ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
夏日の山歩き...レンゲツツジの開花状況は所により5分咲き?
2016-05-30-Mon  CATEGORY: 花紀行(ツツジ・ヤシオの名所)
28/05/29撮影 【かなり早朝から駐車場が混むとの情報に5:30家を出発】


   五月晴れ? もう真夏の陽射し...山歩きも厳しい?

          今日の山歩きは風もあり爽やかでした

※レンゲツツジ
P1570425.jpg

※ヤマツツジ
P1570344.jpg

※ズミ
P1570340.jpg

※トウゴクミツバツツジ
P1570319.jpg


     バレちゃったかな?  詳細は後ほど報告します


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
県の代表的な花”さつき(皐月)”の展示会がアチコチで開催
2016-05-29-Sun  CATEGORY: 花紀行(ツツジ・ヤシオの名所)
28/05/28撮影 【花を愛でる日々が増えてます...今、世の中は皐月です】


             県花は”ヤシオツツジ”ですが

  全国区の”さつき(皐月)”の盆栽も県内は盛んです

   皐月に適する鹿沼土の関係もあって鹿沼地区は多い

P1570234.jpg

例年、5月最終土曜日から”さつき展示会”がアチコチで開催

      今日は”道の駅 ろまんちっく村”の会場で観賞

      第21回 宇都宮 さつき&花フェア

             5/28(土)~6/5(日)

           P1570252.jpg

以下、丹精を込めて仕立てた盆栽の一部を掲載します 

P1570245.jpg

P1570232.jpg

           P1570246.jpg

P1570243.jpg

P1570239.jpg

P1570236.jpg

P1570237.jpg

P1570247.jpg

        どれもこれも素晴らしい盆栽(作品)ですね

   幹の太さや花の数の多さ、単色からカラフルな花まで


ページトップへ  トラックバック0
今年は”ヤマボウシ”も当たり年...かな?
2016-05-28-Sat  CATEGORY: 公園・その他の公園
28/05/28撮影 【ヤマボウシが凄いことになってます...当たり年なのかな?】


   今日は早朝から”山へ行こうか 行くまいか”悩み続け

          朝4時30分、天気とくらすで最終判断

行かないと決定!!!  時間を持て余し市内をブ~ラブラ

   今年はツツジ系が大当たりの年とか言われてますが

       いやいや”ヤマボウシ”も当たり年かも?

P1570197.jpg

P1570227.jpg

P1570200.jpg

P1570185.jpg

P1570203.jpg

以前は「ヤマボウシ = 白 」というイメージでしたが

最近、ピンクのヤマボウシもアチコチで見られる

P1570189.jpg

P1570190.jpg

           P1570191.jpg

P1570193.jpg

ついでに旬なポピーをご紹介(載せるだけ)

P1570225.jpg

P1570219.jpg

P1570215.jpg

P1570224.jpg

P1570222.jpg

場所は”道の駅 ロマンチック村”でした



ページトップへ  トラックバック0
プチ・敬老会は”下妻・小貝川ふれあい公園”でお花見
2016-05-27-Fri  CATEGORY: 公園・その他の公園
28/05/22撮影 【今回、全員は揃わなかったが以前から計画してたので...】


4月に復活した敬老会の旅...あれから1か月ちょっと経過

      元気なうちに何処かに行きたいねとの声があり

  ケン坊の休みに合せて”21(土)22(日)”に計画したが

      直前にポシャり...一日だけとなり規模もプチに

プチ敬老会は”下妻・小貝川ふれあい公園”でした

P1570122.jpg

天気の良い日曜日ということもあり駐車場は満車なので

近くの”イオンモール”に車を停めて
(ちゃんと駐車料金に見合う買い物をしました...)

歩いて5~6分...今年はポピーとキンセンカが主役

お花見日和なので、行楽客が次々と列をなして...

P1570124.jpg

北側のお花畑には”シャーレポピー ”が200万本(1.9ha) 

先ずはポピーの会場から...ここは何度か訪れているが

やはり筑波山を背景に撮るのが定番ですね

P1570129.jpg

土手沿いに露店が並び食指をそそる匂いが風に乗って...

ポピーとキンセンカを分けるようにイベント広場が中央に

P1570131.jpg

夏のような生暖かい風に揺られるポピー

なかなか撮るのが難しい...風の隙間を縫ってパシャ

P1570167.jpg

P1570170.jpg

P1570173.jpg

P1570175.jpg




  会場南側のお花畑には”キンセンカ”が100万本(1.3ha)

       奥が黄色、手前がオレンジ色のキンセンカ

※小貝川に架かる橋の上から撮影
P1570145.jpg

P1570134.jpg

P1570137.jpg

このまま真直ぐ歩けば筑波山に行けるんだよね...?

P1570138.jpg

オレンジのキンセンカ...ヒマワリと並んで元気印の代表?

P1570154.jpg

イベント会場には茨城のゆるキャラ”ねばーる君”も汗だくに

※タイミングが悪く”粘って”ませんが...
P1570162.jpg

整備されている土手は芝生広場...まるで稜線と勘違い?

P1570181.jpg

ここは初めてと言う”敬老会メンバー”も満足げです

P1570132.jpg

P1570140.jpg

           この時点では気付かなかったが

 この日は、大入道ではオフ会が開催されていたんですね

   山と河川敷の違いはありますが花は癒してくれます



ページトップへ  トラックバック0 コメント4
GW5日・こぼれネタ”霧降で蕎麦のランチ”をすることに
2016-05-25-Wed  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
28/05/05撮影 【いつもコンビニのお握りが定番も、買い忘れたお蔭で...】


思いがけず”隠れ三滝から大山”まで歩いちゃったが

  この日はメインの食料を買い忘れ、何とも心細い山歩き

      小さなあんぱんと飴、山頂でのコーヒーで我慢

   さすがにツツジヶ丘まで戻ってきたら一気に空腹感が

      レストランや食堂もありましたが今まで利用ゼロ

今回は駐車場近くの”霧降庵”というお店の暖簾を分けた

P1560543.jpg

さすがに午後2時近いので客も2~3人しか居なかったが

我が家が入った直後にはゾロゾロと10名...中国系?

まるでケン坊が引率して来たかのような光景(オーバーです)

P1560542.jpg

ケン坊たちが座った隣のテーブルにコーヒーのサービスが

多分、意識して近くに座ったと思われるかも>笑<

蕎麦にコーヒーはケン坊的には違和感があるが...2杯も

P1560534.jpg

席に案内されて(自分で選んで座った正しい)間もなく

お通し・先付・突き出し・前菜  何が正解だ~

蕗の煮物、さつま天婦羅、漬物、蕎麦煎餅...得した気分?

※コレは2人分です
P1560536.jpg

厨房を見ると親子?  倅の代にバトンタッチ

店内は娘さん2人とお母さん(?)の3人が担当かな

P1560537.jpg

蕎麦とは別に頼んだ野菜の天婦羅が登場

タラの芽、マイタケ、こごみ、ヤマウド、さつま芋

中でもタラの芽は新鮮で大きく格別の味\(^_^)/

P1560539.jpg

そしてメインの”手打ソバ”が登場

一瞬「少ね~」と思ったが...終わってみれば満足の量

P1560540.jpg

お腹が空いてたこともあり一気に食べた感じ...美味しい!

