ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
渡良瀬遊水地・旧谷中村のガイドと庚申塔&青面金剛(2鶏・3猿)
2017-05-31-Wed  CATEGORY: 渡良瀬遊水地紀行
H29/05/20撮影 【遊水地への寄り道は想定内...知らぬ案内人が最後まで?】


  レポが飛び飛びで自分でも”何時のこと”って感じ>笑<

            もう10日前のことなんですよね~

野木町・煉瓦窯の後は...隣接の”渡良瀬遊水地”へ寄り道


     そうそう 煉瓦場では必要な粘土は谷中村から

  そして砂は思川から舟で運んでいた...近い筈ですね

 車だと1分   ケン坊が駐車する場所まで6~7分かな?

※旧谷中村では養蚕が盛んだったので桑の樹が未だに生い茂ってます
P1640620.jpg

ケン坊は何度も訪れている旧谷中村ですが

1~2度来てると思ってた魔女が初めてと言うので案内役を

P1640622.jpg

旧谷中村役場跡付近の桑の大木に”でっかい猿の腰掛”?

P1640624.jpg

旧役場跡から青々とヨシが密生する遊水地を望んでみた

う~ん いつ見ても広々とした遊水地ですね~

遊水地が出現した背景を想う度に、谷中村民の無念さが

P1640625.jpg

その歴史を訪ねる人は今でもチラホラと見られます

P1640626.jpg

魔女に歴史を説明してたら...突然謎の人が案内役に

あんたは谷中村のガイドさん?  一方的にアレコレと...

あぁ~ 今日は調子狂っちゃったな~

※写真はマイヅルテンナンショウ
P1640627.jpg

やはり谷中村を案内するには雷電神社は欠かせません

ここでガイドと別れようと思ったが...また付いてキタ~

結論:謎の人物は古河在住で最後までマイペース案内人?

P1640630.jpg

あの田中正造がこよなく愛した雷電神社のあった高台

その歴史人物の熱き想いを胸に魔女は何を感じたのかな?

P1640632.jpg

P1640633.jpg

延命院跡と釣鐘、近くには共同墓地(写真左)がありますが

谷中村と縁のある親子らしき人達? 

共同墓標の前で暫く手を合わせたり墓石を眺めてました

P1640636.jpg

P1640634.jpg

何時もは延命院でUターンするのが常だったが

今回は従来と違うルートで...通り抜け?

延命院から1分で十九夜様、庚申塔の石碑が立つ場所に

この類の石碑はアチコチで見かけるので決して珍しくない

今まであまり意識して無かったが”対”の石碑が本来の姿?

P1640637.jpg

青面金剛の足元に踏んずけられてるのは邪鬼

あれ? 石碑の中段下の部分に三猿が彫られてる?

良く見ると鳩にも鶏にも見えるが2羽...

”庚申塔”...ネット検索でケン坊の無知が暴露>超恥<

P1640639.jpg

【庚申塔と青面金剛について】ネットからお借りします
~~~前略~~~
一般的にこの青面金剛は庚申塚とセットになっており様々な場所にある。寺院にも
あり神社にもあり、厳格な神社では鳥居の内側には入れないようなポジションで
「置かせている」場合もある。もともと神道でも仏教でもなく、中途半端な立ち位置
のまま廃仏毀釈などの波を経た歴史の証人でもある。
青面金剛の下部にあるレリーフ、三猿は「人間の悪事を天帝に報告する三尺の
虫」から来ているとされ、報告を「見ざる・言わざる・聞かざる」で宜しく!ってこと
らしい。
この思想は元々中国の道教のものであり、しまいには神社、寺を問わず置かれ
ているのだから宗教観は無いに等しく、いわゆる民間信仰にしても無茶苦茶で
ある。しかも現実には日々の信仰ではなく、庚申の日に庚申講という名のドン
チャン騒ぎをするための免罪符的位置付けだったという。
客観的に考えれば神仏混交我田引水支離滅裂な話だが、早い話庶民のガス抜
きである。日々のきつい労働や改善しない暮らし(これは現代でも似たようなもの
だが)の中でこの日だけは大目に見てね的シンボルなのである。
個人的に谷中村の痕跡はこの青面金剛が何よりも雄弁に物語っているような気
がする。谷中村に住んでいた人々の姿を感じるのだ。
~~~以下、略~~~


【庚申待と庚申塔の石碑】ネットからお借りします

庚申塔の石碑は江戸時代に流行した、ある信仰に由来があります。江戸時代頃
には人間の体の中には「三尸(さんし)虫」という虫がいて、日々の悪事を監視して
いると考えられていました。
庚申の日(暦には十干と十二支を組み合わせた60を周期とする数詞が決められて
いる。寝ている間に体の中にいる三尸虫が閻魔(えんま)大王に その悪事を報告
しに行くと言われていました。
そして報告された内容によっては寿命が短くなったり、死後に地獄に落とされたり
するのだそうです。
「じゃあ、寝ている間に三尸虫が閻魔大王に報告にいくなら、寝なきゃいいじゃん!」
ということで始められたのが「庚申待(こうしんまち)」です。
庚申待の時には近所の人達で集まって徹夜をして お酒を飲んですごす ということ
が全国的に流行していたそうです。
庚申待を3年間(18回)繰り返すと、その記録として「庚申塔」や「庚申天」と刻んだ
石碑を建てたのだそうです。
街道沿いや集落の入口など、江戸時代までは いたるところにたくさんの庚申塔が
あったと言われています。

           P1640640.jpg

踏み跡を1~2分進むと遊水地内の道路へ...

道路から見る”雷電神社(左奥)と共同墓地(中央)”の風景

P1640643.jpg

直ぐ遊水地が現れた...最近、縁結びのパワースポット?
(遊水地が♥型しているので最近では若い人達に人気だとか...)

