jpg

P1690963.jpg

魔女は体力温存というか足を休めるため”千手堂”はパスで

この新地のクリンソウ光景を見ることは出来ず

あまり待たせると本当に魔女になっちゃうため早々に帰還

P1690952.jpg

思い掛けず”新クリンソウ群生地”が見られて\(^_^)/

昨夜(7日)、千手が浜のクリンソウが見頃とのTVレポが...

そうか~ ケン坊は少し早過ぎたらしい

皆さん 今週末が良いらしいですよ!  レポ待ってま~す



レポが中断...申し訳ありませんが続報は後日

P1700009.jpg

P1700026.jpg




ページトップへ  トラックバック0
間に合った”シロヤシオ”...禁止令を無視してヘトヘト山行
2018-06-02-Sat  CATEGORY: 花紀行(ツツジ・ヤシオの名所)
H30/06/02撮影 【魔女の心の叫び(誘惑)に負けたケン坊は成長してないね!】



   梅雨入りの前に恒例の奥日光に花詣ですることに

        もちろん”山禁止令(自己診)”のケン坊

  恒例の小田代が原&戦場ヶ原周回コースだ

出足が遅いので龍頭の滝近くの臨時駐車場と決めていたが

    念の為入った龍頭の滝の駐車場...予想通り満車

 諦めてバックで戻ろうとした瞬間、出る車を発見\(^_^)/

   駐車場が整備された? 白線で駐車位置が明確に...

 余裕の駐車スペースに従来より2~3割台数減になった?

市当局に文句を言いつつも停められた満足感が上回って💕

P1690843.jpg

8:49 恒例の日光ハイクは龍頭の滝(湯川)に沿ってGo~

そう言えば、去年の6/3に歩いた時は”熊騒動”があったが

※この時、既にリンゴさんが高山山頂にいるとは想像だにしなかった
P1690844.jpg

P1690850.jpg

10分弱で橋上に...これも定番の景色です>笑<

P1690853.jpg

前後歩いていた数組のグループは写真を撮りながら高山へ

我々は小田代が原に向かおうと一歩踏み込んだのだが...

後に続く者なし  前を行く人影もなし

そこで”魔女の呟き”にケン坊は苦渋の選択をし高山

高山はコチラから登るのは初めで新鮮(以前は熊窪峠から)

P1690854.jpg

そう! 左腕に不安を抱えるケン坊には転倒は最悪だ

リスクを避けるための山厳禁...でも転ばなければ良いか!

歩きだすとアチコチに白いズミの花が目に飛び込む

P1690856.jpg

途中、こんな急登個所もあったがロープは使わずに...

高山に登るは良いが...その先のルートが決まって無いぞ!

P1690857.jpg

急登を無事にクリアし小休止しようとしたら...シロヤシオが

正直言って今年の”シロヤシオ”は諦めていたんです

まさかの展開に、もしかしてという期待が一気に膨らみました

P1690859.jpg

その後も山頂に向かう山道沿いにはピークは過ぎたが

まさしく”シロヤシオ・ロード”と思えるほどに

P1690864.jpg

P1690866.jpg

P1690865.jpg

青い空に白い雲がふわり、加えて中禅寺湖の光景に感激!

魔女いわく...高山を選んで良かったでしょ! と自慢気に

ケン坊の反論...高山後のコース取りが決まって無く、思い

                 付きの登山は事故・怪我の元だよ

P1690871.jpg

行先の決まらないままに”高山山頂”に到着

休みなく一気に登ってきたがユックリなのでモデル通り70分

P1690872.jpg

小休止と言いながらも”お握り”を頬張り十分に補給>笑<

周囲のハイカー出立に背を押されシロヤシオロードを歩く

下山後の行き先は”熊窪峠”までお預けという軟弱な先送り

P1690886.jpg

ピークを過ぎた感もするシロヤシオですが

ケン坊と魔女には十分過ぎるシロヤシオに満足💕

P1690888.jpg

P1690889.jpg

シロヤシオ一色だった景色に、まさに紅一点と言うべきか?

P1690892.jpg

P1690895.jpg

P1690896.jpg

そして本日2度目の決断を迫られる時...熊窪分岐に到着

さぁ 魔女よ この分岐どうするの?  右か左か??

クリンソウもみたいし小田代原&戦場ヶ原も行ってみたい

滅多言わない魔女の我儘...何か叶える手段はあるのか?

熟慮の末に出したケン坊の”助け船”は...

クリンソウ鑑賞後、千手が浜から小田代原間をバスで移動

決断したら迷わない! 一気に中禅寺湖へ向かいます

P1690902.jpg

熊窪峠から少し歩きだすと”クワガタソウ”が目の保養に?

P1690905.jpg

峠から1.3㌔ 漸く中禅寺湖畔に到着 実に良い景色です!

P1690907.jpg

そして熊窪入口から800㍍をブラブラ歩いて千手が浜に到着

P1690913.jpg


レポが一気に書けず...申し訳ありませんが続報は後日

続報は別のレポで...報告します_(._.)_




P1690952.jpg

P1700009.jpg

P1700026.jpg





ページトップへ  トラックバック0 コメント6
<< 2018/06 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.