P1560545.jpg

ツツジの満開は2日後でしたが満足した山行\(^_^)/でした



ページトップへ  トラックバック0
悩むケン坊...大入道のシロヤシオとミツバツツジのコラボに大満足
2016-05-22-Sun  CATEGORY: 花紀行(ツツジ・ヤシオの名所)
28/05/21撮影 【目的は何? と聞かれ原点に返って歩くことを思い出す...】


     去年の大入道のシロヤシオは異常な早や咲きに

         27/5/30のオフ会には終焉を告げていた

    今年の開花は平年並みになりそうと推測していたが

          訳あって突然の大入道へ花旅企画...

※トイレ休憩で道の駅やいた
P1560995.jpg

7:15 小間々の駐車場は既に三分の二が埋まってた

ヤマツツジは少しは咲いていると思ってたが

まだまだ蕾が大半で開花している樹は殆んどない状態

P1560996.jpg

大間々に向かうと少しずつミツバツツジが姿を現し

もしかして大間々はツツジの花が咲いてるかも?

P1570002.jpg

残念ながら淡い期待も空しく空振り

レンゲツツジに至っては状態の良い樹がこの程度...

それこそ一本も一個の花もありませんでした

やはり今年の開花は平年並みとなっているのかも...ね

P1570003.jpg

突然一匹のセミがケン坊の胸目掛けて体当たりして落ちた

もしかしてケン坊を”ケン棒”という木に間違えたか

いやいや”ジィージ(爺ージ)ジィージ(爺ージ)”と鳴きながら

可愛い孫に思えたケン坊は近くのツツジにそぉ~っと

この辺りからエゾハルゼミが賑やかに...今日も暑そうな

P1570008.jpg

順調に大間々の駐車場へ着いたが

ミツバツツジ以外に花の咲く気配は全く無し

駐車場は満車で路駐まで...皆さん何処を歩いてる?

P1570009.jpg

多分、この調子だと大入道のシロヤシオは皆無に違いない!

一回目の作戦タイム...

予定通り進むか、またはミツモチ山か県民の森へ行くか?

結論:見晴らしと青空コースの分岐までに決めよう

※この辺りもミツバツツジが紫の姿を
P1570012.jpg

間違ったかのように”シロヤシオ”が?

でも、殆んどの樹が蕾で開花している樹は数えるほどだ

P1570015.jpg

二回目の作戦タイム...

花が保障されているミツモチ山か県民の森へ行くか?

結論:取り敢えず八海山で結論を出そう>優柔不断<

P1570027.jpg

八海山から見る釈迦が岳...ここは展望が良いですね

何組かの先客、後からも数組が八海山で休憩に

皆さんに行先を訪ねるも...

花がダメなので釈迦が岳に変更する人、ミツモチ山に戻る人

結局は大入道方面に行く人はゼロ

第三回目の作戦タイム...

予定通り進むか、う~んミツモチ山へ戻るか?

結論:大入道への分岐点迄に決める またも結論の先送り

P1570024.jpg

そして急な斜面を駆け下りて大入道への分岐...

ここで第四回目の作戦タイム

魔女から”今日の目的は花? それとも歩くこと?”と聞かれ

結論:花の開花状況に関係なく大入道経由で小間々まで歩く

こうして本日の歩くコースが決定しました>難産<

P1570028.jpg

そして剣ヶ峰に到着...大入道方面からのハイカーから

シロヤシオが”もの凄く綺麗に咲いている”との情報

大入道へ向かうと決めてるが、この情報にハイテンション!

P1570029.jpg

剣ヶ峰から下り中心に2~30分歩くと

情報どおり”シロヤシオ”と”ミツバツツジ”がお見事

思わず\(^_^)/\(^_^)/―\(^_^)/三唱>笑<

P1570048.jpg

P1570049.jpg

P1570066.jpg

P1570073.jpg

P1570079.jpg

P1570080.jpg

P1570088.jpg

殆んど人気のない大入道の花回廊

何処でどのように休もうが自由 好きなポイントでお昼タイム

P1570089.jpg

縄文ヤシオツツジ この樹の満開時の姿は初めてです

P1570092.jpg

これが縄文ヤシオツツジの花です

※風が強くてアップは難しい
P1570093.jpg

P1570096.jpg

P1570099.jpg

P1570101.jpg

ようやく大入道のピークに到達  コレで花回廊は終了です

P1570105.jpg

後はひたすら下って”小間々駐車場”に向かうだけ

下山途中に見るヤマツツジも全て蕾です

P1570108.jpg

桜沢の支流かな? ここで小休止! 

見上げると斜面にエンレイソウが集会中?

もう既に花は終わってます  来年のための作戦タイムか?

P1570112.jpg

そして対岸で”ツクバネソウ”を初めて見ました

P1570114.jpg

桜沢を過ぎるとまもなく小間々 この辺のツツジも蕾が中心

P1570116.jpg

小間々の女王を表敬訪問したが往年の輝きは失せて

でも、少し離れて見る限りは威厳は失ってません

P1570117.jpg

     こうして今回の大入道のシロヤシオを観る山行は

  ミツバツツジとのコラボに満足 初志貫徹のご褒美です!


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
情報提供! 大入道の花情報を偵察してきました
2016-05-21-Sat  CATEGORY: 花紀行(ツツジ・ヤシオの名所)
28/05/21撮影 【俗に言う大入道のシロヤシオは全体的には来週でしょうか?】


       高原山の花情報は〇〇〇さんの持ちネタですが

            大入道は今月末かなと思いつつも

        諸般の事情から飛び込み訪問することに...

 思いがけず見ごろ撮りごろの花回廊に遭遇\(^_^)/

               今日の行程は例年通り

   小間々~大間々~八海山~剣ヶ峰~大入道~小間々

                今日の花回廊会場は

 剣ヶ峰から2~30分歩いた辺りから大入道までの40分間

P1570049.jpg


P1570074.jpg


P1570079.jpg

縄文ヤシオの満開状態の姿は初めて見ました\(^_^)/

P1570092.jpg


P1570098.jpg

          歳の頃なら17~8歳から20代前半の

  元気一杯の花たちがケン坊と魔女を出迎えてくれました

来週がピークと言いたいですが、お花の都合もあり不明です?


ページトップへ  トラックバック0 コメント4
栃木百名山・2度目の山行となった”羽賀場山”は...
2016-05-19-Thu  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
28/05/15撮影 【羽賀場山ピストンじゃ物足りないと思ったら...ラッキー】


     今年も”筆者と歩く栃木百名山”の季節に

月に一度は魔女をケン坊の束縛から解放してあげるため?

             いや 参加理由は別にあるんです

    もしかしたら、未踏の百名山に登れるかも知れない

 少し甘い? 残り13座の中から企画される確率は超低い!

P1560908.jpg

今年第一回目の募集が先日ありましたが、一度登った山で

鹿沼の”羽賀場山”でした
(最初に登った時は、2度目は無いと思っていた山ですが)

お天気山への縦走を期待して参加することにしたが

参加決定通知をみてガッカリ(羽賀場山までのピストンだった)
(バスの中で、状況によってはお天気山へ縦走するとの話に淡い期待を!)