湖面を渡る風が爽やか  ヨシに囲まれてたので余計感じる

P1640644.jpg

P1640646.jpg

そこで奇妙な花?を見つけた...何だか気味が悪いが

家で調べたら”イタチハギ(別名:クロバナエンジュ)”だという

何でも山や道路等の法面緑化のため植えられたらしい

つまり、遊水地のイタチハギも人工的に植えられたのかも?

P1640649.jpg

こんなにも蔓延ってます...植物に責任は無いのですが

外来種は何でもかんでも悪ものの代名詞のような響きが...

P1640652.jpg

さて、遊水地のガイドさん? 最後までご一緒でしたよ>笑<

一人で遊水地に来たが飽きてたようで遊んであげちゃった!

世の中にはいろんな方がいらっしゃるんですね~



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0
おめでとう! 遂に栃木ブレックスが”Bリーグ・初代チャンピョン”に
2017-05-27-Sat  CATEGORY: 県内プロチーム
H29/05/27撮影 【プロバスケは去年9月に統合され...今年が初年度だ】



  苦しい東地区をトップで通過し、念願のCSへ進出したが

 CS初戦は千葉、セミファイナルでは三河を神がかりで撃破

P1640719.jpg

FINALは国立代々木競技場第一体育館で行われたが

残念ながらケン坊は応援バスに乗れず

宇都宮市長の後押しでパブリックビューイングが実現した?

何年振りかでバス利用...乗り方に戸惑ってた自分に苦笑

P1640731.jpg

決戦の相手は強敵の川崎ブレイズサンダー(旧:東芝)だ

今シーズンに先立ち”二荒神社”で必勝祈願したブレックス

今日はチームに代わってケン坊が必勝祈願して会場に

P1640728.jpg

第一クォーターは同点、第二クォーターでリード...

大いに盛り上がるが、第三クォーターでは一気に逆転され

最終クォーターはシュートを決めた方がリードという展開に

会場は一喜一憂の状態...歓喜とため息が大忙し>笑<

P1640740.jpg

でも神がかりの試合展開は栃木ブレックスが一枚上手?

遂に勝利し”Bリーグの初代王者”になった

会場は大盛り上がり  あぁ文字では言い表せない!!!

P1640742.jpg

そして優勝賞金50,000,000円のボードが手渡された

P1640760.jpg

トロフィーが先かと思ったが賞金の後なんですね>笑<

P1640763.jpg

        チーム一丸という言葉がよく言われるが

   今年の栃木ブレックスはまさに言葉通りで戦い続けた

         おめでとう! 栃木ブレックス

   おめでとう! 初代王者 栃木ブレックス



ページトップへ  トラックバック0 コメント8
約束通り? 修復なった”国重文・野木町煉瓦窯”を訪問
2017-05-26-Fri  CATEGORY: 歴史探訪(宇都宮以外)
H29/05/20撮影 【バラ園の続きは...同じ野木からレポします】



          <H23年 修理前・煉瓦釜(詳細編)>


  この写真はマスコミ各社が報道しているので有名ですが

          今年は修復一周年というイベントがあり
             (昨年は都合が悪くてイベントに行けなかった)

    お約束どおり修復後の”煉瓦窯”を訪ねてみることに

P1640541.jpg

イベントの日とあって駐車場も出店もドコソコ賑わってました

P1640540.jpg

修復なった”煉瓦窯”見ようと受付へ(大人100円は良心的)

先ずは基礎的な話を受け...ふんふん なるほどね

写真を撮ったりして聞いていないケン坊ですが>笑<

P1640544.jpg

一通りの説明を受け、ヘルメットを被って中へ

P1640547.jpg

(見学する部分は)見るからに修復したって感じがしますが

もちろん、歴史的な個所は当時のままに残してます

P1640548.jpg

史実に基づき”釜の中の煉瓦の積上げ方”も再現してます

P1640551.jpg

中に入ったり外に出たりを繰り返し...

案内は前回同様”煉瓦窯を愛する会”のボランティア活動で

P1640554.jpg

耐震性を強化するために、以前には無かった補強が随所に

P1640560.jpg

投炭孔や粉炭の運搬...これらは当時のままって感じが

P1640568.jpg

P1640569.jpg

P1640573.jpg

これは煉瓦窯シンボルの煙突...地下から組み上げて

煙突の耐震工事も済んでます(違いはH23年と比較すると分かります)

           P1640572.jpg

           P1640563.jpg

釜を支える支柱は5角形で”あすなろ”が用いられている

P1640574.jpg

柱の補修は部分的に行うが”あすなろ”ではないという...

P1640576.jpg

そしてコチラが”塩類風化現象”というらしい

煉瓦は焼き物だが”大谷石”と同様に風化するんですね
※大谷石は塩類風化ではありませんが

P1640580.jpg

P1640581.jpg

約20分? いや30分...丁寧な説明に納得しながら終了

P1640582.jpg

やや濃くなった新緑に融け合うシンボルの煙突が印象的

P1640587.jpg

イベントだけじゃ無く歴史的にも価値あるな煉瓦窯

野木町、いや日本の財産として保存して行きたいですね


ページトップへ  トラックバック0 コメント2
今年の”オープンガーデン・バラ園”は「マッセ バラ園」です
2017-05-23-Tue  CATEGORY: その他
H29/05/20撮影 【天気は最高だが抜糸前じゃ大人しく...するしか無いか?】


     ”バラ園オープン&花の作品展2017”

   日程:2017/5/19(金)~5/21(日)

   会場:マッセ バラ園&ギャラリー・ませ(野木駅から徒歩7分)

P1640534.jpg

以前から知っていたが...たかがバラ園と後回しにしてた

何かとセットじゃなきゃ

この日も手入れ業者? が入ってて手入れがされていました

まさしく個人宅の玄関へ...それにしても緑が多い家ですね

P1640485.jpg

玄関口を過ぎると奥は庭? 畑? いやー広い屋敷ですね~

敷地全体に色とりどりのバラが咲き誇ってます

見頃から数日経ってる感じはするものの見事です!