今回は総勢28名(内、主催者側4名)と大勢です

P1560910.jpg

登山口は”長安寺境内”の右手奥にあります

お寺の境内へ有名な”イワヒバ”の石段を...と思ったら

安全のため(イワヒバの保護?)に通行止め😞

P1560911.jpg

ここが”羽賀場山”の登山口  案内板がマメにあるので安心

P1560919.jpg

以前歩いた時には、杉林が何となく鬱蒼としていたが

ここ2~3年で様変わりしたようだ

羽賀場山の樹林も計画に基づいた伐採の時期らしい

P1560921.jpg

結果的に貴重な花となってしまったので掲載です>笑<

P1560922.jpg

団体ではどうしてもマイペースという訳には行きません

リーダーの判断、指示に従っての行動が大切

ここのコースは展望が良く無い...だが伐採のお蔭?

今回は見晴らしが良く右奥に鳴蟲山も見える

P1560926.jpg

更に伐採ヶ所は続きイメージの違う山を歩いてる感じになる

前方に今日の目的”羽賀場山”が見えます

※右の鉄塔から3つめのピークが山頂か? 左のピークがお天気山らしい
P1560930.jpg

出発から53分で第一鉄塔へ到着(モデルは30分だが)
(九十九折だと距離が長いとショートカットしたから? 休憩したから?)

急がば回れの典型的なパターンだったかも...

鉄塔の下から...久々にこのアングルで撮ってみました

P1560931.jpg

東方面(直ぐ近い)に”かまど倉”が見えます

P1560932.jpg

急登を登り...結構きついがユックリなので疲れは感じない

P1560934.jpg

そして目印の第二鉄塔に到着(モデルより遅く不安が募る)

※西側の鉄塔(電線)の先に鳴蟲山が
P1560938.jpg

第二鉄塔のところに大きなヤマフジが疲れを癒すように

P1560936.jpg

そして最後の急登かな? 時間的にそろそろ山頂かも

それにしても写真で見ると急登が判り辛い

P1560940.jpg

そして漸く展望のない山頂に着きました(2時間40分)

羽賀場山は一等三角点です  標高774.5㍍

そして気になるリーダーの”運命の決断”は???

「参加者の歩く姿を見て縦走することにしました」

\(^_^)/ お天気山はケン坊は初めてのルート \(^_^)/―

※三角点や山頂の写真は順番が回ってこないので諦めです>笑<
P1560943.jpg

そうと決まれば羽賀場山山頂に長居は無用とばかりに

皆さん、元気よく歩きだしました>笑<

多分、皆さんも縦走を期待していたんでしょうね

P1560945.jpg

コースは折角登った標高(774)をグングンと急降下します

そう 斜面なんて言葉では表現できないくらい下る

登りと違って皆さん慎重です...もちろんケン坊だって慎重

P1560950.jpg

下って下ってまた下る...

こんなに下ったら、羽賀場山より高いお天気山は厳しい登り?

P1560954.jpg

痩せ尾根も皆さん慎重にクリア(団体なので時間掛かるが)

アップダウンが結構激しく、トラバースするも狭くて

ケン坊は初めてのルートなので不安はあるものの楽しい!

途中でのお昼...何処のピークだったか覚えて無い

多分ですがP730だったと思うが(写真も無し)

P1560955.jpg

団体での歩きは休憩をきちんと取ります(お昼は30分)

ケン坊的には長い...で、時間ピッタリで出発です

アップダウンを繰り返し、漸くココ標高777㍍のピークを通過

一番高い場所も標高板が置いてあるだけ...素通り

P1560960.jpg

そして笑っちゃうくらいの下り(急降下)が続きます

P1560961.jpg

もちろん下ると言うことは、その分登ることに...

P1560963.jpg

最後の急登を登り”お天気山(天気山)”に到着した

山名板には「天久山」「天強山」「お天気山」の名前が...

山名の謂れを調べようとしたが見つからず

ここの山名板には標高が777㍍と書かれてますが

実際は計測してなくて...途中の最高点を表示してる?

P1560964.jpg

この(↑)看板の10㍍位先に何気に行ったら...この景色が

日光連山・皇海山が見えた 本日一番の景色かも?

大きな声で皆に知らせると先を争って撮影会が開始された

P1560971.jpg
ちょっと失礼! 割り込みです(証拠写真だよ)
P1560973.jpg

瞬く間に20分休憩も過ぎ 歩きだすも三度四度の急降下

足の指先が痛くなってきました(ホント)

急降下ばっかり載せても仕方ないのでたまには大きな岩を

P1560976.jpg

そして裏側に回ると”二の宮”...松の木の根元に祠が
(高台なので背伸びして撮ったら曲がっちゃった)

P1560977.jpg

この後、分岐を左折したので”一の宮”を通らず下山

P1560981.jpg

これまでの激急降下と違って少しはマシな傾斜に

P1560982.jpg

ようやく平坦な道に...正直、平らな場所はココが初めてか

P1560983.jpg

登山から7時間の山行...多めの休憩を含むので

実際の歩行時間は5時間半弱位かな?

一番左のピークがお天気山、羽賀場山は右奥なので見えず

真ん中右が多分ですが777峰ですかね~

P1560986.jpg

実によく歩きました  晴天に恵まれ

思い掛けない”羽賀場山~お天気山”の縦走に満足!

花は無かったけどね>苦<

P1560987.jpg

こうして平成28年の第一回栃木百名山歩きは無事終了!

さて来月は何処の百名山でしょう? お楽しみに~



ページトップへ  トラックバック0 コメント6
GW最終日・新緑の竜化の滝を目指したが...
2016-05-17-Tue  CATEGORY: 景勝地(滝めぐり)
28/05/08撮影 【3日前に隠れ三滝を見たばかりだが春の竜化の滝も気になり】


     まだまだGWからのレポがいくつか残ってます...

   色褪せたレポかもですが随時報告させていただきます

    今回は昨秋レポした”竜化の滝”を再訪しました

   ネライは新緑の”竜化の滝”を堪能するつもりでしたが

P1560571.jpg

R400号と温泉街を流れる箒川...新緑もピークです

P1560575.jpg

ヤマツツジがもう少し咲いてると思ってましたが残念でした

P1560576.jpg

竜化の吊橋(渡った先から振り返って)

P1560578.jpg

竜化の滝の手前にある”風挙の滝”も雰囲気があります

竜化の滝の露払いにしておくのが勿体ない滝

P1560581.jpg

P1560606.jpg

ワサビの花に似てますが...同定できず(自信なし)

P1560592.jpg

そしてお目当ての”竜化の滝”ですが

期待していたイメージとはちょっぴり違ってました

滝の上は青空に新緑が映えますが

P1560598.jpg

P1560599.jpg

滝つぼの近くの岩場に”不動明王”でしょうか?