以下、オープンガーデンです...ケン坊の写真でご覧あれ

P1640520.jpg

P1640490.jpg

P1640493.jpg

P1640494.jpg

P1640495.jpg

P1640498.jpg

P1640503.jpg

P1640507.jpg

P1640513.jpg

P1640514.jpg

P1640515.jpg

多くの見学者が絶えまなく...

休憩所もあり新鮮野菜やパン、豆大福などの販売もあります

P1640518.jpg

P1640517.jpg




同時に開催の花の絵画・写真展も見てきました...よ

玄関から”失礼します”と部屋に通されました

           P1640521.jpg

作品の前に...カメラーテ・マッセさんからご挨拶があります

P1640522.jpg

P1640523.jpg

P1640524.jpg

P1640526.jpg

P1640527.jpg

既に地元紙に報道されているので...正直二番煎じネタ

残念ながら、イベントネタはマスコミには敵わない>笑<

せめて写真の枚数がマスコミを上回ることで気晴らし\(^_^)/

さて、次のレポもマスコミで既に報道されちゃった>苦<




ページトップへ  トラックバック0 コメント5
GW明け最初の土日は天気がイマイチ...引き続き花三昧か
2017-05-19-Fri  CATEGORY: その他
H29/05/14撮影 【土曜日は一日雨でした...やっぱり山はダメですね~】


 レポする頃は旬を過ぎてる花もありますので注意願います

     天気がイマイチなので花見ツアーに企画を変更?

        花ツアーもいつもの場所なので写真のみ

本当はね  花も青空の元で見られれば最高なんですが...



          撮影は全て5/14(日)です...念の為


【根古屋遺跡:ニッコウキスゲ】

P1640352.jpg

P1640355.jpg

P1640366.jpg

P1640369.jpg


【鹿沼花木センター・新名所?】

P1640394.jpg

P1640384.jpg

P1640387.jpg

P1640391.jpg

P1640396.jpg


【鹿沼錦鯉公園・ハンカチノキとシャクナゲ】

P1640397.jpg

P1640399.jpg

P1640409.jpg

P1640411.jpg

P1640412.jpg



P1640427.jpg

P1640426.jpg

P1640433.jpg

P1640430.jpg

P1640441.jpg



【石橋・ジャーマンアイリス】

P1640484.jpg

P1640445.jpg

P1640448.jpg

P1640450.jpg

P1640452.jpg

P1640453.jpg

P1640455.jpg

P1640460.jpg

P1640463.jpg

P1640462.jpg

果たして今週末の天気はどうかな?  無茶できませんが😞




ページトップへ  トラックバック0
これって本当の”おきな草”なの? それとも仲間?
2017-05-16-Tue  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
H29/04~05撮影 【昨日(15日)、再びケン坊の身体をメスが2ヶ所も襲った...】


通勤時、駐車場から会社の(徒歩)コースは日によって変更
      (通勤時間は道路事情で毎日異なることから少し早めに...)

つまり駐車場に着いた時間によって歩くコースを変えている

    4月の下旬、この日歩いたのは市営住宅団地の中

このコースは何度も歩いているのだが、目の前に何だろう...

        見ると”おきな草(翁草)”の大群でした

    翌日、カメラをバックに忍ばせて出勤しパチリ>笑<

P1630543.jpg

見た目は間違いなく”おきな草”だと思うのだが

一方で、最近は花壇でも数厘見かけるがこれだけ纏まると

本当にあの”絶滅危惧種”のおきな草なのかと疑問も湧くが

P1630540.jpg

P1630544.jpg

P1630545.jpg

P1630546.jpg

P1630548.jpg


そして”翁”の姿を待ち続けること3週間が経過

もう少し早く見られると思ってたが、マサカのGW越えで漸く

P1640305.jpg

おぉ ナイスミドル!  ケン坊にもこんな時があった?

P1640306.jpg

ナイスミドルの中に一部、ケン坊のような”翁”もチラチラと

P1640308.jpg

コレ(↓) まさに現在のケン坊ですね>笑<

P1640309.jpg

P1640312.jpg

3週間に渡っての観察?  またやオーバー会会長ですね

今年は”翁草の塩谷”へは行けなかったが

思いがけず近場で”おきな草”が見られて良かった\(^_^)/




ページトップへ  トラックバック0 コメント2
GW(5/6‐3) 馬頭・御前岩物産センターの変身ぶりに(@_@)
2017-05-14-Sun  CATEGORY: 益子・茂木・真岡・馬頭
H29/05/06撮影 【単独だと思い付きだけで行動しちゃうから...ダメ?】


        馬頭の乾徳寺・白藤を愛でたら雨がパラリ

このまま帰るには勿体ない...”アソコの下見”をしに行こう

             温泉とらふぐ料理が食べられる

最近リニュアールしたという”御前岩物産センター”

※H24/7の写真(内部は薄暗くてフラッシュが必要なくらい)
P1100116.jpg

以前は駐車場に車は数台(主に従業員の車?)が常なのに

GWの影響なのか、はたまた”温泉とらふぐ”の恩恵なのか?

辛うじて奥に2台分のスペース見つけた...これは意外だ!

しかも今日は観光バスまで停まってる~~~まさかの変身?

P1640209.jpg

興味深々で物産センターに近付いたがカメラを向けられず
(結構、人が出入りしていて...やっぱ小心者ですね)

手打そば錬成道場にはメニューの書かれた暖簾?

P1640179.jpg

事前の情報では”店内を改装しテラスもできた”とのこと

確かに店内覗くと以前より明るく...お土産コーナー激減?