滝の観漠台から少し離れてるので断定できません

P1560600.jpg

往路では気づかなかった”ヤマウツボ”があちこちに

P1560609.jpg

さながら”昔のCM”を見てるような錯覚に

たしか”○大ハム”だったかな~ 

”わんぱくでもいい たくましく育ってほしい”

岩と岩に架かった丸太橋を渡らせようと父と子が挑戦してる

米岸には心配そうに見守る母親
P1560612.jpg

風は最初からやや強めに吹いていたが何とかなるだろうと

軽く考えていたが...駐車場に戻ったら強風!

あっけなく”塩原の渓谷歩き”は頓挫しちゃった  どうする?


ページトップへ  トラックバック0 コメント2
花ハシゴ・第三~四弾...”バラとジャーマンアイリス”で~す
2016-05-16-Mon  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
28/05/14撮影 【まさに花三昧の一日でした...さて次の山行は何処?】


 根古屋台遺跡のニッコウキスゲ、錦鯉公園のハンカチノキ

  後半は魔女と一緒に井頭公園・バラ園へと向かう

 そろそろ見頃かな~と思ったが...開花始めでした😞😞😞

        そんな訳で掲載するほどの写真は無いが

  このレポが誰かさんに役立てば良いかな~と掲載します

P1560879.jpg

黄色いバラが先陣を切って咲いてます やはり元気!

P1560858.jpg

一重の花はバラのイメージがありませんが...

P1560862.jpg

バラの代表的な色と言えば深真っ赤なバラでしょうか?

※家で見たら少し若さが無かったみたい>笑<
P1560868.jpg

ピンクの花もこの日のカメラマンには人気だったようです

P1560863.jpg

定番のバラのトンネル まだまだ5分咲きかな?

P1560866.jpg

井頭公園のバラ園はまだ始まったばかりですが

この後、気温も高いので一気に見頃を迎えるかも知れません

あくまで自己責任でお出掛けください




   さて、花三昧の締めは...車を下野市まで飛ばして

                 「石橋あやめ園」

    久し振りに”ジャーマンアイリス”会場へ移動

P1560881.jpg

園内を整備されたようです...手前の池では釣りもできる?

P1560882.jpg

ピークは過ぎたのでしょうか?  いや今が旬なのかな?

ハウスには”ジャーマンアイリス”の見事な花が咲いてます

P1560901.jpg

もちろん販売も...一株(花芽2個)2~3千円が相場?

P1560894.jpg

以下、ジャーマンアイリスの一部を掲載します

P1560903.jpg

P1560884.jpg

P1560885.jpg

P1560888.jpg

P1560889.jpg

P1560890.jpg

P1560893.jpg

P1560898.jpg

P1560899.jpg

今日は朝から4ヶ所の花めぐり...

山の花も最高ですが、里の花たちを愛でるのも良いかな?



ページトップへ  トラックバック0
花ハシゴ・第二弾...”鹿沼・錦鯉公園”で心身ともにリラックス! 
2016-05-15-Sun  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
28/05/14撮影 【ケン坊はこの日は花三昧。梯子のハシゴ...またハシゴ 】


   根古屋台遺跡のニッコウキスゲに続いて向かった先は

        ここも定番”通称:錦鯉公園”という花園

            目的は”ハンカチノキ”の花

P1560853.jpg

錦鯉公園にはハンカチノキが4~5本あるが

今年は果たして咲いてるかな?  

遠くから見る限り枝葉の部分が白く見えます 咲いてそう!

P1560839.jpg

おぉ危な~  タイミングを外しそうでした

もうこんなに散っちゃってます

P1560825.jpg

白いハンカチ  純白で綺麗な姿を見せてくれますが

鮮やかさが無いので写真の撮り方が難しい 

P1560837.jpg

そよ風に吹かれハンカチノキの花がユラユラ落ち着きがない

P1560830.jpg

P1560833.jpg

P1560827.jpg



ついで情報...シャクナゲの花も今がピークです

もちろん蕾も多くありまだまだ見られますが

P1560814.jpg

P1560819.jpg

P1560823.jpg

P1560840.jpg

P1560842.jpg

最後に、シャクナゲとハンカチノキのコラボを

P1560846.jpg

花ハシゴ・第二弾でしたが...次回は第三弾を報告します



ページトップへ  トラックバック0 コメント2
今年もニッコウキスゲの季節が...”根古屋台遺跡”からレポ
2016-05-14-Sat  CATEGORY: 花紀行(ユリの名所)
28/05/14撮影 【ここの情報を提供するのは宇都宮市に住む者の役目?】


  そろそろニッコウキスゲが咲く季節になったな~と思って

     ケン坊定番の”根古屋台遺跡”へ出掛けたら

P1560803.jpg

花の株数は年々減ってるように見えるが実態は不明です

咲き具合は見頃を迎えてた(数日は大丈夫?)

ニッコウキスゲは一日花なので萎えた花とセットになっちゃう

P1560784.jpg

ニッコウキスゲの自生地としては

ここ”根古屋台遺跡”が南限と言われているらしい

P1560769.jpg

スクラム組んでカメラマンを歓迎してる姉妹かな?

それとも”いちゃいちゃしてる仲の良い恋人同志”かも>笑<

P1560778.jpg

日増しに濃くなる緑...ニッコウキスゲの黄がマッチ

P1560786.jpg

皆さ~~ん 一度、横向いて貰えますか~  蕾も多いです

P1560791.jpg

兄貴の萎えた姿を横目に”明日は我が身かな”と心配そうに

P1560783.jpg

でも花たちは”その時その瞬間”を健気に生きてます

TVで観る”謝罪したり釈明する不貞の輩”の姿が見苦しい!

P1560790.jpg

最も、ケン坊も似たり寄ったりかな>苦<

有名人じゃないので目立たないだけですね  失礼しました!



ページトップへ  トラックバック0 コメント10
GW初日・こぼれネタ”おこんにゃく茶屋”でランチ
2016-05-13-Fri  CATEGORY: グルメ(定食&丼物)
28/04/29撮影 【連休初日、報告できなかった寄り所はコチラ...】


   無邪気に千手山公園で恋人気分を味わった老夫婦は

今年2月オープンの”おこんにゃく茶屋”でランチに向かう

   一度食べてみたいと思ってた小さなお店はいつも満席

     場所は”屋台のまち中央公園 観光物産館内”です

※掬翠園のある中央公園 右の建物が物産館
P1560161.jpg
※コチラが観光物産館 この一角にお店がオープン
P1560150.jpg

物産館に入り案内所の前を通って...お店に入ります

カウンターが暖簾で仕切ってあります>笑<

手前が物産館の案内所で奥が”おこんにゃく茶屋”です

※真ん中右下に順番待ちの名前記入台があります
P1560149.jpg

目的が”おこんにゃくプレート膳”なので迷わず注文

ご飯は”こんにゃく入りごはん&玄米ごはん”の選択制

両方を食べたいのでケン坊と魔女は別なご飯を注文しました

P1560137.jpg

過去2回とも満席だったので今回は少し早めに...

店内はL型で狭いですが

4人掛けのテーブル席が四つ、カウンター席が六席

P1560139.jpg

少しの時間が経ち...ランチが運ばれてきました

コレが”おこんにゃくプレート膳・こんにゃく入りごはん”です

P1560142.jpg

全部で10品
   ・サラダ(ドレッシングにこんにゃくが入ってる)
   ・こんにゃくコーヒーゼリー
   ・しらたき
   ・きんぴらごぼう&こんにゃくのパスタ
   ・こんバーグ(国産牛肉6割、こんにゃく4割)
   ・こんにゃくステーキ

P1560147.jpg

   ・こんにゃく入りご飯(細いしらたき)
   ・こんにゃく刺身
   ・こんにゃく玉とタケノコの串刺し
   ・味噌汁

P1560144.jpg

もう一つの”玄米ごはん”はこんな感じ

P1560146.jpg

ケン坊と魔女はご飯を”ハーフ&ハーフ”にして食べました

P1560148.jpg

見るからにヘルシーなランチでしょ

女性の喜びそうなランチ...所詮、こんにゃくが主役なので

950円は高いと言われちゃうかも知れませんが...


【おこんにゃく茶屋からひとこと】
当店のおこんにゃくは、1年を通し生のこんにゃく芋をすりおろして作っています。
凝固剤を使わず小楢の灰を利用した昔ながらの完全無添加のおこんにゃくです。
こんにゃく独特の臭いが無く市販のものとは全く違う食感が楽しめます。
※灰はセシウム検査済です

【豆知識】
コンニャクの原料となるこんにゃく芋
群馬県が圧勝の収穫量一位ですが、二位は栃木県なんです



ページトップへ  トラックバック0 コメント5
寄り道の”上三依水生植物園”で多くの花たちに出会う
2016-05-10-Tue  CATEGORY: 公園・その他の公園
28/05/08撮影 【どこかで”ヤマシャクヤク”を見たことがあったな~と...】


  GW最後は”上三依水生植物園”への寄り道で...

    心静かに花々を愛で明日からの仕事に備えますか

  魔女は(大山歩きで)休養が必要と言うので本日は単独に

     コレまで、6月の水生植物園は何度かありますが

            たしか5月の訪問は初めてかも?

 果たして、どんな花に巡り合えるのでしょうか 楽しみです

              以下、写真中心のレポです

※入口手前にある七滝
P1560758.jpg

※クリンソウ
P1560669.jpg

※オオバナノエンレイソウ
P1560654.jpg

※メコノプシス・インテグリフォリア(ケシ科)
P1560656.jpg

※ヒメリュウキンカ
P1560659.jpg

※ヤマシャクヤク
P1560713.jpg

P1560666.jpg

P1560721.jpg

P1560719.jpg

※ミツガシワ
P1560672.jpg

※アネモネ・ネモローサ
P1560673.jpg

P1560676.jpg

※クマガイソウ
P1560731.jpg

P1560688.jpg

※コマクサ
P1560726.jpg

※クルマバソウ
P1560743.jpg

※シラユキゲシ
P1560693.jpg

P1560694.jpg

※ヤマブキソウ
P1560699.jpg

※ウラシマソウ
P1560701.jpg

※サクラソウ
P1560705.jpg

※シラネアオイ
P1560708.jpg

P1560712.jpg

※アジュカ・レプタンス(シソ科)
P1560746.jpg

まだまだ多くの植物が咲いていましたが...

ボケ写真が多く(風で揺れちゃって)掲載出来ず残念です



ページトップへ  トラックバック0 コメント6
思いがけず”霧降高原・大山”までピストンしちゃいました
2016-05-09-Mon  CATEGORY: 栃木百迷山(栃木里山以外)
28/05/05撮影 【大山までのピストンで約4時間...我ながらよく歩きました】


   霧降の滝駐車場から隠れ三滝を目指して歩いてきたが

       マックラ滝を目前に”まさかの分岐”が現れた

道標に書かれた”大山 2㌔”の文字が魔女を誘惑したようだ

           迷うケン坊も”心の分岐”に負けた~

     確か、この先の”猫の平”までが急登だった記憶が

途中でダメだったら引き返せば良い...最も危険なパターン

P1560436.jpg

決まれば”霧降・大山への山歩き”モードへ即切換え

でも、歩き出して直ぐに大変なことを...

そう コンビニでお握りを買い損ねたことを思い出しちゃった

次、この次と言ってるうちに駐車場へ...

でも隠れ三滝だから終ってから帰りに食事すれば良いや

水は多めにあるし、小さいがアンパンもあるし...GoGoGo

P1560439.jpg

念のため”三滝”の地図を確認したら大山の情報が載ってた

見ると、猫の平まで登り25分下り15分と...かなりの勾配だ

歩きだすと予想以上の急登だったが

他のハイカーに”もう直ぐですよ”と声かけられ元気づく魔女

最後の登りに必死で...写真を撮らないで~と叫ぶ

P1560440.jpg

違うよ ミツバツツジが綺麗だから花を撮ってんの...

P1560442.jpg

急登も遂に分岐から17分で”猫の平”に到着しました

おぉ~ モデル(25分)よりも早いじゃん

P1560448.jpg

天気もまずまず、何たってこの眺望で疲れが飛んじゃった~

頑張っちゃって良かったね  思わずハイタッチ\(^_^)/

P1560444.jpg

猫の平から目指す”大山”はまだまだ先です>苦<

方向的に、この山(↓)が多分”大山”だと思います

P1560451.jpg

そして男体山も目の前に...

↑実際には天気が良かったが思ったよりも写真が暗いね

時々薄い雲が陽射しを遮ってたからその影響?

P1560447.jpg

そうそう、猫の平は霧降牧場の中なんですね~

明るい紫のミツバツツジが、牧場の内外で綺麗に咲いてます

P1560456.jpg

膝位の枯れ気味のクマザサ?の中を歩きます

牧場内を通る舗装道路でも良いが、足に優しい土を選択

P1560458.jpg

P1560459.jpg

何ヵ所かゲートがありますが...大人が通るのがやっとです
(いや、魔女は軽く通れましたが、ケン坊はザックが邪魔...コレ本当です)

最初は、何で狭くしてるのかなと考えちゃいました

結論(推測):牛が通れないような幅ということ...かな

このゲートが通れない方は”牛並み”の体格です>笑<

P1560461.jpg

中央の水色の設備は”牛の水飲み場”のようです

最初は何だろうと思っていましたが牧場内なので多分...

P1560464.jpg

笹原を歩き終えると、一旦舗装道路にでます

この車道歩きが結思ったより長かった...約10分強

P1560466.jpg

三度四度? ゲートを潜り膝上まで伸びてる笹原の中を

少し荒れた場所もあったが数分でまた牧場内へ

P1560468.jpg

山頂には東屋があり3組7~8人が写真撮ったり休憩したり

P1560478.jpg

牧場との境界近くに二等三角点がありました

P1560472.jpg

大山山頂からの眺めです

少し雲が出てますが肉眼では素晴らしい景色が...

※赤薙山、女峰山が...あの天空回廊1445段の階段も
P1560477.jpg
※猫の平が中央に見えます
P1560473.jpg
※遠くに薬師岳、地蔵岳、夕日岳も...
P1560470.jpg

復路も往路と同じ花を見てる筈ですが視点が違うのか

全く別の花にも見えます

P1560482.jpg

P1560485.jpg

ようやく猫の平からの急な斜面(下り)も終わりホッ!