奥の和室が広間風に変身...ツアー客達が一杯で賑やか

ツアー客の視線に耐えられず早々に建物の外へ退散です!

ところで何の下見だったの?  そうですよね

那珂川で話題の”那珂川の温泉とらふぐ”を食べるのが目的

P1640298.jpg

以前は料理を出すお店が少なくてココが唯一?

P1640301.jpg

今では料理を提供するお店がこんなに増えたんですね~

当時温泉とらふぐのアンテナショップ・扇の館は貴重でしたが

今では”別のお店”に変身してました(写真×印)

恐らくアンテナショップの役割を終えたんでしょうね

P1640299.jpg

さて、話を戻して...新しく出来たというテラスを見ようと

裏に回ったら、逆にお客から見られカメラどころでは無い?

取りだしたカメラは武茂川向けることで誤魔化す...あちゃ

P1640180.jpg

こうなったら武茂川沿いをぶら散歩するしかないでしょうね

以前は駐車場の縁には篠竹が密集していていたが

誰が伐採したのか風通し・見通しが良くなってしまった

奇岩を隠す”腰巻竹を取らないよう”の警告板が何か空しい

P1640182.jpg

エッ 新たに案内板が二つも...

恐らく物産センターを含めた全体的なリニュアールだったのか

ところで御前岩の頂上って何処だ?

P1640184.jpg

P1640183.jpg

十数㍍進むと見慣れた”奇岩”が現れた>笑<

P1640202.jpg

で、本当にこの岩の頂上に”岩姫様祠”があるの?

目を凝らすと樹間に微かに赤っぽい幟のようなものが見えた

これも言われなきゃ誰も気付かないでしょうね

P1640205.jpg

でも、どこから登っていくんだろう? と思ってたら

更に数十㍍先の赤い橋を男性一人(バスの運ちゃん?)が

P1640200.jpg

後を追うように行ったが何処にも男性の姿が見えない

もう行っちゃったのかと右手を見ると、上に赤い鳥居が見えた

ちゃんとした道ではなく”あぜ道”のような獣道を進むと

木の階段(段差あり)が何段か続く...ヒールは厳しい?

P1640187.jpg

更に数十㍍歩くと”岩姫大明神”と書かれた幟が...着いた

P1640188.jpg

ありましたありました”御前岩・岩姫様”の小さな石の祠が...

P1640196.jpg

御前岩には何回か来ているが”岩姫様の祠”は初めてです

P1640190.jpg

いつものように手を合わせ頭を垂れ...徐に中を見ると

あぁ~なるほどね  でも、これ以上アップでは撮れませんね

P1640193.jpg

御前岩の上は倒木があったり荒れてるようですが

地域の方が定期的に手入れしているんでしょうね

岩の上は”狭く断崖絶壁” 怖いので遠くからパシャ

ゆっくり戻る...ところであの男性は消えたまま? 謎ですね

P1640195.jpg

コチラの案内板は当初からあったもので”正調・案内板”です

P1640199.jpg

今回は思い付きで”御前岩物産センター”へ寄り道したが

思いがけない出会いや発見があって正解だった?

あの”温泉とらふぐ”が街中で食べられることも判りました


今年のGWはまさしく”安近短”でした>笑<

山は”古賀志山・月山・薬師岳・備前楯山”の短時間の山行で

花は”天平の丘・つがの里・井頭公園・乾徳寺・わんぱく公園”


GWレポも今回で最終回  最後までありがとうございました




ページトップへ  トラックバック0 コメント6
GW(4/29)は天気予報に敬意を表して花見に徹す?
2017-05-13-Sat  CATEGORY: 公園・天平の丘公園
H29/04/29撮影 【GWスタートのレポをすっかり忘れてました...何も無いけど】


※今更ですかって? ケン坊の”日記”なんで備忘録代わりのレポなんです


今年のGWは”花見”でスタートです 孫たちも来ないし😞😞

    大気が不安定という情報に山歩きは先送りして...

ところが結果的には一日晴れ  コレが人生か~(オーバー)

   GWに限らず”安近短に徹する”最近の我が家

P1630666.jpg

遅ったれて”天平の丘公園・花まつり”に向かった

駐車場は満車だろうと手前の川沿いに置き南口の駐車場へ
(駐車場まで徒歩3分。実際は駐車料金400円を節約するため?)

何時も閑散としてる「秋山亭」が賑わってるので寄り道すると

※秋山亭
P1630682.jpg

”秋山亭”の内外は山野草の展示会場になっていた

こんな大きな”モチユキソウ”に初めて出会った

帰りに見ようと思ったのに...既に売られてしまって>笑<

虫の知らせか1枚だけ撮ってて良かった?

P1630667.jpg

建物の中では盆栽風仕立ての山野草が展示され

珍しい”ハナイカダ”なども飾られていた

P1630669.jpg

普段は通り過ぎてしまうだろう”カンアオイ”は地味ですね

それにしてもこんなに大きい花だったかな?

P1630674.jpg

そして”イチリンソウ”の八重咲きって初めての出会いかも?

P1630679.jpg

いろいろ展示されていたが帰り”後とお化け”は出ないか?

あははは  そして徐に公園の中心へと移動したが

芝生広場の八重桜のメッカは野外宴会場と化して混雑~~

P1630687.jpg

盛りの花も多いが、総じてピークを1~2日過ぎた感じ?

でも花素人のケン坊にはピカピカの八重桜にしか見えない

P1630686.jpg

ステージで地元の園児...何かざわついてると思ったら

園児関係者がステージ周辺を占領してますね!

P1630688.jpg

八重桜とツツジと新緑、そして青空...強力なタッグです

P1630689.jpg

あぁ もうヤマフジも咲く時期なんですね~

P1630692.jpg




午後は天候の急変に注意とあんなに喚起してたのに

現実は午後も青空が広がる絶好な花見日和

せっかくだから、もう一軒ハシゴしちゃおうと車を走らす

魔女の好きな”粟野・城山公園”の筈だった...

が、行く手に雲が出てきたので”つがの里”で下車>笑<

P1630701.jpg

でもでも...GW初日なのにガ~ラガラです 何で?

しかも、八重桜も見頃なのに”花まつり”もやってませんでした

P1630703.jpg

P1630704.jpg

お蔭様で花の”つがの里”を散策しながら(*´ω`)です

P1630708.jpg

P1630706.jpg

さて、嬉しい天気の裏切りにGWはまずまずのデビュー

山は行けなかったが良しとしよう!

今年のGWは、天気も山も花も期待できそうな予感でした
(既にレポ済ですが、この時点では先が読めないし...)




ページトップへ  トラックバック0
GW(5/6‐1) 遂に”E・Y竹末ラーメン”を「道の駅きつれがわ」で
2017-05-10-Wed  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
H29/05/06撮影 【リニューアルした”道の駅喜連川”に立ち寄りして更に東へ】


数年前から気になっていたさくら市(旧喜連川)のラーメン店

         そう ”永ちゃん命の竹末”さん

 本店・下野店のいずれも行列で食べるチャンスが無かった

           P1640210.jpg

男・ロマン  ロックンロール!!

Come On喜連川  まさしく”矢沢永吉”を意識した看板

P1640211.jpg

暖簾だって”E.Y 竹末”とあり シルエットも”永ちゃん”かな

P1640214.jpg

ところが”道の駅 きつれがわ”のリニュアールに合わせて

あのラーメン店が”竹末 道の駅本陣”として出陣です

P1640123.jpg

行列を覚悟で道の駅の”竹末本陣”に寄ってみた

ラッキーにも”命・永ちゃん”のマスターがちょうど来ていた

マスターの”仕事着”だけが別格? どこまで徹底するのか?

「E.YAZAWA」 「Tha Rock」 の永ちゃん文字がいくつも

もちろん店内ではかなりの音量で矢沢永吉のロックが流れる

P1640131.jpg

ケン坊は”ごちそう喜連川ラーメン(900円)”注文

8~9割の方がこれ(↑)を頼んでたのでネタならこれか?
        
P1640302.jpg

ケン坊が注文し受け取った番号札はB5サイズ?

ラミネートされた”コーヒーショップの女の子”という永ちゃんの歌
(子は”娘”が正しいかな?)

もちろん、タイトルで呼ばれます>笑<  これもアイディア

P1640127.jpg

ケン坊は特に”永ちゃん”が好きでもなくロックだってあまり

竹末のラーメンが食べたい訳でもありません...>苦<

昔のブロ友の情報に”ネタ願望”が一人歩きしてたんです


然程待たずに”コーヒーショップの女の子さん”の呼び出し

幅広い鍔のお皿のような丼の真ん中にちょこんとラーメンが

量が少なくないかい?  ケン坊の最初の印象です

P1640132.jpg

これが”ごちそう喜連川ラーメン”です

【パンフによると】
 ロマンと夢とロックな魂で作る極限の一杯!
 ここでしか味わえない「ごちそう喜連川ラーメン」は、ヤシオマスと鮎から出汁を
 取った優しい味わい。トッピングされたヤシオマスと鰻のペーストを溶かすことで
 味の変化ができ、最後にはガツンとくる濃厚な味わいに。牛ハラミの熟成肉を
 使ったチャーシューも美味!

900円はラーメンとしては高いが今日は単独なんで>笑<

高い理由はパンフ(↑)で何となく判ったが味はどうかな?

P1640133.jpg

先ずは出汁(ヤシオマスと鮎)...意外に薄味だった

でも”ヤシオマスと鰻のペースト”を溶いて調整すれば良い

次いで麺はどうだろう...丸麺で固さはケン坊好みかな

正直言って”量”は見た目通り少なめだったが

牛ハラミの熟成肉を焼きあげたチャーシューは美味!

P1640136.jpg

次いでですが、お隣の”あさの牧場”も超人気でした

P1640126.jpg

食事処コーナーは満席!

竹末ラーメン・あさの牧場・たいやき鱒屋が人気の三本柱?

P1640137.jpg

さぁ お腹も一杯になったし...これから馬頭へ?



ページトップへ  トラックバック0 コメント9
GW(5/3-2) 寄り道は新緑詣で? 花も良いけど新緑も外せない
2017-05-09-Tue  CATEGORY: 那須塩原・鬼怒川・川俣
H29/05/03撮影 【GWのよもやま話...順不動で何とか次週までネタ繋ぎ?】


       アカヤシオの月山で花見に山行に興じた帰路

  それは魔女の”新緑も良いよね”の一言で始まった

        もしかして月山だけでは歩き足りなかった?

 ならば、帰りに”龍王峡”を覗いてみようかとなった次第

P1630906.jpg

お店の呼び込みには耳を貸さず、取り敢えずは虹見橋まで

月山後の足(脹脛)が張ってる感じ...やはり来てるかな?

おぉ~ 新緑が一気に進んでいます 目に優しい新緑です

P1630910.jpg

今回は河原まで降りてみようか(意外に魔女は初めて?)

橋の修理は終わったようだ(橋梁部分の塗り直し?)

P1630915.jpg

新緑も水面も良い感じ...

P1630916.jpg

さて”虹見橋”まで行ってみようか...

P1630917.jpg

橋からの景色は予想通り? まぁ何度も観てるので>笑<

P1630920.jpg

P1630922.jpg

このまま”ムササビ橋”まで散策する? やっぱり止めよう!