何ヵ所か、有刺鉄線を跨ぐ牧柵がありました

P1560488.jpg

~~ マックラ滝へ立ち寄り ~~

そして、往路を歩いて一気につつじヶ丘へ向かいます

P1560527.jpg

そしてスタート地点に戻ってきました

4時間経過したら何となく開花が2~3分進んだような気が

P1560530.jpg

今回も魔女の変心のお蔭で大山まで歩けました

教訓:今後は”目的地周辺の情報”もシッカリ把握すること



ページトップへ  トラックバック0
霧降の滝Pから”霧降隠れ三滝”を歩くつもり...
2016-05-08-Sun  CATEGORY: 景勝地(滝めぐり)
28/05/05撮影 【GW中盤の最終日...どこかハイキングでも良いから歩きたい】


  ブロ友さんの”滝(赤滝、唐滝)”を見てたら滝が恋しくなり

          GWの日光方面は混むと思いつつも

 霧降のツツジなら満開にはまだ早いから混雑しないと推測

※駐車場そばのツツジは蕾です(数日後には満開?)
P1560390.jpg

今回は「霧降の滝P」に停めてマイナーなスポットへ

そう、以前歩いた”霧降隠れ三滝”が今回のターゲットで

以前から「霧降の滝P」から歩く隠れ三滝が気になってた
(隠れ三滝を歩くならチロリン村に車を停めれば効率的だが)

駐車場から1~2分歩いた空き地にコースの案内板があった

※2滝しかない? それと廃道となった場所もある?
P1560395.jpg

左奥(案内板横)にコースの入口を示す道標がありスタート

この辺のツツジも蕾が中心で数日後が楽しみです

コースは”大山~キスゲ平園地”へ続き、隠れ三滝は途中だ

P1560394.jpg

コースに入るとヤマツツジやミツバツツジがチラホラ咲き出し

新緑と花に癒されますが1週間後が良い?

コースはフカフカしていて足に優しくて良い感じです

P1560398.jpg

あれ~ 入口から6分しか経ってないのに...

案内板にあった”廃道”に...でも「新道」がありました

※写真の真ん中奥に進むと新道です(右手が廃道)
P1560399.jpg

トウゴクミツバツツジを見ながらの歩きに気分は上々

P1560401.jpg

スタート13~4分で舗装された林道(戊辰の道?)へ

P1560403.jpg

舗装道路を5分も歩くと再び登山道に入る分岐が現れた
(小さな橋を渡り切った右手に道標。直進するとマックラ滝の方へ)

そう この分岐を右折すると”丁字滝”です

途中ニリンソウの群生があり撮って見たがボツ候補揃い?

P1560407.jpg

更に数分歩くと...”丁字滝”の横に出ました

もちろん下へ降りて行きますが

P1560521.jpg

水量が多いです 前回とは比べ物にならない?

静かな新緑の中に...滝壺に落ちる水の音だけが響き渡る

P1560413.jpg

もう少し滝壺に近づきたいが先もあるのでスルーします

P1560414.jpg

滝下からコースに戻り道標(大山・玉簾滝)に従って歩きます

丸太橋は流されてなく、ここで対岸へ渡る

P1560416.jpg

最近、カメラの悪戯?  何となく丸みを帯びてきた魔女

えっ 今に始まったことじゃない?  シィー内緒!

P1560417.jpg

そして2つ目の隠れ三滝”玉簾滝”が目の前に...

P1560421.jpg

滑りそうな岩肌を慎重に移動してシャッターを

P1560422.jpg

P1560428.jpg

コチラも水量が多いらしい

ココ”玉簾滝”はむしろ水量が少ないほうが”簾”に見えるとか

P1560430.jpg

スタートから55分 隠れ三滝の最後は”マックラ滝”ですが

滝の手前200㍍の地点に分岐があります

右手”大山”へのハイキングコース  直進は”マックラ滝”



     ここで前回の”薬師岳&夕日岳”の再現が...

そう 大山まで2㌔の道標を見た魔女が”大山”へ行きたいと

ケン坊も”大山”は未踏のコースなので歩いてみたいが

予備知識も無く不安...案内板に急登の文字もあったような

           よし 行ける所まで行って見よう!

P1560436.jpg



霧降の滝Pから隠れ三滝歩き...が本日の目的なので

今回のレポは帰りに寄った”マックラ滝”を先にレポ

分岐から数分で林道(戊辰の道)の反対側(マックラ滝)へ

霧降川に架かる丸太橋を...結構人が入ってます

P1560493.jpg

丸太橋を渡ると”不動明王?”がコチラを睨んでる

P1560495.jpg

先客が居るので滝全体を撮ろうとすると必ず人が...

P1560498.jpg

ならば...その上に登るしかないじゃん

と、上まで登ったが登り過ぎた?  近過ぎて残念です

仕方なく上段・下段を分けてパシャ

P1560504.jpg

P1560501.jpg

岩を一個分下に降りたら辛うじて撮れました

P1560503.jpg

人が入っても止む無し...大きなシンボルツリーとコラボで

P1560510.jpg

下を見ると滝を見に見学者が入ってきます

こんなに知られても”隠れ三滝”と言うんですか?

P1560505.jpg

漸く霧降の滝Pから”霧降隠れ三滝”を歩くことに成功!

P1560519.jpg


     次回は、分岐から”大山”へのハイクをレポします



ページトップへ  トラックバック0 コメント8
山歩きの予定が何時の間にか”富士ぼたん園”に...
2016-05-07-Sat  CATEGORY: 日記
28/05/03撮影 【GW中盤戦の初日のレポが遅れ...写真の羅列で終了】


   GW中盤の初日は出掛ける場所で魔女と駆け引き?

 前の晩”ケン坊の行きたい場所で良いよ”と言ってた魔女

     寝る前に”山歩き系を3ヶ所”をメモって就寝した
             (朝、遅くても8時出発と書き添えて...)

ところが朝起きると、魔女のメモ”花系5ヶ所”が置いてある

        山(薬師&夕日)の疲れが癒えてない?
      (山でも良いと言ってた筈なのに...だったら最初に言えよ)


    山は諦め...でも魔女がメモッた先じゃ面白くない

メモに無い”富士ぼたん園”に決め細やかな抵抗>笑<

P1560379.jpg

【案内板より抜粋】
この地は「富士山」と呼ばれる標高198㍍の高台で、村一番の展望を誇る景勝の
地です。
花では最高の”ぼたん”を植栽しさらに”つつじ、しゃくやく、しゃくなげ”を育てた、
名実とも日本一を目指した花園です。
敷地は3㌶の広さ、園内の山石は大型ダンプ200台で当主が十年の歳月をかけて
完成させた手作りの名所です。
大自然の佇まいと競い合う色とりどりの花を観賞し安らぎと明日への活力を養って
ください。

P1560356.jpg

ここ”富士ぼたん園”はオープン間もない頃2回行ったが

ケン坊の今回の訪問は10年(近い)振りかな?

P1560353.jpg

入場料は”時価制”で、この日は最高の800円

あぁ 長泉寺のぼたん祭りだったら無料なのに>笑<
(短気は損気、俄かな抵抗が失敗を...)