歩けない距離じゃないが...自制しなくちゃね
(この自制が良かった? その後も魔女から足腰が痛いという話は無し)

”竪琴の滝”をみながら駐車場へ

P1630926.jpg

P1630928.jpg

今日は無事に歩き通したので”天然氷・かき氷”で祝杯!

久し振りの早出の山歩き”お疲れさん”って言ったかどうか

GWなのに”かき氷”が欲しくなるような陽気でした

P1630931.jpg

↓↑ 少しずつ味見を兼ねてシェア  美味しい~~~

P1630933.jpg

GW後半戦はアカヤシオと龍王峡の新緑で開幕しました

忘れてました  日光天然氷のかき氷もアイテムでした>笑<



ページトップへ  トラックバック0 コメント2
GW(5/7‐2) ケン坊も「ひたちなか海浜公園」で”ネモフィラ”を?
2017-05-08-Mon  CATEGORY: 公園・その他の公園
H29/05/07撮影 【ついに連休後半は”山無しケン”になってしまいました】



  GW最終日、平地は天気も良さそうだが山はどうかな?

      雨巻山、大小山、大平山、三毳山などが候補に

体調がイマイチとあって山を諦めて”ネモフィラ”を求めて

             遂に”ネモフィラ”とご対面です

  小高い丘を入れて全体を撮ったら~と魔女に言われたが

        みんなボケてしまいアップ出来ません_(._.)_

P1640251.jpg

オオイヌノフグリの大型版?  この顔が可愛いね~
(同じシソ類だが科・属は別になり、それほど近い仲間ではないらしい)

花もオオイヌノフグリ:6~8㍉、ネモフィラ:20㍉

よく見ると花弁もオオイヌノフグリは4枚? ネモフィラは5枚

P1640257.jpg

上から見るアングルが多いが、思った以上に背が高いですね

P1640255.jpg

さてさて次に寄り道しようかな...

あれ? 何度も行ってる公園にソックリだね

P1640231.jpg

あれ~~ やっぱりココは”わんぱく公園”だ~>笑<

P1640232.jpg

GW最終日の公園内ではいろんなイベントが

ココ(↓)はバルーンアート・コーナー

P1640241.jpg

こちらはGWだけの特設会場? 5分300円は高いですよね~

P1640293.jpg

名前を忘れましたが”水中バルーン”?

P1640296.jpg



わんぱく公園には今回も多くの花が咲いてました

P1640243.jpg

P1640244.jpg
※セントーレア・モンタナ(矢車菊)
P1640260.jpg

P1640261.jpg

P1640264.jpg
※ポピー
P1640265.jpg

P1640267.jpg

P1640274.jpg
※ショウブ?
P1640283.jpg
※キショウブ
P1640285.jpg

P1640295.jpg



公園内の南口に前回来た時とは変化もありました

今年の春”のと ちのきファミリーランド”に展示していた

SL(蒸気機関車)が「わんぱく公園(南口)」に移設され

現在、屋根を作ってました  人気スポットになるかな?

P1640276.jpg

隣接する”道の駅 みぶ”の野菜売り場でも

長年プレハブで営業してましたが新しい店舗がオープン

P1640277.jpg

野菜売り場が以前よりも充実!  ついつい買っちゃった

P1640278.jpg

帰り際、公園内で穴を掘ろうとしていたモグラちゃんに遭遇

※少しアップし過ぎましたね
P1640280.jpg

最後にもう一度”ネモフィラ”...大したことは無いか>笑<

P1640247.jpg

ようやくGWレポ(一日一話)も終わりました...

今週は”GWのこぼれ話(寄り道等)”を折見て掲載します






ページトップへ  トラックバック0 コメント4
GW(5/6‐2) 馬頭”乾徳寺の白藤(天然記念物)”へ
2017-05-07-Sun  CATEGORY: 益子・茂木・真岡・馬頭
H29/05/06撮影 【山のお天気指数が芳しくない...無理しないで大人しく】


     大人しくって...一日どう過ごせば良いのかな?

ブロ友さんのレポ見て”馬頭の乾徳寺”が頭に浮かんだ

  乾徳寺って最近行った気がしたが4年半前の紅葉でした

P1640140.jpg

目に飛び込んできたのは”シラユキゲシ”で良いかな?

花は優しい感じでとっても清楚な...虫が付き易いかな?

P1640142.jpg

境内では良く見かける”シャガ”の群生です

P1640144.jpg

ぼたんが一本しか見当たらないが記憶違いだったのかも? 

P1640145.jpg

そして白の”ヤマブキ”が...とてもシンプルな花です

P1640146.jpg

いよいよ”乾徳寺の山門”を潜ります 雰囲気ある門ですね

P1640149.jpg

門を潜るとレンゲやオダマキが...レンゲは初めてかも

P1640150.jpg

P1640151.jpg

そして天然記念物の”白藤”です

ピークは過ぎたようですが十分に楽しませてくれます

【白藤(のぼり藤)】ネットから
乾徳寺39世原徳成和尚代「四国出身」記念樹として植えたもので樹齢約300年。
4月下旬から5月上旬が見ごろ
藤棚の上に昇りあがって咲くので”昇り藤”とも呼ばれ、花が咲きそろったさまは、
まさに゛藤波の如く”です。

P1640153.jpg

P1640173.jpg

そして恒例の”あま茶”のサービス 有り難いですよね

甘茶を飲み白藤を愛でたり人の往来を眺めたり

この長閑な空間が良いですね~ ケン坊は忙しそうに?

P1640156.jpg

本堂の前に”お釈迦様”が置かれ甘茶をかける柄杓が

【お釈迦様と甘茶】ネットから
お釈迦様に”甘茶”をかけるのは、釈迦の誕生時に産湯を使わせるために9つの
竜が天から清浄の水を注いだとの伝説に由来するとありました...

P1640170.jpg

”花の風まつり”は昨日で終了したので訪れる方も少ない

ましてや本堂の裏手にまわっての散策は殆んどいません

ネタが落ちて無いかと邪念を持つケン坊くらいです>笑<

P1640160.jpg

ヤマブキソウ?、シャガが目に付く程度...ネタは無し

P1640161.jpg

新緑に赤のツツジが良い感じだなとパシャ

うん? 何か腕に額にあたったかと思ったら雨音がしてきた

P1640168.jpg

通り雨かな...本降りにはならないと思いつつも

他に本堂裏など散策している方は居ないので

何事も無かったように静かに乾徳寺を後にしました

P1640176.jpg

う~ん 今年は残念! せっかく馬頭まで足を伸ばしたのに

裏山を散策することは出来なかった

こうなったら 次回のためにアソコの下見をしてこようっと?



ページトップへ  トラックバック0
GW(5/5) 骨休み? 井頭公園で子供の日を実感し花々を楽しむ
2017-05-06-Sat  CATEGORY: 休日
H29/05/05撮影 【あぁGW後半の天気を考えたら絶好の山日和だったが...】


 久々に連荘(3座)の山歩き  行動時間は短かったものの

          歳を考えればソコソコ疲れもあるし...

   休養日は”真岡・井頭公園歩き”でクールダウン

       先ずは歩く前に”きくりん”で腹ごしらえをし

P1640078.jpg

向かった井頭公園は子供の日とあって予想どおりの混雑

貸自転車は在庫が無いほど盛況で大人も子供も芋洗い?

芝生広場ではバドミントンやサッカー擬きの遊び等々

P1640112.jpg

貸しボートも初夏を思わせる陽気に人気がありました

P1640115.jpg

さて、ランチでパンパンになったお腹は

果たして公園を何周歩いたら元に戻るかな~>笑<

いきなり”キン&ギンラン”とご対面 うん幸先が良いぞ

P1640083.jpg

P1640087.jpg

これは何の花???

家で調べたら”ミヤマキンポウゲ”に似てるが...

P1640104.jpg

ラクウショウ域のテンナンショウは何か不気味?

※アングルが悪かった~
P1640107.jpg

あははは いつもの”ギンレイソウ”は...今年初です

P1640109.jpg



今年の井頭公園の”ぼたん”の咲き具合はどうかな?

寄り道で覗いたら...ソコソコ咲いてました

P1640091.jpg

           P1640088.jpg

P1640089.jpg

P1640092.jpg

P1640094.jpg

P1640095.jpg

P1640097.jpg

外回り、内回りを歩いたら汗が噴き出た(オーバー)

今日も良い汗を掻いて英気も養ってGW終盤へ...


ページトップへ  トラックバック0
GW(5/4-2) 大敗した薬師岳を後にし”備前楯山”で起死回生を
2017-05-05-Fri  CATEGORY: 花紀行(ツツジ・ヤシオの名所)
H29/05/04撮影 【大方の予想通りリベンジは備前楯山...結果は大勝利?】


   薬師岳に完全に打ちのめされたケン坊が向かう先は

薬師岳からも近い”足尾・備前楯山”でリベンジを図る

   これまで舟石峠Pへは”切幹~銀山平”経由だったが

今回は”田元~間藤駅~赤倉”を経由する初コースで向かう

P1630979.jpg

桜の花咲く駐車場を後に10:25山頂へ向け歩きだします

いきなりの丸太の階段が足に厳しいが

数分で背の低い笹が広がるなだらかな歩きに一息つく

そんなケン坊に”いってらっしゃい”と優しい声が聞こえた

P1630982.jpg

果たしてアカヤシオは...薬師岳のリベンジなるか?

そんな不安を拭い去ってくれる光景が現れた

でも”ぬか喜び”となることを案じ、簡単には喜ばないケン坊

P1630985.jpg

この光景を見て初めて確信”ニヤリ”と...頬が緩む>笑<

少しオーバーだが”山燃ゆ”って感じに二度三度\(^_^)/

P1630991.jpg

そして見ごろを迎えたアカヤシオがコース沿いで目の前にも

青空といい、まさにドンピシャのタイミングだ

P1630992.jpg

           P1640003.jpg

P1640001.jpg

           P1640010.jpg

P1640004.jpg

薬師岳に少し分けてあげたいよ

P1640011.jpg

P1640014.jpg

そう山頂への最後の直線はアカヤシオのトンネルになってる

           ※20㍍先が山頂です
           P1640018.jpg

コースを外したりして道草をくったが約40分強で山頂へ到着

P1640019.jpg

山頂での特等席は満席となっていたが

数㍍先の一等席は誰もおらずケン坊が独り占めに>笑<

P1640027.jpg

ケン坊の定番の儀式?  男体山に捧げるポーズか?

P1640025.jpg

山頂のアカヤシオ群も元気一杯 気持ち良い\(^_^)/

P1640026.jpg

後ろ髪惹かれながらの下山もアカヤシオと一緒だから大丈夫

P1640032.jpg

           P1640034.jpg

P1640043.jpg

これが備前楯山の山容...見辛いが山肌にピンクの花が

P1640044.jpg

これで薬師岳のリベンジは見事に果たしましたよ

今年のアカヤシオ成績は、通算1(大)勝1(大)敗2分けか


帰りは...まだ12時なので帰るには早過ぎるかな?

ならば銀山平でお風呂? と思ったら”かじか荘”は工事中

止むを得ず計画変更で”草木湖ダム”へ足を伸ばす

※途中、ダム近くの公園の桜が綺麗だったので
P1640056.jpg

そんなに道路も混むことなく順調に草木湖ダムへ

樹の緑と水面の青さ、赤い橋? の筈が...