P1560357.jpg

以下、ぼたんの花を中心に掲載しました...

P1560358.jpg

P1560340.jpg

P1560344.jpg

P1560350.jpg

P1560360.jpg

P1560363.jpg

P1560365.jpg

P1560368.jpg

P1560376.jpg

P1560378.jpg

もちろん ツツジやシャクナゲもご覧の通り

P1560345.jpg

P1560346.jpg

遠く霞んで見えるのが八溝山系です

素晴らしい景観だがケン坊単独ではあの山並みは遠いな~

P1560370.jpg

今朝の”やり取り”で申し訳ないと思ったのか

魔女の口から”御亭山”の山頂をぶら散歩して行かない?

それも良いかと車を走らせたが何せ風が強くて

P1560380.jpg

わずか30分も歩かないでギブアップ!

P1560381.jpg

この後、道の駅(那須与一&やいた)をハシゴして

定番の”ソフトクリーム”で締め家路に...


ページトップへ  トラックバック0 コメント6
速報! 滝めぐり...そして新緑の中をハイキング
2016-05-06-Fri  CATEGORY: 日記
28/05/05撮影 【まだレポしていないGWネタもあるが...飛び入りで申し訳ない】


       GW中盤の最終日(子供の日)は天気に恵まれ

 連休2度目(薬師&夕日岳に次ぐ)の山ハイクへ行ってきた



     先ずは、こんなツツジが咲き誇る場所からスタート

P1560396.jpg

こんな新緑の中をルンルン気分で歩き

P1560438.jpg

そして、こんな滝をめぐり...

P1560425.jpg

そしてそして、こんな眺めを見ながら贅沢なハイキング

P1560455.jpg

山頂からの眺めは180度  この↓景色は一部です

P1560473.jpg

GW中盤の3日間を締めくくってくれた  終わり良ければ...



ページトップへ  トラックバック0
GW前半の3日目...前日の山歩きで疲弊した身体を癒すことに
2016-05-05-Thu  CATEGORY: 日記
28/05/01撮影 【普通だったらネタではないが...GW〇日目の続編なので?】


     前日、薬師岳&夕日岳で足に不安を抱えつつも

  ケン坊的には山でも良いかなと強がって見せてましたが

      魔女の寝起き姿を見ちゃったら”即、山は没”に


       軽く心身のクールダウンしようと向かった先は

   魔女の好むゾーン”磯山緑地公園”のそぞろ歩き

P1560309.jpg

ゆっくり30分程度の歩きでしたが

新緑が眩しい公園歩き...かなりクールダウンしましたよ

P1560308.jpg

そして場所を移動...我が家の好きな”道の駅”歩き

今日の道の駅は”しもつけ道の駅”だ

ネライ? 近くに生息する”トウサワトラノオ”を見るためだ

が、まだまだ”開花始め”ってとこかな?

P1560310.jpg

それじゃあということで、道の駅東側に広がる田んぼ

そう、菜の花とレンゲが見頃を迎えてました

P1560313.jpg

P1560314.jpg

そして今年も”二匹目のドジョウ”を狙って

2日前、鹿沼の帰りに買ったミニトマトの苗を植えてみた

去年は2本だったが結構食卓を賑わした

今年は倍だから...ミニトマトを買わずに済むかも?

でも、昔から”捕らぬ狸の皮算用”という格言も

P1560303.jpg

ついでに我が家の花たちを掲載...ミニトマトに感謝してね!

P1560326.jpg

P1560330.jpg

P1560300.jpg

P1560100.jpg

P1560115.jpg

次回はGW中盤戦(3日~5日)ですが...計画性ゼロです


ページトップへ  トラックバック0
二度目の夕日岳は細尾峠から薬師岳経由で...
2016-05-04-Wed  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
28/04/30撮影 【事前学習は重要ですね~ 入山者が居たから良いですが...】


    薬師岳でアカヤシオに満足し目的を達成したケン坊

           ピストンで駐車場に戻ると思いきや

    魔女の変心に惑わされ  二転三転? 三転四転

※奥が夕日岳、右が駐車場、そして手前が薬師岳山頂方面 迷う魔女
P1560222.jpg

悩む魔女を尻目に相変わらずボツ写真を撮りまくるケン坊

花びらも、お好きな方へどうぞと言ってるようだ...

※薬師岳で、夕日岳方面は5日ごろが良いとの情報を聞いてた
P1560218.jpg

遂に決定!  夕日岳です...ケン坊は2度目だが

でも、コース的には初めてなので新鮮です
(前回は”古峰ヶ原高原”から地蔵岳経由だったから...)

P1560223.jpg

本当にコッチで良かったの? と言いながら

薬師岳を南下すると、金剛堂とともに”不動明王像”が現れた

【ネットより】
金剛堂と不動明王像が南を向いて建っている。1764年奉納だそうだから250年
もの間、ここに置かれていることになる。
修験はここより南、鹿沼市の古峰原湿原近くをスタートして北上し、この金剛堂
と不動明王像と出合うようになっているようだ。

P1560225.jpg

薬師岳で満開のアカヤシオを見過ぎたせいか

”三ツ目分岐”までのコースのアカヤシオが大人しく見える

でも、ケン坊はひっそりと咲いてるアカヤシオも好き!

P1560227.jpg

時々薄い雲が流れ、ケン坊のシャッターチャンスを邪魔する

この後も、何度も何度も意地悪な雲に悩まされる

P1560274.jpg

P1560229.jpg

P1560240.jpg

コチラのアカヤシオは一段と濃いピンク

如何にも若々しい感じ...やっぱり若いって良いな~

P1560242.jpg

この日は”夕日岳”は予定に無かったので事前学習もなく

全く未知のコースで、三ツ目の分岐が長く感じた

結構なアップダウンを繰り返しやっとのことで三ツ目分岐に

※右が地蔵岳、左が夕日岳、そして手前が薬師岳です
P1560246.jpg

三ツ目の急坂を下ると、前方に夕日岳の山容が見えてきた

P1560247.jpg

アカヤシオの樹はあっても徐々に蕾が多くなり

開花状況とすると2~3分か?

P1560250.jpg

山頂に近づくにつれて花びらが少なくなってきました...

P1560269.jpg

三ツ目分岐から17分で”夕日岳”に到着しました

この間は意外に早く感じました

山頂の眺望は半分だけ?  日光の山々が見えます

P1560262.jpg

P1560255.jpg

今日の”山頂ランチ”は夕日岳です(ホントは備前楯山の筈)

毎度お馴染の”セブン”のお握り(100円セール)だ

デザートに、トマトとリンゴ、オレンジ...いつもより豪華か?

P1560260.jpg

風が強くなり汗ばんだ身体が冷えてきたので出発!

後半戦は最初の”三ツ目”への急登が身体にキクキク~

P1560270.jpg

~~ 往路でレポしたので、薬師岳の肩までは省略 ~~



実は、復路の三ツ目の急登でケン坊の足に違和感が?

でも、魔女にバレないように素振りも見せず歩く

ところが、今度は薬師岳の手前で”足が攣るような”嫌な予感

念の為”芍薬甘草湯”と”アミノバイタル”を飲み事なきを
(実は、往路の同じ場所(下り)で魔女も違和感を感じ飲んでたんです...)

P1560287.jpg

薬を飲んだと言う安心感も手伝ってか攣ることも無く

間もなく駐車場(細尾峠)に着きます

アカヤシオに押されがちな木々もシッカリと新緑の準備

P1560290.jpg

こうして薬師岳&夕日岳の山歩きも無事に終わり...

休憩を除いた歩行時間は3時間43分

初めての足の違和感に、次回の山歩きが不安です!

P1560298.jpg

当初(備前楯山)は、桐生経由(秘密の目的)と思ってたが

足を考慮して日足トンネルを使って直帰しました>笑<

GW前半の最終日となる1日は...休息デーになるかもね


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
GW2日目は...薬師岳・平成28年-01(in日光)87/100
2016-05-02-Mon  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
28/04/30撮影 【昨年の鶏頂山以来の未踏の栃木百名山への挑戦...】


  GWの2日目は3時間前後で歩ける山探しから始まった

栃木百名山の”薬師岳””備前楯山”の2座に決定

つまり、薬師岳80分+備前楯山100分でちょうど3時間だ

      今回は薬師岳は百名山踏破が第一の目的で

  備前楯山は合計で3時間前後になる山探しの結果です



細尾峠(足尾側から入る)に9:10到着 既に20台前後駐車

  ある意味(熊出没)ホッ!  細尾峠に対する不安も無く

※夕日岳は既に踏破済だが、薬師岳は未踏だった
P1560176.jpg

アカヤシオには少し早いと思っていたが

コレだけの車が停まっているということは期待が出来るか?

P1560177.jpg

準備体操もソコソコに薬師岳に向けてスタートです

3~4分も経つとアカヤシオがチラホラ顔出し

天気も上々だし、今日の山行決定は正解だったかな

P1560184.jpg

誰かのブログで見た”クルリンパの樹”は伐採されて出来ず

片側が抉れていて危険なので伐採したのでしょう

P1560293.jpg

途中で4人組に追い抜いてもらいマイペースで歩くことに...

必要な時に必要なタイミングで撮るための作戦です>笑<

前に見える姿が”薬師岳”と思いますが初めてなので判らず

P1560188.jpg

傾斜はキツイが”アカヤシオ”が咲いてるので気にならず

むしろ、はしゃいで撮りまくり...没になるとも知らず

足尾の山をバックに一枚 また一枚と似た写真ばかり

P1560208.jpg

アカヤシオに満足です 今年は評判通りの花付きですね

見事なアカヤシオ 今年は古賀志山で見てますが

ココ(薬師岳)のアカヤシオもドンピシャのタイミングでした

P1560205.jpg

P1560233.jpg

♪若い娘が うっふ~ん  お色気ありそで うっふ~ん

ほらほ~ら ピンクのアカヤシオ♪

P1560207.jpg

厳しい登りだったが、40分で”薬師岳の山頂”に到着です

標高”1420㍍” の薬師岳  これで栃木百名山87座目

先客が5~6人いましたが、三ノ宿山へ向かうとか

P1560209.jpg

恥ずかしながら、見られてる前でいつものポーズ

P1560210.jpg

山頂は展望が半分開けていて

正面奥に高原山に似た山が見えるが同定できませんが...

写真の左下にアカヤシオが群生しているのが見えます
(あそこまで往復1時間だから見て行ったらとの甘い声が聞こえる)

P1560211.jpg

一斉に花びらが開花したようなアカヤシオの樹がありました

アカヤシオの咲き方は清楚なイメージなのだが

この樹は、花びらが”押しくらまんじゅう”をしてる状態でした

P1560213.jpg

同じアカヤシオでも、淡いピンクや濃いピンクもマチマチです

P1560216.jpg

まだまだ蕾の多い樹もあり、ここ数日は見頃かも知れません

P1560217.jpg

ここで魔女が大いに悩む! 

当初の予定はピストンで細尾峠に戻って”備前楯山”を登る

(ケン坊踏破済)魔女の未踏百名山”夕日岳”が目の前に

三ノ宿山方面のアカヤシオ群生が見事だと薦める人もあり

備前楯山を前日登ったら、前日の風雨で終ったとの情報も

P1560222.jpg

どうする! 夕日岳か 備前楯山か アカヤシオ群生地か

P1560203.jpg

魔女の結論とは...”未踏の栃木百名山・夕日岳”でした

夕日岳だと、歩行時間5時間に...魔女の足が不安

事前準備(ガイド確認等)も不足してるが救いは入山者か?




ページトップへ  トラックバック0 コメント10
GW初日は鹿沼・千手山公園からのレポでスタート
2016-05-01-Sun  CATEGORY: 日記
28/04/29撮影 【GW初日のレポは”千手山公園”からスタートです】


   我が家のGWは”前半3日、中3日、後半2日”と暦通り

       海外へ行く訳でもなく9連休や10連休は不要

 負け惜しみでもなく、身体を持て余しちゃうというのが本音

      ところで、GW初日は前日の雨を考慮し山を敬遠

 地元紙が30日に掲載の”千手山公園”をそぞろ歩き

※ケン坊はレポが遅れましたが...
P1560136.jpg

新聞で知ったが、この日からツツジ祭りだったようだ

大半がピークを過ぎ(花の)亡骸の多いツツジも多い

P1560119.jpg

園内を走る電車も満員に近い?

警笛を鳴らし...ちゃんと踏切もあり警報機も鳴ってます

P1560125.jpg

ところで、ケン坊と魔女 孫も連れてこないで何しに来たの?

最近、魔女の呟きや独り言に左右され易く>笑<

この日も”千手山公園も綺麗かな”の呟きで決まった!

P1560122.jpg

市民の憩いの場として人気がある公園

乗り物は1回50円という何とも良心的な料金設定だ

これが市民に親しまれる所以かも

P1560134.jpg

このミニ観覧車も二人で乗っても100円です>笑<

P1560118.jpg

まさかと思ったでしょ 券売機で大人2枚購入
(※料金は全て同じで、乗物券は大人子どもの区別もありません)

数年前に還暦を迎えてからは心身ともに子供に還った?

気恥ずかしかったが二人で乗っちゃいました>笑<

P1560126.jpg

そうです  二人っきりの空中デートを楽しみました

あれが”古賀志”だよと指さしたり

P1560127.jpg

しばし夫婦であることを忘れ、恋人同志のような時間が流れ

P1560128.jpg

アソコは”総合運動場”  ここは”ボーリング場”と

空中デートは常にケン坊がリード役で、魔女は聞き役に

P1560129.jpg

ミニ観覧車と言っても結構高いですよ

今までとは違った景色が見られます(当たり前ですね)

P1560132.jpg

たかだか5分程度の空中散歩でしたが楽しめました

二人で100円ですからね~  皆さんも如何ですか?

P1560133.jpg

こんな老夫婦が...乗降を世話する係員も(@_@)かな?

遊びネタまで暴露して良いのかな~>笑<


ページトップへ  トラックバック0
<< 2016/05 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.