P1640065.jpg

ダム湖に来てみたものの、山頂でお握りを食べてしまったし

お土産を買うような珍しいものがある訳じゃないし

代わりに”寝釈迦”でも撮って帰ろうと裏手に回って>笑<

P1640061.jpg

帰路は混雑が予想される日光経由を避け足尾から粟野へ

あわよくば”クマガイソウ”に会って行こうと思ったが

狭い林道入口に立つ通行止めの看板に敢え無く断念😞😞 
(後で気付いたんですが看板は脇に立ってたので通行可だったようだ)




ページトップへ  トラックバック0 コメント8
GW(5/4-1) 今年のアカヤシオはこれまで”2分け”で勝星無し...薬師岳は?
2017-05-04-Thu  CATEGORY: 花紀行(ツツジ・ヤシオの名所)
H29/05/04撮影 【30日に登った人のレポで3分咲きという情報に乗ったが...】


      アカヤシオの月山では満開には程遠かったが

 それでも中腹までは見られたので自然界と引き分けかな?

     古賀志山のアカヤシオも引き分けだったので...

 今日こそ決着を付けたいと単独だが連荘に挑戦してみた!

P1630935.jpg

挑戦する会場に去年も登った”薬師岳”を選んでみたが

去年より40分早く細尾峠に到着  登山口近くに駐車できた

身支度を終え”いざ薬師岳へ”...あわよくば夕日岳まで?

P1630941.jpg

アカヤシオは前回と同じように歩きだして5~6分でご対面!

良し幸先良いぞ!  今年も期待できるかな

P1630944.jpg

P1630946.jpg

P1630948.jpg

ところが...その後が続かない  忘れた頃に現れる

被写体になりそうなのは5本程度だったかな?

P1630949.jpg

P1630952.jpg

P1630955.jpg

中腹以降はその姿が全く見られなくなってしまった😞😞😞

芽吹きも無く殺風景な景色の中を意気消沈して登るケン坊

厳しい登りが続くが、足の疲れは連荘が理由では無い

下山する人の”山頂は何も無いよ”の情報に一気に疲れが

P1630956.jpg

P1630957.jpg

P1630958.jpg

P1630960.jpg

薬師岳を登ったというアリバイ作りのための山頂踏破?

P1630967.jpg

参考までに山頂付近のアカヤシオを掲載しますが

殆んどが蕾です  咲き始めの花もチラホラ

蕾も見えない樹も多く花付き自体が良く無いのかも

P1630963.jpg

P1630965.jpg

P1630968.jpg

薬師岳のアカヤシオは完敗です

完全に自然に打ちのめされました これで”1大敗2分け”に 

当初は夕日岳もと思ってたが”即刻、諦めて下山”です...

このまま引き下がれない!  何処かないかな~ 続く!





ページトップへ  トラックバック0 コメント4
GW(5/3-1) アカヤシオを追いかけ...栗山・月山を8年振りに
2017-05-03-Wed  CATEGORY: 花紀行(ツツジ・ヤシオの名所)
H29/05/03撮影 【月山のアカヤシオは開花が1週間遅れているようです...】


 アカヤシオを追いかけて栗山・月山へ足を伸ばしたが

    元気良すぎて”アカヤシオ”を追い越してしまった😞

  月山は8年振り2回目の訪問になりますがやはり遠い?

P1630815.jpg

栗山ダム広場Pから約10分で登山口(ビーフピア広場)に着

P1630823.jpg

前回はビーフピア広場奥から登ったが(多数の登山者あり)

今回は栃木百名山ガイドに載っている正規なルートで山頂を

正規の登山口は、ビーフピア広場の手前側だったんですね

           P1630827.jpg

登山口でスタッフから今年は開花が1週間程度遅れていて

山頂付近は蕾の状態だという情報を耳に

一瞬ガッカリするも、初めてのコースに別の楽しみを見っけ

P1630829.jpg

花付きもまずまず 開花が遅れてるため登山者も少ない?

前回の”芋洗い状態”がウソのような静かな山歩きに

P1630833.jpg

奥に赤薙山(と思われます)が見えます

P1630844.jpg

P1630847.jpg

P1630856.jpg

やはり正規のルートは展望が良い?

栗山ダムがバッチリ見えます(前回は全く見えなかった)

P1630860.jpg

登山口から約50分かけて山頂に! 本当にユックリ歩きです

山頂は狭く(開店不可)休憩できず😞でしたが

P1630871.jpg

山頂のアカヤシオはこんな感じ...殆んどが蕾でした

P1630875.jpg

優しくケン坊を出迎えてくれた花もありましたが...

P1630862.jpg

長居もできず下山開始です

前回歩いたコースを使って下山と思ったが正規のルートに

”ダムサイト土場登山コース”があるので今回はコチラで下山

山頂から数分戻って分岐を右へ(左が登ってきたコース)

P1630877.jpg

正規のルートは人が多いですね

これじゃ熊だって出没し難いですよね>笑<

P1630879.jpg

高度が下がると多くのアカヤシオが姿を現します

写真では上手く捉えられなかったがケン坊の目に焼き付け

P1630882.jpg

P1630883.jpg

山頂から20数分(登りは40分らしい)で登山口へ出ました

下山コースは結構な急坂が多かったが許容範囲?

P1630887.jpg

ダムサイト土場登山口から数分でダムサイトの舗装道路に

P1630888.jpg

P1630890.jpg

結局、栗山ダム広場(駐車場)で休憩することに>笑<

P1630898.jpg

P1630893.jpg

アカヤシオは1週間早かったがソコソコ楽しめましたよ

初めての(正規な)コースを歩けたことも満足!

P1630810.jpg

さて、帰りは近くの夫婦山へ登ることも考えたが

アカヤシオの次は”芽吹き始まった新緑が良いね”となり

後日レポ出来るかは不透明?



ページトップへ  トラックバック0 コメント6
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.